【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

【おしらせ】『スマブラ64』『スマブラDX』『スマブラX』のコンテンツ記事を加筆してくださる協力者を求めています。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

ダークサムス (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
加筆訂正願います この項目「ダークサムス (SP)」は、まだ閲覧者の調べものの参照としては役立たない書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのダークサムスについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「ダークサムス」をご覧ください。
ダークサムス
公式絵 SP ダークサムス.png
シンボル メトロイド.png
出典メトロイドシリーズ
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー04´

ダークサムス(Dark Samus)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは04´。

サムスと同じ参戦ナンバーを持つダッシュファイターである。


ワザ目次

弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃
空中ワイヤー

つかみ
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ
横必殺ワザ
上必殺ワザ
下必殺ワザ
最後の切りふだ
あおむけおきあがり攻撃
うつぶせおきあがり攻撃
転倒おきあがり攻撃
ガケのぼり攻撃
アピール


ファイター性能[編集]

浮遊感のある独自性の強い挙動をもつ中・遠距離型の重量級ファイター。

運動性能が低いぶん「チャージショット」で常にプレッシャーを与えながら立ち回れる点はサムスと共通しており、ワザの威力や性質も変わらないので同じように扱える…かといえばそうでもない不思議な使用感のダッシュファイターである。
実はデータ上の運動性能はサムスと同じなのだが、モーションの差によってジャンプの速度などに独自の特徴が与えられているため、空中での挙動が非常に特殊なのである。
また、ガードされた際にお互いのヒットストップを増加させる効果のある「電撃」属性のワザが増えているのも操作感の違いに拍車をかけている。
「電撃」属性は相手のダメージが蓄積している場合、ふっとばし時の硬直を1Fだけ伸ばしてくれる効果があるため、わずかながらに連携を狙いやすくなるという地味な効果もある。
更には回避の性能が良好なぶんステップの性能が若干悪いなど、違いがないようで実際に使ってみると確かに感じる多くの違いが随所にある。

ワザに関してはサムスと同じものを使うが、#ダッシュ攻撃#横スマッシュ攻撃#上スマッシュ攻撃#下スマッシュ攻撃#通常必殺ワザ#横必殺ワザは固有のモーションを持つ。
いずれもダメージなどの変化はないものの、モーションの違いによって判定が変わっており、それぞれ強化や弱体化などの調整がなされている。

大雑把に言えば、攻めが強いぶんやや守りの弱いサムスと言ったところ。前後緊急回避の隙が少ないので接近戦をやや捌きやすく、低打点のワザもサムスより多いので比較的背の小さな相手と渡り合える点は大きな魅力。
しかし引き横スマがだいぶ当てにくかったり、復帰のタイミングもサムスよりワンテンポ遅らせる必要があるので、その分復帰阻止を受けやすかったりするのはダークサムス固有の弱点と言える。
…とはいえ大きな違いはそれくらいで、ワザの数値上の変化はほぼないので試合運びに劇的な差が生まれることはあまり多くない。
主な違いは操作感なので、より自分の手になじむ方を使うと良いだろう。

なお、ダークサムスは通常ワザの多くが主力のチャージショットと同じ電撃属性に変更されている。
そのため電撃属性強化のスピリッツで強化される範囲がサムスと比べて大きく広がっているのも地味に魅力。


  • 長所
    • 重量があるため粘り強く戦え、ワイヤー復帰もあるためガケ際での駆け引きに長ける。
    • 下側の判定が薄いため、下強攻撃など打点の低い攻撃をかわしやすい。
      • 空中においてもそれは同じで、広範囲の攻撃等を除けば比較的かわしやすい。また動きの関係でサムスよりもジャンプの高度が高く、高台に素早く上れる。
    • シールドが大きい。
      • サムスより体格が大きいので、その補填と思われる。
    • 横回避の隙が平均的。サムスよりも隙はかなり少ない。
    • 屈指の破壊力を誇る飛び道具(#通常必殺ワザ)を持つ。遠距離から強力な攻撃が狙える数少ないファイター。
      溜めの中断と保持が可能で、一定以上溜まっていれば、大きなプレッシャーを与えられる。
    • 溜めや入力で性質の変わる2種の飛び道具(#横必殺ワザ)を持ち、中・遠距離戦が得意。
      • また、射出位置の関係でサムスよりも着弾が早い。
    • 全体的にリーチ長めで、ダメージ蓄積しやすいワザが揃う。
      • またサムスよりワザの打点が低い傾向にあり、小さい相手に対しても若干有利。
    • 走行からほとんど変わらない体制でダッシュ攻撃に移るため、ダッシュ攻撃を見切られにくい。
    • 空中攻撃は癖が強いが慣れれば強力。復帰阻止や復帰阻止への対抗が得意。
    • 空中ワイヤーの牽制能力が高い。
      適切に運用すれば、低空からの接近や攻撃を抑制できる。身長の高い相手には地上戦でも機能する。


  • 短所
    • ジャンプは初速が遅いぶん落下時の加速が早い。空中ジャンプは加速が早いぶん最高速が遅いなど、挙動が非常に独特で扱いづらい。
      • ジャンプ時の効果音も何故か頂点に着く辺りで鳴り始める[1]ためより混乱を招く。
      • また、ジャンプし始めに空中攻撃を行うと、攻撃判定が自身の位置から微妙に上へズレる。これらの違いがダークサムスの挙動が独特とされる所以である。
    • 通常ワザの多くにカス当たり(連携のすっぽ抜けや低威力部分)があるため、間合い管理がシビア。
    • 身長が高く、喰らい判定が大きい。
      • 体格はサムス以上に大きく、浮いているためその差はより顕著。
    • 機動力は低め。特に落下速度が遅いので一度浮かされると隙が大きく、着地狩りやメテオに弱い。
      • 空中での暴れに向いた空中攻撃がないことも、浮かされたときの弱さに拍車をかけている。
      • また、反転に関する性能がサムスより悪い。メリットもなくはないが全体的に弱体化が目立つ。
        • ステップを反転した際の移動距離が短かったり、隙が大きかったりなど違いは多い。慣れれば体感でも感じるほど。
          特にこの点は引き横スマにかなり影響を与える。ダークサムスで引き横スマを行うとかなり後ろに滑ってしまうため、リーチが大幅に減少してしまう。

運動技能[編集]

サムスと基本的な性能に変わりはないが、モーションの違いが様々な変化を生んでいる。
特にジャンプ絡みの性能の違いは顕著。上必殺ワザを含めた総復帰距離に違いはないが、ジャンプの最大高度や自身の判定が大きく異なるため性能や使用感に違いをもたらしている。
また、全体的に足元の判定が非常に薄いので、下強攻撃など低打点の攻撃を主軸とするファイターに対してある程度の耐性を持つ。

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
2 × ×

サムスとの違い一覧[編集]

  • 体格
    • [強] 姿勢の違いにより、低打点の攻撃をかわしやすい
    • [弱] サムスよりも大きく、高打点のワザや上空からの攻めに弱い
  • 走行性能
    • [弱] サムスより若干悪い
      移動速度は同じだが、向きを変えた際に差が出る
  • ジャンプ
    • [強] サムスより高度が高く、落下が早い
    • [弱] サムスより上昇が遅い
    • [弱] サムスより喰らい判定が大きい
  • 空中ジャンプ
    • [強] サムスより高度が高く、上昇が早い
    • [弱] サムスより喰らい判定が大きく、復帰の際崖上にはみ出やすい
  • ガード
    • [強] サムスよりシールドが大きい
  • 緊急回避
    • [強] サムスより後隙が少ない
  • ダッシュ攻撃
    • [強] サムスより分かり辛い
  • 横スマッシュ攻撃
    • [弱] サムスよりリーチが短く、喰らい判定が前のめり
  • 上スマッシュ攻撃
    • [強] サムスより打点が低く、小さい相手に当てやすい
    • [弱] サムスより喰らい判定が広い
  • 下スマッシュ攻撃
    • [強] サムスより後ろ側のリーチが長い
  • 通常必殺ワザ
    • [強] サムスより打点が低く、やや当てやすい
    • [弱] 打点が低く、ジャンプなどでかわされやすい
  • 横必殺ワザ(通常入力)
    • [強] 地上版はサムスより射出位置が遠く、着弾が早い
    • [強] サムスより打点が低く、当てやすい
  • 横必殺ワザ(はじき入力)
    • [強] サムスより射出位置が遠く、着弾が早い
    • [強] 空中版はサムスより打点が低く、やや当てやすい
    • [弱] 空中版の隙がサムスより大きい
サムスとの違い一覧詳細
  • その他体格がサムスよりも大きい。
  • 強化シールドがサムスよりも大きい。
    • 体格差を埋めるためと思われる。
  • その他待機モーションが変更。
    • 殆どサムスと同じだが、立ち状態から自然に移行できるよう若干手が加えられている。
  • その他立ちモーションが変更。
    • 出だしはサムスのモーションを若干スローにしたもの[2]になっているが、アームキャノンに手を添える直前に体を浮き上がらせ、片足立ちで浮いたモーションになる。
      • この変更により、当たり判定が大きく変化している。肘を突き出しているため横の喰らい判定が伸びているが、足元の喰らい判定は大幅に減っている。
    • モーションの始め部分がサムスと同じなら実戦における差は殆どないと思うかもしれないが、弱攻撃、強攻撃、シールド解除以外のモーションからは直接片足立ちモーションへ移行するので実は影響の大きな違いである。
  • その他しゃがみモーションが変更。
    • しゃがんだ際の高さがサムスと同じになるよう変更されている。
  • その他歩きモーションが変更。
    • 浮いたまま前傾姿勢になって進む。サムスより判定が手前側に寄っているうえ、足元の喰らい判定が減っている。
      • そのまま自然に移行できる横強攻撃も下側の判定が薄く、低打点の攻撃を受けにくいので下強攻撃などの低打点の攻撃にかなり強くなった。
  • その他走行モーションが変更。
    • 歩きモーションと同様に、浮いたまま前傾姿勢になって進む。肩の判定がサムスより前に出るため高打点のワザにはやや弱いが、歩き以上に傾きの強い前傾姿勢をとるので低打点の攻撃に対して非常に強い。
      • そのまま自然に移行できるダッシュ攻撃も出だしは下側の判定が薄く、低打点の攻撃を受けにくい。
  • 弱体化移動中に反転を行うと、判定が後ろにズレる。
    • 大体1マス分後ろに下がる。そのため1度でも反転を挟むとサムスより若干移動が遅れ、ワザの判定も劣ってしまう。
  • その他反転からそのままステップへ移行した際の挙動が異なる。
    • 強化総移動距離は変わらないが、サムスに比べて加速や終わり際のブレーキが急である。そのため反転や反転後のステップをスマッシュや強攻撃でキャンセルすると、ダークサムスの方がよく滑るのでリーチが伸びる。
    • 弱体化ただしこれはテクニックの一つである引き横スマなどにも影響する。加速が急なぶん下がりすぎてしまうため、後述の横スマッシュ攻撃のリーチ減少も併せてると、サムスと比べてかなりリーチが短くなってしまう。
  • 弱体化短い反転後のステップを行った場合、移動距離が極端に短くなる。
    • 短い反転後のステップは、ステップの15F目以降に反転を行った場合(6~14F目の間はキャンセル不能だが、先行入力は可能)か、反転後のステップをさらに反転後のステップでキャンセルした場合に発生する。
      • ただしダークサムスの15F目以降の反転動作は急激なブレーキがかかるという内部処理があるため、サムスと違って殆ど滑らずに反転する。そのため最終的な総移動距離はトレーニングのマス目1マス程度短いだけである[3]
      • この反転動作を横スマッシュ攻撃でキャンセルした場合、ダークサムスはブレーキの効果でほとんど下がらずに反転を行うが、サムス側はブレーキがかからないため3マス分さらに下がってから横スマッシュ攻撃を行う。
        • この場合はリーチが伸びるので一見よいことのように思えるが、サムス側は反転動作を挟まなければ[4]より長いリーチで攻撃を行うことも可能。単純に引き横スマの択が減るだけなので、完全にデメリットである。
          • ちなみに、内約は9F目まではダークサムスが先を行くものの、10F目に追いつかれ、13F目には追い越される…といった感じになっている。
  • 弱体化反転ステップから走行へ移行するのが遅い。
    • サムスは反転ステップを行った際、13F目から走行へ移行するが、ダークサムスは16F目から走行へ移行する。
    • 強化単純に隙が伸びるのでデメリットだが、ステップから走行へ移行した瞬間にダークサムスの判定が少し前にズレるため、サムスよりも若干素早く移動できるというメリットもある。各ワザにキャンセルすればリーチも伸びる。
  • 強化一部の回避モーションが変更。
    • 前方回避、後方回避、その場回避のモーションが変更されている。
      • 前方回避、後方回避はモーフボールにならずに移動する。なんと移動距離はそのままに、後隙が3F減少している。ただしシールド入力をしたままにするとモーション終わり際の慣性がシールドに消され、移動距離が減少する。
        • その場回避は後ろに倒れこむようなモーションに変更された。無敵が切れた後の喰らい判定はサムスの倍近くに拡大しているため、弱体化と言える。
  • その他ジャンプモーションが変更。
    • ジャンプ、バックジャンプ、空中ジャンプ、バック空中ジャンプのモーションが変更されている。
      • 内部データ上の違いはないが、モーションの差によってジャンプの加速が遅いが、落下時の加速は早い[5]という特徴が与えられており、判定や操作感に大きな違いをもたらしている。
      • また若干ジャンプの高度が高くなっており、サムスよりも高台に上りやすい。しかし内部データ上の座標は同じで、ガケつかまり距離なども変わらないため上必殺ワザやガケつかまりを含めた復帰力には差がない。
        • この差によって素早く台上に上り、奇襲を仕掛けることが可能となっているが、復帰やガケ離し空中攻撃の際に喰らい判定がガケからはみ出てしまいやすいので、どちらかというとやや弱体化気味である。
      • なお、すり抜け可能な台に向かってジャンプ後に急降下を行うと見た目上はサムスの方が早めに着地できるが、内部データ上の座標は同じなので空中にいるダークサムスもちゃんと内部的に硬直が処理される。
        そうなった場合、着地モーションの始めの部分がカットされ、着地硬直のモーションはちゃんと同じタイミングで終わる。
  • その他一部着地モーションが変更。
    • 動作の小さい着地、動作の大きい着地、尻もち落下時の着地モーションが変更されている。
      • 中でも尻もち落下時の着地モーションは特殊で、一切着地せずにモーフボールを解除し、そのまま浮かび上がる。
  • ダッシュ攻撃
    • その他浮遊感のあるモーションに変更された。
      • 走行から自然に移行するため相手に見切られ辛く、使い勝手がよくなっている。
        • 最初の1フレーム目は肩の位置がサムスより手前側に寄っているが、攻撃判定には差が出ないよう真空判定で埋められている。
  • 横強攻撃
    • その他エフェクトの発生が1フレーム遅い。
  • 下強攻撃
    • その他エフェクトが青い炎に変更された。
    • その他電撃属性になった。
      • 硬直などに違いはない。
  • 横スマッシュ攻撃
    • 弱体化ホールドや後硬直を含む全体のモーションが大幅に変更され、リーチが短くなった。
      • 後硬直部分はサムスと違って身を後ろに引かないため、しばらくの間喰らい判定が前方につんのめり状態になってしまう。
        • また、横スマッシュ攻撃後は左腕をアームキャノンの方へ持っていかず、そのまま片足立ちモーションへ移行する。
    • その他先端のエフェクトが青い炎に変更された。
    • その他電撃属性になった。
      • 硬直などに違いはない。
  • 上スマッシュ攻撃
    • 強化ホールドや後硬直を含む全体のモーションが若干変更され、打点が低くなった。
      • マリオやディディーなど、背の低い相手にも当てやすくなっている。
        • また、上スマッシュ攻撃後は左腕をアームキャノンの方へ持っていかず、そのまま片足立ちモーションへ移行する。
    • その他エフェクトが青い炎に変更された。
    • その他電撃属性になった。
      • 硬直などに違いはない。
  • 下スマッシュ攻撃
    • その他モーションが変更され、手のひらを開くようになった。
      • また、下スマッシュ攻撃後は左腕をアームキャノンの方へ持っていかず、そのまま片足立ちモーションへ移行する。
  • 前空中攻撃
    • その他エフェクトが青い炎に変更された。
    • その他電撃属性になった。
      • 硬直などに違いはない。
  • 上投げ
    • その他エフェクトが青い炎に変更された。
    • その他電撃属性になった。
      • 硬直などに違いはない。
  • 通常必殺ワザ
    • その他モーションが大幅に変更され、打点が低くなった。
    • その他エフェクトが大幅に変更された。
      • 弾の見た目はサムスよりやや小さいが、実際の判定はやや大きめでサムスと同じ。
  • 横必殺ワザ(通常入力)
    • 強化モーションが変更され、着弾が早くなった。
      • 射出位置の関係でごく僅かに誘導性に劣るが、殆ど誤差。
    • 弱体化空中発動時の硬直が2フレーム伸びた。
    • その他アームキャノンのエフェクトとミサイルのデザインが異なる。
  • 横必殺ワザ(はじき入力)
    • 強化モーションが変更され、着弾が早くなった。
      • 弾の見た目はサムスよりやや大きいが、実際の判定は小さめでサムスと同じ。
    • 弱体化空中発動時の硬直が2フレーム伸びた。
    • その他アームキャノンのエフェクトとミサイルのデザインが異なる。
  • 上必殺ワザ
    • その他空中で発動した場合、衝撃波エフェクトが発生しない。
  • 下必殺ワザ
    • その他ボムのデザインが異なる。
  • 最後の切りふだ
    • その他モーションが変更され、姿勢がよくなっている。バックブーストも使用しない。
    • その他エフェクトや演出が異なる。
  • その他アピールや登場演出、勝利演出が異なる。


ワザ[編集]

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。

弱攻撃[編集]

""

左手でストレートパンチ → 右手のアームキャノンを振り降ろす。

  • ダメージ: 3.0% → 8.0% [1段目→2段目]
  • 発生: 3F-4F → 6F-8F [1段目→2段目]
  • 全体: 17F → 29F
    • 次の段の入力受付: 7F-29F [1段目]
    • 次の段への移行F: 15F~30F
  • ワザ特性: ? → ? [1段目→2段目]
  • 2段目は連続でヒットせず、シールドなどで割り込まれてしまう。


ダッシュ攻撃[編集]

""

滑るようにショルダータックル。

  • ダメージ: 7.0% -> 10.0% -> 6.0% [始->持続1->持続2]
  • 発生: 8F-9F -> 10F-13F -> 14F-18F [始->持続1->持続2]
  • 全体: 41F
  • ワザ特性: ?
  • 1段目の出始め(8F目)部分はサムスほど肩が前に出ていないが、攻撃判定はサムスと全く同じ。


横強攻撃[編集]

""

回し蹴り。

  • ダメージ [先端/中間/根本]
    • 上シフト: 11.0%/10.0%/9.0%
    • シフトなし: 10.0%/9.0%/8.0%
    • 下シフト: 11.0%/10.0%/9.0%
  • 発生: 8F-10F
  • 全体: 33F
  • ワザ特性: ?
  • シフト対応。
  • サムスと比べ、エフェクトの発生と終了が1F遅い。


上強攻撃[編集]

""

かかと落とし。

  • ダメージ: 13.0%/12.0% [対地/対空]
  • 発生: 15F-18F
  • 全体: 39F
  • ワザ特性: ?
  • 地上の相手に対してのみメテオ判定が存在する。


下強攻撃[編集]

""
  • ダメージ: 12.0%
  • 発生: 6F-8F
  • 全体: 44F
  • ワザ特性: 電撃属性
  • 青い炎を発するが、これは電撃属性となっている。


横スマッシュ攻撃[編集]

""

アームキャノンを突き出し、先端を青い炎で爆破する。

  • ダメージ [先端の炎/アームキャノン]
    • 【ホールドなし】上シフト: 15.0%/13.0% / シフトなし: 14.0%/12.0% / 下シフト: 13.5%/11.0%
    • 【ホールド最大】上シフト: 21.0%/18.1% / シフトなし: 19.6%/16.7% / 下シフト: 18.8%/15.3%
  • 発生: 10F-11F / ホールド開始: 3F
  • 全体: 48F
  • ワザ特性: 打撃/電撃属性 [腕]/[先端の蒼炎]
  • シフト対応。
  • サムスとはモーションが異なる。
  • サムスと異なり、爆風部分は電撃属性。この部分の方が威力が高い。
    • 電撃属性はガードされた際、お互いのヒットストップが増加する効果と、ダメージが蓄積している相手のふっとび時の硬直が僅かに伸びるという効果がある。
  • 射程がわずかにサムスに劣る。

  • サムスと比べ、モーションの関係で射程に劣るほか、後隙部分でも身を後ろに引かないため、喰らい判定が長時間前に出っぱなしになってしまう。
  • またステップの性能差もあり、サムスと比べると使い勝手で劣っている。


上スマッシュ攻撃[編集]

""

前→後と扇状にアームキャノンを動かし、上方向に連続で爆風を放つ。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 3.0%*4+6.0% 、計18.0%
    • 【ホールド最大】 4.1%*4+8.3% 、計24.7%
  • 発生: 11F-12F , 15F-16F , 19F-20F , 23F-24F , 27F-28F / ホールド開始: 6F
  • 全体: 56F
  • ワザ特性: 電撃属性
  • サムスとはモーションが異なる。
  • サムスより打点が低く、背の低い相手にもあたる。


下スマッシュ攻撃[編集]

""

前後足元に回し蹴り。

  • ダメージ [前/後]
    • 【ホールドなし】 10.0%/12.0%
    • 【ホールド最大】 14.0%/16.7%
  • 発生: 9F-10F / 17F-18F [前/後] / ホールド開始: 3F
  • 全体: 44F
  • ワザ特性: ?
  • サムスとはモーションが異なる。
    • 前方の判定は変わらないが、後ろ側の判定はサムスより伸びている。

  • スマッシュ攻撃としては出が速いが、威力、ふっ飛ばし力は低め。


ニュートラル空中攻撃[編集]

""

前方→後方に回し蹴り。

  • ダメージ: 10.0% / 9.0%->8.0% [前/後:始->持続]
  • 発生: 8F-11F / 14F-15F -> 16F-22F [前/後:始->持続]
  • 全体: 45F
  • 着地硬直: 9F
  • ワザ特性: ?


前空中攻撃[編集]

""

アームキャノンを振り下ろし、前方に連続で爆風を放つ。

  • ダメージ: 3.0%+1.6%*3+5.0% 、計12.8%
  • 発生: 6F-7F , 12F-13F , 18F-19F , 24F-25F , 30F-31F
  • 全体: 59F
  • 着地硬直: 14F
  • ワザ特性: 電撃属性

サムスと異なり電撃属性。



後空中攻撃[編集]

""

後ろ蹴り。

  • ダメージ: 14.0%/12.0% -> 9.0% [始:先端/先端以外 -> 持続]
  • 発生: 9F-10F -> 11F-14F [始->持続]
  • 全体: 41F
  • 着地硬直: 14F
  • ワザ特性: ?


上空中攻撃[編集]

""

逆さになって上方に回転蹴り。連続ヒット。

  • ダメージ: 3.0%+1.2%*3+4.0% 、計10.6%
  • 発生: 5F , 7F, 10F , 13F , 16F
  • 全体: 39F
  • 着地硬直: 18F
  • ワザ特性: ?

  • 後硬直が非常に短く、連続で使える。


下空中攻撃[編集]

""

下方に扇状にアームキャノンを振り、相手を叩き落とす。

  • ダメージ: 10.0% -> 14.0% -> 10.0% [始->持続1(メテオ)->持続2]
  • 発生: 17F-18F -> 19F-21F -> 22F-23F [始->持続1(メテオ)->持続2]
  • 全体: 48F
  • 着地硬直: 12F
  • ワザ特性: ?
  • メテオワザ。


空中ワイヤー[編集]

""

前方にグラップリングビームを伸ばす。

  • ダメージ ビーム: 1.5% / 先端: 3.0%
  • 発生: ビーム: 8F-17F / 先端: 16F-17F
  • 全体: 59F
  • 着地硬直: 8F
  • ワザ特性: 電撃属性


つかみ[編集]

""

グラップリングビームを伸ばしてつかむ。

  • 発生: つかみ: 15F-22F / ダッシュつかみ: 17F-24F
  • 全体: つかみ: 59F / ダッシュつかみ: 67F
  • サムスとは演出が異なる。
    • アームキャノンを開く特殊演出が加えられているほか、ビームをしまうまでの時間が僅かに早い。


つかみ攻撃[編集]

""

掴んだ相手に高速でチョップを繰り出す。



前投げ[編集]

""

大きく振りかぶり前方に飛ばす。



後投げ[編集]

""

後方に投げ飛ばす。



上投げ[編集]

""

相手をアームキャノンで上方に打ち上げる。

  • ダメージ: 計12.0% (5.0%+7.0%)
  • ワザ特性: /電撃属性
  • 5.0%部分は他の相手にもヒットする打撃投げ
  • サムスと異なり、電撃属性。


下投げ[編集]

""

つかんだ相手を地面に叩きつける。



通常必殺ワザ[編集]

"チャージショット"

エネルギーをためて弾を発射。ためはシールドで中断しても保てる。

仕様[編集]
  • ダメージ: 5.0%~28.0%
  • 吸収:
  • 発生: 16F-74F
  • 最大溜めに要する時間: 110F (予備動作除く)
  • ワザ特性: 電撃属性
  • サムスとはモーションが異なる。
  • サムスと比べ、打点がやや低い。
  • 地上・空中問わず入力で溜めはじめ、再度入力で発射する。
    • 溜め中に地上では左右・下入力かシールド入力、ジャンプ入力、空中ではシールド入力かジャンプ入力で溜めを中断して保持する。
    • 最大まで溜まった場合も自動で保持し、蓄積ダメージの所のダークサムスのアイコンが一瞬光る。
      最大溜めの保持中はダークサムス自身が白く点滅し、アームキャノンの先端が点滅する。
  • 溜めるほど弾の大きさ、威力、スピード、飛距離が強化される。空中発射時のみ、溜めた量に比例して反動で後退りする。
  • 最大溜めは後隙が少し長くなる。
解説[編集]
  • 最大溜めはふっとばし力が非常に高く、保持しているだけで相手にプレッシャーを与えられる。
  • 溜め時間に応じてHit時の相手の硬直が伸びるため、他のワザへの連携が狙える。
    • 最大溜めは自身の硬直も伸びてしまうため、常に最大を維持するのではなく状況に応じて撃ってしまうなどの判断も必要となる。
  • サムスと比べると弾が少し小さく見えるが、実際の判定は同じ。
    • 打点の低さも相まって、サムスと比べて若干当てやすく感じるだろう。


横必殺ワザ[編集]

"ミサイル"

相手を追尾するミサイルを撃つ。はじき入力で直進するスーパーミサイルに。

仕様[編集]
  • ダメージ: ミサイル: 8.0% / スーパーミサイル: 12.0%
  • 吸収: ×
  • 発生: 18F-135F / スーパーミサイル: 21F-96F
  • ワザ特性: 火炎属性
  • サムスとはモーション、エフェクトが異なる。
  • サムスより射出位置が遠いため、着弾が早く射程も長い。
  • 空中で使用した場合、サムスより硬直が2F伸びてしまう。
  • 通常入力で追尾するミサイル、はじき入力で直進して威力の高いスーパーミサイルを発射する。
  • 着弾や時間経過の爆発には攻撃判定がなく、巻き込んだりはできないが吸収されることもない。
  • ミサイルは追尾性能があるが、撃ってから少し経つと弾速が低下する。
  • スーパーミサイルは撃ち出されてから加速して直進する。また、画面上に1発しか存在できない。
解説[編集]


上必殺ワザ[編集]

"スクリューアタック"

体を丸めて回転しながらジャンプ。回転に巻き込まれた相手は上へふっとぶ。

仕様[編集]
  • ダメージ
    • 地上: 3.0%+1.0%*7+2.0% 、計12.0%
    • 空中: 1.0%*12 、計12.0%
  • 発生
    • 地上: 4F , 7F , 10F , 13F , 16F , 19F , 22F , 25F , 26F
    • 空中: 5F , 7F , 9F , 11F , 13F , 15F , 17F , 19F , 21F , 23F , 25F , 27F
  • 無敵
    • 地上: 3F-6F
    • 空中: 3F-4F
  • ワザ特性: 電撃属性
  • サムスと異なり、空中使用時は衝撃波エフェクトが発生しない。
  • スティック入力で左右に移動できる。上昇中は殆ど移動しないが、上昇しきった後はそこそこ動ける。
  • 空中より地上のほうが上昇速度が高い。
  • 使用後はしりもち落下になる。
解説[編集]


下必殺ワザ[編集]

"ボム"

一定時間で爆発するボムを投下。自分が爆風に当たってもダメージは受けず、少し浮き上がる。

仕様[編集]
  • ダメージ: 5.0%
  • 吸収:
  • 発生: ボム: 33F-80F / 爆風: 1F-18F
  • ワザ特性: ?
  • サムスとはエフェクトが異なる。
  • ボムは時間経過か、もしくは相手が接書すると爆発する。ボム自体は17F目から生成されているが、接触して爆発するようになるのは33F目から。81F目で自動で爆発する。
  • ボムの爆風にダークサムスが触れるとモーフボール状態でホップする「ボムジャンプ」ができる。シールド・回避・各種攻撃動作中は、ボムの爆風を受けてもホップしない。
  • 空中で使うと落下速度が減少する。
解説[編集]
  • 少し浮き上がる特性を利用して復帰を工夫したり、着地狩りに使うのが主な用途。


最後の切りふだ[編集]

"フェイゾンレーザー"

正面に対し長射程かつ極太のレーザーを放つ。

仕様[編集]
  • ダメージ: 発射準備: 1.0%*4+2.0% / レーザー: (1.5%/0.5%)*25 [中心/外側] / フィニッシュ: 10.5% 、およそ40%前後
    • ダメージ(チャージ): ?%
  • 発生: ?F
  • ワザ特性: ?
  • サムスとはモーション、演出、エフェクトが異なる。
  • 発射中は上下の方向入力でレーザーの角度を変えることができる。
  • 発動中はダークサムス自身とレーザーに相手を引き寄せる風が発生する。
  • 最後に強いふっとばし判定が発生するが、これはレーザーよりも上下に若干広い。レーザーに当たっていない相手にも当たることがある。
解説[編集]


おきあがり攻撃[編集]

【あおむけおきあがり攻撃】(モーション概要を記述)
【うつぶせおきあがり攻撃】
【転倒おきあがり攻撃】

  • ダメージ: ?%/?%/?% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃[編集]

  • ダメージ: ?%


アピール[編集]

  • 上アピール
    フェイゾンを滾らせ浮いたまま直立に近い姿勢をとる。
  • 横アピール
    フェイゾンを滾らせて浮きながらターン。
  • 下アピール
    右膝を下ろし、アームキャノンを縦に構える。『メトロイド2 RETURN OF SAMUS』のパッケージイラストのサムスに近いポーズ。
上アピール 横アピール 下アピール
ダークサムス (SP) 上アピール.gif ダークサムス (SP) 横アピール.gif ダークサムス (SP) 下アピール.gif


待機モーション[編集]

  • 左腕を軽く前に出し、アームキャノンを立てる。
  • アームキャノンを立て、左手を添える。
ダークサムス (SP) 待機モーション (1).gif ダークサムス (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出[編集]

ダークサムス (SP) 登場演出.gif


勝利演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:『メトロイド』アイテム獲得BGM(ホラーアレンジ)
    • ポーズ:十字ボタン→
      こちらに背を向けた状態からゆっくりと振り向く。カメラが寄った(キャラクター名が表示された)ときに一瞬目が光る。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      側転と同時に分身“ダークエコーズ“を生み出し、ターンしながら再合体してポーズ。
    • ポーズ:十字ボタン←
      一歩踏み出して手を掲げ、握りしめる。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ダークサムス (SP) 勝利演出・左.gif ダークサムス (SP) 勝利演出・上.gif ダークサムス (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手[編集]

スマブラSP 拍手´ (1).gif

サムスと同じモーション。左手だけを動かしてアームキャノンを叩く。

カラーバリエーション[編集]

頭アイコン SP ダークサムス 01.png 紺色 デザインは『メトロイドプライム3 コラプション』のものがベースであると思われる。
頭アイコン SP ダークサムス 02.png 原種のメトロイドが変態した姿のカラーに似ている。
頭アイコン SP ダークサムス 03.png 『メトロイドプライム3 コラプション』に登場するガンドレイダに似た配色。
頭アイコン SP ダークサムス 04.png 茶色 『メトロイドプライム ハンターズ』に登場するトレースに似た配色。
頭アイコン SP ダークサムス 05.png 金色 『スーパーメトロイド』に登場する金色の鳥人像を意識した配色。
頭アイコン SP ダークサムス 06.png 銀色 『メトロイドプライム2 ダークエコーズ』のコンセプトアートを意識した配色。
頭アイコン SP ダークサムス 07.png 『メトロイドプライム』に登場するオレンジ色のフェイゾンや、メトロイドプライムのスパイダー形態を想起させる配色。
頭アイコン SP ダークサムス 08.png ピンク





立ち回りの指南[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

テクニック[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

コンボ[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

ダークサムス対策[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

1人用ゲームモード攻略[編集]

勝ちあがり乱闘[編集]

仲間に牙剥く精神汚染
ROUND 1 頭アイコン SP リンク 01.png
チーム乱闘
(味方: 頭アイコン SP ゼルダ 06.png)
ハイラル城 ハイラル城(屋外)
ROUND 2 頭アイコン SP クロム 01.png頭アイコン SP ルキナ 01.png
チーム乱闘
(味方: 頭アイコン SP ルフレ 07.png)
フェリア闘技場 Powerhungry Fool
ROUND 3 頭アイコン SP リュウ 01.png
チーム乱闘
(味方: 頭アイコン SP ケン 08.png)
朱雀城 Vega Stage Type B
ROUND 4 頭アイコン SP ゼニガメ 01.png頭アイコン SP リザードン 01.png頭アイコン SP ピカチュウ 01.png
チーム乱闘
(味方: 頭アイコン SP フシギソウ 03.png)
ヤマブキシティ 戦闘!ギンガ団
ROUND 5 頭アイコン SP マリオ 01.png頭アイコン SP ピーチ 01.png頭アイコン SP デイジー 01.png
チーム乱闘
(味方: 頭アイコン SP ルイージ 06.png)
ピーチ城 ルイージマンション:メインテーマ [X]
ROUND 6 頭アイコン SP サムス 01.png頭アイコン SP リドリー 01.png
バトルロイヤル ノルフェア vs.リドリー [X]
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png
ボス戦 終点 マスターハンド
元ネタ・備考[編集]
  • ROUND 5まではチーム戦で、味方がつく。
  • それぞれ原作シリーズで洗脳、憑依などを受けたことのあるファイター。
    • ガノン憑依ゼルダ(トワイライトプリンセス)
    • ファウダーに操られたルフレ
    • 洗脳されたケン
    • 映画『ミュウツーの逆襲』でミュウツーに操られたクローンポケモン
    • エスターに取り憑かれたルイージ(マリオテニスエース)


組み手[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

アタッカー[編集]

サポーター[編集]

  • 電撃攻撃強化
    電気属性の 攻撃力アップ【小】 ピカチュウのかみなりなど
    • ガンドレイダ
    • デデンネ
    • デンチナマズ

強化されるワザは#下強攻撃#横スマッシュ攻撃#前空中攻撃#下投げ#通常必殺ワザの5つ。
通常ワザに電撃属性のものが増えているため、エネルギー弾強化よりこちらを使った方が全体的にオトクとなっている。


  • マッハスタンプ
    空中にいる時 下入力で すばやく落ち ダメージも与えられる
    • ムッシュ

ダークサムスの長い滞空時間を大幅に短縮できるほか、落下時に発生する攻撃から#横スマッシュ攻撃へコンボがつながるため非常にオトク。
ただしダークサムスのジャンプは独自性が強く、落下し始めに入力を行ってもマッハスタンプは発動しないため慣れが必要。

公式スクリーンショット[編集]

備考[編集]

発売前情報
  • 周囲の空間がゆがむエフェクトが常に表示される。
  • 待機・立ち・歩き・走行・その場回避・後ろ回避・空中ジャンプ・着地・しりもち落下時の着地のモーションが大幅に変更。
  • ダッシュ攻撃・横・上スマッシュ攻撃・下投げ・通常・横必殺ワザのモーションが大幅に改変されている。
    • また、上・下強攻撃・横スマッシュホールド・ニュートラル・後空中攻撃・最後の切りふだのモーションもわずかながら異なる。
      • 一部のワザは姿勢がかなり異なるため、当たり判定や攻撃判定が変化している可能性がある。
  • 下強攻撃・横・上スマッシュ攻撃・前空中攻撃・上投げ・下投げ・通常・横必殺ワザ・下必殺ワザ・最後の切りふだのエフェクトが異なる。
    • 特に上スマッシュ攻撃・前空中攻撃・つかみ・下投げ・横必殺ワザは追加のアームキャノン開口ギミックが用意されている。
  • 下強攻撃・横・上スマッシュ攻撃・前空中攻撃・上・下投げが電撃属性に変更されている。
    • 基となるサムスの下強攻撃・横・上スマッシュ攻撃・前空中攻撃・上投げは火炎属性で、下投げは通常属性である。
  • ダッシュ攻撃の加減速が控えめで、移動距離が短い。
    • 基となるサムスのダッシュ攻撃と比べ、出始めのブレーキがあまりかからないぶん最高速度が遅く、突進距離自体も少し短めということ。
  • 横必殺ワザの射出位置が遠く、加速も早い。
    • 体を引くサムスに対してダークサムスは腕を長く伸ばすため、射出位置に大きな差がある。また、ミサイルのブースト着火が僅かに早く、進み始めるのが少しだけ早い。
  • 最後の切りふだのビームが太い。
    • また、細いビームから太いビームへ変移するサムスに対し、ダークサムスのビームは最初から太い。さらにビームの発生と終了のタイミングもサムスより早い(ただしどちらも演出が異なるだけで、判定に差はない様子)
  • アピールや登場演出、勝利演出が異なる。

その他画像[編集]

脚注[編集]

  1. 地上からの踏み切り動作3Fを含めてもサムスは6F目に鳴るが、ダークサムスはショートジャンプが8F目、ジャンプが9F目とかなり遅め。
  2. アームキャノンに手を添える。
  3. 実は同じになるように調整されているが、前述のとおり移動中に反転を行うと位置がズレる仕様があるため1マス分短くなる。
  4. 進行方向とは反対向きの方向にスマッシュ攻撃を先行入力するなど。
  5. どちらも最高速度は同じ。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

ファイター (SP)
歴代参戦ファイター
01~12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13~26 ピーチ - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルス - ルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイ - Mr.ゲーム&ウォッチ
27~44 メタナイト - ピット - ブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45~63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター ( 格闘剣術射撃 ) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
新規参戦ファイター インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン - パックンフラワー - ジョーカー
メトロイドシリーズ
ファイター サムス:64/DX/X/for/SP - ゼロスーツサムス:X/for/SP - リドリー:SP - ダークサムス:SP
ステージ 惑星ゼーベス - ブリンスタ - ブリンスタ深部 - ノルフェア - フリゲートオルフェオン - パイロスフィア
アイテム スクリューアタック - スクリューアタック改
アシストフィギュア メトロイド - マザーブレイン - ダークサムス
ボスキャラ リドリー:X - メタリドリー:X
敵キャラ キハンター星人 - ジーマ - メトロイド - リオ
乗り物 スターシップ
音楽 メトロイドシリーズの音楽の一覧