【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

クッパ (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
加筆訂正願います この項目「クッパ (SP)」は、まだ閲覧者の調べものの参照としては役立たない書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのクッパについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「クッパ」をご覧ください。
クッパ
公式絵 SP クッパ.png
シンボル スーパーマリオブラザーズ.png
出典マリオシリーズ
他のスマブラへの参戦クッパクッパクッパ
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー14

クッパ(Bowser)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは14。

ワザ目次

弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃

つかみ
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ
横必殺ワザ
上必殺ワザ
下必殺ワザ
最後の切りふだ
おきあがり攻撃
ガケのぼり攻撃
アピール


解放条件[編集]

ファイター性能[編集]

全てのファイターの中で最大の重量とトップクラスの体格、そしてそれに裏付けられた強大なパワーを誇る重量級パワーファイター。大型重量級でありながら「for」からは運動性能にもテコ入れがなされており、機動力も見掛けよりは俊敏。
見た目通りに豪快なワザの数々は威力や攻撃範囲に優れ、相手をガンガン吹っ飛ばせるものがほとんど。特に多人数戦では乱戦に切り込むことさえできれば、気持ちいいくらいに撃墜点の山を築き上げてしまうことも可能。

また力任せばかりのファイターでもなく、手足の先が武器判定になっておりぶつかり合いに強い通常ワザや、中距離での牽制に役立つ「クッパブレス」、相手のガードを無視し状況によっては道連れによる仕切り直しが狙える「ダイビングプレス」、シールド削り能力が高い「クッパドロップ」などといった個性的な必殺ワザを持ち、攻めに関しては器用さも備える。
攻撃だけでなく防御面でも見た目通りの重厚さがある。蓄積ダメージが低いうちは弱い攻撃でひるまないという固有特性を持ち、ダメージが溜まっても最重量ゆえにほかほか補正の恩恵が出るまで耐えることも多く、追い込まれても逆転しやすい。
『スマブラ』クッパの代名詞ともいえるガードキャンセル上必殺ワザによる切り返しを筆頭に、迎撃や対空、割り込みといった後の先を取る潰しが得意で、これらに使うワザはリーチが長く判定が強いため成功率が高い。

しかしながらその巨体を豪快に動かすがための、全体的な大振りさ、小回りの利かなさは見過ごせない弱点。大きな体は牽制や飛び道具に引っ掛かりやすく、ロングレンジを得意とするファイターに対してはまず接近するところからして難関が立ちはだかる。
また自由に動ける状況での守りは堅いのだが、浮かされたり崖外に出されたりで一度劣勢になると、大型重量級ゆえのコンボ耐性の低さが響く。さらに空中での暴れが苦手なためお手玉や復帰阻止・着地狩りに対しても分が悪い。復帰そのものも得意な方ではなく、横方向にはそこそこの距離が出るが上方向は絶望的。

総じて自分がペースを握っている間は圧倒的な攻撃力を押しつけていけるが、一度ペースを奪われるとリカバリーが困難という典型的な大型パワーファイター。
同じくシリーズにおける重量級パワーファイターの代表格であるドンキーコングとは何かと似ている箇所が多く比較されがちではあるが、ドンキーコングが全体的なスピードと撃墜のしやすさで上回る分、クッパは切り返しや着地・重量などの防御面で勝る。

  • 長所
    • 全ファイター中最重量でなかなかふっ飛ばない。
    • 一発一発の火力、攻撃力はトップクラス。
    • 固有の能力"ひるみにくい体"を持ち、弱い攻撃に対して強引に反撃していくことができる。
    • 重量級ながら走行が速く、地上で距離を詰めることは容易。
  • 短所
    • 攻撃が大振りで全体的にスキが大きい。
    • 体が大きいいため攻撃を受けやすく、相手のコンボにはまりやすい。
    • コンボ技をあまり持たない。
    • 復帰力が低い。上必殺ワザの横移動はそれなりだが、上昇力が弱い。

運動技能[編集]

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
2 × ×

しゃがみ歩きは可能だが元々体が大きく、姿勢がそこまで低くならないので攻撃をよける用途にはあまり使用できない。

ひるみにくい体[編集]

蓄積ダメージが低いうちはとても吹っ飛びの弱い攻撃に対する耐性を持つ。耐えられる攻撃はごくわずかで、主に一部の百裂攻撃や多段攻撃(フィニッシュを除く)、スーパースコープ(溜めなし)などの飛び道具に限られる。
およそ50~100%程からひるむようになる。
耐えられる攻撃はリアクション値と防御のステータスが関わっているようで、しゃがみ状態変化次第で対応できる攻撃が増減する。

スマブラfor Ver.1.1.7 からの変更点[編集]

  • 弱攻撃
  • ダッシュ攻撃
  • 横強攻撃
  • 上強攻撃
  • 下強攻撃
  • 横スマッシュ攻撃
  • 上スマッシュ攻撃
  • 下スマッシュ攻撃
    • ワザ変更甲羅にこもって回転する「バズソー」から前後2段攻撃の「あばれひっかき」に変更された。
  • ニュートラル空中攻撃
  • 前空中攻撃
  • 後空中攻撃
  • 上空中攻撃
  • 下空中攻撃
  • つかみ
  • つかみ攻撃
  • 前投げ
  • 後投げ
  • 上投げ
  • 下投げ
  • 通常必殺ワザ「」
  • 横必殺ワザ「」
    • その他つかんだ後の飛び上がるモーションがやや変化した。
  • 上必殺ワザ「」
    • その他空中版の姿勢が斜めの角度に変化。
  • 下必殺ワザ「」
  • 最後の切りふだ
    • ワザ変更「ギガクッパ変身」から「ギガクッパパンチ」に変更された。

更新履歴[編集]

Ver.1.1.0
Ver.1.2.0
Ver.2.0.0
  • 弱攻撃
    • 強化2段目のダメージ増加: 6% ⇒ 7%
  • 横強攻撃
    • 強化ダメージ増加: 12% ⇒ 13%
  • 下スマッシュ攻撃
    • 強化リアクション値増加
  • 上必殺ワザ
    • 強化連続ヒットしやすくなった。
  • 最後の切りふだ / チャージ切りふだ
    • 強化相手がしゃがんでいても吹っ飛ぶ距離が変わらなくなった。


ワザ[編集]

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。

弱攻撃[編集]

"クッパ掌打" → "クッパ追い打ち"

掌底 → 反対の手でパンチ。

  • ダメージ: 4% → 6% [1段目→2段目]
  • 発生: 7F-8F → 9F-11F [1段目→2段目]
  • 無敵: 7F-8F → 9F-11F (腕)
  • 全体: 25F → 25F
  • ワザ特性: ? → ? [1段目→2段目]

  • クッパの近距離戦での要の一つ。弱攻撃にしてはリーチが長く威力が高い。
    1段目、2段目ともに後隙が短く、ガードされたり避わされたりしても大した反撃を受けにくい。牽制にも使える優秀な弱攻撃。
  • クッパのワザの中では発生が早いが、他のファイターの弱攻撃や強攻撃にはこのワザよりも出が早いものも多い。
    クッパはシールドからの反撃を得意としているので、密着状態など、発生負けしやすい状況では闇雲に暴れず、シールドを使って冷静に対処したい。

(4枚以上必要な時は画像ギャラリーで入れた方がスペースを取りにくいので良)


ダッシュ攻撃[編集]

"ジャンピングキック"

飛び蹴り。

  • ダメージ: 12%->10% [始->持続]
  • 盾削り値:
  • 発生: 11F-14F -> 15F-20F [始->持続]
  • 全体: 55F
  • ワザ特性: ?

  • 発生はまずまずだが、クッパの巨体とダッシュスピードもあってリーチは長いため、着地狩りや差し込みに効果的。
  • 一方で後隙は大きいため、ダッシュからはこれの他に、ダッシュつかみや横必殺ワザも混ぜてガードされにくくするといい。
  • リアクション影響値が小さいのでフィニッシュに使いづらいが、リアクション付加値は高いので低ダメージから高く浮かせることが可能。
    そのため、追撃を狙ったりアイテム争奪戦など時間を稼ぎたいときに。
  • クッパの地上攻撃で唯一、ボムへいを無傷で破壊できない。


横強攻撃[編集]

"クッパ裏拳"

踏み込みつつパンチ。


  • 弱攻撃同様、リーチに優れる優秀なワザ。弱攻撃に比べ発生や硬直で劣るが、ダメージとリーチで勝る。
    ふっとばし力はまずまずで、ステージ端に追い詰めた相手なら120%程度から撃墜可能。
  • 判定が強いワザが多いクッパだが、これは特に強く、先端ならボムへいを無傷で破壊することも可能。相手のワザの外から潰していくといい。
    上にシフトすれば対空として活躍したりと、その判定の強さを有効活用しやすい。


上強攻撃[編集]

"天井ひっかき"

前から後ろへ、大きく弧を描くように引っ掻く。

  • ダメージ: 11%
  • 発生: 11F
  • 無敵: 11F-16F (腕)
  • 全体: 40F
  • ワザ特性: ?

  • 上方を攻撃するため、対空迎撃や台の上にいる相手を攻撃する際に用いる。
    上スマッシュより発生が早いものの、シールド(からの反撃)よりは遅い。迎撃に使う場合は、状況に応じた使い分けが必要。
  • 背後にいる相手への攻撃にも使えなくはない。
    あえて後ろを向いた状態で、上から下へ振り下ろすように攻撃判定を置いて迎撃するのも悪くない。斜め方向からの飛び込みにはそこそこ機能する。
  • 範囲の広さを生かし、ダメージのたまりすぎた相手を仕留めるときや混戦で応用したい。
    他にも崖際の攻防でも活用できる。ガケつかまりに安定して当たる下強攻撃や「クッパドロップ」などと合わせて、相手のガケ上がりにプレッシャーをかけていきたい。


下強攻撃[編集]

"だだっ子パンチ"

伏せた姿勢で、ものを寄せ集めるように両腕を振り回す。

  • ダメージ: 7%+8% 、計15%
  • 発生: 10F-12F , 15F-17F
  • 無敵: 10F-12F , 15F-17F (腕)
  • 全体: 45F
  • ワザ特性: ?

  • 地面スレスレを二発のパンチで攻撃する技。連撃故に、相手の緊急回避によく刺さるので便利。
    • ダッシュキャンセル攻撃で使うと、相手がその場緊急回避をしても二発目が当たるので、ダッシュからの択の一つとして採用するといい。
  • 相手が低%の時は2段目で確率で転倒させることができる。


横スマッシュ攻撃[編集]

"メガトンドロップキック"

全体重をかけた、圧倒的な質量によるドロップキック。

  • ダメージ [始->持続]
    • 【ホールドなし】 23%->17%
    • 【ホールド最大】 32.2%->23.8%
  • 発生: 22F-23F -> 24F-27F [始->持続] / ホールド開始: 3F
  • 無敵: 20F-25F (足)
  • 全体: 69F
  • ワザ特性: ?

  • デデデの横スマッシュ攻撃に次いで吹っ飛ばしの強い横スマッシュ攻撃で、軽量級ならホールドなしでも60%程度から撃墜可能。
  • 発生が遅く後隙も大きいが、リーチが長く無敵がある。混戦地帯に飛び込むように使ったり、相手のワザに合わせたりすると効果的。
  • 攻撃の瞬間、下半身が当たりあり無敵になる。
    上半身への被弾にさえ注意すれば、スーパーアーマー効果つきのワザに近い使い方ができる。
  • 足のみを当てるようにすれば、ボムへいも破壊可能。


上スマッシュ攻撃[編集]

"ライジングスパイク"

伏せた状態で跳び上がり、硬い甲羅で攻撃する。

  • ダメージ [甲羅/体/着地]
    • 【ホールドなし】 22%/17%/12%
    • 【ホールド最大】 30.8%/22.4%/16.8%
  • 発生: 16F-23F / 着地: 37F / ホールド開始: 9F
  • 無敵: 14F-27F (胴体)
  • 全体: 57F
  • ワザ特性: ?
  • 着地時の攻撃判定は、地上の相手限定でヒットする。

  • 攻撃判定発生の直前から跳び上がり中間までは甲羅含めた胴体が当たりあり無敵になる。
    • 無敵のおかげで、上からの相手の攻撃に合わせればほぼ確実に勝てる。着地時にも攻撃判定が発生するため、跳び上がりを回避されても当たりやすい。
  • 正面から密着するか、相手の真下から狙うとクリーンヒットしやすい。ふっとばし力はかなり高い。
  • 跳び上がるときと着地するときの攻撃判定は別物なので、跳び上がったところをガードし油断してシールドを解除した相手に、着地時の攻撃が刺さることも。
  • 当たりあり無敵、真上へのリーチ、ふっとばし力は魅力的だが、左右へのリーチはそれほど長くはなく全体的な動作は長いので注意。


下スマッシュ攻撃[編集]

"あばれひっかき"

前、後ろの順に力強く引っかく。

  • ダメージ [前,後]
    • 【ホールドなし】 16% , 15%
    • 【ホールド最大】 22.4% , 21%
  • 発生: 12F-13F , 28F-30F [前,後] / ホールド開始: 4F
  • 全体: 71F
  • ワザ特性: ?

  • 発生はそこそこ早めの前後攻撃。前作と違い、前後同時には攻撃できなくなった。
  • 後方のリーチが短いように見えるが、クッパの図体のお陰で実際はそこまで変わらない。


ニュートラル空中攻撃[編集]

"クッパホイール"

手足を大きく広げて回転。

  • ダメージ: 6%*4 、全4段ヒットで計24%
  • 発生: 8F-29F , 14F-29F , 18F-29F
  • 全体: 47F
  • 着地硬直: 15F
  • ワザ特性: ?
  • 両腕と両脚、4か所に別個の攻撃判定がある。1・2段目は腕、3・4段目は同時に脚に判定が出る。
    • ふっとばし力は腕は弱く、脚が強い。

  • クッパの空中攻撃の中では出が早いほうなので、咄嗟のときに。
    全段ヒットすれば24%となりクッパの空中攻撃の中では最もダメージが大きいので、ダメージ蓄積のために狙えるときに狙っていくのもいい。
    • ただし、引き寄せ効果は無いので、全段当てるには工夫が必要。ふっとばし力の弱い腕部分を最後に当ててしまうと、反撃をもらうことも。


前空中攻撃[編集]

"ジャンプひっかき"

前方を引っ掻く。

  • ダメージ: 13%/12%/11% [爪/腕/体]
  • 発生: 11F-14F
  • 全体: 40F
  • 着地硬直: 14F
  • ワザ特性: ?

  • 発生がそこそこ早いので、差し込みや復帰阻止に効果的。
    真上から真下までカバーする広い攻撃判定を持ち、しかも判定が強いため、対空、対地としても使用可能。
  • ショートジャンプからほぼ最速で出すと着地隙が発生しない。
  • ダメージおよびふっとばし能力は後空中攻撃のほうが高いものの、後空中攻撃よりも攻撃範囲に優れ、威力も十分に高い。
    復帰阻止の精度や安定性を重視するならこちら。


後空中攻撃[編集]

"ロケットキック"

両足を揃えて後方を蹴る。

  • ダメージ: 19%
  • 発生: 9F-11F
  • 全体: 44F
  • 着地硬直: 24F
  • ワザ特性: ?

  • 後隙は大きく判定の持続はほんの一瞬だが、発生の割に吹っ飛ばしがとても強く、崖際では特に強力。カス当たりはない。
  • ショートジャンプから最速で繰り出すと、着地隙無しで着地できる。
  • 対地にも使えそうに思えるが、打点がやや高いことと着地硬直がとても長いのがネック。発生が比較的早いので、とっさの攻撃には使えるか。


上空中攻撃[編集]

"ヘディング"

頭を大きく振り、上に向けて攻撃。

  • ダメージ: 15%
  • 発生: 9F-13F
  • 無敵: 3F-13F (頭)
  • 全体: 44F
  • 着地硬直: 17F
  • ワザ特性: ?


下空中攻撃[編集]

"スクラブブラシ"

甲羅に篭り、トゲを下にして回転しながら急降下する。

  • ダメージ: 16% / 着地攻撃: 2%
  • 発生: 17F-24F -> 25F-49F [始(メテオ)->持続] / 着地攻撃: 1F-6F
  • 無敵: 14F-60F (腹部)
  • 全体: 77F
  • 着地硬直: 34F (無敵: 1F-27F)
  • ワザ特性: ?
  • 急降下ワザ。使用時に一瞬空中で止まり、その後真下に急降下していく。動作が終わるまで一切操作できない。ふっとばされた直後に使うと、落下速度が大幅に遅くなる。
    • 落下中でも左右に動くことが可能。
  • 出始めはメテオ効果を持っている。
  • 使用中はガケつかまり判定がなくなる。

  • 強力なメテオだが、場外で出すと自滅する。しかし、範囲がかなり広いため、崖際で出せば崖付近のファイターを叩き落とせる。小ジャンプから出せば凶悪な奇襲になる。トゥーンリンクには特に決まりやすい。
  • 攻撃判定が出るまでの間、少しだけ浮上する。そのため、追撃および迎撃しようとしている相手の意表を突きやすい。ただし、吹っ飛ばされている最中に使うと浮上と急降下をしないので注意。
  • 急降下するワザの中でも最高クラスの威力を持つ。どこで当てても120%ほどから撃墜範囲に。


つかみ[編集]

"つかみ"
  • 発生: つかみ: 8F-10F / ダッシュつかみ: 11F-13F
  • 全体: つかみ: 40F / ダッシュつかみ: 48F

  • 全体的に出が一般的なものよりも少し遅いが、その分範囲が広い。とくに振り向きつかみは相手を吸い寄せるように掴めてしまうこともある。投げは、ダメージや吹っ飛ばし力が大きいものからコンボ向きのものまであって優秀。


つかみ攻撃[編集]

"つかみヘッドバット"

掴んでいる相手に頭突きで攻撃。



前投げ[編集]

"スリングショット"

掴んでいる相手を2本のツノの間に挟んで前方へ放り投げる。


  • 威力があり、ステージ端では撃墜ワザになる。


後投げ[編集]

"バックスルー"

掴んでいる後方へ放り投げる。


  • 前投げ同様、パワーのある投げ。こちらのほうが動作が短くふっとばし力も高い。


上投げ[編集]

"フレッシュミキサー"

掴んだ相手を甲羅のトゲの上に乗せ、回転し切り裂く。

  • ダメージ: 計11.5% (0.5%*7+2%+6%)
  • 無敵: 1F-58F , 16F-50F (下部)
  • ワザ特性: ?
  • 0.5%部分、2%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • 甲羅が当たりあり無敵、下部が当たりなし無敵という独特の無敵判定を持つ。
  • 投げられた相手は真上にふっとび、投げた後にすぐ動けるようになるため、非常に追撃しやすい。
  • 前空中攻撃や上空中攻撃での追撃が比較的安定。


下投げ[編集]

"ヘビープレス"

巨体で押しつぶす。

  • ダメージ: 計14% (10%+4%)
  • 無敵: 1F-37F
  • ワザ特性: ?
  • 10%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • この投げに巻き込まれた高%の相手は復帰の難しい低いベクトルでふっ飛ぶため、混戦状態で誰かを掴んだ時に巻き込みを狙ってみるのも良い。
  • なお、投げられた側は巻き込まれた側よりも高いベクトルでふっ飛ぶ。


通常必殺ワザ[編集]

"クッパブレス"

ボタンを押しているあいだ炎を吐き続ける。上下に動かせるがだんだん勢いが弱くなる。

仕様[編集]
解説[編集]
  • 根元で当てれば一度に大量のダメージを与えることができる。このとき、喰らった相手はヒットストップずらしで被害を軽減可能。
  • 出は遅く、外したときの隙が大きいので乱用は禁物。
  • 上にシフトすれば横強以上に強力な小ジャンプ攻めの抑制になり、下にシフトすれば復帰中や崖掴まり中の相手の妨害になるなど、用途は多い。
  • アイテム無し1on1補正がかかっていると一発2.1%と中々大きいダメージになる。上手く根元から当てられれば一回で20%近く持っていけることも。


横必殺ワザ[編集]

"ダイビングプレス"

つかんだ相手もろともジャンプし叩きつける。飛び上がっている間は左右に動ける。

仕様[編集]
  • ダメージ: 叩きつけ: 18% / 巻き込み: 15%
  • 発生: 6F
  • 無敵: 1F-23F (相手を掴んでから)
  • 全体: つかみ: 52F / プレス着地後: 49F
  • ワザ特性: ?
  • シールド無効のつかみワザ。つかみ外しは無い。
    • 掴んでいる間にどちらかが攻撃を受けると、ふっとんで掴みは解除される。
  • 掴んだ後、飛び上がりから落下を始めるまでの間、クッパと掴まれているほうの両方が、クッパの位置を左右に動かせる。ダメージの低いほうが大きく操作できるが、基本的にはクッパ側がリードしやすい。
    降下は操作不可の垂直落下。
    • これによって場外に落下して、道連れを狙うことができる。ただし、道連れした場合は必ずクッパが先に落下した判定になる[1]ため、ストック制ルールで残りストック数が1対1の時の決まり手として使うことはできない。
    • 今作では、道連れ狙いで、掴んだ相手と共にバーストラインを超えても、落下となるのは自分だけで、相手はラインから離れるように軽くホップし生き残る、という措置が取られるようになった。つまり、ただ相手をこの技で掴んだままバーストラインを超えただけでは、相手を落下させた事にはならない。
  • 飛び上がった後の降下中は掴まれているファイターに攻撃判定があり、それに当たった相手は15%のダメージを受ける。 
  • 叩きつけられた相手が吹っ飛ぶ瞬間は、相手が無敵になる。
解説[編集]
  • 高威力なだけでなく、簡単に道連れが可能な強力なワザ。
    • ストック1の相手を仕留めたり、蓄積ダメージの状況仕切り直しができるのが非常に容易なワザ。道連れ目的での使用はデメリットを伴い、お互いストック1で決めると逆に負けてしまうので注意。
  • 掴んでから飛び上がるまでに無敵が付与されているので周囲から妨害を受けにくく、混戦を切り抜ける手段にも応用できる。
  • 掴まれた相手は斜め上、巻き込まれた相手は真横へ吹っ飛ばされる。その吹っ飛ばし力は何と投げワザで最強クラスのふっとばし力を持つネスの後投げとほぼ同じという凄まじい威力を誇る。
  • むらびとなどの長距離復帰が可能なファイター相手では道連れしても容易く復帰されてしまうので、道連れ目的で使わないように。
  • ダッシュ中に出しても、ダッシュつかみのように別に用意されたモーションに移行するわけではないので、隙の少ないつかみワザとしての効用もある。
  • 3人以上のタイム制乱闘で道連れを試みる場合は、道連れ対象のプレイヤーに自分の打撃技なりを一撃当てた直後でないと、道連れに成功しても自分の得点にならないので注意。


上必殺ワザ[編集]

スピニングシェル

甲羅に閉じこもって高速スピン。空中では浮き上がるけれど上昇力は低め。

仕様[編集]
  • ダメージ
    • 地上: 1%*7+6% 、全8段ヒットで計13%
    • 空中: 7%+1%*10+2% 、全12段ヒットで計19%
  • 発生
    • 地上: 6F-38F (ヒット間隔: 5F) , 39F
    • 空中: 6F-7F , 8F-11F , 12F-15F , 16F-19F , 20F-23F , 24F-27F , 28F-31F , 32F-35F , 36F-39F , 40F-43F , 44F-47F , 48F-51F
  • 無敵: 空中: 80F- (前面)
  • 全体: 地上: 81F
  • 着地硬直: 36F (無敵: 1F-13F)
  • ワザ特性: ?
  • 地上・空中ともに方向入力でワザを出しながら横に移動することできる。
    • 地上では足場の端に達するとそれより先に進まない。
  • 地上・空中ともにヒットした相手を引っ張る連続ヒットワザで、最終段の攻撃で吹っ飛ばす。空中より地上のほうがふっとばし力が強い。
  • 空中版は出始めに大きく上昇し、徐々に上昇力が落ちていく。必殺ワザボタンの連打で少しだけ上昇量が増す。
    • ただし、始めから闇雲に連打しても出始めの上昇力を追加入力の上昇で上書きしてしまうだけで大した上昇量にはならない。
      上昇力が落ち始めた頃に連打をするのが最適な上昇方法となる。
  • 空中で使用した後はしりもち落下になる。しりもち落下中は腹部から首にかけて無敵判定がある。
解説[編集]
  • 空中版はそこそこ横移動力が高いが、上昇量は低め。ドンキーコングの上必殺ワザと似た性質。
  • 地上版は出が早いので、相手と密着している時に頼りにできる。
    特にガードキャンセルからこれを繰り出して反撃する、通称#ガーキャンシェルは、『スマブラ』におけるクッパの名物テクニック。
    蓄積ダメージがかなり溜まった相手には、防ぎにくい強力な撃墜手段となる。サドンデスでも活躍。
    移動速度は歩行以上となかなか速く、判定もまあまあのものがあるため、着地狩りにも有効。


下必殺ワザ[編集]

"クッパドロップ"

巨体からくり出す強烈なヒップドロップ。地上では最初にツノで相手を打ち上げる。

仕様[編集]
  • ダメージ: 打ち上げ(地上使用時のみ): 4% / 落下: 20% / 着地: 11%
  • 盾削り値:
  • 発生: 打ち上げ: 11F / 落下: 37F- / 31F- [地上版/空中版] / 着地: 1F-2F
  • 着地硬直: 55F
  • ワザ特性: ?
  • 地上で使用した場合、ツノで相手を打ち上げ飛び上がってからヒップドロップをする。
    この飛び上がりの初動には攻撃判定があり、この後にヒップドロップをするクッパの真下に打ち上げる。
    ふっとばし力は固定で、相手の蓄積ダメージに関係なく打ち上げが当たれば続けてヒップドロップが入る。
  • ワザを発動したら、着地するか、崖に掴まるか、ふっ飛ぶか、状態が変化するまで、一切操作できない。
解説[編集]
  • 地上版の初動は発生が早く、相手のちょっとした隙に差し込むことができる。
    上手いことふっとびベクトル変更をされると落下が繋がらないものの、ヒットストップがほとんど無いため反応しにくい。
    落下のふっとばし力は絶大なため、狙う価値は高い。
  • 着地時の攻撃判定は、落下中のものが当たればそこでふっ飛ぶため、2つとも当たることはまず無い。
    シールド中の相手はふっ飛ばないために2つともヒットし、シールドを大きく削る。
    また、ボス敵などふっ飛ぶことがない対象にも2回ヒットさせることができる。
    • 落下の開始は遅く、初動が当たらなかった場合は、冷静な相手には緊急回避で避けられてしまう。
      ……とはいえ、反射的にシールドを貼ってしまうプレイヤーは多い。
  • 他の急降下系のワザや復帰ワザ後のしりもち落下にも同じことがいえるが、着地時の隙はガケつかまりで打ち消せるので覚えておくと便利。特にこのワザは着地隙が膨大なため、できるなら隙を見せるのは避けたい。
    ただし、目測を誤っての自滅には注意。
    相手にプレッシャーを与えつつ安全に崖に掴まる手段としても有用。
    相手のガケつかまり時の無敵が切れていれば、攻撃と同時に崖に掴まるというスマートな復帰が可能。
  • ハンマーを持っている相手に繰り出すと相殺して返り討ちにできるため、高さに余裕がある時に狙う手もあり。


最後の切りふだ[編集]

"ギガクッパパンチ"

ギガクッパに変身し、画面奥から強力なパンチを放つ。

仕様[編集]
  • ダメージ: 40%
    • ダメージ(チャージ): ?%
  • 発生: ?F
  • 使用するとギガクッパへと変身し、画面奥から狙いをつける。照準を操作し、攻撃ボタンか必殺ワザボタンでその場にパンチを放つ。
    • このパンチが命中して蓄積ダメージが100%以上になったファイターは、瞬時に手前やられとなって即ミスとなる。
    • 5秒間パンチを放たずにいると、その時点での照準の場所に自動でパンチが出る。残り時間は照準にゲージとして表示されている。
  • どこで使用してもワザの範囲などに影響は及ぼさない。ワザ終了時には、発動時にいた場所に戻る。
  • 照準の移動範囲は限界がある。背景のギガクッパの位置を基準としている模様。殆どのステージではほぼ全体をカバーしている。
解説[編集]
  • 発動中は画面全体が暗くなるため、ステージやファイターによってはかなり見えにくくなる。
  • 入力してからパンチまではかなり早く、読んでいなければほぼ避けられないぐらい。うまく相手を追い詰めて確実に当てられるようにしたい。
  • ダメージは強力だが、ふっとばし力はそこまで大きくない。なるべく相手のダメージを60%以上まで蓄積させてから使おう。
    • なお、アイテムなし1on1補正でダメージが上がった分は即ミス判定に含まれていない。
  • パンチの判定は照準の範囲より僅かに広い。相手が使用してきた際は気をつけること。


おきあがり攻撃[編集]

【あおむけおきあがり攻撃】起き上がりながら後ろ→前と引っ掻く。
【うつぶせおきあがり攻撃】起き上がりながら前→後ろと引っ掻く。
【転倒おきあがり攻撃】起き上がりながら後ろ→前と引っ掻く。

  • ダメージ: 7%/7%/5% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃[編集]

ガケからのぼりながら前方を引っ掻く。

  • ダメージ: 10%


アピール[編集]

  • 上アピール
    上体を後ろに倒しながら唸る。
  • 横アピール
    噛み付きによる威嚇。攻撃判定はない。
  • 下アピール
    片足で立って踊る。
上アピール 横アピール 下アピール
クッパ (SP) 上アピール.gif クッパ (SP) 横アピール.gif クッパ (SP) 下アピール.gif


待機モーション[編集]

  • 白い息が出るほど咆える。
  • 両腕を交差し、うなる。
クッパ (SP) 待機モーション (1).gif クッパ (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出[編集]

炎の中から現れる。

クッパ (SP) 登場演出.gif


勝利演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:(作品名と曲名)
    • ポーズ:十字ボタン←
    • ポーズ:十字ボタン↑
    • ポーズ:十字ボタン→
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
クッパ (SP) 勝利演出・左.gif クッパ (SP) 勝利演出・上.gif クッパ (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手[編集]

スマブラSP 拍手 (4).gif


カラーバリエーション[編集]

頭アイコン SP クッパ 01.png 山吹色+緑
頭アイコン SP クッパ 02.png 茶色+黒
頭アイコン SP クッパ 03.png 黄色+赤紫
頭アイコン SP クッパ 04.png 『スーパーマリオワールド』のゲーム中グラフィックを意識した配色。
頭アイコン SP クッパ 05.png 灰色 灰色の肌は『スーパーマリオブラザーズ』のパッケージに描かれているクッパに通じるものがある。
頭アイコン SP クッパ 06.png オレンジ+ピンク 本作のギガクッパはこのカラーに近い配色になっている。
頭アイコン SP クッパ 07.png
頭アイコン SP クッパ 08.png 『スーパーマリオブラザーズ2』で本物のクッパの前座として登場する偽物、クッパ・アオ[2]を意識した配色。元は『1』のバグでクッパの色が変わるものだったが、『2』で正規のキャラクターになった。





立ち回りの指南[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

テクニック[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

コンボ[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

クッパ対策[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

攻撃力をさらに上げる「体攻撃強化」「ハイパースマッシュ」や「シールド削り強化」と「下必殺ワザ強化」の組み合わせがおすすめ。また、その重さを活かし「代償~強化」との相性も良い。

1人用ゲームモード攻略[編集]

勝ちあがり乱闘[編集]

因縁の赤いヤツ
ROUND 1 頭アイコン SP Mii 格闘タイプ 01.png(×2)頭アイコン SP Mii 射撃タイプ 01.png頭アイコン SP Mii 剣術タイプ 01.png
通常戦 すれちがい伝説 飛行船BGM(スーパーマリオブラザーズ3)
ROUND 2 頭アイコン SP ケン 01.png
通常戦 朱雀城 Ken Stage
ROUND 3 頭アイコン SP サムス 01.png
通常戦 ノルフェア ブリンスタ [DX]
ROUND 4 頭アイコン SP リザードン 01.png(ジャイアント)頭アイコン SP ガオガエン 01.png(ジャイアント)
通常戦 ポケモンスタジアム2 チャンピオンロード(ポケットモンスター ルビー・サファイア)
ROUND 5 頭アイコン SP ディディーコング 01.png
通常戦 コンゴジャングル とげとげタルめいろ
ROUND 6 リオレウス (SP) アイコン.png
ボス戦 遺跡平原 咆哮/リオレウス
BONUS GAME
BOSS 頭アイコン SP マリオ 01.png頭アイコン SP マリオ 01.png(メタル)
ボス戦
(連戦)
ニュードンク市庁舎 (終点化) バンド演奏 地上BGM(スーパーマリオブラザーズ)
メタルバトル
元ネタ・備考[編集]
  • クッパにとって「因縁の赤いヤツ」とはもちろんマリオのこと……なのだが、道中に現れるのはマリオに似た赤色のキャラクターばかり……といった筋書きがテーマになっている。
  • ラウンド1のMiiファイターのコスチュームは、全てマリオのぼうし+赤系統のふくで統一されている。
  • 最終戦のメタルマリオは『スマブラ64』および『スマブラDX』の中ボス戦の再現。


組み手[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。
メインファイターとして[編集]
No. 名前 ランク
0,000 ○○
0,000 ○○
お供として[編集]
No. 名前 ランク
0,000 ○○
0,000 ○○

公式スクリーンショット[編集]

脚注[編集]

  1. 掴まれた側がクッパを撃墜した扱いとなる。
  2. スマちしき - にせクッパ!?
    『スーパーマリオブラザーズ2』には、青いクッパが登場する。倒すとその先にいつもの緑のクッパがいる。『スマブラ』では8Pカラーで青いクッパになる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

ファイター (SP)
歴代参戦ファイター
01~12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13~26 ピーチ - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルス - ルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイ - Mr.ゲーム&ウォッチ
27~44 メタナイト - ピット - ブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45~63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター ( 格闘剣術射撃 ) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
新規参戦ファイター インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン - パックンフラワー - ジョーカー
マリオシリーズ
ファイター マリオ:64/DX/X/for/SP - ルイージ:64/DX/X/for/SP - ピーチ:DX/X/for/SP - クッパ:DX/X/for/SP - ドクターマリオ:DX/for/SP - ロゼッタ&チコ:for/SP - クッパJr.(クッパ7人衆):for/SP - デイジー:SP - パックンフラワー:SP
ステージ ピーチ城 上空 - いにしえの王国 (64) - ピーチ城 - レインボークルーズ - いにしえの王国 (DX) - いにしえの王国 USA - ドルピックタウン - いにしえっぽい王国 - エイトクロスサーキット - ルイージマンション - マリオブラザーズ - 3Dランド - 野原 - レインボーロード - ペーパーマリオ - マリオUワールド - マリオギャラクシー - マリオサーキット (Wii U) - ニュードンク市庁舎
アイテム POWブロック - キラー - - こうら(ミドリ/アカ) - サッカーボール - サンダー - スーパースターリング - スーパーキノコ - スーパーこのは - スーパースター - 毒キノコ - トゲゾーこうら - パサラン - バナナのかわ - ファイアバー - ファイアフラワー - ブーメラン - フリーザー - ボムへい - 緑ブロック
アシストフィギュア ジュゲム&トゲゾー - ドッスン - ハエと手 - ハンマーブロス - ワルイージ - ワンワン
ボスキャラ メタルマリオ(&メタルルイージ) - ボスパックン:X
敵キャラ カメック - キラー - キラー砲台 - クリボー - ケロンパ - ジュゲム&トゲゾー - でかクリボー - トゲメット - ノコノコ - ハンマーブロス - パタパタ - ヘイホー - マグナムキラー - ワンワン
その他の出演 キノピオ - キャッピー - ジーノ - トッテン - ポリーン - ポンプ
音楽 マリオシリーズの音楽の一覧
関連シリーズ ドンキーコングシリーズ - ヨッシーシリーズ - ワリオシリーズ - レッキングクルーシリーズ