【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

【おしらせ】『スマブラ64』『スマブラDX』『スマブラX』のコンテンツ記事を加筆してくださる協力者を求めています。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

初心者ページ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索

このページでは『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ初心者に向けたページです。


はじめたて初心者向けの基本[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

スマブラの基本[編集]

ゲームを起動してオープニング映像が終わった後に少し待っていると、スマブラの基本を解説するムービーが流れる。手元にゲームソフトがあるなら初心者はまずこれを見るべし。
(『X』や『for Wii U』、『SPECIAL』は「ムービー」の“あそびかた”ですぐに見ることもできる。)

  • スマブラは相手を攻撃してダメージをあたえ、画面外にふっとばして倒すアクションゲームである。
    • スマブラの基本ルールでは"ファイター"(操作キャラクター)に体力というものはない。が、攻撃を食らうと画面下に表示される"ダメージ%"が増えていき、次に攻撃されたときにだんだん大きくふっとばされるようになる。
      攻撃を受けてふっ飛ばされたり、操作ミスでステージから落下したりで画面外に大きく出てしまうとやられてしまい1ミスとなる。(やられることをユーザー間ではバーストと呼ぶ)
  • が、ちょっとふっとばされて足場の外側に落ちてしまってもあきらめるには早い。空中にいるときにジャンプボタンを押すか、左スティックを素早く上に倒すことで空中でもジャンプすることができる。そしてほとんどのファイターは左スティックを上に倒しながら必殺ワザボタンを押すことで、更に大きく上昇することができる。
    • まずは「空中ジャンプ」、その次に「上必殺ワザ」。この2つのワザをうまく使えば、ある程度までならふっ飛ばされてもステージの上に復帰することができる。

操作を知る[編集]

基本操作[編集]

スマブラでは基本スティック1本と最大5つのボタンで操作することができる。

  • スティックを横に倒すことでファイターは歩き、素早く横に倒すことで走る。
  • X・Yボタンことジャンプボタンを押す、またはスティックを素早く上に倒せばジャンプすることができる。
    • さらに空中にいるときにジャンプ操作を行うと空中ジャンプができる。ただし殆どのファイターは着地するまで1回しか使えないので、使いどころが肝心。
  • 攻撃に使うのは2つのボタン。通常設定ではAボタンとBボタンを使う。
    • Aボタンこと"通常攻撃ボタン"ではシンプルな攻撃を出す通常攻撃には主に5つの種類がある。
      • スティックを動かさずに攻撃すると"弱攻撃"。攻撃力は低いが、最も素早く手を出せる。
      • スティックを横、上、下に倒しながら攻撃すると"強攻撃"。
        大抵は攻撃力と素早さをバランスよく持っており、攻撃したい方向にさっと攻撃できる。
        Joy-Conなどスティックが小さいコントローラーほどスマッシュ攻撃やダッシュ攻撃に化けやすいので注意。
      • スティックを素早く倒すと同時に攻撃すると"スマッシュ攻撃"(AボタンとBボタンの同時押しでも可)。
        強攻撃よりもさらに威力が強く、100%溜まっている相手にクリーンヒットさせれば一発で倒せる事が多い。その分大振りでスキが大きいので、相手がスキを晒したここぞというときを狙うべし。
      • ファイターが走っている状態のときに攻撃ボタンを押すと"ダッシュ攻撃"。相手に詰め寄りながら強めの攻撃が出せる。
      • ファイターが空中にいるときに攻撃ボタンを押すと"空中攻撃"。当てるのが難しい分、地上の強攻撃よりもちょっぴり強め。
    • Bボタンでは"必殺ワザ"と呼ばれる、ファイターによって様々な攻撃・動作を繰り出せる。飛び道具で遠くから攻撃したり、高速で体当たりしたり…ファイターによってまるで違う行動を持っている。
      • 必殺ワザはスティックを動かさずに押した時と、スティックを横、上、下に倒しながらボタンを押した時の4種類が用意されている。中でも上必殺ワザは場外に落ちそうになったときに、ステージに戻るために使う事が多い。
  • L・Rボタンことシールドボタンを押せば、相手の攻撃をガードする"シールド"を周囲に張り巡らせることができる。
    • 更にシールドを張りながらスティックを素早く倒すことで、移動しながら一瞬無敵になれる"緊急回避"をすることができる。はじめは少し扱いにくいかもしれないが、タイミングよく使えるようになれば、反撃のチャンスが増えて強力。
  • 空中ではシールドが使えない代わりに、"空中回避"を出すことができる。空中の緊急回避であり、一瞬無敵になれる。
    • SPただし、着地するまで一度しか出せず、使うとある程度落ちるまで操作ができなくなる。ここで攻撃が来そう…というタイミングをうまく狙うべし。
  • シールド中に通常攻撃ボタンを押す、またはZ・ZL・ZRのつかみボタンを押すことで"つかみ"をすることができ、つかんだ相手を好きな方向に投げることができる。
    相手をつかめる距離は短いが、シールドで防ぐことができないのでシールド対策になる。
    • Aボタンで拾ったアイテムも、Zボタンで捨てたり、好きな方向に投げ飛ばしたりすることができる。
  • 最後に、スマッシュボールを攻撃して手に入れた後は、スティックを動かさずに必殺ワザボタンを押すと"最後の切りふだ"が出せる。とても強力なので、当たる範囲に来たら惜しまず使ってしまおう。

使うファイターを決めよう[編集]

スマブラシリーズには数多くのファイターが存在するが、一部を除いて初心者がどのファイターを使用しても戦えるようになっている。
自分の好みのファイターで自由に遊ぶとよいだろう。

たくさんのファイターの中で初心者にも"思い通りに動かしやすい"ファイターといえばマリオ、カービィ、マルス、ピット、メタナイトあたり。決して勝ちやすいキャラであるとは限らないが、これらのファイターで慣れてから好きなファイターを使うのもよい。

スマブラの用語[編集]

分からないスマブラ用語が出てきたら用語集を確認するとよいでしょう。

初心者がうまくなるために[編集]

どんな行動をするか[編集]

三すくみ[編集]

  • 相手の攻撃ワザシールドで防御すれば反撃しやすいが、つかみ投げシールドで防げない。しかしつかみはリーチがかなり短いので攻撃ワザで一方的にやられやすい。
    • つまり、大まかに攻撃防御投げ攻撃<…という三すくみが生じる。それぞれの行動に弱点があることを意識して行動していこう。

ワザ選びを考える[編集]

ダメージをためてふっとばすのがスマブラの基本である。

  • 初心者は特にふっとばし力などが高いスマッシュ攻撃や、動きやリーチが大きめの必殺ワザに頼りがち。しかし、スマッシュ攻撃は攻撃するまでが遅くガードされやすいし、必殺ワザにもスキが大きいので反撃されやすかったり、あるいはそのまま落ちたりということもある。
    • しかも、相手のダメージが低い状態ではスマッシュを当てても大してふっとばない。攻撃力の高いワザばかりブンブン振り回すのはハイリスクローリターンということだ。
  • 対して弱攻撃や強攻撃はふっ飛ばし力・ダメージなどが小さい分、攻撃が素早く当てやすい。なのでこういった小技でダメージを溜める→相手の隙を見てスマッシュ攻撃で撃墜、というのが安定の戦い方になる。
    • もちろん相手のスキに合わせてスマッシュ攻撃を当てられれば、それだけでも一気に大ダメージを稼げるかも知れない。慣れてきたら狙えるところは狙っていこう。
  • 飛び道具の必殺ワザが多いなら別だが「同じ攻撃ばかり使っている」ということはなるべく避けるように。行動を読まれやすくなるわ、単純に威力が下がるわで良いことがない。

テクニックを知る[編集]

基本アクションの活用[編集]

  • 投げはつかんだ後に方向を選ぶことができるのだが、ふっとばす方向以外にも性能が異なる。
    • 与えるダメージが異なっていたり、投げる際に周囲の他のファイターにも攻撃ができるものや、ダメージ%によっては空中攻撃で追い打ちがしやすい投げもあるので、よく使うファイターの投げの特徴を少しでも知っておくとそれだけで戦いが楽になる。
    • ダメージが多い相手を投げても、中途半端に強くふっとんでしまい追い打ちできない。そこで使えるのがつかんでいる間に行える"つかみ打撃"である。これを使えば余分にダメージを与えることができる。ただしつかみ打撃をしすぎるとつかみがはずれてしまうので欲張りすぎに注意。
  • 空中攻撃は空中の相手だけでなく地面に立っている相手も攻撃できる。高さを合わせなければいけない分地上の強攻撃より当てにくいが、強攻撃よりも強くスマッシュ攻撃よりもスキが少なかったり、前進しながら攻撃することができる。
    • ジャンプ操作を一瞬だけすると"小ジャンプ"ができる。これを使いこなせば、地上の相手に比較的楽に空中攻撃を当てることができる。
      • SPジャンプボタンと攻撃ボタンを同時押しすると、小ジャンプからの攻撃が出しやすい。(Ver2.0.0以降:)また、ジャンプボタンを2個同時に押すと、必ず小ジャンプになる。
      • マリオの前空中攻撃など、スキが長く当てにくいものも混ざっているが、そういった攻撃は相手を下方向に叩き落とすメテオスマッシュであることも多い。場外で決めると即撃墜になる分、相応に使いにくいということだ。

自分がよく使うファイターを知る[編集]

  • 自分がよく使うファイターについては、トレーニングや一人用モード、このWikiのページなどでワザの性能を把握しておくとよい。
  • どのワザが当てやすくダメージを稼ぎやすいか、どのワザで何%から撃墜できるかを知っていれば自ずから出すべきワザがわかってくる。復帰の流れもしっかり練習しておきたい。
    • 慣れてきたら、自分が使わない他のキャラも使って性能を確認して、敵として戦う時に備えたい。
  • 必殺ワザボタンで出せる必殺ワザはファイターごとに特殊な能力がある。しかし特殊なだけあって使い所は限られるものが多い。派手なワザも多いのでついつい連発したくなるが、ここはぐっと我慢してここぞというときだけ使おう。復帰以外ではBボタンを封印して戦ってみるのもいい練習になる。


ちょっと応用編[編集]

  • 敵の攻撃の隙に後出し
    • すべてのワザは出した後に隙が生まれる。相手のワザの方が判定が強い・リーチが長い場合はまともに打ち合うのではなく、
      シールドや回避で攻撃をやり過ごし、相手がワザを振った直後の隙にこちらの攻撃を当てると良い。
  • 回避狩り・崖狩り
    • 相手がダウンした場合、行動の選択肢は「そのまま起き上がる」「起き上がり攻撃」「前方に移動」「後方に移動」の4つ。
      それぞれに無敵時間があるが、相手の行動を先読みしてワザを出すことができれば有利な状況を継続できる。
    • 相手が崖つかまり状態の場合は、「そのまま登る」「回避登り」「崖登り攻撃」「崖ジャンプ」「崖から離れて空中ジャンプでステージ上に戻る」「崖からはなれて空中攻撃で反撃」などがある。
    • 対人戦で同じ選択肢を続けて取ると、行動は読まれやすくなるだろう。意図的に動きやタイミングをずらしてフェイントを入れるのも大いに有効。

簡単なキャラ解説[編集]

スマブラに慣れていない初心者の使いやすさを考慮して並べています。以下のファイターは、スマブラの基本が身についてから手を出してみることをおすすめしますが、
提示した使いやすさはあくまで目安。使っていて楽しいと思えるファイターを使うのがベスト。

最新作SP準拠で記載するため、過去作ではいないファイター、性能が大きく変更されたファイターもあります。


ファイター 端的な紹介
マリオ 全体的に基本に忠実なファイター。素早いワザが多く概ね扱いやすい。
前空中や横必殺/下必殺の扱いが難しく、ふっとばしの強い決めワザが少数の通常ワザにしかないのがネック。。
ピット リーチの長い軽量寄りのバランスタイプ。飛び道具・反射・押し出し・強引な突撃・高い復帰力と、Bボタンの万能性が魅力。
ブラックピット ピットのダッシュファイター。堅実な立ち回りに向いているピットに対し、こちらはやや攻撃的で雑に扱える。
こどもリンク 沢山のシンプルな飛び道具と身軽さを持っており、飛び道具の蓄積ダメージでジリジリと相手を追い詰められる。
剣のおかげで通常ワザの範囲も若干広めだが、ふっとばし力は心細い。
トゥーンリンク こどもリンクよりふんわりとしており、同じく飛び道具の数と素早さが長所。
剣のおかげでリーチもそこそこ長いが、やはり火力は控えめ。
Mr.ゲーム&ウォッチ 軽くて吹っ飛ばされやすいが、機動力が良好で攻撃力・リーチともにやや強いものが揃っている。
横必殺は運次第で凶悪な威力に。
ルキナ 全体的な素早さ・スキの少なさとリーチの長さを兼ね揃えたスピード剣士で、打撃戦での立ち回りに優れる。飛び道具がなく、復帰性能も控えめなのが懸念点。
マルスのダッシュファイターでワザ自体はマルスとほぼ同じだが、マルスよりもコンボが得意で距離を選ばず戦える。
マルス ルキナと同様の機敏な動きから繰り出されるワザの剣先が、重量級にも迫る高威力を秘めているのが魅力。
代わりに近距離まで詰められると決定力が発揮できず、先端クリティカルを狙って当てるには距離感に慣れる必要アリ。
カービィ 6段ジャンプによる空中での扱いやすさが魅力の軽量ファイター。横必殺・下必殺ワザの威力が魅力的だが、1on1では強攻撃・空中攻撃によるラッシュが得意。
通常必殺ワザで相手の通常必殺ワザをコピーできるため、リーチの短さはこれで補えることがある。
メタナイト 多段ジャンプで復帰力が高く、動きがより素早いファイターの一人。ただパワーや攻撃範囲が剣士にしては狭めで、大技のメリハリが激しい。
キングクルール 扱いやすい飛び道具に加え、前方にスーパーアーマーが付いていて強引に通しやすいワザが多い。
重量級なのでふっとびにくい上に、上必殺ワザの復帰力と妨害耐性が高い。
Mii 剣術タイプ 自作専用ファイターの中ではバランス重視で、こどもリンクに近いタイプ。
必殺ワザも近距離遠距離バランスよく用意されているので、お好みでカスタマイズを。
インクリング 見た目ほど飛び道具で戦うキャラではないが、ワザのクセがマリオ並みに少ないうえで高性能。
埋め効果を持つ横必殺ワザがわかりやすく強力だが、転落には注意。シールド以外のボタンで中断できる。
必殺ワザやスマッシュ攻撃などにはインクゲージが必要。インク補充はシールド+Bボタン長押しで。
シモン 鎖のムチによるスーパーリーチと、優秀な飛び道具必殺ワザの数々が魅力。相手を寄せ付けず、中距離からふっとばしてしまうのが一番得意。
やや重量級寄りでスキが多いワザが多く、上必殺ワザの復帰力も低いため、横強攻撃を使い分けられるようになるまでは接近されると危険。
シモン・リヒターどちらもワザは同じなので、お好みでどうぞ。
リヒター
リトル・マック 地上では最強のスピードとパワーを兼ね備え、アイテム無しできりふだ級必殺のK.O.アッパーカットを使うことができる。
ただし空中ワザが圧倒的に弱いので、なるべく無理せず足場の上を堅守することを意識するように。
スネーク 体術に加え多種多様な飛び道具・爆発物を駆使して戦うファイター。
体重の重さと高い復帰力のおかげでやられにくいが、吸収反射ワザを持っているファイターには要注意。
ルイージ マリオの技構成を崩し、分かりやすい決定打を増やしたファイター。
マリオベースなので使い勝手はよいが、動作がふんわりとしていて素早い立ち回りに対応しにくい。
ドクターマリオ マリオをやや鈍重にし、攻撃寄りにしたファイター。マリオに近いようで、使い込むと全然違ってくる。
ヨッシー 独特の動きの空中ジャンプでシンプルな復帰や空中戦が得意。たまご投げによる自由度の高い飛び道具や、通常ワザの判定の強さも立派な武器。
ピカチュウ 身体が軽いスピードタイプで、立ち回り面では欠点がない。電気ワザも攻撃力は高めだが、決めワザの隙が多めなのが気になる。
上必殺ワザはすばやく向きを変えれば2度移動でき、復帰力を上げられる。
クッパJr. 立ち回りの基点になる横必殺ワザの突撃、勝手に動き回る飛び道具など、有利な状況を作り上げていくことが得意。
通常ワザも判定や持続が強めだが、出が遅い物が多いので接近されると心もとない。
ロイ マルスと似ているようで全然違う剣技を使う。また、マルスとは逆に剣の根元が強いので、
フルパワーでふっとばすにはリーチに頼らず接近戦を挑まねばならない。復帰力も決して高くはないので注意。
アイク 攻撃力と攻撃範囲が大きいものの、剣士系の中では動きが遅い。複数の相手を同時に吹っ飛ばしやすいので、乱戦には強い。意外と空中ワザも強力。
ガノンドロフ スピードが遅い分をパワーに全振りした接近戦特化ファイター。
全体的に動作が遅く隙が大きいものの、動き自体はシンプルなワザが多く、当たったときの破壊力はトップクラス。
クラウド 攻撃重視型の剣士系ファイター。重そうなブキの割にスマッシュ攻撃などがアイクよりも機敏だが、
一番の不安は復帰力。必殺ワザを強化する“リミットブレイク”をどう使うかが腕の見せ所。
Mii 格闘タイプ 剣術タイプよりもシンプルな自作専用ファイター。素早さと攻撃力を兼ね揃えているが、
リーチと復帰力が低い。一応飛び道具の必殺ワザも1つだけある。
ガオガエン 弱点は多いものの、地上の接近戦では無類の強さを発揮する。
移動つかみ系の横必殺ワザはタイミングよく追加入力できないと威力が下がったり自分にダメージが入るので、そこだけ練習が必要。
ウルフ フォックスの派生だけあってワザの出の早さは健在で、通常技には意外とソツがない。飛び道具も性能が高く、反射ワザも持つが、
決めワザの数や当てやすさ、復帰力が総じて低めなのが難点か。
クロム ロイのダッシュファイター。ルキナ同様根元のクリティカルがない分、コンボが大得意で決定力は上々。
ただし復帰力は極端に低いので、やられる前に場を圧倒できるかが鍵。リトル・マックとよく似た傾向。
クッパ 重量級の中でもとても打たれ強く攻撃もパワフル。ただしその分体が大きく動きもやや遅めなので、攻撃を避けにくい。
ポケモントレーナー ゼニガメフシギソウリザードンの3体のポケモンを駆使して戦う。それぞれ長所と短所がはっきりしている別々のファイターであり、
3体分の特徴を理解し、うまく切り替えられれば、あらゆる状況に対応できる。
ピーチ ふわふわした動きと、ジャンプ押しっぱなしで空中を浮遊しながら攻撃できる固有能力が特徴的。
下必殺ワザはランダムな威力の投擲アイテムを取り出すという変わったワザ。
ピーチ・デイジーともに性能差はほぼ無いので、お好みでどうぞ。
デイジー
ドンキーコング パワフルなワザと素早さを併せ持った重量級だが、復帰力が低く空中戦はちょっぴりニガテ。
ワリオ やや重いが空中では意外とよく動ける。横必殺のバイクを中心にした立ち回りが強力。
ディディーコング スピードと手数パワーが持ち味のファイター。移動力が高めの横必殺ワザと上必殺ワザは独特でクセが強い。
リンク 好きなタイミングで起爆できるリモコンバクダン、引き寄せ効果があるブーメランなど、飛び道具がトリッキーに。
他のリンクと違ってやや重たく、剣の攻撃はちょっと遅い分、範囲と攻撃力がそれなりに大きめ。盾で正面からの飛び道具を防ぐことも。
ゼルダ 軽い割にワザが重たいものが多く扱いにくいが、必殺ワザのおかげで中~遠距離に強い。魔法攻撃は見た目によらずかなりパワフル。
ゼロスーツサムス リーチの広いスピードタイプ。掴み間合いも広いが、掴み損ねると隙も大きい。
パックマン トリッキーな動きをしたりさせたりできるキャラ。下必殺ワザで出した消火栓を攻撃し、敵にぶつけることも可能。
サムス 強力な飛び道具をメインに戦う遠距離型ファイター。ジャンプの挙動がやや特殊。
ダークサムス サムスのダッシュファイター。基本はサムスと同じだが、挙動が結構違っている。両方を使ってみて、しっくりきた方を選ぶとよい。
カムイ 身体の一部を竜化する「竜穿」が特徴の剣士。横スマッシュなどスーパーリーチを誇るワザが多く、先端をうまく当てれば強力。立ち回りを意識すべし。
ミュウツー 飛び道具も含め、多くのワザの攻撃力が高めの超火力万能キャラ。その代わり、とても軽い割に体が大きいなど、防御面はかなりもろい。
フォックス スピード型で攻撃も移動も速い。扱いはちょっと難しいが、使いこなしたときの強さは一級品。必殺ワザは中~遠距離に対応できる。
キャプテン・ファルコン スピードとパワーを兼ね揃えたインファイター。必殺ワザはシンプルかつ豪快だが、決めワザのスキが大きめなので注意。
ルカリオ ダメージが蓄積したときなどのワザ強化が他ファイターよりも顕著で、追い込まれた分だけ攻撃力・範囲・復帰力が劇的に伸びる。
反面、動きはゆるやかでワザはやや遅めであり、この欠点だけは最後までつきまとう。
ロボット やや変わった必殺ワザを持ち、真横・真上に対して強い。重量があるほうだが復帰力も高い。
ゲッコウガ 上スマッシュが強力。スピードも速く、トリッキーな必殺ワザを揃えている。
リザードン 攻撃力・範囲と移動速度・復帰力のバランスが取れた重量級。横必殺ワザの威力は屈指だが、自分もダメージを受ける諸刃のワザだ。
『スマブラSP』ではポケモントレーナーからどうぞ。
Mii 射撃タイプ Miiファイターのなかで少々特殊なタイプ。リーチや持続が長い攻撃ワザが多く、うまく捕まえれば一方的にダメージを与えられる。
範囲自体は尖っているものが多く隙も多めなので、接近戦で翻弄されると厳しい。豊富な飛び道具の必殺ワザをうまく活かしていこう。
アイスクライマー 2体で1組のファイター。空中では横に動きづらい点を除けば、普通に使うだけならわりと問題は無い。
しかし相方がやられると攻撃力の半分と復帰力の殆どを失うので、攻撃を防ぐのではなく受けないような立ち回りが重要。
デデデ 屈指の破壊力と復帰力を併せ持つ重量級。さらに横必殺ワザの飛び道具も火力が高めだが、普通の攻撃に打ち返される危険がある。
スマッシュもダッシュ攻撃もスキがとても大きいため、弾かない入力を使えるようにしたい。
シーク 非常に素早く、判定も強め。通常必殺ワザの針も速く便利。だが一発一発の攻撃力は低く、スピードについてこれるまでがとても大変。
むらびと 地上のリーチが短いため正面切っての戦い方はあまり得意ではないが、変わったワザや遠距離向きのワザを数多く持つ。復帰力も高め。
通常必殺ワザでアイテムや相手の飛び道具などをキャッチし、好きなタイミングで投げ返せる。
しずえ むらびとと似たワザをいくつか持つが、こちらもまたむらびととは違った方向性で変わったワザを持つ。
設置して相手に反応するワザや、遠くから相手を釣り上げられるワザなど、中距離での撹乱が得意。
ルフレ 遠距離に強いが、それを支える魔導書といった多くのワザに制限があり、何度か使った武器がしばらくは使えなくなる。
また、ファイターの中で一二を争う鈍足なので、常に間合いや残りの武器数を考えながら戦わねばならない。
ネス 強力かつ変則的な必殺ワザと、吹っ飛ばし力の高い後ろ投げや空中攻撃などで攻めに回れば強いが、通常ワザのリーチが短めで地上の差し合いが苦手。
一番のボトルネックは復帰方法で、慣れないうちは他よりも為す術なくミスしやすい。
リュカ ネスに似ているように見えるが、中距離での牽制に使いやすいワザが多い分投げや空中攻撃が遅くなっているなど、得意不得意が入れ替わっている。
復帰方法がネスと共通なうえ、上下のスマッシュ攻撃は癖がとても強いので注意。
プリン カービィに似ているが性能は全然違い、リトル・マックとは真逆に空中での立ち回りが得意中の得意。
代わりとして地上ワザが心細い上、とても軽くシールドが割れるとほぼ即アウト。必殺ワザもとても癖が強い。
リドリー ワザの攻撃力はかなり高めだが、当てるのが難しいもの、反撃されたときのリスクが高いものが多く、復帰方法も若干癖が強い。
重量級に見えてそこまで重い訳でもなく、その割に身体が大きいのでやられやすい。
ファルコ 極端にジャンプ力と落下速度が高い。フォックスに似ていてワザ自体はシンプルだが、縦の動きが激しいため、うかつに足場を離れると自滅する恐れも。
パルテナ 攻撃範囲が広く横必殺ワザも特徴的だが、少しスキが大きいため接近戦が厳しいタイプの一人。
パックンフラワー 【早期購入特典/DLC】トリッキーなワザが多く、崖外追撃も得意。しかし地上・空中ともに隙の大きいワザが目立ち、いかなる状況でも繊細な立ち回りが必要。
飛び道具や動きの速い相手に弱いのも難点。
Wii Fit トレーナー 遠距離からの攻撃や微量のダメージ回復を兼ねた必殺ワザが目を引くが、通常ワザは攻撃範囲が尖っているものばかり。
考えなしに使うとやや空振りやすいので、この位置ならこのワザが当たるという使い分けをきっちり覚える必要がある。
シュルク 通常必殺ワザで能力バランスを大きく変えることができるが、これは慣れるまでは我慢。
「ワザの範囲が総じて広い」長所と、「ワザを出すのはやや遅め」という欠点はどのモードでも同じ。
ソニック 原作と名前の通り、移動速度が非常に速いキャラ。やはりスピードを乗りこなして相手を翻弄できるかが鍵だが、必殺ワザの扱いがやや難しい。
ダックハント 基本部分はとてもシンプルだが、変わった必殺ワザが特徴で動きも速め。
通常必殺ワザと横必殺ワザは出てさえいれば、本体が動けない状態でも操作可能。逆に言えば同時操作する場面も出てくるため、持て余しやすい。
ピチュー 体重・リーチや電撃を使わないワザの威力が総じて小さく、正面からのぶつかり合いではかなりのハンデを負う。
しかも打開策である電撃ワザは使っただけで自分がダメージを受けてしまうので、不利な状況にとても追い込まれやすい。
体が小さく、一部のワザに無敵があるなど、パッと見ではわかりづらい強みに特化しているので、超上級者向けだといえる。
ピクミン&オリマー 隊列に加えているピクミンを駆使して戦う。5色のピクミンはそれぞれ性質が異なっており、やや変則的かつ優秀な飛び道具や武器になる。
しかし隊列のピクミンがいなくなると復帰以外の手出しができなくなるので、通常必殺ワザでこまめに補充を。
ロゼッタ&チコ ロゼッタとチコのペアで戦う。チコを切り離して戦うことができ挟み撃ちもできるが、いわば2体を同時操作する形になるので難易度が高い
ロックマン 半分以上のワザが飛び道具なので、あまり近接戦で無茶ができない。特に横方向の通常攻撃は他のファイターとはまるで異なる使い方になる。
この点は原作シリーズにアクション性を近づけたためなので、原作をやっている人だとやや有利かも?
リュウ 近接攻撃が総じて優秀で癖が無いが、通常攻撃の勝手は結構違う。必殺ワザが強くなるおなじみのコマンド入力もスマブラでは思い通りに活かしづらく、練習は必須
最終的には原作の『格闘ゲーム特有のシステム』と、『スマブラ特有のシステム』両方を頭に入れることになる。
ケン リュウ以上にコマンド専用のワザが増えており、接近戦主体キャラの中でも操作がかなり複雑になっている。
また、動きが速いぶん決定力が低めなので、リュウ以上に練習が必須
ベヨネッタ 一言で表せば『ファルコ以上に空中コンボ前提のファイター』。攻撃範囲自体は広めだが隙が総じて大きく、空中攻撃での連携がまともに出来ないうちは攻め手に事欠く。
さらに復帰の流れが『上B→空中ジャンプ→上B』であるといった必殺ワザの特殊仕様の多さはまだしも、軽い割に大技やコンボを喰らいやすいのもマイナス。

ゲームモードの進め方・攻略を知りたい[編集]

ゲームモード」からそれぞれの専用ページをご覧ください。

オンライン対戦の心得[編集]

マナーを守り、迷惑行為に記されている行為は慎みましょう。

回線切断は絶対にしない[編集]

故意に回線を切断するのは絶対にやめましょう。ペナルティが付く場合もあります。

対戦相手の動きが鈍くなった[編集]

相手に回線切断されて、操作がCPUに切り替わっています。

対戦相手が突然動かなくなった[編集]

おそらく捨てゲー(試合放棄)されています。

捨てゲーされる主な理由

  • 電話が来たり宅配便が届いたりして操作ができなくなった。
  • 実力差がありすぎるので勝負を放棄した。
  • あなたの行動が舐めプレイやマナー違反と判断されて、付き合うのをやめた。
  • 戦いをやめたいが自滅はしたくないので、攻撃されるのを待っている。

時間の無駄なので、さっさと倒して次に行きましょう。

対戦相手が突然自滅した[編集]

捨てゲーと似たような理由ですが、違う部分もあります。上記の理由に加え、以下のような理由の可能性もあります。

  • あまりにもラグがひどかったので、まともに戦うことができずに抜けた。
  • ダメージ蓄積に差が付きすぎたため、そのラウンドで勝つことをあきらめた(仕切り直し)。
  • キャラ選択を間違えた。

乱闘でしゃがみ連打でペコペコしているプレイヤーがいる[編集]

乱闘で行われる馴れ合い行為の一種です。
この行為により、お互いが意思疎通を計って同士であることを認識し、従わないプレイヤーをリンチにしようと画策します。
当然マナー違反です。出会ってしまったら即抜けしてブロックしましょう。


ちなみに、特に海外プレイヤーが1on1でしゃがみを連打することがありますが、これは向こうでの挨拶であり馴れ合いではありません。

舐めプレイをされた場合の対処[編集]

無視してください。相手はこちらの反応を見て楽しんでいるからです。
そういう嫌な人はどんなゲームにもいます。付き合うだけ損なので、ブロックして終わらせましょう。

なお、舐めプレイに対して一番効果的であるのは「一切の反応を見せず完全に放置すること」なのですが、
全く操作をしないと、こちらがペナルティを受けてオンラインから切断されてしまうので注意してください。

海外プレイヤーについて[編集]

海外プレイヤーとの対戦はラグがひどいことが多く、まともに対戦できない場合があります。
おそらくお互いがそうであるため、ラグが気になる人は対戦前に抜けた方が良いでしょう。

光の速さをもってしても地球の裏までの距離で一瞬のタイムラグが生じることと、最中にあまりに様々な通信機器を経由することがあるからです。
なお、プレイヤー名にアルファベットのみを用いていると、同じ日本のプレイヤーでも海外プレイヤーと勘違いされて対戦開始前に抜けられやすくなりますので、注意してください。