大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

ゼニガメ (SP)/ワザ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼニガメ (SP) > ゼニガメ (SP)/ワザ

弱攻撃

"パンチ" → "キック" → "しっぽうち"
ゼニガメ (SP) 弱攻撃 (1).jpg

パンチ → キック → 尻尾払い。

  • ダメージ: 2% → 1.5% → 4% [1段目→2段目→3段目]
  • 発生: 2-3F → 4-5F → 5-6F [1段目→2段目→3段目]
  • 全体: 16F (6F[1]) → 24F → 31F
    • 次の段への移行: 5-30F→ 10-30F [2段目→3段目]
  • 撃墜%: 267% [3段目]
  • 誰にも当たっていない場合、攻撃ボタン押しっぱなしで1段目を連発する。



ダッシュ攻撃

"みずスクリュー"
ゼニガメ (SP) ダッシュ攻撃.jpg

水流をまとい、きりもみ回転しながら飛び蹴り。

  • ダメージ: 8%->7% [始->持続]
  • シールド削り値: +1%
  • 発生: 8-11F -> 12-17F [始->持続]
  • 全体: 35F
  • 撃墜%: 335% / 394% [始/持続]

  • 突進距離が比較的長く、持続も長いためゼニガメの機動力と相まって切り込みに使える。
  • 持続部分を当てると相手をゼニガメの頭上に浮かせることができる。すかさず#上強攻撃#上空中攻撃で追撃を。


横強攻撃

"しっぽはたき"
ゼニガメ (SP) 横強 (1).jpg

身体ごと横に一回転して尻尾で振り払う。

  • ダメージ: 5%
  • 発生: 5-6F
  • 全体: 17F
  • 無敵: 1-8F (尻尾)
  • 撃墜%: 294%
  • シフト攻撃対応ワザ。

  • 弱攻撃並の発生と後隙を持つ。ゼニガメのワザの中ではそこそこリーチがあるため、少し距離が開いている時に振ると良い。
  • さらに尻尾部分は無敵判定になっており、姿勢の低さや発生・全体Fの優秀さも相まって、牽制から咄嗟の防衛手段まで多くの場面で活躍する。
  • シフト可能だが、目に見えて変わる程でもない。一応下シフトなら崖に掴まっている相手に当たる。
  • 高%では倒れふっとびを狙える。相手が受け身を失敗していればダッシュから#弱攻撃を当てることでダウン連が可能。1段目で止めることで#横スマッシュ攻撃、或いは#上スマッシュ攻撃が間に合う。


上強攻撃

"ジャンプずつき"
ゼニガメ (SP) 上強.jpg

軽く跳ねて真上に頭突き。

  • ダメージ: 5%
  • 発生: 5-6F
  • 全体: 19F
  • 撃墜%: 290%

  • #横強攻撃と同じく、早い発生と短い後隙が特徴。ふっとばし力は低いので、低%の相手なら2、3回連続でヒットさせられることも。
  • 低%なら数回当てた後、上シフト横強攻撃や#ニュートラル空中攻撃#前空中攻撃などに繋げられる。少し浮くようになったら#上空中攻撃で連係を。
  • 上方向への攻撃判定は十分にあるが、横方向には密着していないと当たらないほど狭い。地上戦で使う場合は注意しよう。


下強攻撃

"みずばらい"
ゼニガメ (SP) 下強.jpg

尻尾で水しぶきを飛ばし、足元を払う。

  • ダメージ: 9%
  • 発生: 8-13F
  • 全体: 29F
  • 撃墜%: 196%

  • 水しぶきのお陰か、攻撃判定は尻尾本体より僅かに長い。#横強攻撃よりダメージは高い代わりに発生と後隙は劣っているので状況によって使い分けよう。
    • 逆を言えば攻撃判定はほぼ尻尾部分程度であり、空中に飛び出ている水しぶき部分には攻撃判定は無い。そのため見た目よりは随分リーチは短い。
  • 下方向にも多少の判定があり、持続も長い関係で崖際の展開に向いている。


横スマッシュ攻撃

"みずスマッシュ"
ゼニガメ (SP) 横スマ (1).jpg

頭を振りながら高圧の水流を噴き出す。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 15%
    • 【ホールド最大】 21%
  • 発生: 20-21F / ホールド開始: 5F
  • 全体: 49F
  • 撃墜%: 96-61%
  • シフト攻撃対応ワザ。

  • ゼニガメのワザの中では威力が高めでそこそこ大きめのふっとばし力がある。
  • 発生が遅めなのがネック。ゼニガメの主要撃墜ワザではあるが、狙ってヒットさせるには相当の技量が必要。
  • 派手な見た目のエフェクトの割に、リーチが短い。
    • エフェクトと比較して判定は短めで、持続も2Fのみ。しぶきはトレーニング30マス以上届いているが、判定は20マス弱程度。
      • ゼニガメの水を使ったワザ全般においてこの判定詐欺があり、自身も相手も慣れていないと惑わし得る。
  • 上述の通りエフェクト詐欺があるが、ゼニガメのワザの中ではリーチが長い部類。
    • 水しぶき部分には当然自身の喰らい判定は無いため、攻撃がかち合った際には打ち勝ちやすいのが強み。相手の飛び込みに対して置き気味で振るといいだろう。


上スマッシュ攻撃

"みずばしら"
ゼニガメ (SP) 上スマ.jpg

自身を中心に左右の地面から水柱を噴出させる。

  • ダメージ [2段目:始->持続1~4]
    • 【ホールドなし】 計11%~16% (3% + 13%->12%->10%->9%->8%)
    • 【ホールド最大】 計15.2~22.2% (4.1% + 18.1%->16.7%->14%->12.5%->11.1%)
  • 発生: 19F , 21F->22F->23F->24F->25F [2段目:始->持続1~4] / ホールド開始: 5F
  • 全体: 65F
  • 撃墜%: 106-70%
  • 1段目がヒットすると相手を浮かせて2段目の出始めがヒットする連続ヒットワザ
  • 2段目の攻撃判定は上に移動していく。

  • 上スマッシュ攻撃にしては珍しく前後の地面から攻撃判定が出るワザ。
    • そのため#下スマッシュ攻撃のように回避狩りとしても使えなくもないが、根本の判定の持続が非常に短いため向いてはいない。
    • 水攻撃全般がそうだが判定の範囲・持続が見た目通りではなく、水しぶきは判定発生前から表示され、判定終了後も表示されているので注意。
  • フルヒットさせればゼニガメのワザの中で最もダメージが大きい。撃墜も狙える。
  • 高い位置まで攻撃判定が発生するので対空でも有効。判定の特性を理解して使えば、ゼニガメの小ささも相まって強力な武器となり得る。
  • 後隙が非常に大きく、外した際、特に地上の相手からはほぼ全てのファイターからのスマッシュ攻撃で反撃が確定するので注意。
    • 後隙は攻撃判定の無い水しぶきが消えるのが遅いため分かりづらいが、上記のデータを見て頂ければ一目瞭然かと思われる。


下スマッシュ攻撃

"スプリンクラー"
ゼニガメ (SP) 下スマ (1).jpg

高圧の水流を噴き出しながら一回転し、前→後の順に攻撃する。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 13%
    • 【ホールド最大】 18.1%
  • 発生: 18-19F , 24-25F [前/後] / ホールド開始: 6F
  • 全体: 40F
  • 撃墜%: 131-89%

  • 威力はそこそこの前後攻撃。#上スマッシュ攻撃よりは横への範囲が広いのでこちらも回避読みに。
  • 後隙がかなり短く、リーチも見た目程ではないがそこそこ長いため中距離での牽制や釣り行動として使える。
  • ふっとばすベクトルはかなり鋭い。崖際で当てると相手ファイターによっては致命傷になるので、前述の隙の少なさを活かしてガンガン振るのも有効。


ニュートラル空中攻撃

"ゼニガメスピン"
ゼニガメ (SP) N空中.jpg

空中で体を広げて縦に回転する。

  • ダメージ: 10%->7% [始->持続]
  • 発生: 4-6F -> 7-26F [始->持続]
  • 全体: 41F
  • 着地硬直: 8F
  • 撃墜%: 190% / 237% [始/持続]

  • 出が早いので相手の攻撃を潰したり、持続の長さを活かして相手のジャンプに対して置くように使えたりする。
    • 持続の長さは復帰阻止にも活躍する。崖外へ深めに追いかけてもフシギソウに交代すれば戻れることも多いのでゼニガメの決定力不足を補うのに有効。
  • ゼニガメの空中攻撃の中では単発火力が比較的高いのでコンボの〆としても使っていける。


前空中攻撃

"ロケットキック"
ゼニガメ (SP) 前空中.jpg

水流をまとってドロップキック。

  • ダメージ: 7%->6% [始->持続]
  • 発生: 5-6F -> 7-14F [始->持続]
  • 全体: 35F
  • 着地硬直: 6F
  • 撃墜%: 213% / 248% [始/持続]

  • 威力は低めだが、出が早めな上に全体のモーションが短いので地上戦、空中戦共に積極的に使っていける。
  • 小ジャンプ急降下を駆使することでこのワザだけで運ぶことも可能。


後空中攻撃

"しっぽスクリュー"
ゼニガメ (SP) 後空中.jpg

身体を水平にして後方に尻尾を突き出し、きりもみ回転する。

  • ダメージ
  • 発生: 5-6F , 7-8F , 9-10F , 11-12F , 13-14F , 15-16F / 着地攻撃: 1-2F
  • 全体: 35F
  • 着地硬直: 18F
  • 撃墜%: 211% [最終段]

  • 全段ヒットさせればゼニガメの空中攻撃の中で最も威力が高いワザになる。低%では少々難しいが下投げから繋がるのでダメージを稼いでいこう。
  • 身体を水平にするので若干リーチが伸び、持続もあるので差し込みやすい。
  • 着地攻撃こそあるものの、ゼニガメの空中攻撃の中で最も着地隙が大きい。使い方に注意。
  • 持続も相まって復帰妨害に向いている。連続ヒットなので#ニュートラル空中攻撃よりも吹っ飛ばしが強力。
    • 全体フレームも#前空中攻撃と同じく短め。崖外での連続使用もある程度は可能。
    • 崖メテオを狙う場合は相手に受け身を意識させ、急降下などを駆使してわざとすっぽ抜けさせて回避暴発を狙うのも有効。


上空中攻撃

"はんてんしっぽ"
ゼニガメ (SP) 上空中.jpg

宙返りし、尻尾で上方を払う。

  • ダメージ: 7%
  • 発生: 5-9F
  • 全体: 29F
  • 着地硬直: 6F
  • 撃墜%: 186%

  • #上投げや、そこそこ%が溜まっている時は#下投げからも繋がる。
  • 全体フレームがゼニガメの空中攻撃の中では最も短い。空中コンボとして大ダメージを狙える。
    • 体の前のほうで当たれば前に、後ろのほうで当たれば後ろに吹っ飛ばす。ヒット確認をしっかりしてコンボを決めよう


下空中攻撃

"たつまきスピン"
ゼニガメ (SP) 下空中.jpg

尻尾を下に突き出して竜巻のように回転する。

  • ダメージ: 計10% (1.5%*5+4%)
  • 発生: 6-8F , 9-11F , 12-14F , 15-17F , 18-20F , 21-22F
  • 全体: 44F
  • 着地硬直: 16F
  • 撃墜%: 320% [最終段]

  • 全てヒットすれば中々のダメージだが、相手を固定する効果が無いので、横に動きながらヒットさせると途中ですっぽ抜けやすい。
  • 小ジャンプから最速で使用すると着地隙が出ないため隙の少ない対地の多段攻撃として使える。


つかみ

"つかみ"
ゼニガメ (SP) つかみ (1).jpg

少し前のめりになりながら腕を伸ばして掴みかかる。

  • 発生: 立ちつかみ: 6-7F / ダッシュつかみ: 8-9F / 振り向きつかみ: 9-10F
  • 全体: 立ちつかみ: 34F / ダッシュつかみ: 39F / 振り向きつかみ: 37F

  • 手を大きく伸ばすのでリーチはピチューより少し長い程度。




つかみ攻撃

"つかみずつき"
ゼニガメ (SP) つかみ攻撃.jpg

掴んだ相手に頭突きで攻撃。

  • ダメージ: 1%

  • ゼニガメはコンボを主体にダメージを稼ぐファイターで、ワンパターン相殺がかかると火力が落ちやすいので1~3発は入れておくとよい。


前投げ

"ジャンプキック"
ゼニガメ (SP) 前投げ.gif

掴んだ相手を放り素早く飛び蹴り。

  • ダメージ: 計8% (2%+6%)
  • 撃墜%: 222% / 148% [中央/崖際]
  • 2%部分は他の相手にもヒットする打撃投げ

  • 序盤からそこそこふっとばすため、崖外に追い出したい時に。
  • 相手の蓄積%が低いうちは#ダッシュ攻撃で連係が狙えるが、ダメージ稼ぎ用の投げワザとしては#上投げ#下投げで事足りるので頭の片隅程度に。


後投げ

"りょうてなげ"
ゼニガメ (SP) 後投げ.gif

掴んだ相手を頭上に持ち上げ後ろに投げ飛ばす。

  • ダメージ: 8%
  • 撃墜%: 152% / 110% [中央/崖際]

  • リアクション影響値が高く、スマッシュ攻撃を除くと最も早い段階で撃墜が狙えるほどのふっとばしがある。
  • 蓄積ダメージが少ないうちは#ダッシュ攻撃などで連係が狙えるが、無理をして狙う必要はあまりない。


上投げ

"ずつきうちあげ"
ゼニガメ (SP) 上投げ.gif

掴んだ相手を頭上に投げ、腹に頭突き。

  • ダメージ: 計7% (2%+5%)
  • 撃墜%: 295%
  • 2%部分は他の相手にもヒットする打撃投げ


下投げ

"こうらプレス"
ゼニガメ (SP) 下投げ.gif

掴んだ相手を地面に伏せ甲羅を叩きつける。

  • ダメージ: 計7% (2%+5%)
  • 撃墜%: 240%
  • 2%部分は他の相手にもヒットする打撃投げ


通常必殺ワザ

"みずでっぽう"
ゼニガメ (SP) NB (3).jpg

口に水をためて勢いよく噴射する。ためるほど相手を押し出す力が強くなる。

  • ダメージ: なし
  • 発生: 26-
  • 最大溜めに要する時間: 46F (予備動作を除く)
  • 撃墜%: 直接撃墜不可
  • 入力すると同時に溜め始める溜めワザ中断と保持が可能。溜めるほど放水の勢いが増す。
  • 発射中は上下に射角を調整できる。

  • マリオの「ポンプ」のような性能。押し出す力は強いが最大溜めでも持続時間が短い。また、反動で射角が斜め上に向くため、調整しないと正面に飛ばない。
  • 空中ジャンプを消費していなければ崖下に飛び込んで最大溜めを放っても復帰が間に合う。
  • 基本的な使い方として復帰妨害はもちろん、不意に相手を押し出すことで相手の動きを乱すこともできる。
    • 水に触れた空中の相手が浮き上がる関係上、着地狩りや復帰阻止などの優位展開に持っていきやすい。相手を浮かせた直後にフシギソウに交替すると、上下の空中攻撃が強力なフシギソウの強みを活かしやすくなる。
    • アイテムを押し出すこともできるので、爆発系アイテムなどの危険なアイテムを処理したり、もしくは相手に押し付けたりといった使い方も可能。


横必殺ワザ

"からにこもる"
ゼニガメ (SP) 横B (1).jpg

こうらにこもって勢いよく体当たり。ダメージを受けないが、攻撃ではじかれる。

  • ダメージ: [通常/弾き入力]
    • 地上: 12.5%~13% / 13.5%~13.9%
    • 空中: 11.3%~12.1% (出だし: 8%) / 12%~13%
  • 発生: 24-61F
  • 撃墜%: 160% / 150% [通常始/弾き入力始]
  • 弾き入力でダメージと突進がアップする。
  • 突進は足場の端を飛び越えて続ける。また、解除された直後は空中ジャンプができない。
  • 必殺ワザボタンや逆方向にスティックを倒すことでブレーキが可能だが、出始めではできない。
  • 空中で出した場合、攻撃判定の発生前に着地すると地上版のダメージになるが、空中で発生した場合は着地しても空中版のダメージのまま。
  • 突進中に相手の攻撃を受けてもダメージを受けないが、スピードダウンし、強い攻撃であれば押し返されて解除される。
  • 突進中にガードされると跳ね返って解除される。
  • 突進中に相手に上から乗られると、自身はその場にあおむけに倒れて約2秒程と非常に大きな隙を晒す。相手は自動的に踏み台ジャンプで跳ねる。

  • 出が遅いので普通に放ってもまずガードされる。お互いノックバックするので反撃は受けにくいが、相手が崖際でノックバックしないと反撃される可能性が高い。また、ジャストガードされると出が早めのスマッシュ攻撃が間に合ってしまう。
  • 強めの判定の上、ダメージを受けない状態で横に素早く移動できるので着地狩り回避に有効。復帰に使う時は落下する距離が長く硬直も長いため、高度を見誤るとほぼ確実にミスになるので注意。崖を掴めないのもリスクが高い。
  • 踏まれると最大スマッシュホールドが確定してしまう程の超特大の隙を晒してしまう。全体的に高水準な突進ワザとしての性能をしている分、警戒されやすいワザでもある。相手がある程度のレベルになってくると踏み付けを狙ってくるようにもなるので振り方には工夫を。
    • 特に相手から遠目の位置で突っ込もうとするほど、発生を見てから後隙を狙われたりジャンプ急降下で踏まれるなどの危険性が高い。特に崖際で踏まれるとそのまま滑り落ちてミスが確定する。危険を感じたらすぐブレーキを掛けよう。


上必殺ワザ

"たきのぼり"
ゼニガメ (SP) 上B (1).jpg

水流をさかのぼりながら相手を巻き込む攻撃。左右入力で上昇する角度を調整できる。

  • ダメージ: 計12.1% (1.3%*7+3%)
  • 発生: 9-13F , 14-18F , 19-23F , 24-28F , 29-33F , 34-38F , 39-42F , 43-44F
  • 撃墜%: 215%
  • 基本は50度程度の角度で上昇するが、動作中にスティックで前後に入力すると角度を少し変えられる。
  • 使用後はしりもち落下になる。

  • 崖に沿って移動する力が強く、終点のわりと下のほうからでも崖に掴まれる。崖メテオには注意。
    • 復帰距離自体はあまり長くは無く、空中ジャンプを除けば手持ち3体で一番短い程。復帰阻止を狙う際は注意。
  • 攻撃ワザとしては、ガードから出せるワザの中では比較的発生が早いのでガードキャンセルからの反撃として使える。
    • リーチ・攻撃範囲もゼニガメのワザの中では広い部類。間合いを保って攻撃を押し付けてくる相手に思わぬ反撃を喰らわせることも可能。
  • 浮かせた相手への追撃に使えるが、外すとしりもち落下で隙を晒すのでリスクは高い。


下必殺ワザ

"ポケモンチェンジ"
ポケモントレーナー (SP) 下B (1).jpg

バトルに出すポケモンを交代することができる。ゼニガメ→フシギソウ→リザードンの順番で入れ替わる。入れ替え中は無敵だが連続チェンジ不可。


  • 使用1F目の交代開始から無敵であり、相手の攻撃をすかして交代したポケモンで即座に反撃を繰り出す、といった芸当も可能なワザ。本作の空中回避着地するまで1回しか出せないため、第2の空中回避としても使う価値がある。
    • ただし、出現した後は無敵時間が無いので過信は禁物。エフェクトも派手でボイスもあるため、真正面からやっても容易に読まれてしまう。そのため、相手の攻撃を見てから交代するか、空中などの回避がしにくい状況で行うとよい。
    • 相手からコンボを受けているときに連打することで、非確定コンボや操作タイミングのミスによって生じた隙に交代してコンボから抜け出す、といった使い方も有効。
  • 交代してから103F(約1.7秒)は再度ポケモンチェンジを行えない。
    • 交代した場合、また交代する前のポケモンに戻すのには時間がかかるので、特に上記のテクニックを実行する時などはよく考えて行おう。
    • 下以外の何らかの必殺ワザを使うとクールタイムが打ち消されてすぐに再使用できる。
  • もしミスになることが確定したと判断できる場合はなるべく復活した時に戦いたいポケモンの前のポケモンに交代すると無駄が少ない。
  • 復帰中に交代することで復帰距離を伸ばせる場面もある。
    • フシギソウからリザードンに交代した場合は空中ジャンプが追加でもう1度行えるうえ、上昇するタイプの上必殺ワザも使えるため、復帰力の悲惨なフシギソウを使用している時は特に重要なテクニックとなる。ワイヤー復帰に失敗した時は即座に交代させる癖をつけておくとよい。
  • 手に持てるサイズのアイテム、あるいはを装備系アイテムを所持・装備している時に交代すると、そのアイテムをその場に落とす。
    • アシストフィギュアも空中でキャッチしてから着地するまでの間であれば手放すことができる。相手の追撃が激しい時のキャンセル手段に使える。
  • スネークに付けられた「C4爆弾」を外すことが可能。空中で交代すればC4爆弾が落ちていくので、交代中の無敵判定も相まって高確率で回避することができる。



最後の切りふだ

"さんみいったい"
ポケモントレーナー (SP) 最後の切りふだ (3).jpg

ゼニガメ、フシギソウ、リザードンの息を合わせたみごとな連続攻撃。前方の広範囲の相手を巻き込みながらつよく押し出す。

  • ダメージ: 計44.3%
  • 撃墜%: 55%
  • 最初にトレーナーが他のポケモンを出す時に背後に攻撃判定が発生し、ヒットした相手を手前に引き寄せる。

  • ゼニガメの「ハイドロポンプ」は、近距離、上下角30度くらいで放射状の水飛沫を出す。遠くまで飛んでいるように見えるが、当たり判定があるのは近距離だけ。この攻撃が相手に当たると相手を攻撃の中心に引き寄せる。
  • フシギソウの「ソーラービーム」は前方に直線状のレーザーを発射する。発動中は連続ヒットし、ワザが終わる瞬間に強く吹っ飛ばす。
  • リザードンが放つ前方に向かって「大」の字を象った巨大な火炎弾を連続発射する「だいもんじ」は、射程が長く、終点の端から端くらいまで届く。



おきあがり攻撃

【あおむけおきあがり攻撃】起き上がりながら尻尾で前→後の順に払う。
【うつぶせおきあがり攻撃】起き上がりながら尻尾で前→後の順に払う。
【転倒おきあがり攻撃】起き上がりながら尻尾で前→後の順に叩く。

  • ダメージ: 7%/7%/5% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃

ゼニガメ (SP) ガケのぼり攻撃.jpg

ガケを登って尻尾で叩く。

  • ダメージ: 9%


アピール

  • 上アピール
    バク転し、「ゼニ!」と鳴く。
  • 横アピール
    尻尾で立って横に回った後、バランスを崩す。
  • 下アピール
    殻にこもって甲羅だけで回った後、頭と手足を出して決めポーズ。
上アピール 横アピール 下アピール
ゼニガメ (SP) 上アピール.gif ゼニガメ (SP) 横アピール.gif ゼニガメ (SP) 下アピール.gif



脚注

  1. 空振り時に7F目から1段目でキャンセル可能。
  2. 無敵判定ではなく、ポケモンが存在しない時間による物。

外部リンク


ファイターのワザ (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー(ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-75
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス- ミェンミェン