大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

フシギソウ (SP)/ワザ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フシギソウ (SP) > フシギソウ (SP)/ワザ

弱攻撃

"ムチはたき" → "ムチコンボ" → "ムチれんだ" → "ムチフィニッシュ"
フシギソウ (SP) 弱攻撃 (1).jpg

つるのムチで、はたき → 返しのつるではたき → 2本のつるを高速で振り回し、両方のつるで強くはたいてフィニッシュ。

  • ダメージ: [1段目→2段目→3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
    • 2% → 2% → 0.5%*n → 2%
  • 発生: [1段目→2段目→3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
    • 7-8F → 5-6F → 4-22F[1] → 4-5F
  • 全体: [1段目→2段目→3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
    • 27F → 27F (19F[2]) → 22F[3] → 39F
    • 次の段への移行: 10-30F (13F[4]) → 8- (20F[4]) or -F [2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)]
  • 撃墜%: 撃墜不可 → 撃墜不可 → 557%
  • 1、2段目の先端は相手を引き寄せ、根本は相手を押し出す。
  • 3段目は百裂攻撃。相手を押し出し続ける。
    • 百裂攻撃は最低でも7発繰り出す。
  • 誰にも当たっていない場合、攻撃ボタン押しっぱなしで1段目→2段目を連発する。

  • 弱攻撃としては出が遅い方だが、リーチはそれなり。武器判定なのでかち合いにも強い。
  • 百裂フィニッシュで相手をふっとばせるので、近づかれたらフィニッシュまで出して相手を追い返すとよい。
  • 百裂攻撃の当たり所が悪いとフィニッシュの前にシールド割り込まれてしまうので注意。


ダッシュ攻撃

"かたタックル"
フシギソウ (SP) ダッシュ攻撃.jpg

前に飛び込んで体当たりする。

  • ダメージ: 12% -> 10% [始->持続]
  • シールド削り値: +3% -> +2% [始->持続]
  • 発生: 4-11F -> 12-19F
  • 全体: 43F
  • 撃墜%: 181% -> 334%


横強攻撃

"ふうしゃカッター"
フシギソウ (SP) 横強 (1).jpg

背中の葉っぱを高速回転させて相手を連続で切りつける。

  • ダメージ: 計11% (1.5%*6+2%)
  • 発生: 10F , 12F , 14F , 16F , 18F , 20F , 22F
  • 全体: 45F
  • 撃墜%: 275%

  • リーチは短いが判定が強く、持続も長い。置き気味に出しておくと、接近された時の切り返しとして役に立つ。
  • 発生が遅めで後隙も少なくないので、近距離戦での打ち合いは苦手。多段ワザ故に、シールドで防がれるとほぼ確実に反撃を貰うので注意。
    • とはいえフシギソウにとっては数少ない相手を前方に押し返せるワザ。ラインを維持するためにもこのワザを振らなければならない場面は少なくない。


上強攻撃

"ムチリフト"
フシギソウ (SP) 上強.jpg

つる2本をバネのように使って体を持ち上げ、後足で蹴り上げる。

  • ダメージ: 7%
  • 発生: 7-10F
  • 全体: 32F
  • 撃墜%: 246%

  • 上方向へのリーチがかなり長い。ヒットすれば相手を浮かせるので#上空中攻撃などで追撃が可能。
  • 地上の相手に対しては、はめり込むぐらい密着していないとヒットしない。
    • 後ろの相手には足が当たるのでほんのり当てやすくなる。
  • つるには喰らい判定がなく、見た目通り喰らい判定が上に移動するので、相手の攻撃をかわすことができる。


下強攻撃

"あしもとはたき"
フシギソウ (SP) 下強.jpg

つるで素早く足元を払う。

  • ダメージ: 5.5%
  • 発生: 4-6F
  • 全体: 31F
  • 撃墜%: 331%

  • フシギソウのワザの中では出が#ダッシュ攻撃と並んで最も早い。
  • ふっとび方向は低いので際で復帰阻止の展開を作るのには強力。


横スマッシュ攻撃

"ムチチャージ"
フシギソウ (SP) 横スマ (1).jpg

つるをバネのように使い前方に勢いよく体当たり。

  • ダメージ: 16-22.3% -> 14-19.6% [始->持続]
  • 発生: 15-18F -> 19-20F [始->持続]
    • ホールド開始: 9F
  • 全体: 59F
  • 撃墜%: [始->持続]
    • 上シフト: 121-79% -> 140-95%
    • 無シフト: 112-72% -> 130-87%
    • 下シフト: 112-72% -> 128-86%
  • シフト攻撃対応ワザ。
    • シフトは威力が落ち、下シフトで威力が上がる珍しいワザ。

  • トレーニングステージの30マスぶん長いリーチであるため、引きながら振ったり接近してきた相手への迎撃に使ったり出来る。
  • 横スマッシュ攻撃としてはかなり控えめなふっとばし力だが、撃墜するには充分な威力。
  • フシギソウ本体が前に飛び出すので、ギリギリ届かなかったりすると反撃されやすかったり、攻撃を置かれたりする。リーチはしっかり把握しておこう。
  • 勢いよく前方へ突っ込むため、相手ファイターの体型が細めだと密着時にシールドで防がれた際、相手をめくることがある。


上スマッシュ攻撃

"ばくれつフラワー"
フシギソウ (SP) 上スマ.jpg

つぼみから花粉を爆発させる。

  • ダメージ: 17-23.7%
  • 発生: 26-29F / ホールド開始: 7F
  • 無敵: つぼみ: 26-29F (当たり無し無敵)
  • 全体: 59F
  • 撃墜%: 82-49%

  • 全ファイター中でも最強クラスのふっとばし力を誇る上スマッシュ攻撃で、その威力は重量級のそれをも上回る。
  • そのぶん出が遅く、横の範囲が狭いのでそう簡単には当たらない。回避読みや対空でうまくヒットさせよう。


下スマッシュ攻撃

"ダブルムチ"
フシギソウ (SP) 下スマ.jpg

2本のつるで前後を払う。

  • ダメージ: [先端/中間/根本]
    • 12-16.7% / 10-14% / 8-11.1%
  • 発生: 13-14F / ホールド開始: 6F
  • 全体: 45F
  • 撃墜%: [先端/中間/根本]
    • 137-95% / 160-114% / 225-165%
  • 前後で威力に差はない。
  • 後方の方がリーチは長め。

  • リーチが長く前後を同時に攻撃できるが、威力、ふっとばし力ともにかなり低い。
  • リーチの長さを利用し、ダウンしている相手の回避崖を掴んでいる相手へ択を迫るように使いたい。
  • ふっとばしのベクトルはかなり浅いため、崖つかまりに当てると復帰力に難がある一部ファイターには脅威となる。


ニュートラル空中攻撃

"フシギリーフ"
フシギソウ (SP) N空中.jpg

身体を横に倒し、葉っぱを高速回転させる。

  • ダメージ: 計9% (1%*7+2%)
  • 発生: 7-9F , 10-12F , 13-15F , 16-18F , 19-21F , 22-24F , 25-27F , 28-29F
  • 全体: 41F
  • 着地硬直: 16F
  • 撃墜%: 223%
  • 最終段は、当たった位置によってふっとばす方向が変化する。
    • フシギソウより右に相手がいる場合は右、左に相手がいる場合は左にふっとばす。

  • 全段ヒットでも威力は低めだが、出が早く持続も長いので当てやすい。
  • 蓄積ダメージが多すぎなければ、#上強攻撃#前空中攻撃#後空中攻撃#下投げからコンボ可能[5]
  • 浮かされた際の貴重な暴れ手段でもある。
  • 最終段は、当たった位置によってふっとばす方向が変化する。上手く制御してその後の展開を有利に運びたい。
  • 多段攻撃に中では全体動作が非常に短い。
    • 上空や崖外などの着地硬直が出ない場面でこのワザをヒットさせると、空中コンボの起点となる。#前空中攻撃#上空中攻撃で追撃を狙おう。
    • 少し操作精度が必要になるが、撃墜ラインに近い位置ならばつるのムチの先端部分に繋げて早期撃墜を狙えることも。
  • 着地隙が長いため、持続の長いワザに相手を巻き込みながら着地をするといった一般的な着地のごまかし手段には使えない。


前空中攻撃

"ムチダンク"
フシギソウ (SP) 前空中 (1).jpg

つるを伸ばし前に振り下ろす。

  • ダメージ: 12%
  • 発生: 14-18F
  • 全体: 48F
  • 着地硬直: 13F
  • 撃墜%: 163% / 165% / 151% [根本/中間/先端]
  • 根本は非常に鋭い角度で斜め上にふっとばす。
    • 根本から先端にかけて徐々にベクトルが浅くなっていく。
  • 先端はふっとばし力が高い。



後空中攻撃

"ムチホイール"
フシギソウ (SP) 後空中 (1).jpg

空中で側転し、つるで後ろを2回叩く。

  • ダメージ: 計9% (3%+6%)
  • 発生: 7-9F , 13-15F
  • 全体: 43F
  • 着地硬直: 7F
  • 撃墜%: 撃墜不可 -> 246%

  • 出が早いうえに持続着地隙にも優れるもフシギソウの主力ワザ。
  • リーチは見た目程広くないので過信は禁物。実は#前空中攻撃の方が長めだったりする。1段目は攻撃範囲も狭い。
  • 着地隙が非常に短いため、#上空中攻撃以外の全てのワザにコンボが可能。後空中攻撃からさらに後空中攻撃へ繋ぐことさえできる。
    • 中でもつるのムチの先端部分に繋げるコンボは非常に強力。


上空中攻撃

"ばくれつきゅうこうか"
フシギソウ (SP) 上空中.jpg

つぼみから花粉を爆発させ、急降下する。

  • ダメージ: 15%
  • 発生: 12-13F
  • 無敵: つぼみ: 12-13F (当たり無し無敵)
  • 全体: 51F
  • 着地硬直: 11F
  • 撃墜%: 121%
  • 攻撃判定が発生した瞬間に上方向の慣性が消え、落下し始める。
    • その瞬間から急降下が可能になる。


下空中攻撃

"うらばくれつフラワー"
フシギソウ (SP) 下空中.jpg

空中で仰向けになり、つぼみから花粉を爆発させる。

  • ダメージ: 10%
  • 発生: 11-12F
  • 全体: 63F
  • 着地硬直: 13F
  • 撃墜%: [中心/外側]
    • メテオスマッシュ: 69% / 128%
  • メテオワザ
  • 爆発した瞬間、落下が少しの間止まる。
  • 爆発した瞬間、横方向の移動速度がわずかに低下する。

  • 攻撃判定のどこに当てても、必ずメテオになる最強クラスのメテオワザ。範囲もそこそこ広めで狙いやすい。
  • 爆発はが地形を貫通するため、終点化ステージなどでは崖外に出ずともステージ上から復帰してくる相手に当てる事ができる。
    • タイミングさえ合えば下から復帰するほぼ全ての相手に上からメテオを決める事ができる。特に上昇速度が遅い復帰ワザや前隙が大きい復帰ワザに有効。
  • 爆発した瞬間に落下が止まるのを利用して着地のタイミングを少しずらすことができる。
    • また、落下速度が最大に達している際に使用すると落下速度を抑制できるため、少しだけ横移動距離が増加する。この特性を利用すれば復帰距離を伸ばすことができる。
      • ただし、ジャンプなどで体が上昇している時にこのワザを使ってしまうと、落下速度抑制の恩恵を受けられないばかりかわずかに横方向の慣性がわずかに低下するため、復帰距離が短くなってしまう。
  • 下方向への攻撃手段だが、後隙が大きいためステージ上では少々使いづらい。
  • 総合的には最強クラスのメテオワザなのだが、ふっとばし力自体は意外と控えめ。
    • 縦復帰距離の長い復帰ワザをもつファイターには、当てても戻ってこられてしまうことも珍しくない。戻れなくなるまで何度も決めるつもりで居よう。


つかみ

"つかみ"
フシギソウ (SP) つかみ (1).jpg

2本のつるを伸ばして掴みかかる。

  • 発生: 13-14F (全てのつかみで共通)
  • 全体
    • 立ちつかみ: 42F
    • ダッシュつかみ: 48F
    • 振り向きつかみ: 44F
  • ワイヤーつかみに次ぐリーチのつかみ。

  • ヨッシーなどにみられる長リーチタイプのつかみ。発生・後隙・リーチの全てがワイヤーつかみに次ぐ性能である。
  • 長リーチタイプの中では後隙が圧倒的に短く、その性質はゲッコウガに近い。
    • ただしあちらと違うのはその大部分が武器判定であること。判定勝負にも容易に勝てるうえ、ダッシュつかみや振り向きつかみは発生も非常に優秀である。
  • また、投げワザも強力。


つかみ攻撃

"つかみずつき"
フシギソウ (SP) つかみ攻撃.jpg

掴んだ相手に頭突きで攻撃。



前投げ

"つるスリング"
フシギソウ (SP) 前投げ.gif

掴んだまま後ろに退き、スリングショットの要領で勢いを付けて体当たり。


  • これといったコンボはないが、低めに相手をふっとばすので復帰阻止などの展開には持ち込みやすい。


後投げ

"つるとばし"
フシギソウ (SP) 後投げ.jpg

掴んだ相手を後ろにぶん投げる。

  • ダメージ: 12%
  • 撃墜%: 154% / 99% [中央/崖際]
  • 使用後は向きが反転する。


上投げ

"つるつきあげ"
フシギソウ (SP) 上投げ.gif

掴んだ相手を上に放り投げ、つぼみを打ち付けて追撃。


  • 蓄積ダメージがすくないうちは#上空中攻撃でコンボが可能。一気に大ダメージを稼げる。
  • フシギソウは上方向に強くふっとばすワザを多くもつので、必然的に使用頻度は多くなる。


下投げ

"つるおとし"
フシギソウ (SP) 下投げ.gif

掴んだ相手を地面に叩きつける。

  • ダメージ: 7%
  • 撃墜%: 161%
  • 鋭い角度で斜め上にふっとばす。


通常必殺ワザ

"タネマシンガン"
フシギソウ (SP) NB (2).jpg

つぼみからタネを真上に高速連射。ボタン長押しで連射時間が長くなる。

  • ダメージ: 計11.4%~18.6%
    • 本体: 3% / 2% [ヒット1/ヒット2]
    • タネ: 1.5% -> 1.3% [始->持続] / フィニッシュ: 3%
  • シールド削り値: 本体・ヒット1: +1%
  • 発生:
    • 本体: 7-8F / 13-35F [1ヒット目/2ヒット目]
    • タネ(最小時): 13F-39F[6] / フィニッシュ: 39-43F
  • 吸収: ×
  • 撃墜%: 計測不能
  • フシギソウ本体にも攻撃判定があり、ヒットすると相手をつぼみの上に跳ね上げ、タネに連続ヒットとなる。
  • 必殺ワザボタンを長押しする事でタネの1.3%部分の発射回数を増やせる。最小で4発、最大で10発まで。

  • 真上の相手を攻撃する持続の長い飛び道具。密着時の暴れめくり対策に使えるワザ。持続のおかげで引っ掛けやすい。
  • フシギソウ自身にも攻撃判定があり、相手を自身の真上に打ち上げる。この攻撃判定飛び道具扱いではないため、真横の相手に反射されることはほぼない。
    • 上方の相手に反射されても、連続発射されるタネに相殺されて、自身まで届くことは少ない。
    • 発射直前ほど広くはないが、発射中にも身体に攻撃判定は存在する。
  • ただし、当たり具合によってはすっぽ抜けることがあるため注意。特に空中で移動しながら使用した場合に起こりやすい。


横必殺ワザ

"はっぱカッター"
フシギソウ (SP) 横B (1).jpg

はっぱを飛ばして相手を切りつける。攻撃は貫通するうえに射程距離も長い。

  • ダメージ: [始->持続1->持続2]
    • 8% -> 6% -> 4%
  • シールド削り値: [始->持続1->持続2]
    • -4% -> -3% -> 2%
  • 発生: [始->持続1->持続2]
    • 22-35F -> 36-54F -> 55-73F
  • 全体: 48F
  • 吸収: ×
  • 撃墜%: 400% -> 756% -> 撃墜不可
  • 弾き入力で弾速が上がり、飛距離が伸びる。
  • 地面に当たると跳ね返る。壁に当たると消滅する。
  • カッターは基本直線に進むが、ランダムで角度がバラけたり少し曲がったりする。
  • カッターは相手を貫通する。
  • ヒットした相手をやや角度のついた上方向のベクトルでふっとばす。

  • フシギソウの立ち回りを支える重要な飛び道具
    • このワザを撒いて相手を動かし、相手が飛び込んできたところをリーチや持続に優れるワザで迎撃するのがフシギソウの基本的な立ち回りとなる。
  • 弾速・射程・ダメージいずれも優秀な部類。ただし出が遅く、もそれなりなので近距離で防がれると反撃されやすい。ある程度距離がある状態で使いたい。
  • はじき入力で弾速が速くなり、射程も伸びる。
    • 飛び道具としては当てやすくなるが、回避ですり抜けやすくもなる。通常入力は壁を作るように置けるので、上手く使い分けて緩急をつけよう。
  • 出始めでヒットすると相手を強めに浮かせるので、追いかけて追撃が狙える。蓄積ダメージ次第では#上空中攻撃つるのムチの先端へ繋げて撃墜することも可能。
  • ランダムで軌道がバラけるため、運が良いと相手の回避行動にたまたま対応できたりも。逆に言えば、運が悪いと相手に潜られやすくなってしまうことも……。


上必殺ワザ

"つるのムチ"
フシギソウ (SP) 上B (1).jpg

ムチのようにしなる長いつるで攻撃。近くのガケにつかまることもできる。

  • ダメージ: 13% / 11% [先端/先端以外]
  • 発生: 15-17F
  • 全体: 48F
  • 撃墜%: 182% / 計測不能 [先端/先端以外]
  • ワイヤー復帰が可能。
    • 反応するのは自分の前方に存在するのみ。崖の横軸が自分より後ろに存在する場合はワイヤーが反応しない。
  • 入力してから発生までにスティックで角度を調節できる。
  • 空中で使用した場合、1回目のみ小さくホップする。
  • 空中で使用すると横方向への慣性が消えてしまう。
    • 入力からモーションが終わるまでの間、空中横移動が全くできなくなり、真下へそのまま落下していく。
      • モーションは全体硬直より長い。そのため、空中攻撃空中回避などでモーションをキャンセルしてやればすぐ動けるようにはなる。
  • 先端の音属性は電撃だが、属性そのものは打撃属性である。

  • 必殺ワザでは珍しいワイヤー復帰。ワイヤー復帰系のワザの中ではベレト/ベレスと並んで最もをつかめる距離が長いタイプ。
    • ただし、崖が自分より前の方に存在しないとワイヤーが反応してくれないのが難点。そのため、下から安全に復帰というのが難しく、復帰阻止を受けやすい。
    • #下空中攻撃で少しでも滞空時間と復帰距離を稼ぐ、空中ジャンプを残す、空中回避で直接崖を掴みに行く、ポケモンチェンジを行うなどといった工夫をこらし、復帰方法を分散させると良いだろう。
  • 攻撃ワザとしては、リーチが長く、先端に強力なダメージとふっとばし力を持つ。
    • 地上の相手を攻撃するのは難しいので、基本的には対空ワザや打ち上げた相手への追撃手段として用いる。
      • 一応前入力で出せば、密着した相手にならヒットする。
    • ガケつかまり時に崖離しから使用することで、崖上で待機している相手を追い払いつつ再度崖を掴むと言った使い方も可能。タイミングによっては多少離れた位置にも当てられるので、比較的安全に崖を登ることができる。
  • #コンボのフィニッシュとしても非常に優れており、上手く先端へ繋げられるようになると様々な場面で撃墜が狙えるようになる。
  • 使用後はしりもち落下にならず、空中でも連発可能。しかしモーションが終わるまで左右に全く動けなくなってしまうので、ワイヤー復帰の受付範囲外での暴発に注意。
  • 1回目のみホップするが、使用後は空中横移動が著しく制限されるため、着地ずらしには使えない。



下必殺ワザ

"ポケモンチェンジ"
ポケモントレーナー (SP) 下B (1).jpg

バトルに出すポケモンを交代することができる。ゼニガメ→フシギソウ→リザードンの順番で入れ替わる。入れ替え中は無敵だが連続チェンジ不可。


  • 使用1F目の交代開始から無敵であり、相手の攻撃をすかして交代したポケモンで即座に反撃を繰り出す、といった芸当も可能なワザ。本作の空中回避着地するまで1回しか出せないため、第2の空中回避としても使う価値がある。
    • ただし、出現した後は無敵時間が無いので過信は禁物。エフェクトも派手でボイスもあるため、真正面からやっても容易に読まれてしまう。そのため、相手の攻撃を見てから交代するか、空中などの回避がしにくい状況で行うとよい。
    • 相手からコンボを受けているときに連打することで、非確定コンボや操作タイミングのミスによって生じた隙に交代してコンボから抜け出す、といった使い方も有効。
  • 交代してから103F(約1.7秒)は再度ポケモンチェンジを行えない。
    • 交代した場合、また交代する前のポケモンに戻すのには時間がかかるので、特に上記のテクニックを実行する時などはよく考えて行おう。
    • 下以外の何らかの必殺ワザを使うとクールタイムが打ち消されてすぐに再使用できる。
  • もしミスになることが確定したと判断できる場合はなるべく復活した時に戦いたいポケモンの前のポケモンに交代すると無駄が少ない。
  • 復帰中に交代することで復帰距離を伸ばせる場面もある。
    • フシギソウからリザードンに交代した場合は空中ジャンプが追加でもう1度行えるうえ、上昇するタイプの上必殺ワザも使えるため、復帰力の悲惨なフシギソウを使用している時は特に重要なテクニックとなる。ワイヤー復帰に失敗した時は即座に交代させる癖をつけておくとよい。
  • 手に持てるサイズのアイテム、あるいはを装備系アイテムを所持・装備している時に交代すると、そのアイテムをその場に落とす。
    • アシストフィギュアも空中でキャッチしてから着地するまでの間であれば手放すことができる。相手の追撃が激しい時のキャンセル手段に使える。
  • スネークに付けられた「C4爆弾」を外すことが可能。空中で交代すればC4爆弾が落ちていくので、交代中の無敵判定も相まって高確率で回避することができる。



最後の切りふだ

"さんみいったい"
ポケモントレーナー (SP) 最後の切りふだ (3).jpg

ゼニガメ、フシギソウ、リザードンの息を合わせたみごとな連続攻撃。前方の広範囲の相手を巻き込みながらつよく押し出す。

  • ダメージ: 計44.3%
  • 撃墜%: 55%
  • 最初にトレーナーが他のポケモンを出す時に背後に攻撃判定が発生し、ヒットした相手を手前に引き寄せる。

  • ゼニガメの「ハイドロポンプ」は、近距離、上下角30度くらいで放射状の水飛沫を出す。遠くまで飛んでいるように見えるが、当たり判定があるのは近距離だけ。この攻撃が相手に当たると相手を攻撃の中心に引き寄せる。
  • フシギソウの「ソーラービーム」は前方に直線状のレーザーを発射する。発動中は連続ヒットし、ワザが終わる瞬間に強く吹っ飛ばす。
  • リザードンが放つ前方に向かって「大」の字を象った巨大な火炎弾を連続発射する「だいもんじ」は、射程が長く、終点の端から端くらいまで届く。



おきあがり攻撃

【あおむけおきあがり攻撃】起き上がりながらつるで前→後の順に叩く。
【うつぶせおきあがり攻撃】起き上がりながら後足で後→前の順に蹴る。
【転倒おきあがり攻撃】起き上がりながらつるで前→後の順に叩く。

  • ダメージ: 7%/7%/5% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃

フシギソウ (SP) ガケのぼり攻撃.jpg

ガケを登ってつるで払う。

  • ダメージ: 9%


アピール

  • 上アピール
    身体を震わせながら背中の葉っぱとつぼみを回転させる。
  • 横アピール
    逆立ちして半回転した後、バランスを崩す。
  • 下アピール
    つるを1本ずつ上に伸ばした後、一回転する。
上アピール 横アピール 下アピール
フシギソウ (SP) 上アピール.gif フシギソウ (SP) 横アピール.gif フシギソウ (SP) 下アピール.gif



脚注

  1. 3F毎に発生。持続は最短時。
  2. 空振り時に20F目から1段目でキャンセル可能。
  3. 持続最短時。
  4. 4.0 4.1 ボタン押しっぱなしでの移行F。
  5. #上投げからも繋がるが、この場合は#上空中攻撃に繋げた方が確実かつダメージも上。
  6. 詳細: 13-15F->16-20F , 19-21F->22-26F , 25-27F->28-32F , 31-33F->35-39F [始->持続]
  7. 無敵判定ではなく、ポケモンが存在しない時間による物。

外部リンク


ファイターのワザ (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー(ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-75
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス- ミェンミェン