大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

リトル・マック (SP)/ワザ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リトル・マック (SP) > リトル・マック (SP)/ワザ

弱攻撃

"左ジャブ" → "右フック" → "左アッパーカット" or "ラッシュ" → "右アッパーカット"
リトル・マック (SP) 弱攻撃 (1).jpg

ジャブからの素早いコンビネーション。

  • ダメージ: 1.5%→1.5% → 5% or 0.5%*n → 3% [1段目→2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
  • 発生: 1F → 1F → 4-5F or 4-22F[1] → 5F [1段目→2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
  • 全体: 16F (6F[2]) → 16F → 29F or 22F → 34F [1段目→2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
    • 次の段への移行: 5-30F → 10-30F or 5-9F [2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)]
  • 撃墜%: ?%
  • 3段目で単発攻撃か百裂攻撃に派生できる。2段目の後にボタンを押しっぱなしにしていた場合は百裂攻撃を繰り出す。2段目が誰にも当たらなかった場合、3段目は必ず単発攻撃を繰り出す。
    • 3段目を攻撃ボタン押しっぱなしで出した場合、百裂攻撃になる。
  • 誰にも当たっていない場合、ボタン押しっぱなしで1段目を連発する。
  • 百裂攻撃は最低でも10発繰り出す。

  • 3段目が単発攻撃でも11%と弱攻撃の中では高めのダメージ。百裂攻撃だと12%程度は安定して与えられる。しかも発生フレームゼロスーツサムスの弱攻撃と並んで全てのワザの中で最も出が早い1F。ここに、リトル・マックの地上戦の強さの片鱗を見ることができる。
  • 多くの百裂攻撃に言えることだが、上のほうや端のほうを当てるとヒットストップずらしでフィニッシュの前に脱出されやすくなる。百裂フィニッシュは外すと隙だらけなので、1、2段目を当てた後の百裂攻撃を出すか出さないかの見極めは重要。
  • 3段目(単発)はヒット後の状況が良く、序盤から中盤まで安定して#横必殺ワザでの追撃が入る。


ダッシュ攻撃

"ハンマーパンチ"
リトル・マック (SP) ダッシュ攻撃.jpg

前進しながら左拳を振り下ろして地面に打ちつける。

  • ダメージ: 10%
  • 発生: 7-9F / : 1-4F (前膝)
  • 全体: 33F
  • 撃墜%: ?%
  • ベクトルは、出始めは真上に近く、それ以降は斜め上に低くなる。
  • 相殺モーションが無いワザ。
  • 攻撃前にリトル・マックの前膝に押し出し判定が発生する。おそらく相手をすり抜けることを防ぐためのぬるりの役割として設定されたものと思われ、テクニックに応用できるものではない。

  • 出が早く大きく踏み込みながら攻撃を繰り出すため、リトル・マックの走行速度の速さも相まって、離れた相手が見せた些細な隙を突きやすい。
  • 攻撃範囲が上にも広く、対空、着地狩りとしても使いやすい。
  • ダッシュ攻撃としては破格の隙の小ささ。正面でガードされるとガードキャンセルつかみなどでの反撃が確定するが、少しでも相手の反応が遅れれば弱攻撃でガードキャンセルを潰すことが可能。
  • めくりが可能で、近距離で繰り出せばシールドからの反撃を貰いにくい。
  • 踏み込みが大きすぎるため、相手に密着して繰り出すと拳を振り下ろす前に相手を通り過ぎてしまう。だが空振っても隙が少ないので悪い事態にはなりにくい。
  • 低%の相手にはダッシュ攻撃からダッシュ攻撃に繋げて運ぶことができる。


横強攻撃

"ワン・ツーパンチ"
リトル・マック (SP) 横強 (1).jpg

一歩踏み込んで、左ジャブ→右ストレートのワンツーパンチ。

  • ダメージ: 計12% (4%+8%)
  • 発生: 4-5F , 12-13F
  • 全体: 37F
  • 撃墜%: ?%
  • 相殺モーションが無いワザ。

  • 相殺が起きても止まらないため、1段目で相手の攻撃を相殺→2段目で攻撃、ということが可能。
  • ただし隙は強攻撃の中では大きめ。相手の攻撃には強いが、ガードには弱い。
  • ふっとばし力がそこそこあり、ステージ端なら120%程度から撃墜可能。


上強攻撃

"アンチエアナックル"
リトル・マック (SP) 上強.jpg

弧を描くように拳を振り上げる。スローでよく見ると裏拳をしている。


  • リトル・マックの全身をカバーする攻撃。あまり範囲は広くなく当てにくいが、隙が小さいのでリスクは低い。低%の相手ならお手玉可能。
  • 密着していても安定して当たる唯一の強攻撃。横回避で背後ギリギリへの回り込みを狙ってくる相手にはこれが当てやすい。


下強攻撃

"レッグブロー"
リトル・マック (SP) 下強.jpg

姿勢を低くしてショートストレートパンチ。


  • リーチは少々短いが、姿勢が優秀なうえに隙が少なく、避けられたりガードされたりしても反撃を受けにくい。
  • ヒット後の状況が良く、#横強攻撃#横必殺ワザ#上必殺ワザ、K.O.アッパーカットなどを繋ぐ事が出来る。


横スマッシュ攻撃

"スマッシュストレート" or "スマッシュアッパーカット" or "スマッシュボディフック"
リトル・マック (SP) 横スマ (1).jpg

大きく踏み込んで、右ストレート or 右アッパー or 右ボディフック。

  • ダメージ: 【ホールドなし~ホールド最大】
    • 上シフト: 20%~28%
    • シフトなし: 20%~28%
    • 下シフト: 24%~33.6%
  • シールド削り値: 下シフト: +4%
  • 発生: 14-15F/15F [下シフト以外/下シフト] / : 6-12F / ホールド開始: 5F
  • スーパーアーマー: 8-15F/9-15F [下シフト以外/下シフト]
  • 全体: 43F
  • 撃墜%: ?%
  • シフト攻撃によって、動作が大きく変化する。
  • 攻撃判定が出る少し前(スマッシュホールドを解除した瞬間)から、攻撃判定が出た瞬間まではスーパーアーマー状態になる。
    • スーパーアーマー中に攻撃を受けながら相手にヒットすると、必殺ズーム演出が入る。
  • 攻撃前にリトル・マックの腰から前方に小さな押し出し判定が発生する。おそらく相手をすり抜けることを防ぐためのぬるりの役割として設定されたものと思われ、テクニックに応用できるものではない。

  • シフト攻撃によって異なるワザになるユニークな横スマッシュ攻撃。このような性質を持つワザはこれだけ。
  • 3種とも、長いリーチ、大きいダメージ、そして出始めのスーパーアーマーを兼ね備え、圧倒的な攻撃性能を持つ。トドメはもちろん、ダメージ蓄積用としても優秀。
  • 無シフトは素直な性能で、真っ直ぐ前に拳を突き出して相手を大きく横にふっとばす。ステージ端の相手へのトドメとして最適。
  • 上シフトは動作としては前進する#上スマッシュ攻撃といったところ。出始めの威力はこちらの方が上スマッシュに劣るが、終わり際では勝る。実は上だけでなく横方向にも3種の横スマッシュの中で最も遠くまで攻撃が届く。密着した相手にも他のシフトよりかはヒットしやすい。
  • 下シフトは3種の横スマッシュの中で最もダメージが大きいが、ふっとばし力はスマッシュ攻撃としてはとても低いので、ダメージ蓄積に。しかし威力が大きいためにシールドをよく削るので、横スマッシュを溜めたはいいが相手がシールドを張ってきたという時にも。
    • 低い角度でふっとばすので、受け身ダウンからの追撃で攻めの継続がしやすい。相手の攻撃に耐えながら当て必殺ズーム演出が入ると、相手からすれば受け身のタイミングがわかりづらいので、ダウン追撃の絶好のチャンス。
    • 台端でシールドを張っている相手に向かって近距離で下シフトをガードさせると、その後すぐにリトル・マックが台から落ち、ワザのモーションがキャンセルされる。その後すぐに横必殺ワザをステージ側へ繰り出すと、シールドブレイクさせることができる。ただし、大抵の場合、最速で横必殺ワザを出すと空振りするか、またはシールドからの肉漏れにヒットし、遅らせると相手のシールド解除が間に合う。


上スマッシュ攻撃

"ダイナマイトアッパーカット"
リトル・マック (SP) 上スマ.jpg

大きく姿勢を落としてから、跳ねあがるように右アッパーカットを繰り出す。

  • ダメージ: [始->持続]
    • 【ホールドなし】 21%->16%
    • 【ホールド最大】 29.4%->22.4%
  • 発生: 10F -> 11-13F [始->持続] / ホールド開始: 7F
  • スーパーアーマー: 8-13F
  • 全体: 47F
  • 撃墜%: ?%
  • 攻撃判定が出る少し前(スマッシュホールドを解除した瞬間)から、攻撃判定が出た瞬間まではスーパーアーマー状態になる。
  • 出始めは火炎属性を持つ。
  • 使用後は位置が少し後ろに下がる。
  • スーパーアーマー中に攻撃を受けながら相手にヒットすると、必殺ズーム演出が入る。

  • 横スマッシュ攻撃の上シフトと似たワザ。攻撃範囲が上方向に広く、フォロースルーで右手が左手の下に回るのがこちら。
  • 出始め部分は、ふっとばし力の強いワザばかりのリトル・マックのスマッシュ攻撃の中でも、特に強いふっとばし力を持つ。
  • 上スマッシュ攻撃なので走行ガードキャンセルなど使用できる場面は多い。持続部分でもよく飛ぶので、100%近い相手には隙あらば。
  • 横スマッシュ攻撃と比べるとやや隙が大きいが、密着していると当たらないということが無いので安定して当てやすい。


下スマッシュ攻撃

"スイングパンチ"
リトル・マック (SP) 下スマ (1).jpg

前→後ろに1回転しながら地面すれすれにフック。

  • ダメージ [前 , 後]
    • 【ホールドなし】 13% , 13%
    • 【ホールド最大】 18.2% , 18.2%
  • 発生: 10-11F / 17-18F [前 , 後] / ホールド開始: 6F
  • スーパーアーマー: 7-10F , 15-17F [前 , 後]
  • 全体: 42F
  • 撃墜%: ?%
  • 攻撃判定が出る少し前(スマッシュホールドを解除した瞬間)から1段目の攻撃判定が出た瞬間までと、2段目が出る瞬間にスーパーアーマー状態になる。
  • スーパーアーマー中に攻撃を受けながら相手にヒットすると、必殺ズーム演出が入る。
  • 7-12F と 15-21F は、ぬるり判定が無くなる。

  • 前→後ろの順で攻撃する前後攻撃。スーパーアーマーも2回発生。
  • ダメージは他のスマッシュ攻撃に劣るが、隙が少ないうえに、回り込みを狙う相手にも後ろ側で対応できる優れもの。ただし、好反応されるとガードから掴まれる。
  • 攻撃判定が横に長い。攻撃判定の大きさだけならマックの通常攻撃で最も長い。
  • 攻撃判定は下にも大きい。そのためガケつかまり中の相手にも当てることが可能。ガケつかまり直後の無防備時間への攻撃を狙うこともできる。
  • スーパーアーマーのおかげで、マリオの上必殺ワザなど、攻撃判定を崖上まで伸ばしながら攻撃してくるようなワザでも耐えながら攻撃できる。


ニュートラル空中攻撃

"苦手ジャブ"
リトル・マック (SP) N空中.jpg

膝を曲げ、斜め下に向けてパンチ。


  • リトル・マックの空中攻撃は「苦手」とされるだけあって、総じて威力・範囲・判定が極めて弱い。全くリターンがない訳ではないが、やはり下手に使わない方が良い。
  • 全てのファイターの空中攻撃の中で、最も発生と動作が短い。小ジャンプから3発も繰り出し可能なほど連発できるが、それ以外が弱すぎるので連発したところでほとんど意味がない。
  • 出がとても早いので相手の連係に割り込んで当てやすい。固定吹っ飛ばしワザな上、全くふっとばさないのでその後に反撃されやすいが、相手の反応が間に合わずになんとかやりすごせることもしばしば。
  • リトル・マックの空中攻撃の中で唯一、着地隙が短い。着地際に当ててすかさず弱攻撃を出すと繋がりやすい。
  • 確定ではないのだが、降下しながら空中にいる相手に密着してこれを連発すると連続ヒットさせつつ一緒に落下していける。さらに場外ならそこから踏み台ジャンプに繋ぐことによって復帰阻止となる。


前空中攻撃

"苦手アッパーカット"
リトル・マック (SP) 前空中.jpg

下から上への大振りの右パンチを繰り出す。

  • ダメージ: 5%/4% [手/腕]
  • 発生: 10-12F
  • 全体: 36F
  • 着地硬直: 13F
  • 撃墜%: ?%

  • ボクサーらしからぬ大振りのパンチ。しかし威力は低い。小ジャンプと同時に出せば着地隙が出ないが、それをする位なら別の地上行動をした方がいい。
  • 低い角度でふっとばすので、復帰力の低い相手に場外で当てると復帰阻止となることも。


後空中攻撃

"苦手バックナックル"
リトル・マック (SP) 後空中.jpg

回転しながらの裏拳打ち。ちなみに、ボクシングで裏拳打ちは反則となる技。

  • ダメージ: 6%/4% [手/腕]
  • 発生: 11-12F
  • 全体: 37F
  • 着地硬直: 16F
  • 撃墜%: ?%

  • リトル・マックの空中攻撃の中では最も威力があるが、最低クラスであることは目に見えて変わらず。これも小ジャンプと同時に出せば着地隙が発生しない。
  • 低い角度でふっとばすので、復帰力の低い相手に場外で当てると復帰阻止となることも。一応中量級ファイターが190%位ダメージが溜まっている状態なら崖端で当てれば直截撃墜はできる。
    • しかしその頃になるととっくにマックの百裂攻撃のフィニッシュで撃墜できるダメージ帯なので、わざわざこのワザに頼る必要がない。


上空中攻撃

"苦手ジャンピングパンチ"
リトル・マック (SP) 上空中.jpg

上に向けて拳を振る。

  • ダメージ: 5%/4% [手/腕]
  • 発生: 5-8F
  • 全体: 41F
  • 着地硬直: 13F
  • 撃墜%: ?%

  • リトル・マックの空中攻撃の中では攻撃範囲が広く、発生も早いので当てやすい。とはいえ、優先して使うほどの価値は全く無い。
  • 動作が長く、リトル・マックの空中攻撃で唯一、小ジャンプと同時に出しても着地隙が生まれるワザ。


下空中攻撃

"苦手オープンブロー"
リトル・マック (SP) 下空中.jpg

下に向けて拳を突き出す。よく見ると手のひらで突きをしており、これもボクシングでは反則行為。

  • ダメージ: 5%/4% [手/腕]
  • 発生: 7-10F
  • 全体: 27F
  • 着地硬直: 18F
  • 撃墜%: ?%
  • 腕部分にはメテオ効果あり。

  • リトル・マックの空中攻撃の中でも特に当てにくい。攻撃範囲はリトル・マックの真下で極小。
  • 実はメテオがあるが、100%の相手に当ててもわずかに怯む程度で、まるで役に立たない。さらに着地隙もかなり長い。
  • その弱いふっとばし力のおかげで、100%を超えた相手でもダウン連が可能。


つかみ

"つかみ"
リトル・マック (SP) つかみ (1).jpg

両腕を振って掴みかかる。

  • 発生: 立ちつかみ: 9-10F / ダッシュつかみ: 13-14F / 振り向きつかみ: 14-15F
  • 全体: 立ちつかみ: 38F / ダッシュつかみ: 46F / 振り向きつかみ: 41F

  • リーチがかなり短く、つかみとしての性能は良くない。
  • 投げはどれも威力・ふっとばし力ともに大したことはない。だが、攻撃をガードしてからガードキャンセルで反撃することをひたすら狙ってくる相手には、つかみはそれを崩すための有効な手段の一つとなる。
  • 前方緊急回避キャンセルダッシュつかみをすると数歩分ほど一瞬で移動した後にダッシュつかみを繰り出すので、普通にダッシュつかみをするよりも、かなり離れた位置にいる相手をつかみやすくなる。


つかみ攻撃

"つかみボディブロー"
リトル・マック (SP) つかみ攻撃.jpg

掴んだ相手に右のボディーブローを叩き込む。

  • ダメージ: 1%

  • 連打速度が速いので、何発か入れてダメージ稼ぎに。


前投げ

"ヘッドブロー"
リトル・マック (SP) 前投げ.gif

掴んだ相手を素早く前に殴り飛ばす。

  • ダメージ: 8% (4%+4%)
  • 撃墜%: ?%
  • 最初の4%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • 平凡な前投げ。崖端で掴んだ相手をとりあえず場外へ出したい時などに。


後投げ

"ターニングアッパーカット"
リトル・マック (SP) 後投げ.gif

掴んだ相手を後ろに回しつつ殴り飛ばす。

  • ダメージ: 9% (4%+5%)
  • 撃墜%: ?%
  • 最初の4%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • 下投げと並んで、リトル・マックの投げの中では最もダメージとふっとばし力が高い。


上投げ

"ショートアッパーカット"
リトル・マック (SP) 上投げ.gif

掴んだ相手を上に殴り飛ばす。

  • ダメージ: 7% (4%+3%)
  • 撃墜%: ?%
  • 最初の4%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • リトル・マックの投げの中では全体動作が最も短い。


下投げ

"ハンマーナックル"
リトル・マック (SP) 下投げ.gif

掴んだ相手に両腕を振り下ろす。

  • ダメージ: 7% (4%+3%)
  • 撃墜%: ?%
  • 最初の4%部分周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • フォックスなどの一部の相手が超低%の時はこのワザから横必殺ワザ、上必殺ワザ、K.O.アッパーカットのどれかが繋がるが、それ以外では外にベクトル変更されると何も繋がらない。


通常必殺ワザ

通常必殺ワザは、K.O.ゲージが最大である間は「K.O.アッパーカット」になる。

"気合いストレート"
リトル・マック (SP) NB (5).jpg

ためるほど強くなる猛烈なダッシュパンチ。ゲージ満タンでK.Oアッパーカットに。

  • ダメージ: [始->持続]
    • 地上: 溜め無し: 12%->10%->8% / 最大溜め: 30%
    • 地上(反転入力): 溜め無し: 10%->8%->6% / 最大溜め: 28%
    • 空中: 溜め無し: 10%->8% / 最大溜め: 20%
    • 空中(反転入力): 溜め無し: 8%->6% / 最大溜め: 18%
  • 発生: [始->持続]
    • 地上: 溜め無し: 36-37F -> 38-41F -> 42-49F / 最大溜め: 123-132F -> 133-157F
    • 空中: 溜め無し: ?F / 最大溜め: ?F
  • 撃墜%: ?%
  • 入力すると同時に溜め始める溜めワザ中断は地上でシールド入力でのみ可能。保持はできない。
  • 最大まで溜まるか、溜め中に必殺ワザボタンを押すとダッシュパンチを繰り出す。溜めるほど威力と移動距離が増加し、最大溜めは拳のエフェクトが赤色になり、威力と後隙が大きく増える。
  • パンチ動作が始まるまでに反対方向に入力すると、振り向いて攻撃を出すことができる。
  • 溜め中は8%未満、最大溜めの攻撃には14%未満の攻撃を耐えられるスーパーアーマーが付く。

  • 溜め中は軽いふっとび耐性がつく。スーパーアーマーではないので、大したものは耐えられない。相手が軽い攻撃でのお手玉を狙ってきた時には、連係からの脱出手段の一つになる。
  • 威力は最大まで溜めると上昇し、それ以外は同じ。前進距離は溜めるほど増すので、溜めるほど高威力の前半部分を当てやすくはなる。
  • 最大まで溜めた時のふっとばし力は最大溜めの上スマッシュ攻撃並と強烈。長距離を移動しながら攻撃するので、複数人をまとめてふっとばしやすい。
  • 最大まで溜めずとも、出し始めのふっとばし力は横強攻撃や横必殺ワザよりも高い。相手が軽い攻撃で突っ込んでくるのを予測し、アーマーで耐えた後に反撃、という手も。


"K.O.アッパーカット"
リトル・マック (SP) NBB (1).jpg

K.O.ゲージが最大の時のみ放てる一撃必殺のジャンピングアッパーカット。


  • 20%程度から撃墜できる超高威力のアッパーカット。しかも出が早くガード不能。連発できるものではないが、その性能は最後の切りふだ級。
  • 空中で使うと威力が大きく落ちる。こちらは大体150%くらいからが撃墜圏内。なるべく空中では使いたくないところ。ただ、その際は横に大きく前進することができるので、復帰する際の手段の1つとして利用できる。
  • 下方向への攻撃範囲は見た目より小さく、ガケつかまりしている相手には当たらないので注意。
  • 本作では地上でも軽く飛び上がって放つようになったため、崖際で使うとそのまま落ちてしまう。すぐに復帰を。


横必殺ワザ

"ジョルトブロー"
リトル・マック (SP) 横B (1).jpg
リトル・マック (SP) 横B (2).jpg

足元への攻撃をかわしつつ飛び込んでパンチ。飛んでいる途中でボタンを押すと早めに攻撃。

  • ダメージ: 14%
  • 発生: 9-15F / 30-36F [追加入力・最速/追加入力なし] / : 7-17F
  • 無敵: 5-8F / 5-14F [追加入力・最速/追加入力なし] (両腕と腰から足)
  • 撃墜%: ?%
  • 入力すると飛び込んでから攻撃するが、飛びこんでいる間に必殺ワザボタンを入力することで早く攻撃できる。
  • 地上版は発動から少しの間、部分無敵になる。
  • 空中で使うと前進速度・前進距離ともに短くなる。
  • 一度使用すると、着地するかガケつかまりするまでこのワザの再使用ができなくなる。他の必殺ワザとは違い、相手の攻撃を受けても再使用できない。
  • 飛び込みの間にリトル・マックの足元前方から小さな押し出し判定が発生する。おそらく相手をすり抜けることを防ぐためのぬるりの役割として設定されたものと思われ、テクニックに応用できるものではない。

  • 跳躍と長い前進距離のおかげで低めの飛び道具を避けつつ相手に接近して攻撃しやすい。
  • 空中では復帰に利用できる。しかし、空中では1回限りでしか使えない上に相手の攻撃を受けても再使用できないため、いかんせん復帰阻止に弱い。飛び道具相手だと万事休すになってしまう。直接攻撃で阻止されそうな時は相手の接近に合わせてパンチを出した方が良い。
  • 地上版は、飛び込みの角度が登り坂の角度の影響を受ける。"ヨースター島"や"惑星コーネリア"などの急な斜面を利用すれば通常の倍近くの距離を飛び込むことが可能。


上必殺ワザ

"ライジングアッパーカット"
リトル・マック (SP) 上B (3).jpg

拳を突き上げてらせんを描きながら飛ぶ。ジャンプの頂点でパンチを放ってふっとばす。

  • ダメージ: 計10% (3%+1%*4+3%)
  • 発生: 3F , 7-22F (ヒット間隔: 4F) , 27F
  • 無敵: 1-3F
  • 撃墜%: ?%
  • 1段目が出る瞬間までは無敵になる。
  • 動作中にスティックの左右入力でわずかに横に動ける。
  • 使用後はしりもち落下になる。
  • 動作中はガケつかまり判定が発生しない。
  • 空中で使うと、上昇距離、速度ともに大きく下がる。

  • 地上戦においては、リーチこそ短いものの発生が早く、蓄積%が高い相手に対しては、下強攻撃や上強攻撃から繋いだり、上空へ生当てで追撃したりして撃墜できる。
    • シールドキャンセルからの反撃としても強力で、1段目が出る瞬間まで無敵があるため百裂攻撃や多段ワザをガードしても安定して切り返せる。
  • 「ジョルトブロー」が横の復帰なのに対し、こちらは上の復帰ワザ。上昇量は低いが、上方向の攻撃範囲はそこそこあり、下方向に判定の強い攻撃を持たない相手には上からの妨害をされにくい。
  • しかし、ガケつかまり判定が伸ばした腕の先端まであるかどうかと言うほど小さく、さらに自動ガケつかまりが起きるのが最終段を終えた直後とかなり遅いため(一応、発動直後でもできる)、上手く位置を調節しないと動作中にガケの上に腕や頭を出してしまい、そこを突かれやすい。また、特に空中で使った場合横への移動が殆どできないため、使う場面には注意が必要。


下必殺ワザ

"スリッピングカウンター"
リトル・マック (SP) 下B (2).jpg

かまえて相手の攻撃を待ち、くらったと見せかけてアッパーで反撃する。

  • カウンター倍率: 1.3倍
  • ダメージ下限: 10%
  • ダメージ上限: 50%
  • フレーム
    • カウンター受付: 5-29F (無敵: 5-6F)
    • カウンター反撃: 16-21F (無敵: 1-18F)
  • 全体: 56F
  • 撃墜%: ?%
  • カウンターワザ。発動すると体が一瞬光り無敵状態になり、その状態で攻撃判定に触れると、触れた攻撃の1.3倍の攻撃力で反撃する。

  • カウンターワザの中では発動の早さ、受付時間の長さ、攻撃範囲の大きさ、倍率、どれも優秀。リトル・マックが苦手とする空中戦から脱出するための手段として大いに役立つ。
  • 問題は、空中で発動するとかなり長い距離を前進していくこと。このために、空中でステージ外へ向けてカウンターが発動すると、そのまま帰ってこれない位置まで行ってしまいやすい。
  • 逆に、場外で復帰阻止に来た相手の攻撃をカウンターして、その時の前進によって復帰することも可能。なお、前進中に着地できずステージ下部に潜り込んでしまうと、これまた帰ってこれないことに。
  • 倍率は1.3倍でマルスら1.2倍組に勝るが、ふっとばし力は少々劣る。




最後の切りふだ

"ギガ・マックラッシュ"
リトル・マック (SP) 最後の切りふだ.gif

ギガ・マックに変身し前方に突進する。相手にヒットすると、無数のパンチを放ち力を込めた渾身のアッパーでふっとばす。

  • ダメージ: 62%(1%+2%+1%*49+10%)
  • 撃墜%: ?%
  • 最初の突進が当たると発動する初撃型の切りふだ。


おきあがり攻撃

【あおむけおきあがり攻撃】起き上がりながら後→前にパンチ。
【うつぶせおきあがり攻撃】起き上がりながら前→後にパンチ。
【転倒おきあがり攻撃】起き上がりながら前→後にパンチ。

  • ダメージ: 7%/7%/5% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃

リトル・マック (SP) ガケのぼり攻撃.jpg

ガケを登って、パンチで攻撃。

  • ダメージ: 9%


アピール

アピールをするとドック・ルイスが声援を送ってくれることがある。

  • 上アピール
    拳を掲げる。「叩け、マック!」
  • 横アピール
    グローブの紐を噛んで引っ張って締める。「ぶちかませ、マック!」
  • 下アピール
    数回シャドーをして、決めポーズ。「お前のパンチを見せてやれ!」
上アピール 横アピール 下アピール
リトル・マック (SP) 上アピール.gif リトル・マック (SP) 横アピール.gif リトル・マック (SP) 下アピール.gif



脚注

  1. 2F毎に発生。持続は最小時。
  2. 空振り時に7F目から1段目でキャンセル可能。

外部リンク


ファイターのワザ (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー(ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-75
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス- ミェンミェン - スティーブ