大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集方法や注意事項については、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ピクミン&オリマー (SP)/ワザ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
執筆の途中です この項目「ピクミン&オリマー (SP)/ワザ」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
ピクミン&オリマー (SP) > ピクミン&オリマー (SP)/ワザ

弱攻撃

"オリマーパンチ" → "オリマー連続パンチ"
ピクミン&オリマー (SP) 弱攻撃 (1).jpg

左手でパンチ → 右手でパンチ。

  • ダメージ: 4%/3% → 4%/3% [1段目→2段目][拳/腕]
  • 発生: 4-5F → 4-5F [1段目→2段目]
  • 全体: 19F → 17F [1段目→2段目]
    • 次の段への移行: 7-20F (16F[1])
  • 撃墜%: 撃墜不可 → 414%
  • ボタン押しっぱなしでも2段目を出すことができる。
  • 1段目は拳の判定は5F目のみ。
  • 1段目はダウン連対応ワザ。



ダッシュ攻撃

"側転キック"
ピクミン&オリマー (SP) ダッシュ攻撃.jpg

側転しながら体を広げて体当たり攻撃。

  • ダメージ: 計11% (7%+4%)
  • 発生: 8-10F , 11-14F
  • 全体: 37F
  • 撃墜%: 491% -> 465%

  • オーソドックスな挙動のダッシュ攻撃。
  • 範囲が狭く自身のダッシュも遅いため、積極的に使うワザではない。しかし威力・持続・後隙は意外と悪くない。
  • 蓄積ダメージが少なくても、当てればそれなりに浮かせられる。しかし、ふっとばしの伸びはあまりよくない。
  • 確定コンボはないが、当てた後は追撃の読み合いができる。
  • 高%の相手や空中にいる相手には、1段目だけしか当たらないことがある。
  • シールド中の相手に根本から当てると、相手を通り越すことができる。


横強攻撃

"オリマー突き"
ピクミン&オリマー (SP) 横強.jpg

腕をぐるぐる回してからパンチ。

  • ダメージ: 11%
  • 発生: 15-17F
  • 全体: 35F
  • 撃墜%: 139%


上強攻撃

"竜巻ジャンプ"
ピクミン&オリマー (SP) 上強.jpg

オリマーがきりもみ回転しながら上へ小さくジャンプ。

  • ダメージ: 計7% (0.6%*5+4%)
  • 発生: 6F , 8F , 10F , 12F , 14F , 16F
  • 全体: 38F
  • 撃墜%: ?%

  • 範囲はそれほど広くないが、最終段は頭についているアンテナの辺りまで判定が広がる。
  • ダッシュ攻撃と同じように、蓄積ダメージが少ないうちからでもある程度ふっとばす。
  • #ニュートラル空中攻撃着地からのコンボが狙える。#上空中攻撃へのでコンボも可能。


下強攻撃

"低空頭突き"
ピクミン&オリマー (SP) 下強.jpg

前方向に倒れこんで頭突きを繰り出す。

  • ダメージ: 6%
  • 発生: 6-12F
  • 全体: 29F
  • 撃墜%: 218%
  • ワザを出すと自身が少し前進する。

  • ピクミンなしで使えるワザでありながら、範囲がかなり広い。前進するおかげで実質的なリーチは横強より長い。
  • 地上の相手にはもちろん、しゃがみ姿勢の低さと合わせると対空としても機能する。崖につかまっている・つかまろうとしている相手にも当てやすい。
  • 当てると相手が程よく浮き、空中攻撃で連係できる。蓄積ダメージの少ない相手なら、続けて#弱攻撃#下強攻撃#横スマッシュ攻撃#上スマッシュ攻撃などが狙える。


横スマッシュ攻撃

"ピクミンロケット"
ピクミン&オリマー (SP) 横スマ (1).jpg

ピクミンを前方に向かって、ロケットのように突進させる。

  • ダメージ: [始->持続1->持続2]
    • 赤ピクミン
      20.3-24.3% -> 14-16.8% -> 8.4-10%
    • 黄・青ピクミン
      14.5-17.4% -> 10-12% -> 6-7.2%
    • 白ピクミン
      11.6-13.9% -> 8-9.6% -> 4.85.7%
    • 紫ピクミン
      23.2-27.8% -> 16-19.2% -> 9.6-11.5%
  • シールド削り値: [始->持続1->持続2]
    • 赤ピクミン: -10% -> -7%-> -4.2%
    • 黄・青ピクミン: -7.2% -> -5%-> -3%
    • 白ピクミン: -5.3% -> -4%-> -2.4%
    • 紫ピクミン: -11.6% -> -8%-> -4.8%
  • 発生: [始->持続1->持続2]
    • 11-12F -> 13-19F -> 20-29F (19-21F[2])
      • ホールド開始: 7F
  • 全体: 42F
  • 撃墜%: [始->持続1->持続2]
    • 赤ピクミン
      98-76% -> 151-123% -> 245-208%
    • 黄・青ピクミン
      110-89% -> 161-135% -> 250-216%
    • 白ピクミン
      139-115% -> 197-167% -> 296-258%
    • 紫ピクミン
      82-61% -> 130-105% -> 217-183%
  • ピクミンがいない場合、攻撃判定は発生しない。
  • 発動中のピクミンは物理系飛び道具扱いになる。また、特殊な相殺判定を持つ。
  • 紫ピクミンの場合、射程が短くなる。
  • 崖端で外に向かって打つと、ピクミンが外へ飛び出して落下していく。
    • 飛んで行く前のピクミンの立ち位置が崖から少し離れていれば落下せず、崖の真上で引っかかるように滞空する。
    • 落下していくピクミンには攻撃判定はない。
  • 攻撃したピクミンはその場で約2秒ほどバタバタしたあと隊列に戻ってくる。
    • この間は#下必殺ワザ「ピクミン整列」でも呼び戻すことができない。
  • 特殊な相殺判定を持つ。

  • 非常に射程の長いスマッシュ攻撃。これよりリーチの長い地上攻撃は数えるほどしかない。
  • 横スマッシュ攻撃の中では発生が早く、後隙も小さい。
  • 根本部分のふっとばしは標準的。持続部分のふっとばしは弱い。
  • 中遠距離における地上戦で活躍する。
    • レベルが高くないCPUや、慣れていない相手に対しては、これだけで立ち回れてしまうかもしれない。
      • しかし上方向への範囲は狭いので、慣れた相手にはジャンプで簡単に避けられてしまうだろう。
  • ピクミンの拘束時間が長いため、使い勝手が良いからと言って連発すると非常に危険。
    • バタバタしているピクミンに先頭のカーソルが合わさっているときにピクミンを使おうとすると、そのワザが不発してしまう。
  • 崖に引っ掛けるように打つと、長い持続で相手の崖上がり行動を大きく制限できる。
  • このワザを含むスマッシュ攻撃は、攻撃とかちあうとどんな攻撃であろうと相殺されてしまう。空中ワザとぶつかると一方的に打ち負けてしまうことには注意。


上スマッシュ攻撃

"ピクミンジャンプ"
ピクミン&オリマー (SP) 上スマ (1).jpg

ピクミンを上方向にジャンプして突進させる。

  • ダメージ: [始:クリーンヒット/カス当たり -> 持続]
    • 赤ピクミン
      18.2-21.8%/14-16.8% -> 15.4-18.4%
    • 黄・青ピクミン
      13-15.6%/10-12% -> 11-13.2%
    • 白ピクミン
      10.4-12.4%/8-9.6% -> 8.8-10.5%
    • 紫ピクミン
      20.8-24.9%/16-19.2% -> 17.6-21.1%
  • 発生: 12-16F -> 17-22F [始->持続]
    • 出始めのカス当たり: 12-13F
      • ホールド開始: 5F
  • 全体: 39F
  • 撃墜%: ?%
  • ピクミンがいない場合、攻撃判定は発生しない。
  • 発動中のピクミンは飛び道具扱いになる。また、特殊な相殺判定を持つ。
  • クリーンヒットはやや斜め前、カス当たりはやや斜め後に打ち上げる。持続当てはかなり斜め前方に飛ぶ。

  • 主要ダメージソースといえるワザ。後隙が非常に小さいので、ヒット後は再びこのワザや#上空中攻撃などで追撃することが出来る
  • 発生も上スマッシュ攻撃としては早め。地上の相手に当たるので、ガードキャンセルの選択肢として有用。
  • 黄ピクミンを使用した場合は範囲は見た目以上に広くなる。戦場の土台から下のすり抜け床まで届くほか、後ろ側で密着している相手にも当たる。
  • 他のスマッシュ攻撃と異なり、紫ピクミンでも射程が変わらない。


下スマッシュ攻撃

"ピクミン左右ダッシュ"
ピクミン&オリマー (SP) 下スマ (1).jpg

2匹のピクミンを左右に走らせる。

  • ダメージ: [始->持続]
    • 赤ピクミン: 15.4-18.4% -> 12.6-15.1%
    • 黄・青ピクミン: 11-13.2% -> 9-10.8%
    • 白ピクミン: 8.8-10.5% -> 7.2-8.6%
    • 紫ピクミン: 17.6-21.1% -> 14.4-17.2%
  • シールド削り値: +1%
  • 発生: [始->持続]
    • 10-13F -> 14-18F [赤黄青白ピクミン]
    • 10-13F -> 14-15F [紫ピクミン]
      • ホールド開始: 7F
  • 全体: 38F
  • 撃墜%: ?%
  • ピクミンがいない場合、攻撃判定は発生しない。
  • 発動中のピクミンは飛び道具扱いになる。また、特殊な相殺判定を持つ。
  • 紫ピクミンの場合、射程が約半分に減る。
  • 2体のピクミンを一度に使う。先頭のピクミンはオリマーの前方に、2番目は後方に走る。2匹目がいないと前にしか攻撃が出ない。
  • 使用後に先頭になるのは3番目のピクミン。2体しかいない時は先頭が変わらない。
  • ピクミンが崖の外に飛び出した場合、自力でジャンプして帰ってくる。

  • ふっとばしは控えめ。#横スマッシュ攻撃ほどの射程は無いが、前後を合わせたカバー範囲は広い。
    • また、あちらと違ってピクミンが戻ってくるのも早い。
  • 2体のピクミンは別々の攻撃判定を持っている。相手に密着して繰り出せば、一度に2ヒットして2体分のダメージを与えることもある。
  • 相手の崖つかみを狙って攻撃するのに適している。


ニュートラル空中攻撃

"竜巻アタック"
ピクミン&オリマー (SP) N空中.jpg

空中できりもみ回転する。

  • ダメージ: 計8% (1.5%*4+2%)
  • 発生: 7-8F , 11-12F , 15-16F , 19-20F , 23-24F
  • 全体: 53F
  • 着地硬直: 13F
  • 撃墜%: ?%
  • 最終段以外はオートリンクベクトル

  • ピクミンなしで使える唯一の空中攻撃。範囲は広くないものの、持続に優れる。
  • 最終段が出る前に着地すると、#上強攻撃が繋がる。


前空中攻撃

"ピクミンはたき"
ピクミン&オリマー (SP) 前空中.jpg

ピクミンの頭を持ち、上から下に大きく振る。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 11.9%
    • 黄・青ピクミン: 8.5%
    • 白ピクミン: 6.8%
    • 紫ピクミン: 13.6%
  • 発生: 7-9F
  • 全体: 42F
  • 着地硬直: 9F
  • 撃墜%
    • 赤ピクミン: 188%
    • 黄・青ピクミン: 198%
    • 白ピクミン: 239%
    • 紫ピクミン: 164%

  • リーチは短めだが、挙動は素直で使いやすい。連係中の追撃や、低空での牽制に。紫ピクミンであれば崖際での撃墜も狙える。
  • 小ジャンプから最速で出して急降下しても着地硬直が発生しない。
  • ジャンプしたときにピクミンが付いてこなくて不発、ということもままあるので注意。


後空中攻撃

"ピクミンふりはらい"
ピクミン&オリマー (SP) 後空中.jpg

ピクミンの頭を持ち、下から上に大きく振る。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 15.1%
    • 黄・青ピクミン: 10.8%
    • 白ピクミン: 8.6%
    • 紫ピクミン: 17.2%
  • 発生: 10-13F
  • 全体: 48F
  • 着地硬直: 9F
  • 撃墜%
    • 赤ピクミン: 138%
    • 黄・青ピクミン: 148%
    • 白ピクミン: 183%
    • 紫ピクミン: 119%

  • #前空中攻撃より出は遅いが、威力は高い。
  • 紫ピクミンの威力は非常に強力。地上攻撃を警戒している相手はこれで撃墜してしまおう。
  • 威力の割に着地隙が小さめ。先端を当てながら着地すれば防がれても反撃されにくい。


上空中攻撃

"ピクミントルネード"
ピクミン&オリマー (SP) 上空中 (1).jpg

ピクミンの頭を持ち、頭上で振り回す。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 12.6%
    • 黄・青ピクミン: 9%
    • 白ピクミン: 7.2%
    • 紫ピクミン: 14.4%
  • 発生: 8-15F
  • 全体: 34F
  • 着地硬直: 18F
  • 撃墜%: ?%

  • 追撃ワザとして優秀。蓄積ダメージが少ないうちは、空中ジャンプを挟んで2回当てることもできる。
  • 紫ピクミンであれば撃墜も狙える。


下空中攻撃

"ピクミンメテオ"
ピクミン&オリマー (SP) 下空中.jpg

ピクミンの頭を持ち、下に突き出す。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 12.6%
    • 黄・青ピクミン: 9%
    • 白ピクミン: 7.2%
    • 紫ピクミン: 14.4%
  • 発生: 9-10F -> 11-16F [始(メテオ)->持続]
  • 全体: 51F
  • 着地硬直: 18F
  • 撃墜%: ?%
  • 空中にいる相手に出初め根本を当てるとメテオスマッシュ。それ以外は斜めに飛ばす。

  • メテオワザとしては非常に発生が早い。
  • 下空中攻撃としても発生が早い。追撃を追い払うのに使える。


つかみ

"つかみ"
ピクミン&オリマー (SP) つかみ (1).jpg

ピクミンたちが一斉に走ってつかみかかり、相手を取り押さえる。

  • 発生: 12-23F / 12-15F [ピクミン/自身の腕]
  • 全体: [ピクミンの数:1体/2体/3体]
    • 立ちつかみ: 41F / 47F / 56F
    • ダッシュつかみ: 49F / 57F / 67F
    • 振り向きつかみ: 44F / 51F / 60F
  • 隊列のピクミン達が全員そのままの順番で前方に走る。使用後は2番目のピクミンが先頭になる。
  • ピクミンが多いほど、先頭のピクミンの走る距離が長くなる。
  • ピクミンは現在いる場所から走り始める。背後が崖である場合など、ピクミンが後ろではなく前の方に並んでいる場合はリーチが伸びる。
  • ピクミンの走る距離は白>赤・黄・青>紫。
    • 走る距離は先頭のピクミンにのみ依存。後列のピクミンは距離に関係しない。
  • つかみ判定は先頭のピクミンと自信の腕にしか存在しない。
  • ピクミンは崖より先までは走らない。
  • つかみに成功するとピクミン達全員で相手を押さえて投げを行う。
  • 投げのダメージや属性は先頭のピクミンのものが適用される。また、投げに参加するピクミンが多い程ダメージが上がる。
  • ピクミンの数が多いほど、ワザの後隙が増える。
  • その場つかみにはつかみ相殺の判定が存在しない。
    • つかみ同士でかち合った場合、一方的に勝つことができる。
  • ダッシュつかみやふりむきつかみはつかみの発生と同時につかみ相殺の判定が発生する。
    • 殆どのファイターはつかみの発生より1F早くつかみ相殺の判定が発生するため、つかみがかち合った場合に負けやすい。
  • 数あるつかみワザの中でもトップクラスのリーチを誇る。

  • ピクミンの数に応じてリーチと投げのダメージが伸び、かつ後隙が増える特殊なつかみ。
    • 投げダメージは、ピクミン2匹の時は1.1倍、3匹の時は1.2倍になる。
    • 特に紫ピクミンが先頭にいない状態で3匹いるときのリーチはゼロスーツサムスに次いで全ファイター中3位となっており、非常に長い。
      • ただし後隙もかなり増えてしまうので注意が必要。



つかみ攻撃

"つかみオリマー突き"
ピクミン&オリマー (SP) つかみ攻撃.jpg

掴んだ相手にパンチで攻撃。

  • ダメージ: 1%
    • 1秒毎のダメージ効率: 3.75%
  • 発生: 1F
  • 全体: 6F
  • つかんだピクミンによるダメージの変化は無い[3]

  • ワンパターン相殺回復のためにも何発か入れておくとよい。
  • なお、今作はつかみ攻撃の性能が多くのファイターにおいて均一になるよう調整されているが、彼はこれに当てはまらない。


前投げ

"ピクミン前投げ"
ピクミン&オリマー (SP) 前投げ (2).jpg

ピクミンたちが掴んでいる相手を前に突き飛ばす。

  • ダメージ: [ピクミンの数:3体/2体/1体]
    • 赤ピクミン: 6.7%/6.1%/5.6%
    • 黄・白・紫ピクミン: 8.4%/7.7%/7%
    • 青ピクミン: 14.2%/13%/11.9%
  • 無敵: 1-17F
  • 撃墜%: ?%

  • ダメージが一番低い。1on1では外に追い出したいときに使う程度。
  • 投げのモーションが短いので、乱闘で妨害が入る前にすぐ投げたいときに。


後投げ

"ピクミン後投げ"
ピクミン&オリマー (SP) 後投げ (2).jpg

ピクミンたちが掴んでいる相手を持ち上げ、後ろの地面に向かって投げ飛ばす。

  • ダメージ [ピクミンの数:3体/2体/1体]
    • 赤ピクミン: 8.6%/7.9%/7.2%
    • 黄・白・紫ピクミン: 10.8%/9.9%/9%
    • 青ピクミン: 18.3%/16.8%/15.3%
  • 無敵: 1-20F
  • 撃墜%: ?%

  • 彼の投げの中では単体の威力が最も高い。特に青ピクミンでの威力は圧巻。
  • 蓄積ダメージが少ないときのふっとびは#前投げに劣る。


上投げ

"ピクミン上投げ"
ピクミン&オリマー (SP) 上投げ (3).jpg

ピクミンたちが掴んでいる相手を軽く上に投げ、頭突きで追撃。

  • ダメージ: [ピクミンの数:3体/2体/1体]
    • 赤ピクミン: 計7.2% (1.2%+6.4%) / 計7% (1.1%+5.9%) / 計6.4% (1%+5.4%)
    • 黄・白・紫ピクミン: 計9.6% (1.2%+8.4%) / 計8.8% (1.1%+7.7%) / 計8% (1%+7%)
    • 青ピクミン: 計16.2% (1.2%+15%) / 計14.8% (1.1%+13.7%) / 計13.5% (1%+12.5%)
  • 無敵: 1-22F
  • 撃墜%: [ピクミンの数:3体/2体/1体]
    • 赤ピクミン:219%/219%/220%
    • 黄ピクミン:180%/180%/181%
    • 青ピクミン:125%/126%/128%
    • 白ピクミン:183%/184%/184%
    • 紫ピクミン:184%/185%/185%
  • 1ヒット目は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • 青ピクミンの上投げは撃墜力が非常に高い。
  • 青ピクミン以外は全員細かくふっとばしが異なるが誤差でしかなく、いずれも撃墜を狙うのは難しい。


下投げ

"ピクミン下投げ"
ピクミン&オリマー (SP) 下投げ (3).jpg

ピクミンたちが掴んでいる相手を持ち上げて下に叩き付ける。

  • ダメージ [ピクミンの数:3体/2体/1体]
    • 赤ピクミン: 計7.9% (1.2%+6.7%) / 計7.2% (1.1%+6.1%) / 計6.6% (1%+5.6%)
    • 黄・白ピクミン: 計9.3% (0.9%+8.4%) / 計8.5% (0.8%+7.7%) / 計7.8% (0.8%+7%)
    • 紫ピクミン: 計10.3% (1.9%+8.4%) / 計9.4% (1.7%+7.7%) / 計8.6% (1.6%+7%)
    • 青ピクミン: 計15.4% (1.2%+14.2%) / 計14.1% (1.1%+13%) / 計12.9% (1.1%+11.8%)
  • 無敵: 1-30F
  • 撃墜%: ?%
  • 1ヒット目は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • 硬直が少なめでコンボが狙いやすい。浅い角度でふっとばすので、#前空中攻撃で追撃しよう。
  • 赤ピクミンは威力が低い分、蓄積ダメージが多くなってもコンボが繋がる。
  • 青ピクミンはもちろんだが、他のピクミンでもコンボ用の投げとしてはダメージが高い。


通常必殺ワザ

"ピクミンひっこ抜き"
ピクミン&オリマー (SP) NB (1).jpg

地面からピクミンをひっこ抜く。赤→黄→青→白→紫の順番で出現。

  • ダメージ: なし
  • 発生: ピクミン生成: 1F
  • 全体: 8F / 失敗: 32F/46F [地上/空中]
  • 一回の使用につき、ピクミンを1匹引き抜く。場にいるピクミンの数が3匹になるまで引っこ抜くことができる。
    • 空中で使用したときと、既に3匹のピクミンがいるときは失敗する。失敗すると隙が大きいので注意。
  • 引き抜くピクミンの順番は、赤→黄→青→白→紫→赤…の順で固定されている。
    • 引き抜いたばかりのピクミンは高く跳ねあがる。跳ね上がる高さは赤=黄=青>紫>白[4]となっており、赤・黄・青は戦場の台上に乗り上げることもある。
      • 高く跳ねあがったピクミンが台上に乗り上げるなどすると、一時的に別行動をとることになる。詳しくは#つかみを参照。
  • 1F目からピクミン発生保証がついており、動作の途中で攻撃されても必ずピクミンが引っこ抜ける。

  • ピクミンを補充する手段となる、彼にとってなくてはならないワザ。
  • 動作はかなり短い(全体8F)。3匹連続で引っこ抜いても、下強攻撃より早く終わる。
  • 引っこ抜いた直後であれば、スマッシュ攻撃や#つかみを使うこともできる。


横必殺ワザ

"ピクミン投げ"
ピクミン&オリマー (SP) 横B (1).jpg
ピクミン&オリマー (SP) 横B (2).jpg

正面にピクミンを投げる。くっついたピクミンは相手を攻撃する。

  • ダメージ
    • 赤・黄・青ピクミン: 2% / 白ピクミン: 4.7% / 紫ピクミン: 6%
  • ダメージ (投擲[5])
    • 赤ピクミン: 9.1% / 黄・青ピクミン: 6.5% / 白ピクミン: 5.2% / 紫ピクミン: 10.4%
  • シールド削り値: 紫ピクミン: -2.5%
  • 発生: 9F-
  • 全体: 24F / 不発: 35F
  • 撃墜%: ?%
  • 投げたピクミンは飛び道具扱い。
  • 黄ピクミンは山なりに飛び、白ピクミンは速く遠くまで飛ぶ。紫ピクミンは飛距離が短い。
  • スマッシュ入力により、ピクミンの飛距離が伸びる。
  • 紫ピクミン以外の投げられたピクミンは相手やアイテムに当たるとくっつき、しばらくの間攻撃する。
    • シールドに当たるとくっつかずに弱く跳ね返る。
    • ピクミンのくっつきはノーリアクション攻撃。
    • 相手の蓄積ダメージが低いほど、ピクミンが長時間くっつく。
  • 紫ピクミンだけは体当たりで軽くふっとばす。
  • 相手は体についたピクミンを攻撃できる。ピクミンは攻撃を受けて体力が0になるとそのまま死んでしまう。

  • 紫ピクミンでの牽制と、白ピクミンの貼りつきダメージが非常に優秀。ワザの隙も少ない。
  • このワザの強みは「相手にピクミンを剥がすための攻撃を振らせること」にある。相手に行動を強要し、ペースを握りたい。
    • 相手の攻撃がピクミンに当たると、ヒットストップで相手の動きが止まって反撃しやすくなるのもポイント。ただし相手の攻撃の持続も長くなるので注意。
  • 紫ピクミン以外では突っ込んでくる相手を止められない。適当に投げていると簡単に差し込まれてしまう。
  • はりつき攻撃中は手元のピクミンが少なくなる。投げ過ぎには注意。
  • 空中で前進しながら紫ピクミンを投げると、ヒットしてから前空中攻撃やダッシュつかみが狙える。
  • 高所からピクミンを投げると、着地したときにピクミンが少しだけダメージを負う。


上必殺ワザ

"羽ピクミン"
ピクミン&オリマー (SP) 上B (1).jpg

羽ピクミンに引っぱってもらい空を舞う。つれているピクミンが多いと高く飛べない。

  • ダメージ: なし
  • 着地硬直: 19F / しりもち落下: 30F
  • スティックを上に倒すか、必殺ワザボタンを押すと上昇する。そうでないときはゆっくり下降する。
  • スティックを左右に倒して移動することもできる。
  • 連れているピクミンの数が多いほど動きが遅くなり、上昇量が減る。
  • 使用後はしりもち落下になる。
  • 空中攻撃を出すと飛行を終了できる。空中攻撃が終わるとしりもち落下になる。
  • 連続で使用すると飛行できる時間が減る。

  • ピクミンが0~1匹の状態でならば、復帰距離はトップクラス。
    • 戦場や終点の下をくぐって反対側の崖につかまることもできる。
  • 長い距離を戻る前には、#横必殺ワザ「ピクミン投げ」で手元のピクミンを減らす必要がある。
    • ただし、できれば1匹は残しておきたい。全て捨ててしまうと出せるワザが減ってしまう上、復帰後のピクミン補充を狙われる可能性がある。1匹なら上昇量に大きな差は出ない。
  • 上昇中は基本的に無防備。復帰阻止されやすいので、復帰ルートや上昇のタイミングを工夫したい。
  • 着地する前に使ってすぐ空中攻撃などでキャンセルすれば、着地タイミングをずらすこともできる。


下必殺ワザ

"ピクミン整列"
ピクミン&オリマー (SP) 下B (1).jpg

離れたピクミンをホイッスルで呼びもどす。ピクミンの並び順を変えることもできる。

  • ダメージ: なし
  • スーパーアーマー: 2-7F
  • 全体: 17F
  • 隊列から離れているピクミンを、自身の元に呼び寄せる。
  • 初回使用時は、ピクミンの並び順が「赤→黄→青→白→紫」の順になる。以降、使うたびに先頭の色がこの順で入れ替わっていく。

  • 相手にはりついて攻撃しているピクミンや、隊列に戻っている途中のピクミンを呼び戻せる。隊列を並び替えて使うピクミンを変えるなどの管理ができる。
    • 「ピクミンひっこ抜き」でひっこ抜かれた直後のピクミンや、#横スマッシュ攻撃の後隙状態にあるピクミンは反応しない。
  • 出始めはスーパーアーマー状態になる。アーマー時間は短いが、お手玉に対して強引に割り込んで着地するために使うことがある。成功すれば反撃も狙える。


最後の切りふだ

"一日の終わり"
ピクミン&オリマー (SP) 最後の切りふだ (1).jpg

夕暮れが訪れ、ドルフィン初号機で宇宙に退避。地上に残された相手は原生生物の餌食になり、最後にはロケットが落下してきて爆発する。

  • ダメージ: 10% / 10% / 計15.1% / 10% / 12%/10% [ロケット出現/ロケット上昇/チャッピー/ロケット墜落/爆発:近/遠]
    • 計57.1%
  • 撃墜%: 約55%
  • ロケットに乗り発進。出現した瞬間のロケットは相手が地上にいる場合は地面に埋め、空中にいる場合はメテオになる。意外と範囲は広い。埋まり時間は非常に長く、最後の爆発が当たらなかった後も続くため、埋まるとこの後の攻撃がまず確定する。
  • 次にロケットが上昇しカメラが空を映し、地上がチャッピーで溢れる。
    • ロケットが上昇している間は画面が上にスクロールするため、復帰中の相手の事故を誘発しやすい。
    • チャッピーの攻撃はノーリアクションで、範囲は全体に及ぶ。
  • 最後にロケットが落下する。ロケットもメテオ効果を持ち、地面か壁に着くと爆発する。ロケットはステージ中央から落下し、スティックの左右でコントロールできる。操作はロケットが見えない内からできる。
  • 使用後は自身が飛び出て回転落下する。着地するまで左右移動以外の行動はできない。攻撃や空中ジャンプはもちろん、ガケつかまりさえできない。着地すると必ずダウンする。この着地は受け身はできない。

  • 演出が多い切りふだ。最後の墜落を当てれば大きくふっとばせる。相手の近くで使えば以降の攻撃は確実に決まる。


おきあがり攻撃

【あおむけおきあがり攻撃】前→後の順でパンチする。
【うつぶせおきあがり攻撃】前→後の順でパンチする。
【転倒おきあがり攻撃】前に頭突きし、後方を身体を水平にして両足で蹴る。

  • ダメージ: 7%/7%/5% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃

ピクミン&オリマー (SP) ガケのぼり攻撃.jpg

ガケを登ってパンチ。

  • ダメージ: 9%


アピール

  • 上アピール
    2回飛び跳ねる。
  • 横アピール
    倒れて回る。
  • 下アピール
    頭を回す。
上アピール 横アピール 下アピール
ピクミン&オリマー (SP) 上アピール.gif ピクミン&オリマー (SP) 横アピール.gif ピクミン&オリマー (SP) 下アピール.gif



脚注

  1. ボタン押しっぱなしでの移行F。
  2. 紫ピクミンを平坦な地面から出した時。
  3. 前作まではピクミンによってダメージが変動していた
  4. 見た目に反して白ピクミンが最も低く飛ぶ。
  5. マスターハンドなどのつかみが効かない一部キャラの場合、紫ピクミン以外でも体当たり攻撃になる。

外部リンク


ファイターのワザ (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー(ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-75
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス