大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集方法や注意事項については、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

こどもリンク (SP)/ワザ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
執筆の途中です この項目「こどもリンク (SP)/ワザ」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
こどもリンク (SP) > こどもリンク (SP)/ワザ

弱攻撃

"なぎ払い" → "返し" → "突き" or "幻影斬り" → "幻影フィニッシュ"
こどもリンク (SP) 弱攻撃 (1).jpg

コキリの剣で、袈裟斬り→返しの斬り払い→前方に突き or 目にも止まらぬ連続斬りをし、斬り上げでフィニッシュ。

  • ダメージ: [1段目→2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
    • 単発: 2% → 1.5% → 3.5%
    • 百裂: 2% → 1.5% → 0.3%*n → 2.5%
  • 発生: [1段目→2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
    • 単発: 4-5F → 6-7F → 6-7F
    • 百裂: 4-5F → 6-7F → 6-20F[1] → 4-5F
  • 全体: [1段目→2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)→百裂フィニッシュ]
    • 単発: 17F → 16F → 35F
    • 百裂: 17F → 16F → 20F[2] 45F
  • 次の段への移行: [2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)]
    • 単発: 7-30F (13F[3]) → 12-30F (13F[3])
    • 百裂: 7-30F (13F[3]) → 8-11F
  • 撃墜%: [3段目]
    • 単発: 345%
    • 百裂: 519%
  • 3段目で単発攻撃か百裂攻撃に派生できる。2段目の後にボタンを連打していた場合は百裂攻撃を繰り出す。
  • ボタン押しっぱなしでも次の段を出せる。この場合、3段目は単発攻撃になる。
  • 百裂攻撃は最低でも8発繰り出す。
  • 2段目まではダウン連対応ワザ。
  • 単発派生は浅い角度で、百裂派生は斜めにふっとばす。

  • 武器判定とその発生を生かし、差し込みに使うワザ。
  • リンク3人の中で唯一百裂派生が可能なため意外とダメージを稼げるが、リーチは長くないので抜けられやすい点には注意。


ダッシュ攻撃

"たたき割り"
こどもリンク (SP) ダッシュ攻撃.jpg

ダッシュしながら剣を薙ぎ払う。

  • ダメージ: 11% / 10% [先端以外/先端]
  • 発生: 8-10F
  • 全体: 34F
  • 撃墜%: 166% / 198% [先端以外/先端]

  • 発生、範囲に優れるワザ。急な差し込みやコンボの〆に使っていける。
  • トゥーンリンクのそれに比べると発生や後隙でわずかに劣るが、威力はこちらの方が上。
    • 特に根本の方が威力が高く、崖端なら130%辺りから撃墜が狙える。


横強攻撃

"からたけ割り"
こどもリンク (SP) 横強.jpg

剣を大きく振り下ろす。

  • ダメージ: 12% / 11% [先端以外/先端]
  • 発生: 10-12F
  • 全体: 33F
  • 撃墜%: 156% / 169% [先端以外/先端]

  • 前方への攻撃範囲の広さが特徴のワザ。
    • 攻撃範囲が広いため、無敵の切れたガケつかまりを狙う事ができる。
    • 真上にも判定があり、対空ワザとして使えることも。
  • ふっとばし力が高く、相手の蓄積ダメージが溜まっている場合は撃墜も狙える。


上強攻撃

"半月斬り"
こどもリンク (SP) 上強.jpg

上方を大きく薙ぐ。

  • ダメージ: 8%
  • 発生: 9-14F
  • 全体: 31F
  • 撃墜%: 157%

  • 攻撃範囲に優れる対空ワザ。リーチは長くないため、かち合いには強くない。
  • 隙の少なさも特徴で、相手の蓄積ダメージが少ないうちはお手玉が狙える。ただし、トゥーンリンクのそれほど猶予は無い。
  • 上強攻撃としてはふっとばし力が非常に高く、直接の撃墜も狙える。


下強攻撃

"草なぎ"
こどもリンク (SP) 下強.jpg

足元を剣で払う。

  • ダメージ: [根本/中間/先端]
    • 10% / 9% / 7%
  • 発生: 8-9F
  • 全体: 25F
  • 撃墜%: [根本/中間/先端]
    • 516% / 575% / 694%

  • 回転率が高く、牽制に使えるワザ。打点の低さが特徴で、低姿勢の相手もしっかりと捉えることができる。
  • 相手を軽く浮かせ、空中攻撃で追撃を。


横スマッシュ攻撃

"スマッシュ斬り" → "二段スマッシュ斬り"
こどもリンク (SP) 横スマ (1).jpg

剣を両手で構え、大きく踏み込んで袈裟斬り → 片手で斬り上げの2段斬り。

  • ダメージ: [1段目→2段目:先端以外/先端]
    • 6-8.4% → 12-16.8% / 10-14%
      • 計16-25.2%
  • 発生: 15-16F → 11-12F [1段目→2段目]
    • ホールド開始: 10F
  • 全体: 47F → 49F [1段目→2段目]
    • 2段目への移行: 20-40F
  • 撃墜%: [先端以外/先端]
    • 撃墜不可 → 110-74% / 132-92%

  • 1段目の後に攻撃ボタンを押すと2段目に移行できるコンビネーションワザ。
  • ガードされても2段目を出すか否かで読み合いができる。ただし威力はかなり劣る。
  • 横スマッシュ攻撃としてはふっとばし力が控えめなほか、斜めに飛ばすのでベクトル変更の影響が大きいのも難点。


上スマッシュ攻撃

"三段斬り"
こどもリンク (SP) 上スマ (1).jpg

上方向に3段斬り。

  • ダメージ: [3段目:先端以外/先端]
    • 3-4.2%*2 + 8-11.2% / 7-9.8%
      • 計13-19.6%
  • 発生: 10-14F -> 25-29F -> 41-45F
    • ホールド開始: 6F
  • 全体: 69F
  • 撃墜%: [先端以外/先端]
    • 125-90% / 141-103% [最終段]

  • リンクほどではないが範囲と持続に優れた上スマッシュ攻撃。置き対空やガードキャンセルからの反撃に重宝する。
  • 隙が大きいのでガードされたり空振りしたりしないよう注意。


下スマッシュ攻撃

"前後足もと斬り"
こどもリンク (SP) 下スマ (1).jpg

足下を前方→後方と順に斬りつける。

  • ダメージ: [先端以外/先端]
    • 前方: 13-18.2% / 10-14%
    • 後方: 12-16.8% / 9-12.6%
  • 発生: 9-10F , 21-22F
    • ホールド開始: 4F
  • 全体: 49F
  • 撃墜%: [先端以外/先端]
    • 前方: 125-84% / 162-115%
    • 後方: 141-98% / 186-134%

  • 前後を攻撃する下スマッシュ攻撃。この手のワザとしては珍しく前方の方が強力。
  • リンクトゥーンリンクと違い、ヒットすると低いベクトルで真横にふっとばす。横撃墜が狙えるほか、復帰阻止に移行しやすいのが魅力。
  • 出が早いことも合わさって使い勝手が良い。リターンが大きいので咄嗟の隙に狙えると良い。
    • ただし先端はカス当たり程度のふっとばししかないので気をつけたい。


ニュートラル空中攻撃

"リンクキック"
こどもリンク (SP) N空中.jpg

前方に足を突き出し攻撃する。

  • ダメージ: 10% -> 5% [始->持続]
  • 発生: 4-5F -> 6-27F
  • 全体: 35F
  • 着地硬直: 6F
  • 撃墜%: 150% -> 314%

  • 発生が早い上に持続も長く、こどもリンクのワザの中でも特に使い勝手が良いワザ。
  • 全体動作が短いため、小ジャンプから最速で出せば着地前に空中ジャンプが出せる。
  • リンクのものと比べて威力は多少劣るものの、出始め部分のふっとばしはほぼ同等。
    • 後方当てであっても前方当てと同等の威力が出せるため、撃墜性能だけで言えばむしろ上がっていると言える。


前空中攻撃

"回転なぎ払い"
こどもリンク (SP) 前空中 (1).jpg

回転しながら正面を二回斬りつける。

  • ダメージ: [2段目:先端以外/先端]
    • 6% + 8%/7% 計14%/13%
  • 発生: 14-15F -> 24-25F
  • 全体: 40F
  • 着地硬直: 6F
  • 撃墜%: 947% -> 144% / 162%

  • ふっとばし力が高い、こどもリンクの要となる撃墜ワザ。着地隙や全体動作の短さ、判定の強さも優秀で、汎用性も高い。
  • コンボの〆や場外の相手への追撃として使えば、撃墜を狙いやすい。
    • ただしふっとばしが斜め方向なのでベクトル変更で緩和されやすいので注意。
  • 1段目のみをヒットさせながら着地することで、発生が早いワザで連係が可能。#下強攻撃などに繋ぐとさらにコンビネーションが続けられる。


後空中攻撃

"二段蹴り"
こどもリンク (SP) 後空中 (1).jpg

背後に向けて2回蹴りを繰り出す。

  • ダメージ: 5%+7% 計12%
  • 発生: 6-8F -> 18-20F
  • 全体: 29F
  • 着地硬直: 6F
  • 撃墜%: 撃墜不可 -> 190%



上空中攻撃

"上突き"
こどもリンク (SP) 上空中.jpg

剣を真上に突き出す。

  • ダメージ: 15% -> 12% [始->持続]
  • 発生: 5-7F -> 8-49F [始->持続]
  • 全体: 59F
  • 着地硬直: 14F
  • 撃墜%: 144% -> 181%


下空中攻撃

"下突き"
こどもリンク (SP) 下空中 (1).jpg

剣を真下に突き出す。

  • ダメージ: 18% -> 15% [始->持続]
    • バウンド: 15% -> 9% [持続1->持続2]
  • 発生: 13-15F -> 16-64F [始->持続]
  • 全体: 79F
  • 着地硬直: 17F
  • 撃墜%: 116% -> 143% [始->持続]
    • バウンド: 143% -> 177% [持続1->持続2]
  • 急降下せずに当たると少しだけホップする。急降下中に当てるとホップせずに落下する。
    • ホップすると攻撃判定が消え、少しすると別の攻撃判定に切り替わる。この時、ワザの持続が大幅に増加する。
    • 攻撃ヒット時のヒットストップを除いてホップした後65F以上経過すると、ダメージとふっとばしが大幅に減少する。

  • 非常に高いふっとばしを誇る空中攻撃。リンクのものとは違い、出始めにメテオ判定は無く、上に強くふっとばす。
  • 出始めの威力が非常に高く、なんとリンクをも上回る。ブーメランなどで浮かせた相手への追撃として使えば100%前後から撃墜も狙える。
    • 早期撃墜を狙えるので、連係からこのワザを当てられれば撃墜力の向上が見込める。
  • 持続が非常に長く、判定も強力。蓄積ダメージの溜まった相手が着地狩りや追撃を狙ってきた場合はこれを先置きし、相打ちを狙うのもひとつの手。


空中ワイヤー

"空中フックショット"
こどもリンク (SP) 空中ワイヤー.jpg

空中で前方にフックショットを撃ち出す。崖があればそれを掴む。

  • ダメージ 4%
  • 発生: 9-16F
  • 全体: 71F
  • 着地硬直: 8F
  • 撃墜%: 撃墜不可

  • リーチの長いワイヤー攻撃。ヒットさせると相手を小さくふっとばす。
  • 斜め上に軽く浮かせるため、着地際にヒットさせると追撃の起点になる。
  • 飛び道具ヒット後、空中攻撃が届かない間合いでの追撃にも使える。
  • 全体動作が非常に長いため、復帰時の使用には注意。崖を掴み損ねてしまうとそのままミスになってしまう可能性が高い。


つかみ

"つかみ"
こどもリンク (SP) つかみ (1).jpg

前方にフックショットを撃ち出し、相手を捉えて引き寄せる。

  • 発生: [フックショット/手]
    • 立ちつかみ: 12-18F / 12-13F
    • ダッシュつかみ: 14-20F / 14-15F
    • 振り向きつかみ: 15-21F / 15-16F
  • 全体
    • 立ちつかみ: 52F
    • ダッシュつかみ: 60F
    • 振り向きつかみ: 55F
  • ワイヤーつかみ
  • ワイヤー系の中でも特にダッシュつかみのリーチが非常に長い。

  • ワイヤーつかみの中でもダッシュつかみはトップのサムスに次ぐ長リーチを誇る。ふりむきつかみも長い方だが立ちつかみは並程度。
    • また、ワイヤーつかみの中では発生が早い。隙の大きさは平均的。
  • #下投げから追撃が狙えるので、序盤で上手く通せるとダメージ稼ぎに重宝する。
  • 逆に終盤は各種投げの威力が低いため撃墜は狙いづらく、崩し手段としてはハイリスクローリターンになりやすい。


つかみ攻撃

"つかみ柄なぐり"
こどもリンク (SP) つかみ攻撃.jpg

掴んでいる相手を剣の柄で殴る。


  • 序盤は下投げのベクトル変更をされないよう殴らずすぐ投げるのが吉。終盤はOP相殺の緩和も兼ねて可能な限り殴りたい。
  • なお、今作はつかみ攻撃の性能が多くのファイターにおいて均一になるよう調整されているが、こどもリンクはこれに当てはまらない。


前投げ

"蹴り飛ばし"
こどもリンク (SP) 前投げ.jpg

掴んでいる相手を前方に蹴り飛ばす。

  • ダメージ: 計6% (3%+3%)
  • 撃墜%: 179% / 117% [中央/崖端]
  • 最初の3%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ


後投げ

"後方蹴り飛ばし"
こどもリンク (SP) 後投げ.jpg

掴んでいる相手を後方に蹴り飛ばす。

  • ダメージ: 計6% (3%+3%)
  • 撃墜%: 256%
  • 最初の3%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • 威力が低く、とりあえず相手を動かすための投げワザ。距離をとったら飛び道具で追撃を。


上投げ

"投げ捨て斬り"
こどもリンク (SP) 上投げ.gif

掴んでいる相手を上に放り投げ、すかさず剣で斬り飛ばす。

  • ダメージ: 計6% (4%+2%)
  • 撃墜%: 191%
  • 4%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ


下投げ

"ヒジ打ち"
こどもリンク (SP) 下投げ.gif

掴んでいる相手を寝かせ肘打ち。

  • ダメージ: 計6% (3%+3%)
  • 撃墜%: 249%
  • 最初の3%部分は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • ふっとばしが控えめなため、投げた後に追撃を狙える。


通常必殺ワザ

"炎の弓矢"
こどもリンク (SP) NB (2).jpg

弓矢をとり出して相手を射抜く。ボタンの長押しで引きしぼるほど強力になる。

  • ダメージ: 4-12%
  • シールド削り値: -2.5%
  • フレーム
    • 発生: 14-48F [溜めなし]
    • 全体: 37F [溜めなし]
    • 溜め開始: 14F- / 最大溜め: 33F
  • 吸収: ×
  • 撃墜%: 465-189%
  • ボタン押しっぱなしで溜める溜めワザ。中断はできないが、最大溜め完了から3秒までの間、矢を引き絞る姿勢を保持することができる。
    • 溜めるほど飛距離が伸び、速度・威力が上がる。入力から最大まで溜まるのに0.8秒かかる。
  • 矢は物理系の飛び道具で、火炎属性を持つ。地形に当たると、刺さってしばらくその場に残るが、判定は無い。

  • 回転率が高い飛び道具。蓄積ダメージの少ない相手でも強く浮かせる[5]事ができる。
    • その特性上連射するだけでも鬱陶しいことこの上ない優秀な飛び道具。浮かせた相手を#前空中攻撃などで狩り獲り、撃墜を狙っていきたい。
    • 強く浮かせる特性上、ジャンプしながら撃つとコンボにも組み込める。


横必殺ワザ

"ブーメラン"
こどもリンク (SP) 横B (1).jpg

ナナメ方向に投げ分けるブーメラン。はじき入力で飛距離を変えられる。

  • ダメージ: [始->持続->戻り]
    • 通常投げ: 11% -> 7% -> 2%
    • スマッシュ投げ: 13.2% -> 8.4% -> 2%
  • シールド削り値: [始->持続->戻り]
    • -5.5% -> 3.5% -> 2.5%
  • 発生: [始->持続->戻り]
    • 27-29F -> 30-82F -> 83F-
  • 全体: 47F
  • 吸収: ×
  • 撃墜%: [始->持続->戻り]
    • 通常投げ: 503% -> 717% -> 撃墜不可
    • スマッシュ投げ: 427% -> 618% -> 撃墜不可
  • ブーメランを投げるとき、スティックを上下に入力することで上下に投げ分けできる。斜め入力でも出る。
    一部の横攻撃のシフト攻撃と同じ操作で、発生が遅いぶんシフト入力は簡単。
  • はじき入力で飛距離が伸び、行きのダメージが1.2倍に増加する。
  • ブーメランは何かにヒットすると戻ってくる。戻りは相手を貫通しながら戻ってくる。
  • 自分のブーメランは画面内に一つしか存在できない。既にブーメランがある状態でワザを出すと、空振りになってしまう。

  • 後隙が少ないうえ、斜め方向に撃ちわける事の出来る飛び道具。相手のジャンプを潰したり、復帰阻止に利用したり出来る。
    • ベクトルが上寄りなため、行き、戻り問わず近距離でヒットさせると様々なワザを繋ぐことが出来る。


上必殺ワザ

"回転斬り"
こどもリンク (SP) 上B (2).jpg

回転の勢いを剣にのせて連続斬り。地上ではためられる。空中では飛び上がる。

  • ダメージ
    • 地上: 計13-20.8% (1-1.6%*10 + 3-4.8%)
    • 空中: 計14%[6] (4% + 2%*3 + 4%)
  • 発生
    • 地上(溜め無し) : 9-47F[7] -> 49F
    • 空中: 8-10F -> 12-35F[8] -> 44-48F
  • 全体: 地上: 70F
  • 着地硬直: 24F
  • 撃墜%
    • 地上: 358-261%
    • 空中: 176%
  • 地上版はボタン押しっぱなしで溜まる溜めワザで、最大で1.6倍威力が増す。中断はできない。
  • 空中版は上昇する連続ヒットワザで、通常は5ヒットする。前方と後方で攻撃判定が異なるため、場合によっては両方ヒットしてヒット数が増えることがある。
    • 前後全てが当たった場合は最大8ヒットの20%ダメージとなる。巨大化した相手には全段ヒットしやすい。
    • 上昇中は左右に移動できる。速度は遅め。
  • 使用後はしりもち落下になる。

  • 地上版はリンクと異なり、連続ヒット後真上に浮かせるワザで、追撃を狙いやすい。
    • 空中版もリンクと異なっており、ベクトルがかなり浅め。ふっとばし力は控えめだが、ステージ端では効果的。
  • ガードキャンセルからの反撃として優秀。後隙が短く防がれても反撃は受けづらい。


下必殺ワザ

"爆弾"
こどもリンク (SP) 下B (2).jpg

背中から爆弾をとり出す。投げて何かにぶつかるか時間経過で爆発。

  • ダメージ: 8%-10.32% (2-2.58%*4)
  • フレーム
    • 爆弾生成: 17F
    • 取り出し: 39F
    • 爆弾生成から220F経過で爆発。
  • 爆弾の耐久力: ?%
  • 吸収:
  • 入力で投擲アイテム扱いの爆弾を取り出す。
    • 爆弾所持時、再度このワザを入力すると、前方スマッシュ投げで投げる。
  • 爆弾は直撃と爆風を問わずエネルギー系の飛び道具
    • 爆弾は投擲された後、相手への直撃または一定以上の勢いで地形に当たる事で爆発する。爆弾によるダメージはこの時の衝撃が大きいほどダメージが増加する。
      • 例えば空中で相手に密着して爆弾を離すと1ヒットあたり2%、横または下スマッシュ投げで1ヒット当たり2.4%、大ジャンプ程の高度から横スマッシュ投げで1ヒット当たり約2.5%となる。
    • ほかの爆発系アイテムに漏れず、喰らい判定がある。
      • また、耐久値が設定されており、尽きると爆発する。なお、爆弾の持ち主は爆弾に攻撃できない。
    • 攻撃により爆弾の耐久値が0になる、または5秒経過で爆発する。爆発の直前は赤く点滅し始める。
    • シールドに当てると爆発せずにその場で軽く跳ねる。このとき、爆弾本体は0ダメージであり、相手にヒットストップは発生しない。
    • 相手の攻撃に当てて爆弾の耐久力が0にならなかった場合、爆弾の耐久力が減りつつシールドに当てた時と同じ挙動をとる。相手の飛び道具をかき消しつつ一方的に爆弾を投げつけるような使い方はできない。
    • 爆弾は手に持っている状態でも喰らい判定が存在する。
    • 相手の攻撃で爆発した場合、所持時・投擲後問わず自分も爆風を喰らう。
  • 自分の爆弾は画面内に2つまでしか取り出せない。既に2つ存在している状況で使うと空振りになる。

  • 使い勝手の良い投擲アイテム。取り出した後は自動で爆発するまでは好きなタイミングで投げれるのが強み。
    • 触れると爆発する性質があり、前方に投げることでちょっとした壁として使える。
  • 投擲アイテムゆえに横方向だけでなく上下方向にも投げることができる。
    • 真上に投げることで空中の相手を狙い撃ちしたり、時間差で床に着弾することを利用して壁を作るように立ち回ることが可能。
    • 逆に、こちらが空中にいる時は爆弾を真下に落として着地狩りを抑制できる。
  • 爆弾を持ちながら#空中ワイヤーを繰り出すと、ワイヤーを伸ばしつつ爆弾をその場に落とすことが可能。
    • この時爆弾は、一定以上の高度から落とされた場合に爆発する。
      • 小ジャンプの頂点からの高さ程度では爆発せず、軽くバウンドした後に静止する。設置技として相手の行動に制限をかけることができるが、あくまで投擲アイテムなので逆に利用されないように注意。
  • 爆弾が赤く点滅し始めたら爆発は間近。タイミングを見切ればシールド回避などの防御行動をしながら爆発で攻撃できる。
  • 投擲を直撃させれば爆風は自分には当たらないという性質を活かして、相手の至近距離で爆弾を当てて連係したり、ガードキャンセルジャンプからのアイテム手放しで切り返しの手段として使える。
  • 復帰時の回転斬りで上昇した直後に自爆することで、しりもち落下をキャンセルして復帰距離を伸ばせる通称「爆弾復帰」というテクニックがある。
    • 応用として相手に強くふっとばされた時に爆弾を持っていれば、自爆でふっとび速度とベクトルを上書きして耐えることもできる。ただしタイミングを合わせる必要があったり、攻撃を受けて手放してしまうこともあり、安定しないので積極的に狙うものではない。
  • トゥーンリンクのものと比べた場合「爆発に要するまでの時間が短い」「地面に設置できる」「ふっとび方が不安定で追撃しづらい」という特徴がある。


最後の切りふだ

"トライフォースラッシュ"
こどもリンク (SP) 最後の切りふだ (3).jpg

突進し、相手をトライフォースに封じ込め何度も斬りつけ、強烈な一撃でふっとばす。

  • ダメージ: 計60% (1%+3%*14+2%+15%)
  • 発生: 2F[9] / 7-9F[10] [しびれ/光線]
  • 撃墜%: 20%[11]
  • 最初に放つ光線が当たると発動する初撃型の切りふだ。光線が当たると相手に近づいて連撃が始まる。また、光線を放つ前の瞬間は弱攻撃と同程度のリーチで金縛りにする1%の攻撃判定がある。
  • 光線は終点の半分近くまで飛ぶ。表示される光のエフェクトよりも少し長い。
  • ラッシュ後は横方向にふっとばす。

  • トゥーンリンクと同名のワザだが、こちらは若干威力が高く、横方向にふっとばす。



おきあがり攻撃

【あおむけおきあがり攻撃】前→後に斬りつけながら起き上がる。
【うつぶせおきあがり攻撃】後→前に斬りつけながら起き上がる。
【転倒おきあがり攻撃】前→後に斬りつけながら起き上がる。

  • ダメージ: 7%/7%/5% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃

こどもリンク (SP) ガケのぼり攻撃.jpg

ガケを登って、斬り払う。

  • ダメージ: 9%


アピール

  • 上アピール
    正面を向いて腕を上げ、斜めに剣を掲げる。
  • 横アピール
    こどもリンクの周りを妖精が飛び、それを目で追う。
  • 下アピール
    ロンロン牛乳を取り出して飲む。
上アピール 横アピール 下アピール
こどもリンク (SP) 上アピール.gif こどもリンク (SP) 横アピール.gif こどもリンク (SP) 下アピール.gif



脚注

  1. 2F毎に発生。持続は最短時。
  2. 持続最短時。
  3. 3.0 3.1 3.2 ボタン押しっぱなしでの移行F。
  4. これ以下のものはベヨネッタしか存在しない。
  5. リアクション付加値の高い攻撃。
  6. 前方で5ヒットした場合。
  7. ヒット間隔: 4F
  8. 連続ヒットの内訳は、12-13F, 16-18F , 19-20F , 22-24F , 27-28F , 31-33F , 35F
  9. スロー時間を考慮したときの発生は13-14F
  10. スロー時間を考慮したときの発生は36-38F
  11. 初動の金縛りが未ヒットの場合

外部リンク


ファイターのワザ (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー(ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-75
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス