大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集方法や注意事項については、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ウルフ (SP)/ワザ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウルフ (SP) > ウルフ (SP)/ワザ

弱攻撃

"スナップクロー" → "フォロークロー" → "ワイルドスクラッチ"
ウルフ (SP) 弱攻撃 (1).jpg

右引っ掻き → 左引っ掻き → 前進して右返し引っ掻き。

  • ダメージ: 2% → 2% → 4% [1段目→2段目→3段目]
  • 発生: 4F → 4F → 4F [1段目→2段目→3段目]
  • 全体: 21F (10F[1]) → 21F → 34F [1段目→2段目→3段目]
    • 次の段への移行: 7-24F → 7-24F [2段目→3段目]
  • 撃墜%: 撃墜不可 → 撃墜不可 → 247%/199% [中央/崖際]
  • 誰にも当たっていない場合、攻撃ボタン押しっぱなしで1段目を連発する。

  • 比較的リーチが短い弱攻撃。2段目>1段目>3段目の順で長い。そのため、高%の相手には当てきれない場合がある。
  • ウルフの攻撃の中では最も発生が早い。


ダッシュ攻撃

"シューティングキック"
ウルフ (SP) ダッシュ攻撃.jpg

足を高く上げて跳び蹴り。

  • ダメージ: 11%->8% [始->持続]
  • 発生: 11-14F -> 15-18F [始->持続]
  • 全体: 37F
  • 撃墜%: 154%/168%/150% [根元/中間/先端]
  • 足部分に3か所の攻撃判定があり、ダメージはすべて同じだが、それぞれベクトルが大きく異なる。根元は80°、中間は50°、先端は361°の汎用ベクトル。
    • 発生直後は3か所それぞれの判定でリアクション値も細かく異なるが、それほど大きな差はない。持続部分のリアクション値は3か所ですべて同じ。

  • 攻撃時に一瞬加速するためリーチは長いが、前進する影響で反撃の間合いに入りやすく、シールドに弱い。
    • 密着に近い場合は、シールドされてもめくりになり、めくった後も多少前進するので反撃をもらいにくい。
  • 出始めのふっとばし力は、3か所の攻撃判定いずれもダッシュ攻撃としては強い部類に入り、高%では有力な撃墜択になる。特に先端は撃墜ラインとの距離次第では、#上スマッシュ攻撃よりも撃墜しやすくなる。


横強攻撃

"デュアルバースト"
ウルフ (SP) 横強 (1).jpg

両腕を伸ばして引っ掻く。

  • ダメージ: 計11% (5%+6%)
  • 発生: 8F , 9-10F
  • 全体: 34F
  • 撃墜%: 175%
  • シフト攻撃対応ワザ。
  • 先端のみ相殺判定が無い。

  • リーチの長い強攻撃。先端では2段目のみヒットする。
  • 1段目のヒットストップが非常に長い。複数の相手を強引に引っ掛けることができる。
  • #ニュートラル空中攻撃カス当たりからのコンボの選択肢になる。長いリーチにより、60~70%台まで繋げることができる。
  • 上シフトは長めのリーチを生かして対空としても活用でき、下シフトは無敵の切れたガケつかまりや、崖の2Fを狩る手段として有用。



上強攻撃

"キックアップ"
ウルフ (SP) 上強.jpg

垂直に近いほど高く蹴り上げる。

  • ダメージ: 10% / 10%/8%/9% [足元 / 先端/中間/根本]
  • 発生: 7-8F / 7-11F [足元 / 足]
  • 全体: 35F
  • 撃墜%: 139% [前方足元]
  • 出始めの足元は相殺判定が無い。
  • 足には3段階の判定があり、先端ほど強くなる。
    中間や根元は対空で相当にめり込んだ相手か、横の喰らい判定が広い相手が背後で密着している場合などでなければ当たらない。
  • 足元と足先端はダメージこそ同じだが、足先端の方がリアクション影響値が高い。
    戦場すり抜け床にいるマリオなら、足先端で127%、足元で134%で撃墜可能。

  • 横への範囲は狭いが、発生が早く、判定も強いので対空に使える。
  • 背後の相手にはまず当たらないので、めくりには弱い。
  • 140%程度溜まっていれば撃墜が視野に入る。相手に粘られた時の撃墜手段に。


下強攻撃

"ローキック"
ウルフ (SP) 下強.jpg

下段蹴り。

  • ダメージ: 6%
  • 発生: 5-6F
  • 全体: 27F
  • 転倒率: 47%
  • 撃墜%: ?%

  • 発生が早めで牽制やワザの打ち合いに良好。
  • 転倒させた場合は横強攻撃などに繋げられる。


横スマッシュ攻撃

"ウルフクラッシュ"
ウルフ (SP) 横スマ.jpg

少し踏み込んで掌底を放つ。

  • ダメージ: 15-21%
  • 発生: 20-23F
  • 全体: 41F
  • 撃墜%:93-59%

  • ダメージの割にふっとばし力が高く、中央付近からホールドなしでも100%以下で撃墜を狙えるほど。
    • 踏み込むモーションにより相手を押し出すため、密着して当てるとより撃墜しやすくなる。
  • ウルフのワザの中では発生が遅めだが、後隙が強攻撃並に小さいので、油断して隙を狩りに来た相手を再度放ったこのワザで返り討ちにできてしまうことも。
    • ちなみに、その後隙は強攻撃どころかウルフのワザで3~4番目に小さい。出の遅さとリーチの短さを考慮に置いても異例のスマッシュ攻撃であると言える。
  • 単発のスマッシュ攻撃としては持続が長めでダメージ低下もないため、置きワザとして使いやすい。


上スマッシュ攻撃

"スピニングレッグシザース"
ウルフ (SP) 上スマ (2).jpg

逆立ちし両足を広げ回転、両足で挟むような動きで上方蹴り。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 計18% (6%+12%)
    • 【ホールド最大】 計25% (8.3%+16.7%)
  • 発生: 13-15F , 20-23F / ホールド開始: 7F
  • 全体: 47F
  • 撃墜%: 125-81%
  • 相殺モーションが無いワザ。

  • 早い発生、前後に同時に出る判定、各種キャンセルから発動可能と使いやすい便利な技。
  • ふっとばし力はそれほどでもないため、ワンパターン相殺には注意。
  • 全体の判定自体は大きいが、横方向のリーチはそれほど広くない。ガードキャンセル行動に使えなくはないが、間合いを見極める必要がある。


下スマッシュ攻撃

"ガストスラッシュ"
ウルフ (SP) 下スマ (1).jpg

前方→後方と足元を引っ掻く。

  • ダメージ: [前,後][根本以外/根本]
    • 【ホールドなし】16%/14% , 14%/12%
    • 【ホールド最大】22.3%/19.6%% , 19.6%/16.7%
  • 発生: 14-15F , 21-22F [前,後] / ホールド開始: 3F
  • 全体: 43F
  • 撃墜%: ?%

  • 前後を順番に攻撃するタイプの下スマッシュ攻撃の中では、先に出る前側の方が強い珍しい性能を持つ。
  • 先端部分は全ファイターの下スマッシュ攻撃の中でも、前後共に屈指の吹っ飛ばし力を持つ。
    判定が大きく、根元が当たって弱まりにくいのも長所。
  • 後側は上スマッシュ攻撃の1段目よりはリーチが長いので回り込まれた時に。
  • ふっとばすベクトルは低めの角度で、復帰力が低い相手だと決め手になりやすい。
    崖つかまり中や崖の2Fにヒットするのも強力。


ニュートラル空中攻撃

"ウルフキック"
ウルフ (SP) N空中.jpg

飛び蹴りを繰り出し、その姿勢を維持する。

  • ダメージ: 12% -> 8% [始->持続]
  • 発生: 7-9F -> 10-26F [始->持続]
  • 全体: 42F
  • 着地硬直: 9F
  • 撃墜%: 180%->230% [始->持続]

  • かなり持続が長く、攻撃判定を出しながら移動ができる。左足だけでなく右足にも判定があるので後方も少しカバーできる。
  • 出始め、持続共にヒット後は追撃を狙える。掴みや横強での追撃が比較的安定。高%帯では、持続当てでダウンさせてから#下スマッシュ攻撃が入り、撃墜を狙える。
  • ダメージは高いがふっとばし力は低く、よほど相手に粘られない限り撃墜は難しい。
    それを逆手に取り、ダメージソースとして気兼ねなく使用できる点が強み。


前空中攻撃

"クイックスラッシュ"
ウルフ (SP) 前空中.jpg

前方に腕を振り下ろして引っ掻く。

  • ダメージ: 9%
  • 発生: 7-9F
  • 全体: 40F
  • 着地硬直: 10F
  • 撃墜%: ?%
  • 使用するとほんの僅かに前進する。

  • クセの無い空中攻撃で様々な用途に役立つ。ただしリーチは短め。
  • 小ジャンプ最速で出す場合、姿勢が低い地上の相手にはヒットしにくい。
  • ふっとばし力の低さと60°程度のベクトルの都合で、撃墜には全く向かない。
    復帰阻止目的で当てても、逆に相手の復帰を助けてしまいがちなので、場外では封印推奨。


後空中攻撃

"ビハインドキック"
ウルフ (SP) 後空中.jpg

後方にキック。

  • ダメージ: 15%/13%/11% [先端/中間/根本]
  • 発生: 13-15F
  • 全体: 44F
  • 着地硬直: 15F
  • 撃墜%: 100%/117%/138% [先端/中間/根本]

  • 先端はふっとばし力が非常に強く、撃墜手段の一つとなる。オート着地キャンセルが可能になるタイミングは非常に早いが、出がやや遅いので、相手のジャンプ先に先出しで置くような使い方が有用。
  • 発生が遅いのでジャストガードによる反撃を受けやすい点に注意。
  • 先端の強さに隠れがちだが、中間も他のファイターと比較すれば強めの部類に入り、根本も後空中攻撃としては平均的な強さを持っている。
    復帰阻止用途なら適当に当てても十分な撃墜力を発揮できる。
    • 中間の判定はややシビア。


上空中攻撃

"エアスライス"
ウルフ (SP) 上空中.jpg

扇状に腕を動かし、上方を引っ掻く。

  • ダメージ: 12%
  • 発生: 7-9F
  • 全体: 38F
  • 着地硬直: 10F
  • 撃墜%: ?%


下空中攻撃

"メテオクラッシュ"
ウルフ (SP) 下空中.jpg

真下に勢いよく両腕を振り下ろす。

  • ダメージ: 15%/13% [先端/先端以外]
  • 発生: 16-17F
  • 全体: 53F
  • 着地硬直: 19F
  • 撃墜%: ?%
  • メテオワザ

  • どこに当ててもメテオになるので成功させやすくはあるのだが、場外では復帰力の低さ故に自滅してしまう可能性が高い。
  • 発生が遅く持続が一瞬なので雑に振っても対処されやすい。
  • メテオワザなので地上の相手に当てると真上にバウンドさせられる。急降下しながら当てれば追撃できる。


つかみ

"つかみ"
ウルフ (SP) つかみ (1).jpg

片手を伸ばして掴みかかる。

  • 発生: 立ちつかみ: 6-7F / ダッシュつかみ: 8-9F / 振り向きつかみ: 9-10F
  • 全体: 立ちつかみ: 36F / ダッシュつかみ: 44F / 振り向きつかみ: 39F




つかみ攻撃

"つかみニーバット"
ウルフ (SP) つかみ攻撃.jpg

つかんだ相手に膝蹴り。

  • ダメージ: 1.3%


前投げ

"ショートスクラッチ"
ウルフ (SP) 前投げ (2).jpg

腕を振り下ろし引っ掻いて前方に飛ばす。




後投げ

"スクラッチアッパー"
ウルフ (SP) 後投げ (4).jpg

後に放った相手を振り向き引っ掻き飛ばす。


  • ウルフの投げの中では最も威力が高い。
  • ふっとばし力も強めで、崖際で高%の相手なら撃墜を狙える。


上投げ

"スルースクラッチ"
ウルフ (SP) 上投げ (3).jpg

上に放った相手を引っ掻き飛ばす。




下投げ

"ボトムダウン"
ウルフ (SP) 下投げ (3).jpg

相手を頭から地面に叩きつける。

  • ダメージ: 8.5%
  • 撃墜%: ?%



通常必殺ワザ

"クローブラスター"
ウルフ (SP) NB (2).jpg

ブラスターをすばやく構えて撃つ。近くの相手にはツメで打撃。

  • ダメージ: 7% / 6%->8%->7% [銃身/弾:始->持続1->持続2]
  • シールド削り値: -3% / -4% -> -3.5% [銃身/弾:始->持続1->持続2]
  • 発生: 15-19F / 16-21F -> 22-25F -> 26-50F [銃身/弾:始->持続1->持続2]
  • 全体: 49F
  • 吸収:
  • 入力すると弾を1発発射して銃をしまう。
  • 発射前の銃本体にも攻撃判定があり、近距離で当てると光弾と合わせて2ヒットする。
  • 光弾は相殺判定が無い。

  • ウルフの立ち回りの要。ジャンプと同時に撃ったり、いわゆる「波動昇竜」のように弾を越えてきた相手を返り討ちにしたり等、利便性が非常に高い。
    銃身の判定のお陰で急接近されてもある程度対処可能。
  • ダメージが高いので、細かく撃っておくといつの間にか大量のダメージを蓄積できていることも。銃身もヒットさせると合計13%という、手軽な飛び道具にはあるまじき高威力。
  • 弾はそこそこ大きく、小ジャンプでは回避しづらいため相手の行動を制限しやすい。飛び道具としては素直な性能。
    • しかし、打点は高い。一部のファイターにはしゃがみで避けられやすい。
  • 光弾と銃身の相殺判定の有無の違いを利用し、銃身で相手の飛び道具を相殺しつつ、光弾を一方的に当てる、と言ったことも可能。
    銃身の持続の1F目のみ光弾の判定発生前のため、この時点で相殺が起こると光弾も発射されない。
    銃身の相殺が起きた瞬間からモーションがわずかに止まり、銃本体が消えたり銃身の一部だけが消えずに残ったりと、妙な挙動を見せる。
  • フォックスファルコの「ブラスター」とは異なり、銃をしまわずに連射することはできない。攻撃能力に比重を置いている分、連射能力には劣る。


横必殺ワザ

"ウルフフラッシュ"
ウルフ (SP) 横B (3).jpg

斜め上に飛び上がりすれ違いざまに攻撃。空中の相手にはメテオ効果がある。

  • ダメージ
    • 移動(1段目): 3%
    • 終端(2段目): 20%/15% [中心/中心以外]
  • 発生: 移動: 19F / 終端: 20-21F
  • 着地硬直: 29F
  • 撃墜%: 113% [中心以外]
  • 移動の攻撃判定は斬撃の軌道の前半部分にのみ発生する。後半部分では当たらない。
  • 終端を当てると強烈なヒットストップと共に高いふっとばし力を発揮する。
    • 空中の相手にウルフの中心でヒットした場合はメテオスマッシュになる。
    • メテオ以外ではかなりの低角度で吹っ飛ばす。
    • 終端に相殺判定は無い。
    • 大体終端で青く光るエフェクトあたりがメテオ判定の目安になる。前側よりは下の方がメテオになりやすい。
  • 移動前に上下のシフト入力で、移動先の高度を少し調整できる。
  • 使用後はしりもち落下になる。

  • 横方向へ素早く、そして多少上に動けるので復帰手段の一つになる。うっかりガケの下に潜り込んだり、高度を見誤りガケの上に着地して隙を晒したりなどのミスに注意。
    • 上シフトの復帰可能距離は上必殺ワザよりも長い。シフト入力がしっかりできるなら、こちらの方が復帰しやすい。
    • 終端の攻撃判定を出し切ってからガケを掴むので、ガケを直接狙おうとするとカウンター持ちには阻止されやすい。一応、カウンター持ちでないなら待ち構える相手を返り討ちにできるが、読まれる可能性が高い。
  • 終端は非メテオでも相手のダメージが溜まっていれば決め手になる。
  • メテオのふっとばし力はガノンドロフ下空中攻撃よりも強い。終点の場合、相手が100%前後であれば、地面へのバウンドでも上方向へ撃墜できる。
  • フォックスファルコの横必殺ワザと違ってしりもち落下になってしまうため、上必殺ワザに繋げられない点に注意。
  • 下シフトして高度を下げれば、相手のサイズにもよるが地上の相手に当てることができる。下投げから繋がることも。




上必殺ワザ

"ウルフシュート"
ウルフ (SP) 上B (1).jpg

連続ヒットする飛び蹴りを放つ。方向入力で飛んでいく角度を決められる。

  • ダメージ: 計16.5%/17.5% (4%+2.5%*3+6%/5% [5段目: 先端/先端以外])
  • 発生: 18F , 27F , 29F , 31F , 37F
  • 全体: 66F (地上で真横に放った場合)
  • 着地硬直: 36F
  • バウンド時の硬直: 67F
  • 撃墜%: ?%
  • 突進するまでにスティックを倒すことで、入力した方向(16方向)へ突進する。
    • 何も入力していない時は真上に突進する。
    • 地上で出した場合、下方向への入力は無視される。真下に倒した場合は正面方向へ飛ぶ。
  • フィニッシュの発生までに地面に衝突すると、真上にバウンドして中断される。
  • 出始めとフィニッシュに相殺判定は無い。
  • 使用後はしりもち落下になる。

  • ウルフの上方向への復帰手段となるが、移動距離がかなり短く、「ウルフフラッシュ」よりも少し劣る。斜め下に強くふっとばされたら復帰は絶望的。
  • 移動距離としりもち落下の問題でリスクは高いが、撃墜手段の一つになりうる。
    • 発生が早くないためガードキャンセルには不向きで、回避狩りを狙うことになる。その際、上方向に突進すると、避けられた場合に着地隙を晒すことになるので、横や斜め下方向で多少リスクを軽減できる。


下必殺ワザ

"リフレクター"
ウルフ (SP) 下B (1).jpg

飛び道具を加速させて反射するリフレクターを展開。フォックスのものより発生が遅いが打撃は強い。

  • ダメージ: 4%/5% [展開時/反射時]
  • 反射倍率: 1.5倍/1.8倍/0.5倍 [ダメージ/速度/時間]
  • 発生: リフレクター: 7-9F/2-3F [展開時/反射時] / 反射: 10F- (最短19F)
  • 無敵: 全身: 6-10F
  • 解除時の硬直: 12F
  • ワザを入力すると、リフレクターを用いて自身の周囲に反射判定のあるバリアを展開する。
    • ボタンを押している限り、半永久的に反射判定を出し続けることが可能。飛び道具に対してはほとんど隙がない状態になる。
    • リフレクター展開の瞬間だけ、攻撃判定が発生し、ヒットした相手を小さく浮かせる。
  • 反射成功時は、地上回避やジャンプで解除時の硬直をキャンセル可能。
    • また、反射した瞬間にも攻撃判定が発生する。こちらは横に小さく吹っ飛ばす。
  • 反射限界(50%)を超える威力を持つ攻撃を受けると反射が機能せずに被弾する。
  • 発動中はひそかに向きを変えることができる。特に意味はない。

  • 出だしに無敵があるので威力は低いがカウンター気味に使えたりする。上に軽くふっとばすので追撃できそうだが、解除動作が意外と長いので安定はしない。
  • 反射判定の発生がリフレクター系統の中では遅い。一応無敵は早めに出るので、相当距離が近くなければ間に合わず被弾という事は起こりにくい。


最後の切りふだ

"チームスターウルフ"
ウルフ (SP) 最後の切りふだ (6).jpg

目の前に照準を展開し複数の相手を巻き込み、ウルフェンの編隊を組んでそれぞれの操縦で支援射撃を行う。

  • ダメージ: 計48% (3%+35%+10%)
  • 撃墜%: 約35%
  • 最初のウルフェン編隊の突進(照準)が当たると発動する初撃型の切りふだ。3人まで同時に巻き込める。
  • 当てた相手にフォックスファルコが含まれていると、演出中の台詞が専用の物になる。

  • フォックス・ファルコの「チームスターフォックス」とは演出が異なる他、吹っ飛ばす方向も異なり、フォックスより高く、ファルコより低い斜め45度程度の角度で吹っ飛ばす。




おきあがり攻撃

【あおむけおきあがり攻撃】起き上がりながら前にパンチし、後ろに蹴りを繰り出す。
【うつぶせおきあがり攻撃】起き上がりながら後→前の順に蹴りを繰り出す。
【転倒おきあがり攻撃】起き上がりながら前→後の順に蹴りを繰り出す。

  • ダメージ: 7%/7%/5% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃

ウルフ (SP) ガケのぼり攻撃.jpg

ガケを登り、爪で引っかく。

  • ダメージ: 9%


アピール

  • 上アピール
    天を仰いで遠吠え。
  • 横アピール
    人差し指を立て手招きし「どうしたどうした?」と挑発。
  • 下アピール
    片手を地面に着けて吼える。
  • スマッシュアピール
    ライラットクルーズで可能。
    しばらくしゃがんで拳を震わせ、立ち上がると同時に腕を上にあげて頭の通信機を操作する。中断されずにアピールを決めると、専用の会話を聞くことができる。
上アピール 横アピール 下アピール スマッシュアピール
GIF動画で見る
ウルフ (SP) 上アピール.gif ウルフ (SP) 横アピール.gif ウルフ (SP) 下アピール.gif ウルフ (SP) スマッシュアピール静止画.png



脚注

  1. 空振り時に11F目から1段目でキャンセル可能。

外部リンク


ファイターのワザ (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー(ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-75
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス