編集方法や方針などについては、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

ソラ (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
執筆の途中です この項目「ソラ (SP)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのソラについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「ソラ」をご覧ください。
ソラ
カラバリ SP ソラ 01.png
シンボル キングダム ハーツ.png
出典キングダム ハーツ シリーズ
種類追加コンテンツ
参戦ナンバー82

ソラ(Sora)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の有料追加コンテンツ第11弾として配信されているファイター。参戦ナンバーは82。

2021年10月5日に事前に参戦するファイターを伏せたまま「最後のスペシャル番組」として放送された『ソラのつかいかた』で公開されたムービー『最後のカギ』で、追加コンテンツ第11弾として参戦することが発表された。同放送で配信時期も発表され、10月19日に配信が開始された。


ファイター性能

数多のゲーム作品が集う史上最大のお祭りとなった『スマブラSP』最後のファイターとして参戦したのは、繋がる心の力を信じて戦う“キーブレードの勇者”。
これまで尖った性能や独自のシステムを引っ提げて参戦してきたDLCファイターであったが、ソラもまた他とは一味違った特徴を併せ持っている。

ソラが得意とする戦い方は空中戦。DLCファイターの中ではゆったりとした動きではあるが必殺ワザの移動距離や空中制動力など、空中に関しての移動力は後期ファイターの中でも屈指の高さで、復帰力(復帰距離)と復帰阻止能力は随一。

通常ワザは持続の長さを活かしてヒットさせやすく、その多くがコンボに繋げやすい。起点の1つである3段攻撃の通常/前空中攻撃は、1-2段止めや急降下で着地して別のワザに連係したり、空中攻撃をガードされた時は攻撃を継続しつつ後退して反撃のリスクを減らすといった応用ができる。
撃墜でも有力な高ふっとばしのワザも複数持ち、コンボのフィニッシュに組み込めるものもあるので、ダメージ蓄積と撃墜手段を両立した性能となっている。

3回まで突進できる横必殺ワザは追加入力の方法によって任意方向の移動か相手への自動追尾に使い分けられる。上必殺ワザ直後から繋ぐことも可能で、しりもち落下を誤魔化すといった使い道もある。

変則的であるものの飛び道具通常必殺ワザ)やカウンターワザ下必殺ワザ)で牽制もできるが、前者は純粋な遠距離攻撃には使いづらく、後者は背面からの攻撃には弱い点には注意。他の必殺ワザも含め、闇雲に出していると相手に隙を突かれるデメリットがある。

軽やかな挙動でユニークなワザを楽しめるソラだが、中距離から積極的に攻め込めるような鋭い挙動は持たないため、慎重に相手を攻撃ワザなどで捌きながらチャンスを伺う必要がある。もし攻撃を受けてふっとばされた場合は足場へ戻るまで時間が掛かり、切り返しで振れるワザも少ないため、不利な展開に陥ると長引きやすいのが一番の弱点。
総合的には独特な空中制動やコンボ、トリッキーな必殺ワザを使いこなせるかがカギで、この点は扱いやすさを売りにしながらも持ち前の力が試される、マリオのようにプレイヤースキルによる応用幅が広い、原点回帰的なファイターと言えるのかもしれない。

スマブラの中でも自由度の高い空中アクションを最も活かせるプレイングを見つけていくと良いだろう。

長所と短所

  • 長所
    • ジャンプ距離がトップクラスで、2種の移動ワザと併せて復帰性能がかなり高い。
      積極的に復帰阻止ができるので、相手を場外に飛ばした時の展開を有利にしやすい。
    • 横必殺ワザ「ソニックレイヴ」は、3回向きを変えての突進ができ、復帰ルートの幅を広げられる。上必殺ワザ「エリアルスイープ」から繋げてより長距離移動することも可能。
    • キーブレードの振りが少しゆったりな分、攻撃判定の持続時間とリーチが共に長め。さらに3段コンビネーションワザが非常に多いため、近接攻撃を触れさせる難易度はかなり低い。
    • コンボに繋げられるワザが多い。空中攻撃は後隙着地隙が短く、1-2段止めや着地からの連係に発展させることもできる。
    • 使う度に切り替わる3種類の「まほう」(通常必殺ワザ)は、牽制・広範囲攻撃・ダメージ蓄積で使い分けられ、上手く使いこなせば相手を揺さぶることができる。
    • カウンターワザ下必殺ワザ)を持つ。受け止められるのは基本的に正面限定ではあるものの、他ファイターのものよりもカウンター倍率が高く、早期撃墜になりやすい。
      • 飛び道具は基本的にそのまま反射できないが、第三者を巻き込める可能性がある。


  • 短所
    • 移動・攻撃共に動きが緩慢で、素早い立ち回りをすることが難しい。
      • 縦移動は空中ジャンプの初速が遅く、落下時は重力が弱く速度が乗りにくいため、逃げや着地がしにくい。横移動が平均未満なのもマイナス。
      • 攻撃は前後隙がやや大きいワザが多く、差し込み暴れが苦手。
    • 体重が軽く、落下の遅さと相まって、浮かされた時に苦戦しやすい。
    • 武器持ちではあるものの、他の剣士系ファイターと比べてリーチは短め。
    • 通常必殺ワザはそれぞれが変則的な性質を持ち、出せる順番も決まっているため扱いにくい。
      中でも「サンダガ」はソラの正面に対しては発生が遅いので、潜り込まれると大きな隙を晒してしまう。
    • 2種の移動ワザは後隙が大きめで、読まれてしまうと反撃を受けやすい。

運動技能

  • 超能力系ジャンプ - 空中でジャンプを行う際、上昇の初めが遅く、少ししてから一気にふわりと浮き上がるタイプのジャンプ。
    これらは個別に性能が割り当てられており、本人に設定されたジャンプの上昇力に依存しないという特徴を持つ。
    この空中ジャンプを持つファイターは、空中ジャンプの高度が非常に高いという長所を持つが、上昇中に空中回避を行った場合、上昇距離が縮んでしまうという欠点を持つ。
    また、スピリッツなどによって空中ジャンプの性能を変化させる事も出来ない。
ジャンプ回数 2
カベジャンプ ×
カベ張りつき ×
しゃがみ歩き
各種運動性能の詳細についてはカテゴリ:パラメータの各ページを参照のこと。
他にもアクションから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。	

ワザ


  • ソラのキーブレードを使ったワザのほとんどは、ヒット時のエフェクト・効果音が固有のものになっている[1][2]

簡易ワザ表

[icon] この節の加筆が望まれています。
主に: 角度のデータ
ワザ ダメージ 角度 発生 撃墜%
弱攻撃 計9.6%(全3段) 5F 270%
ダッシュ攻撃 9.6%-7.2% 7F 312-193%
横強攻撃 コンボ:(全3段)
計15.2%
単発
7.2%
13F コンボ:(3段目)
190%
単発
158%
上強攻撃 計9.8%(7Hit) 8F 170%(7Hit時)
下強攻撃 5.2% 9F 377-369%
横スマッシュ攻撃 13.8-21.56% 16F 97-57%
上スマッシュ攻撃 14.6-20.44%
(フラッシュ)
11F 121-67%
下スマッシュ攻撃 14.2-21.28% 20F 129-70%
通常空中攻撃 計14.1%(全3段) 8F 201%(3段目)
前空中攻撃 計15.6%(全3段) 10F 224%(3段目)
後空中攻撃 13.2% 13F 132%
上空中攻撃 12.2% 10F 146%
下空中攻撃 9.8% 15F 160%
つかみ - - 7F -
つかみ攻撃 1.3% - - -
前投げ 計8%(2Hit) - 257%
後投げ 11.8% - 162%
上投げ 6.8% - 181%
下投げ 4.6%(2Hit) - 341%
ファイガ
通常必殺ワザ
4.8-5.6% 16F 撃墜不可
サンダガ
通常必殺ワザ
各段5.2% 30F 155%
(3段目)
ブリザガ
通常必殺ワザ
各段1.8-3.6% 15F 撃墜不可
横必殺ワザ 3-5.2% 17F ロックオン
232%
非ロックオン
325%
上必殺ワザ 計12.6%(4Hit) 9F 113%(4Hit時)
下必殺ワザ カウンター
打撃:1.5倍
反射:1.4倍
8F -
最後の切りふだ 31-40% 6F 69-60%
(即撃墜)

アピール

  • 上アピール
    ストプガ / エアロガ / ケアルガを唱える。ただし魔法に効果は一切無い。
    このアピールを出す度に、魔法が「ストプガ」→「エアロガ」→「ケアルガ」の順に切り替わる。
    通常必殺ワザの魔法はミスになっても順番がリセットされないが、こちらはミスするとリセットされる。
  • 横アピール
    正面でキーブレードを回転させる。
  • 下アピール
    「行くよ!」とガッツポーズでジャンプ。
上アピール 横アピール 下アピール
ソラ (SP) 上アピール.gif ソラ (SP) 横アピール.gif ソラ (SP) 下アピール.gif


待機モーション

  • 辺りを見渡す。
  • キーブレードを回しながら構え直す。
ソラ (SP) 待機モーション (1).gif ソラ (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出

ソラ (SP) 登場演出.gif

優雅に舞い降りて、元気よくキーブレードを掲げる。

勝利演出

  • 勝利ファンファーレ:『キングダム ハーツ』「Hand in Hand」の1フレーズ
    • ポーズ:十字ボタン←
      ガッツポーズでジャンプした後、「よし!」と笑顔でキーブレードを肩に担ぐ。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      キーブレードを振り回し、背を向けて担ぐ。
    • ポーズ:十字ボタン→
      突き出したキーブレードをカギを開くように回した後、高く掲げる。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ソラ (SP) 勝利演出・左.gif ソラ (SP) 勝利演出・上.gif ソラ (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手

スマブラSP 拍手 (DLC5).gif


カラーバリエーション

頭アイコン SP ソラ 01.png KH/通常 初代『キングダム ハーツ』のコスチューム
頭アイコン SP ソラ 02.png KHII/通常 『キングダム ハーツII』のコスチューム。細部のデザインや配色は原作の2Dアートワークに準じている。
頭アイコン SP ソラ 03.png KH3D/通常 『キングダム ハーツ ドリーム ドロップ ディスタンス』のコスチューム
頭アイコン SP ソラ 04.png KHIII/通常 『キングダム ハーツIII』のコスチューム
頭アイコン SP ソラ 05.png KH/TR 『キングダム ハーツII』に登場した、『蒸気船ウィリー』などディズニー初期のモノクロアニメを題材にしたワールド「タイムレス・リバー」における姿。服装は初代『キングダム ハーツ』と同じだが、一部装飾が省略され、表情が専用のシンプルなものになる。
頭アイコン SP ソラ 06.png KHII/赤 『キングダム ハーツII』のブレイヴフォームを意識した配色[3]
頭アイコン SP ソラ 07.png KH3D/青 『キングダム ハーツII』のウィズダムフォームを意識した配色[3]
頭アイコン SP ソラ 08.png KHIII/白 『キングダム ハーツIII』のアルティメットフォームを意識した配色[3]

オススメスキル

[icon] この節の加筆が望まれています。

テクニック

[icon] この節の加筆が望まれています。

1人用ゲームモード攻略

勝ちあがり乱闘

闇を晴らす光
ROUND 1 頭アイコン SP リンク 08.png(50HP)頭アイコン SP こどもリンク 08.png(50HP)
通常戦 ホロウバスティオン Fragments of Sorrow
ROUND 2 頭アイコン SP Mr.ゲーム&ウォッチ 01.png(×5)(20HP)頭アイコン SP Mr.ゲーム&ウォッチ 01.png(ジャイアントM)(50HP)頭アイコン SP Mr.ゲーム&ウォッチ 01.png(ジャイアントL)(70HP) ※同時に4体登場[4]
軍団戦 天空界 (戦場化) Night of Fate
ROUND 3 頭アイコン SP クラウド 02.png(100HP)
通常戦 闘技場 Shrouding Dark Cloud
ROUND 4 頭アイコン SP ルフレ 01.png(50HP)頭アイコン SP ルフレ 02.png(50HP)頭アイコン SP ルフレ 01.png(ジャイアント)(50HP)
通常戦 カロスポケモンリーグ Hollow Bastion
ROUND 5 頭アイコン SP ガノンドロフ 07.png(ジャイアント)(100HP)
通常戦 すれちがい伝説 (終点化) Destiny's Force
ROUND 6 頭アイコン SP ソラ 01.png(メタル)(100HP)
通常戦 ホロウバスティオン (ダイブ・トゥ・ハート [ソラ]) Destati
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png&クレイジーハンド (SP) アイコン.png
ボス戦 終点 Destati
  • 全ラウンド共通ルール: 体力制(ソラ: 100HP) / アイテム:でない
  • ROUND 2で登場する1体目のジャイアントMr.ゲーム&ウォッチは、通常の巨大化よりもサイズが小さい。
元ネタ・備考
  • ソラが辿ってきた物語の中で対峙してきた闇の勢力との戦いを時系列順で追体験できる構成となってる。
    • ROUND 1:心の闇が具現化した存在で、『キングダム ハーツ』で最も多く出現する敵キャラであるハートレスを意識している。こどもリンクは『KHI』からシリーズを通して登場するザコ敵のソルジャー役、青年リンクは『KHIII』で追加された上位種のハイソルジャー役。
    • ROUND 2:同じくハートレスの雑魚敵シャドウを意識している。最後の2体がジャイアント化しているのと、出現数が7体なのは、『KHFM』で初登場したギガントシャドウを意識している。
    • ROUND 3:『KHI』より、オリンポスコロシアムでの闘技大会決勝戦の再現。この時のクラウドは、自身の心の闇であるセフィロスを探す手掛かりを得るため、ソラ抹殺を目論むハデスと契約した傭兵だった。
    • ROUND 4:『チェイン オブ メモリーズ』から登場するXIII機関メンバーがモチーフ。3人のルフレの内2人は同じ武器・属性繋がりで、男性ルフレが本を武器とするゼクシオン役、女性ルフレが雷属性を司るラクシーヌ役。ジャイアント化ルフレは同作の黒幕であるマールーシャ役。ステージは同作の舞台となった忘却の城を意識している。
    • ROUND 5:ダークシーカー編の全ての元凶であるマスター・ゼアノートがモチーフ。このラウンドでゼアノート要素が登場したのは、彼が『KHII』『KHIIFM』のシークレットムービーでその存在が明らかになったことに因んでいる。ステージは、ゼアノートと相対するマスター・エラクゥスの弟子の3人のキーブレード使いとの戦いの地、そして『KHIII』でソラ達との決戦の舞台となったキーブレード墓場を意識している。
    • ROUND 6:『ドリーム ドロップ ディスタンス』最終盤より、ヤング・ゼアノートによって深い眠りに落とされたソラを救うため、ソラの夢の中にダイブしたリクが戦ったナイトメア・アーマーヴェントゥスを再現している。


組み手

スピリッツバトル出現データ一覧

メインファイターとして
No. 名前 ランク
1,507 ロクサス LEGEND
1,511 ヴェントゥス HOPE
お供として
No. 名前 ランク
1,506 カイリ NOVICE

公式スクリーンショット

備考

ソラ (SP) 体力制フィニッシュ.gif
  • 体力制ルールでプレイヤーのソラが最後にとどめを決めた場合、直後のスローダウン演出が変化する。


脚注

  1. 例外は上スマッシュ攻撃。
  2. ビームソードキルソード死神の鎌アイテム攻撃時もエフェクトが固有のものに変化する(死神の鎌は弱攻撃とダッシュ攻撃のみ変化)。
  3. 3.0 3.1 3.2 【スマブラSP】ソラのつかいかた 11分18秒~
  4. 対戦開始時点で登場するのは、通常サイズ3体とジャイアントM1体。

外部リンク


ファイター (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-82
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス - ミェンミェン - スティーブ/アレックス - セフィロス - ホムラ/ヒカリ - カズヤ - ソラ
キングダム ハーツ シリーズ
ファイター ソラ:SP
ステージ ホロウバスティオン
音楽 キングダム ハーツ シリーズの音楽の一覧
スピリット キングダム ハーツ シリーズのスピリットの一覧/対戦データ