【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関するおしらせ】ファイターページなどの編集後に一部のセクションが正常に表示されない場合は、アドレスに「?action=purge」を付けてアクセスし、ページをパージすることで改善できます。詳しくは一部のセクションが表示されない場合の改善方法をご確認ください。

ピカチュウ (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
執筆の途中です この項目「ピカチュウ (SP)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのピカチュウについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「ピカチュウ」をご覧ください。
ピカチュウ
公式絵 SP ピカチュウ.png
シンボル ポケットモンスター.png
出典ポケットモンスターシリーズ
他のスマブラへの参戦スマブラ64スマブラDXスマブラXスマブラfor
種類基本キャラクター
参戦ナンバー08

ピカチュウ(Pikachu)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは08。

アドベンチャーモードでの解放地点[編集]

ファイター性能[編集]

小さいサイズ、良好な機動性、使い勝手のいいワザが各種揃っている軽量万能型。持続の長いワザが多いのも特徴。

素早い移動速度に、良性能の飛び道具である「でんげき」、出の速い各種強攻撃、判定の強い空中攻撃が揃っており、牽制能力が非常に高い。さらに小回りの利く移動ワザ「でんこうせっか」によるかく乱戦法が強力で、動きについていけない相手なら一方的にたたみ掛けることができる。
復帰力は非常に高く、長距離を横移動できる「ロケットずつき」と、2回移動出来ることで様々な軌道で動ける「でんこうせっか」により、復帰ルートも自由自在。またそれは同時に追撃性能も優秀であることを示しており、復帰阻止能力にも長けている。さらにこれだけの性能を持ちながら、威力の高い撃墜ワザまで併せ持つ。

とはいえ撃墜ワザには大振りなものが多く、繰り出せる機会はあまり多くない。その結果、撃墜ができるだけの蓄積ダメージは稼げているのに撃墜のチャンスがないまま相手の蓄積だけが溜まっていくという事態に陥りがちで、先に点を奪われてしまったり、不意の一発をくらって逆転されることもしばしば。また、上必殺ワザの操作が難しいために復帰で事故りやすく、操作ミスから自滅してしまうことも多い。

これらのことから『スマブラ』のピカチュウは、“持ち前の性能を完璧に発揮できれば強いことは間違いないが、使いこなせるようになるにはかなりの修練が必要”な、上級者向けのファイターといえる。「でんこうせっか」の使い方や、スマッシュ攻撃以外の撃墜手段である復帰阻止ができる空中での戦い方は是非マスターしておきたい。


  • 長所
    • 運動性能が高く、高速で移動するワザも備えているため、トリッキーかつ細かい動きで相手を翻弄することが可能。
      • また追撃性能も高く、ダメージを稼ぐのが得意。
    • 強攻撃や空中攻撃の発生が早く、お手玉や運びが得意。投げからの展開も悪くない。
    • 電撃を帯びた攻撃や尻尾を使った攻撃の判定が強め。持続の長い攻撃も取り揃えている。
    • 性能の良い飛び道具(通常必殺ワザ「でんげき」)を持っている。
    • 頭身が低く当たり判定が小さいため、相手の攻撃をかわしやすい。
    • 横必殺ワザ「ロケットずつき」や上必殺ワザ「でんこうせっか」など、長距離を移動できる必殺ワザを持ち復帰力が高い。
      上必殺ワザは変則的な軌道を取ることも可能なため、復帰ルートの選択肢が豊富で自由度が高い。
    • 復帰阻止に長けている。状況によっては早期の撃墜も狙える。


  • 短所
    • 攻撃力が低め。連続攻撃や攻勢の維持は得意だが、逆にそれができないとジリ貧になりやすい。単発火力という面ではやや見劣りする。
    • スマッシュ攻撃を筆頭に撃墜に使用するワザの隙は総じて大きく、当てづらい傾向がある。
      必然的に、得意の復帰阻止が通用しにくい相手では苦戦を強いられる。
    • 体重が軽くふっとびやすい。そのため撃墜を狙うリスクが高く、ちょっとしたミスが命取りになりかねない。
    • 走行速度や歩行速度が速い方であるのに対して、空中での速度は遅い部類に入る。
    • ワザのリーチが全般的に短い。差し込みに長けた素早い相手やリーチの長い相手にはワザの空振りを咎められやすい。
      特に持続の長いワザを空振りしてしまうと大きな隙を晒すことになる。
    • 移動(復帰)ワザおよび奇襲ワザである上必殺ワザの制御が難しく、慣れないうちはミスしやすい。
    • 総合力は高いが、上必殺ワザの制御をはじめとした課題が多く、性能をフルに活用するためのハードルが高い。

運動技能[編集]

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
2 ×

スマブラforからの変更点[編集]

  • 弱攻撃
  • ダッシュ攻撃
    • 強化出始めのダメージ増加: 10.0% ⇒ 11.0%
  • 横強攻撃
  • 上強攻撃
  • 下強攻撃
  • 横スマッシュ攻撃
    • 強化発生F変更: 15F-17F -> 18F-20F -> 21F-22F ⇒ 15F-16F -> 17F-19F -> 20F-29F [始->持続1->持続2]
      • 持続Fが22Fから29Fに増加した。また、最も威力が高い持続2の発生が1F早くなった。
  • 上スマッシュ攻撃
    • 強化発生F変更: 10F-11F -> 12F-13F -> 14F-17F ⇒ 10F-12F -> 13F-14F -> 15F-17F [始->持続1->持続2]
      • クリーンヒットしやすくなった(出始めと持続1が1F延長され、カス当たりの持続2が1F遅くなった)。
  • 下スマッシュ攻撃
  • ニュートラル空中攻撃
    • ワザ変更丸まって回転攻撃する「ピカチュウスピン」から「ピカチュウショック」に変更された。
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 前空中攻撃
    • 強化ダメージ増加: 計9.79% (1.86%*4+2.35%) ⇒ 計11.8% (1.4%*5+4.8%)
      • 合計ヒット数は5から6になった。
    • 発生F変更: 10F-12F , 14F-16F , 18F-20F , 22F-24F , 26F ⇒ 11F-25F (ヒット間隔: 3F) , 27F
      • 前作では攻撃判定が断続的に発生して連続ヒットしたのが、本作では一つの攻撃判定が一定間隔ごとで再ヒット可能になることにより連続ヒットする攻撃になった。
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 後空中攻撃
    • モーションが高速化され、ヒット数が8から6になった。
      • その他これに伴い、各段のダメージが前作と同じになるよう調整された: 0.8%*7+3% ⇒ 1.0%*5+3.6%
      • 強化モーション高速化により後隙が減少した: FAF: 59F ⇒ 44F
      • 弱体化モーション高速化により持続Fが減少した: 4F-33F ⇒ 4F-25F
    • 強化着地硬直減少: ⇒
  • 上空中攻撃
    • 強化出始めのダメージ増加: 4.0%/5.0% ⇒ 5.0%/6.0% [先端/先端以外
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 下空中攻撃
    • 強化空中攻撃のダメージ増加: 12.0% ⇒ 13.0%
    • 強化出始めがメテオ効果を持つようになった。
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • つかみ
    • 弱体化全てのつかみの発生鈍化: 6F-7F/8F-9F/9F-10F ⇒ 7F-8F/11F-12F/12F-13F [立ち/ダッシュ/振り向き]
  • つかみ攻撃
    • 弱体化ダメージ減少: 1.9% ⇒ 1.0%
  • 前投げ
  • 後投げ
  • 上投げ
    • 強化空中攻撃のダメージ増加: 計4% (1%+3%) ⇒ 計8% (3%+5%)
  • 下投げ
    • 弱体化ダメージ減少: 計8.0% (3.0%+5.0%) ⇒ 5.0%
      • 弱体化1ヒットのみの攻撃になり、打撃投げでなくなった。
  • 通常必殺ワザ「でんげき」
  • 横必殺ワザ「ロケットずつき」
    • 溜めなしのダメージ微増: 6.1714% ⇒ 6.2%
  • 上必殺ワザ「でんこうせっか」
    • 移動直前に進行方向を示す矢印が表示されるようになった。
    • 弱体化石火崖キャンセル」が使用できなくなった。
  • 下必殺ワザ「かみなり」
  • 最後の切りふだ「ボルテッカー」
    • 攻撃方法が大きく変わり、所謂変身型の操作可能な攻撃から、初撃型の自動攻撃になった。

更新履歴[編集]

ワザ[編集]

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。
  • 撃墜%は、特に説明がない限り、トレーニングモードで"終点"中央のマリオ(無操作状態)を一撃で撃墜できた時の蓄積ダメージを記載する。実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。

アピール[編集]

  • 上アピール
    力を込めて電気を溜めるしぐさ。
  • 横アピール
    「ぴーか、ぴかぁ!」と正面を向いて直立して腕を振る。
  • 下アピール
    その場で寝転がる。
上アピール 横アピール 下アピール
ピカチュウ (SP) 上アピール.gif ピカチュウ (SP) 横アピール.gif ピカチュウ (SP) 下アピール.gif


待機モーション[編集]

  • 背を伸ばしてあたりを見渡す。
  • 耳をかく。
ピカチュウ (SP) 待機モーション (1).gif ピカチュウ (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出[編集]

ピカチュウ (SP) 登場演出.gif

投げ込まれたモンスターボールから登場し、周囲に放電して意気込む。

勝利演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:『ポケットモンスター 赤・緑』メインテーマの1フレーズ
    • ポーズ:十字ボタン←
      空中で宙返りし、横に1回転するポーズ。
      『スマブラ64』のキャラクターセレクトで選んだ時と同じモーション。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      ピクピクと片耳が動き、耳を触った後に前を向く。
    • ポーズ:十字ボタン→
      横になってすやすやと眠っている。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ピカチュウ (SP) 勝利演出・左.gif ピカチュウ (SP) 勝利演出・上.gif ピカチュウ (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手[編集]

スマブラSP 拍手 (2).gif

直立して短い前足で拍手。

カラーバリエーション[編集]

頭アイコン SP ピカチュウ 01.png 通常/オス 本作では7,8Pカラーにメスのピカチュウが用意されたため、デフォルトも含めてそれ以外のピカチュウは全てオスのピカチュウである。
頭アイコン SP ピカチュウ 02.png 赤い帽子/オス 『赤・緑』の主人公(レッド)赤と白のつば付帽子。体色は『ポケモンスタジアム』シリーズにおけるカラーバリエーションの1つを意識したもので、色違いピカチュウにも似ている。
頭アイコン SP ピカチュウ 03.png 緑のバンダナ/オス 『エメラルド』の男の子主人公(ユウキ)の緑のバンダナ。体色は『ポケモンスタジアム』シリーズにおけるカラーバリエーションの1つを意識したもの。
頭アイコン SP ピカチュウ 04.png 黄色い帽子/オス 『ハートゴールド・ソウルシルバー』の男の子主人公(ヒビキ)の黄色と黒のつば付帽子
頭アイコン SP ピカチュウ 05.png 三角帽子/オス 『スマブラ64』から存在する、青色のパーティー帽子。白い星柄がついている。『スマブラX』でのみ登場しなかった。
頭アイコン SP ピカチュウ 06.png 帽子+サングラス/オス 『X・Y』の男の子主人公(カルム)の赤いつば付帽子とサングラス。体色は『X・Y』でのアートワークと同じ淡い彩色。
頭アイコン SP ピカチュウ 07.png ニット帽/メス 尻尾がハートの形をしたメスのピカチュウ。『サン・ムーン』の女の子主人公(ミヅキ)のニットキャップ
頭アイコン SP ピカチュウ 08.png 覆面レスラー/メス 『オメガルビー・アルファサファイア』に登場するおきがえピカチュウの一つであるマスクド・ピカチュウメスのピカチュウで、尻尾の先が黒い。





戦術指南[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

主な撃墜手段[編集]

ピカチュウは相手を撃墜できるだけのパワーこそあるものの、どのワザも後隙が大きい。撃墜したいからといってデタラメにワザを繰り出していると、相手に見られてから手痛い反撃を食らってしまう。ここぞという場面に使っていこう。

  • 上スマッシュ攻撃
    • 隙が少なさで優秀。基本はこれで撃墜していく。というより他のワザはどれも後隙が大きいので、気軽に振れるのがこれくらいしかない。ダッシュで接近して使ったり、ガードキャンセルで出したり。
  • ダッシュ攻撃、横スマッシュ攻撃
    • モーションが大きいためにガードや回避をされると悲惨なことになる。無理に狙わないように。
  • かみなり
    • 放電部分を当てる。パワーは十分だが、そのぶん後隙も大きい。
    • その強さゆえに、ついついぶっ放したくなるが、普通に出してもまず当たることはない。このワザをどれだけ我慢できるかが勝利のカギ。
    • 上投げからこのワザを出すと、雲部分のメテオ→放電部分とコンボがつながって撃墜する。ただし相手にずらされるとヒットしない。
    • 上空の相手にかみなり部分を当てて上に吹っ飛ばすこともできる。
  • ロケットずつき
    • そこそこのふっとばし力こそあるが、ステージ上での撃墜はまず無理。パワーを最大まで溜めれば撃墜できるが、そんな暇は与えてくれないだろう。乱闘戦では奇襲として使っていける。
  • でんこうせっか
    • サドンデス限定。このワザの存在が相手に強烈なプレッシャーを与えてくる。

復帰阻止[編集]

普段の撃墜手段に困るピカチュウは、相手を場外に運んでからの復帰阻止がメイン。でんこうせっかの方向を調節することによりどんな場所でも追撃に向かい戻ってこられるが、操作に自身がないうちはあまり無理をしないほうが良いだろう。

  • 上空中攻撃以外の空中攻撃
    • いずれも発生や持続の優秀さを活かせる。
      前空中攻撃は吹っ飛ばしには向かないが判定が強い。
      後空中攻撃はめり込みすぎると吹っ飛ばす方向が逆になるので注意。
      下空中攻撃は地形によっては崖メテオが狙える。
  • 横スマッシュ攻撃
    • 攻撃範囲が横に広いので、ステージ端で出せば判定が外に飛び出す。
  • 空中かみなり
    • 場外で放電部分があたれば撃墜する。普段は当たらないかみなりも、相手の機動力が落ちる空中なら当たりやすい。
    • ただし操作が若干難しい。またピカチュウにかみなりが当たらないとそのまま落下してしまうので気をつけたい。空中ジャンプの直後に出せば外すことは少なくなる。
    • 真上の出始めだけを不意打ちで当ててメテオ撃墜も可能。
  • ロケットずつき
    • 普段はパワー不足なロケットずつきも、場外で当たれば撃墜できる。
    • とは言え、見てから回避が余裕なのでこれに頼った復帰阻止はできない。油断した相手の奇襲程度に。
  • でんげき
    • 空中ジャンプ潰しに。復帰が弱いファイターはこれが当たるだけで戻って来れなくなる。

テクニック[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。


コンボ[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。


ピカチュウ対策[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

「電撃攻撃強化」はほぼ必須。「全必殺ワザ強化」「空中攻撃強化」「ハイパースマッシュ」などで相手に合ったワザを強化していこう。

1人用ゲームモード攻略[編集]

勝ちあがり乱闘[編集]

大乱闘 ポケットモンスターズ
ROUND 1 頭アイコン SP ポケモントレーナー 01.png
通常戦 ヤマブキシティ ポケモンジム / 進化(ポケットモンスター 赤・緑)
ROUND 2 頭アイコン SP プリン 01.png頭アイコン SP プリン 02.png頭アイコン SP プリン 03.png頭アイコン SP プリン 04.png頭アイコン SP プリン 05.png頭アイコン SP プリン 06.png ※3体ずつ登場
軍団戦 ポケモンスタジアム2 トキワへの道-マサラより / ニビシティ(ポケットモンスター 赤・緑)
ROUND 3 頭アイコン SP ピチュー 01.png頭アイコン SP ピチュー 06.png
通常戦 プリズムタワー ポケットモンスター 金・銀 メドレー
ROUND 4 頭アイコン SP ルカリオ 01.png
通常戦 テンガンざん やりのはしら 戦闘!ディアルガ・パルキア / やりのはしら
ROUND 5 頭アイコン SP ゲッコウガ 01.png
通常戦 カロスポケモンリーグ 戦闘!野生ポケモン(ポケットモンスター X・Y)
ROUND 6 頭アイコン SP ガオガエン 01.png
通常戦 ポケモンスタジアム 頂上決戦!
BONUS GAME
BOSS 頭アイコン SP ミュウツー 01.pngマスターハンド (SP) アイコン.png
通常戦⇒ボス戦
(連戦)
終点 ポケットモンスター 赤・緑 メドレー
マスターハンド
元ネタ・備考[編集]
  • ROUND 6までは、すべて『ポケモン』の要素のみで組まれている。最終戦のミュウツーを除き、デビューした年代順にファイターが登場する。
  • ROUND 3は、短編映画『ピチューとピカチュウ』に登場する街暮らしのピチュー兄弟が元ネタ。


組み手[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧[編集]

メインファイターとして[編集]
No. 名前 ランク
0,046 ドン・チュルゲ NOVICE
0,073 ハニークイーン -
0,160 ジンガー NOVICE
0,308 チューさん NOVICE
0,332 リック HOPE
0,349 モーリィ NOVICE
0,427 ライチュウ(アローラのすがた) HOPE
0,555 ミミッキュ HOPE
0,556 カプ・コケコ ACE
0,562 名探偵ピカチュウ HOPE
0,881 エレキマン HOPE
1,046 オオデンチナマズ ACE
1,198 レポーター & レスラー HOPE
1,298 ピカチュウ(相棒) ACE
1,309 モルガナ ACE
お供として[編集]
No. 名前 ランク
0,295 ガンドレイダ NOVICE
0,340 クラッコ HOPE
0,482 ライコウ & エンテイ & スイクン ACE
0,734 ドリブル & スピッツ HOPE
1,306 心の怪盗団 LEGEND
1,334 ベビーパンサー NOVICE

公式スクリーンショット[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]

関連項目[編集]

ファイター (SP)
歴代参戦ファイター
01~12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13~26 ピーチ - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルス - ルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイ - Mr.ゲーム&ウォッチ
27~44 メタナイト - ピット - ブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45~63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
新規参戦ファイター
64~69 インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン
70~75
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー
ポケットモンスターシリーズ
ファイター ピカチュウ:64/DX/X/for/SP - プリン:64/DX/X/for/SP - ミュウツー:DX/for/SP - ピチュー:DX/SP - ポケモントレーナー:X/SP (ゼニガメ:X/SP - フシギソウ:X/SP - リザードン:X/for/SP) - ルカリオ:X/for/SP - ゲッコウガ:for/SP - ガオガエン:SP
ステージ ヤマブキシティ - ポケモンスタジアム - ポケモン亜空間 - ポケモンスタジアム2 - テンガンざん やりのはしら - イッシュポケモンリーグ - プリズムタワー - カロスポケモンリーグ
ステージギミック フシギバナ - ヒトカゲ - マルマイン - ラッキー - ポリゴン - ディアルガ - パルキア - クレセリア - レシラム - ゼクロム - ホウオウ - レジスチル - レックウザ - マナフィ
アイテム モンスターボール - マスターボール
ボスキャラ レックウザ:X
敵キャラ ゴース - ドガース - チュリネ - シャンデラ - フリージオ
その他の出演 ロケット団
音楽 ポケットモンスターシリーズの音楽の一覧
スピリット ポケットモンスターシリーズのスピリットの一覧/対戦データ