大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

アイク (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
警告.png この項目には、まだ更新データVer.8.0.0以前のデータが記載されている可能性があります。更新データで最新のデータを確認してください。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのアイクについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「アイク」をご覧ください。
アイク
公式絵 SP アイク.png
シンボル ファイアーエムブレム.png
出典ファイアーエムブレムシリーズ
他のスマブラへの参戦スマブラXスマブラfor
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー32

アイク(Ike)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは32。

解放条件

ファイター性能

大剣を自在に操る豪腕に相応しく、圧巻のリーチ・攻撃範囲と高いパワーを誇る準重量級ファイター。

各スマッシュ攻撃は威力と範囲を高水準で兼ね備え、うまく当てれば早期撃墜も可能。またスマッシュ攻撃に頼らずとも強攻撃や空中攻撃、突進ワザとして実用的な横必殺ワザダッシュ攻撃でも撃墜を十分に望める。これらのワザで乱戦に切り込み、大量撃墜を狙うというシンプルにして豪快な戦術を得意とするため、4人以上の乱闘に向く。そのほかの際立った特徴としては、その攻撃範囲を生かした#コンボ・追撃能力の高さがあり、特に投げやニュートラル空中攻撃から大きなリターンが見込める。前述の多彩な撃墜手段に繋ぐコンボも多数存在するため、剣が届く範囲でさえあれば撃墜に困ることはまず無いだろう。

主な弱点は機動力の低さとワザの発生面。とにかく出が遅いワザが多いため、相手の迂闊な行動を見てから差し返したり、空中で体勢を立て直すような戦い方は不得意。復帰力も距離だけを見れば悪くないほうだが、横必殺ワザ・上必殺ワザともに直線的で読まれやすく、ルート上に飛び道具カウンターワザを置かれるだけで絶望的になってしまうケースが頻繁に発生する。立ち回りでやれること自体はあまり多くなく、ニュートラル空中攻撃や後空中攻撃を中心としたシンプルな強さを押しつけることで対処を強要していくタイプ。間合いやリスクの管理、ワザの振り方やコンボなどの精度と判断、射撃型など苦手なファイターへの対策といった基礎力や慣れが物を言う傾向が他のファイター以上に強い。なにより、やることできることがシンプルなだけに動きが読まれやすい。安定した勝ちを拾うには相手からの対処に素早く適応し、そのさらに上を行く読みを瞬時に展開する能力が問われる。

プレイヤーの引き出しの多さが問われる、力強さとストイックさを併せ持った正統派のパワーファイターと言える。

長所と短所

  • 長所
    • 大剣を使った攻撃が多く、リーチの長さと判定の強さに優れる。
    • 剣士系ファイターの中でも特に判定持続と攻撃範囲に優れたワザを多く持つ傾向にある。先出しで置いておくように出すと非常に強力。
    • スマッシュ攻撃の吹っ飛ばし力はトップクラス、強攻撃やダッシュ攻撃にも十分な撃墜力がある。
    • 安定して#コンボに繋げられる投げを持つ。空中牽制ヒット時のコンボ性能も高く、安定した%蓄積能力を持つ。
    • 空中横速度がそこそこ速く、ニュートラル空中攻撃を中心とした飛び込みや空中戦がとにかく強力。蓄積%の溜まった相手への撃墜が狙えるコンボも存在し、撃墜能力は非常に高い。
    • 弱攻撃後空中攻撃の発生は全体の標準程度と目立って素早く、重量級パワーファイターにしては近距離での応戦もできる方。
    • 体重が標準以上にありふっとびにくい。撃墜や連携の拒否が上手くできさえ、すればほかほか補正の恩恵を受けやすい。
      • 落下速度は速い部類。体重の重さと相まって単発の上方ふっとび耐性もかなり高い。
    • 通常必殺ワザ「噴火」による崖上からの復帰阻止が強力。相手ファイターの復帰力次第では回避が非常に困難。
    • メテオワザを2つ持つ。特に上必殺ワザ「天空」は当て方を工夫すれば0%でも道連れが狙えるため、ストック先行時には強力な早期撃墜手段になりうる。
    • カウンターワザ下必殺ワザ「カウンター」)を持つ。1on1での復帰阻止で役立つほか、威力が高いため乱戦においても強力な攻撃になりうる。


  • 短所
    • 機動力が低い。歩行走行ともに遅いほか、空中横移動の加速に乏しい。
    • 飛び道具を持たない。自ら距離を詰めて戦う必要があるため、機動力の低さも相まって飛び道具持ちの相手に対して苦戦を強いられやすい。
    • 高威力なスマッシュ攻撃は代償として、発生と後隙共に難がある。強力ではあるものの気軽に振れるワザではない。
    • 全ての空中攻撃の全体動作がいずれも長い。小ジャンプ攻撃はおろか、全ファイター中で唯一、どの空中攻撃も大ジャンプから出しても着地まで再行動できない。
      • 空中戦自体でも強力な火力は健在だが、このせいで動きに幅を持たせることが難しく、単調な攻めに陥りやすい。
    • 範囲と出の速さを兼ね揃えたワザがないため、劣勢からの切り返しが非常に困難。
    • 復帰距離自体はそこまで悪くないが、縦復帰・横復帰とも直線的なルートしか取れないため、復帰阻止にさらされやすい。阻止耐性も弱い。
      • 空中ジャンプ潰しやノーリアクション押し出しワザなど、復帰阻止に向く特技を持つファイターには特に早期撃墜を狙われやすい。切り返しやコンボが弱点ということもあり、重量級でありながら総合的な耐久力はやや不安定。
    • 運用の要となる攻撃(弱攻撃、後空中攻撃、つかみなど)には打点の高いワザがいくつかあり、低姿勢の相手に対して攻撃が当てづらい。

運動技能

ジャンプ回数 2
カベジャンプ ×
カベ張りつき ×
しゃがみ歩き ×
各種運動性能の詳細についてはカテゴリ:パラメータの各ページを参照のこと。
他にもアクションから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。

スマブラforからの変更点

  • デザインが『スマブラX』以来となる『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』時代のレンジャー衣装になった。前作の『ファイアーエムブレム 暁の女神』時代の勇者衣装は2Pカラーになり、それぞれ4色のバリエーションから選べるようになった。
  • 立ちモーションが「蒼炎の軌跡」「暁の女神」に少し近づいた体勢になった
  • 強化ジャンプ踏切高速化: F ⇒ 3F (※全ファイター共通)
  • 弱攻撃
  • ダッシュ攻撃
  • 横強攻撃
  • 上強攻撃
  • 下強攻撃
  • 横スマッシュ攻撃
  • 上スマッシュ攻撃
  • 下スマッシュ攻撃
  • ニュートラル空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 前空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 後空中攻撃
  • 上空中攻撃
    • ワザ変更半月を描くようラグネルを振るう「振り上げ」に変更された。
  • 下空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • つかみ
  • つかみ攻撃
  • 前投げ
  • 後投げ
  • 上投げ
    • その他地面にラグネルを突き刺すとき、下アピールのように音が出るようになった。
  • 下投げ
  • 通常必殺ワザ「」
    • ワザ変更溜めると火柱が前方に複数上がるようになった。最大3本。
  • 横必殺ワザ「」
    • 弱体化一定時間溜め続けると、自動で突進するようになった。
  • 上必殺ワザ「」
    • 弱体化投げた剣が地形を貫通しなくなった。
  • 下必殺ワザ「」
    • その他反撃に蒼炎エフェクトが追加された。
  • その他待機ポーズが変わった。やや背筋が伸び、左腕を下ろしている。

更新履歴

Ver.1.1.0

変更点確認されず。

Ver.1.2.0

変更点確認されず。

Ver.2.0.0
  • 上必殺ワザ
    • 【メテオ】FKBが 220 から 165 に減少した。
      • 相手と共にステージ外へ落下したとき、アイクが先にミスしやすくなった。
Ver.3.0.0

変更点確認されず。

Ver.3.1.0

変更点確認されず。

Ver.4.0.0

変更点確認されず。

Ver.5.0.0

変更点確認されず。

Ver.6.0.0

変更点確認されず。

Ver.7.0.0

変更点確認されず。

Ver.8.0.0
  • ダッシュ攻撃
    • KBGが 78 > 100 から 88 > 110 に増加した。 [始 > 本当て]
  • 下強攻撃
    • KBGが 70 から 55 に減少した。
  • ニュートラル空中攻撃
    • 【始】KBGが 105 から 130 に増加した。
    • 【持続】判定サイズが 4.0 から 3.0 に減少した。
  • 前空中攻撃
    • 全体フレームが 59F から 51F に減少した。
    • ダメージが 11.5% (13.8%) から 13.0% (15.6%) に増加した。
    • KBGが 65 から 60 に減少した。
  • 上必殺ワザ
    • 【始/連】相殺しないようになった。
    • 【着地】KBGが 115 から 155 に増加した。
    • 【着地】ベクトルが 60° から 50° に変更された。


ワザ

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。
  • 撃墜%は、特に説明がない限り、トレーニングモードで"終点"中央のマリオ(無操作状態)を一撃で撃墜できた時の蓄積ダメージを記載する。実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。

アピール

  • 上アピール
    剣を両手で構えて唸り声を上げる。謎の風が発生してマントがなびく。
  • 横アピール
    剣をかざした後に前方を見て「覚悟しろ」と意気込む。
  • 下アピール
    剣を地面に刺して腕を組む。これまた謎の風が発生してマントがなびく。
上アピール 横アピール 下アピール
アイク (SP) 上アピール.gif アイク (SP) 横アピール.gif アイク (SP) 下アピール.gif


待機モーション

  • 剣を肩に乗せ軽くトントンと叩く。
  • 構えた剣に手をやり、撫でるようにゆっくりスライドさせる。
アイク (SP) 待機モーション (1).gif アイク (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出

アイク (SP) 登場演出.gif

魔法陣から現れる。おそらく作中の「転移の粉」か「レスキューの杖」で転送されたものだと思われる。

勝利演出

蒼炎版と暁版で台詞が異なる。

  • BGM:『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』「ファイアーエムブレムのテーマ」(メインテーマ)の1フレーズ
    • ポーズ:十字ボタン←
      剣を素振りし、肩に担ぐ。
      蒼炎「あんたの戦い、見事だった」 暁「どうして俺の前に立った」
    • ポーズ:十字ボタン↑
      剣を地面に刺して腕を組む。 
      蒼炎「誰にも、譲る気はない」 暁「俺は、前に進む」
    • ポーズ:十字ボタン→
      「天空」を披露する。 
      蒼炎「極めれば、誰にも負けはしない」 暁「俺には守るべきものがある」
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
アイク (SP) 勝利演出・左.gif アイク (SP) 勝利演出・上.gif アイク (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手

スマブラSP 拍手 (9).gif

蒼炎版と暁版とでは、ポーズが若干が異なる。

カラーバリエーション

奇数カラーは『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』、偶数カラーは『ファイアーエムブレム 暁の女神』のデザインで、それぞれ声が演じ分けられている。

頭アイコン SP アイク 01.png 蒼炎/紺色 『蒼炎の軌跡』時代におけるレンジャー衣装
頭アイコン SP アイク 02.png 暁/紺色+茶色 『暁の女神』時代における勇者(ブレイブ)クラスの衣装。
頭アイコン SP アイク 03.png 蒼炎/紫
頭アイコン SP アイク 04.png 暁/赤 ベグニオン帝国軍の兵士に似た配色。
頭アイコン SP アイク 05.png 蒼炎/オリーブ+黄色 アイクの父、グレイルを意識した配色。過去作から配色が変更され、グレイルと完全に一致したものになった。鉢巻きの色は『蒼炎の軌跡』における上級職「ロード」の状態から。
頭アイコン SP アイク 06.png 暁/黄緑 『蒼炎の軌跡』時代のジョフレに似た配色。
頭アイコン SP アイク 07.png 蒼炎/白+青 『聖戦の系譜』のシグルドを意識した配色。
頭アイコン SP アイク 08.png 暁/黒 漆黒の騎士を意識した配色。





戦術指南

アイクのワザは、他の重量級と同様に攻撃範囲が広くて発生が遅いものが多いが、空中攻撃はニュートラル空中攻撃を始め、発生の早さと着地隙の短さに優れているため、比較的ラッシュを仕掛けやすい。また、牽制にも有効である。

序盤は空中攻撃を主体とした各種コンボがダメージ稼ぎに使える。主にリソースとなるのはニュートラル空中攻撃→各種空中攻撃。他には上投げ→前空中攻撃や下強攻撃→前空中攻撃などがある。

ニュートラルな状況から撃墜できるワザは、およそ100%から撃墜できるニュートラル空中攻撃→上空中攻撃のコンボが主力。130%ほどに達し先述のコンボが入らなくなった後からは、横・上強攻撃、後空中攻撃、上スマッシュ攻撃などで撃墜したい。それ以上に蓄積ダメージが溜まった場合は、上必殺ワザや下投げも撃墜候補になる。

上強攻撃や横スマッシュ攻撃、通常必殺ワザは戦場などの頭上のすり抜け床に立った相手にも当たるので不意打ちにも使える。

復帰は上必殺ワザと横必殺ワザの2つがあるが、どちらも直線状にしか移動できないので注意。上必殺ワザは動作中にスティックを横に倒せば位置をずらせるので忘れないように。横必殺ワザは溜めで移動タイミングをずらせるので相手の復帰阻止を回避できる。

主な撃墜手段

  • ニュートラル空中攻撃→上空中攻撃
    • 序盤ではコンボ、終盤ではローリスクな撃墜手段に使える。
  • 各種スマッシュ攻撃
    • 100%に満たない相手を撃墜することができるが、出が非常に遅い。正面にいる相手に出すよりは、台の上に立った相手や落下してくる相手の迎撃として出した方が良い。下スマッシュ攻撃は発生が早いのでダッシュキャンセルで出すのが効果的。
  • 後空中攻撃
    • 攻撃範囲は狭いが吹っ飛ばし力が高い。撃墜に至らなくても復帰阻止に持ち込める。
  • 下空中攻撃 / 通常必殺ワザ
    • ダッシュ攻撃、横強攻撃、前・後空中攻撃で外に出した相手への復帰阻止に。通常必殺ワザは攻撃範囲が広い。
  • 上必殺ワザ / 下投げ
    • 長期戦で粘る相手に。上必殺ワザは150%、下投げは200%以上の相手を撃墜できる。
  • 下必殺ワザ
    • カウンターワザ。相手の攻撃を切り返す時や空中攻撃などが当たらなかった時のフォローなどに。ただ、カウンター受付は他と比較して遅いことには注意。

テクニック

[icon] この節の加筆が望まれています。
  • 横必殺ワザは、技を出したときの床からの高さによって着地隙が異なる。特に、およそ大ジャンプの高さで出した居合い切りは、着地隙が無く、着地狩りに来た相手にそのまま横・上強攻撃で反撃を狙うことができる。大ジャンプより高い場合は非常に大きい着地隙が生まれ、大ジャンプより低い場合は小さい着地隙が生まれる。

コンボ

  • 【0~10%[1]】下強 → 上強
  • 【30~80%】下強 → 空前 or 空N or 反転空後 or 空上
    • 下強→空上は撃墜にも使える。
  • 【低%】空N → 弱(2、3段目) or 横強(上シフト) or 上強 or 掴み or 上B
  • 【低~高%】空N → 各種空中攻撃
    • 空後、空上が撃墜に繋げられる。
    • 崖際では空下のメテオも有効。
  • 【低%】空前 → DA or 横強 or 下強
  • 【低%】空後 → 横強
  • 【低~中%】空下(対地メテオ) → 弱 or 上強
  • 【低~高%】上投げ → 空下以外の各種空中攻撃
  • 【0%】下投げ → 上強
  • 【低~準高%】下投げ → 空下以外の各種空中攻撃 or 上B

対策

立ち回りとコンボの要となるニュートラル空中攻撃に、いかに当たらずに立ち回れるかがポイントとなる。サムスシュルクなど、攻撃範囲の広い前空中攻撃は、ジャンプしたアイクがニュートラル空中攻撃を出す前に潰しやすい。

上必殺ワザの復帰に対してはカウンターワザ持ちであれば崖端でタイミングよくカウンターをすることで、早い段階で復帰を詰ませられる。カウンター持ちでなくても、頂点まで上昇してから崖を掴むまではスーパーアーマーがないので、上からメテオワザや空中攻撃を仕掛けるのも有効。

オススメスキル

「剣攻撃強化」もしくは「武器攻撃強化」でほとんどのワザ(弱攻撃1~2段目・つかみ攻撃・各投げ・通常必殺ワザを除く)が強化できる。スマッシュ攻撃が強力なので「ハイパースマッシュ」も有力。復帰力の低さは「軽量化」「ウサギずきん装備」「ロケットベルト装備」「スーパーこのは装備」などでカバーできる。

1人用ゲームモード攻略

勝ちあがり乱闘

漆黒の猛者たち
ROUND 1 頭アイコン SP メタナイト 05.png頭アイコン SP カービィ 08.png
通常戦 夢の泉 メタナイトの逆襲
ROUND 2 頭アイコン SP クッパJr. 06.png頭アイコン SP ゲッコウガ 04.png頭アイコン SP ソニック 05.png
通常戦 テンガンざん やりのはしら Knight Of The Wind
ROUND 3 頭アイコン SP ブラックピット 01.png
通常戦 初期化爆弾の森 ブラックピットのテーマ
ROUND 4 頭アイコン SP ベヨネッタ 01.png
通常戦 アンブラの時計塔 One Of A Kind
ROUND 5 頭アイコン SP Mr.ゲーム&ウォッチ 01.png(ジャイアント)
通常戦 ルイージマンション (戦場化) 探索-ウラメ~シ屋敷Ver.-(instrumental)
ROUND 6 頭アイコン SP リンク 08.png頭アイコン SP トゥーンリンク 06.png
通常戦 オルディン大橋 ハイラル城(屋外)
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png or マスターハンド (SP) アイコン.png&クレイジーハンド (SP) アイコン.png (ホンキ度7.0以上で出現)
ボス戦 終点 マスターハンド or マスターハンド・クレイジーハンド
元ネタ・備考
  • 黒いファイターが登場する。原作でのアイクのライバルが漆黒の騎士であることから。
  • ROUND 1のカービィは『星のカービィ 鏡の大迷宮』に登場するシャドーカービィをイメージしたものか(本来は紺色ではなくグレー)。
  • ROUND 2のゲッコウガは原作でも色違いゲッコウガが黒であることが由来と思われる。ただし、『スマブラ64』の黒いゲッコウガは原作の色違いとは配色が異なる。
  • ROUND 6で登場する2体のダークリンクはどちらも『ゼルダの伝説』シリーズに登場したもの。トゥーンリンクの方は『ゼルダの伝説 4つの剣+』に登場したもので、原作での名前は「シャドウリンク」。こちらは配色が異なる。


組み手

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧

メインファイターとして
No. 名前 ランク
0,639 シグルド HOPE
0,726 マグナ HOPE
1,328 勇者の仲間たち LEGEND
お供として
No. 名前 ランク
0,641 セリス HOPE
0,653 エイリーク ACE
0,658 セネリオ NOVICE
0,659 ミスト HOPE
0,976 ギャング & レディ & ポリス NOVICE

公式スクリーンショット

脚注

  1. 始動時の相手の蓄積%。特記なき限り、マリオを前提とする。

外部リンク


ファイター (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-76
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス - ミェンミェン
ファイアーエムブレムシリーズ
ファイター マルス:DX/X/for/SP - ロイ:DX/for/SP - アイク:X/for/SP - ルキナ:for/SP - ルフレ:for/SP - カムイ:for/SP - クロム:SP - ベレト/ベレス:SP
ステージ 攻城戦 - フェリア闘技場 - 闘技場 - ガルグ=マク大修道院
その他の出演 ソティス
アイテム キルソード
アシストフィギュア リン - 漆黒の騎士 - チキ
音楽 ファイアーエムブレムシリーズの音楽の一覧
スピリット ファイアーエムブレムシリーズのスピリットの一覧/対戦データ