大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

ミェンミェン (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのミェンミェンについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「ミェンミェン」をご覧ください。
ミェンミェン
カラバリ SP ミェンミェン 01.png
シンボル ARMS.png
出典ARMS
種類追加コンテンツ
参戦ナンバー76

ミェンミェン(Min Min)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の有料追加コンテンツ第6弾として配信されているファイター。参戦ナンバーは76。

2020年3月26日に公開された『Nintendo Direct mini 2020.3.26』で追加コンテンツ第6弾のファイターが『ARMS』から参戦することが告知され、2020年6月22日に放送された『ミェンミェンのつかいかた』(放送時のタイトルは"ARMSファイター"のつかいかた)で参戦することが発表された。同放送で配信時期も発表され、2020年6月30日に配信が開始された。


ファイター性能

のびーるウデで闘う格闘スポーツ『ARMS』より参戦。『ARMS』特有の操作形態を有した、最も異質なファイター。

ミェンミェン最大の特徴である「アーム攻撃」は左右のアームを個々に操るワザで、攻撃ボタンで左腕、必殺ワザボタンで右腕を伸ばして攻撃する。
左右の腕は交互に出して連続攻撃を仕掛けられる他、上下の角度調整や、攻撃しながら歩行ジャンプなども行える(スマッシュ入力で出した時は不可)。
そのリーチは比類なき驚異的な物で、伸ばした腕には喰らい判定が存在しないため相手と距離を取ったまま一方的な攻めを展開でき、復帰阻止も容易に取れる。

右腕は下必殺ワザの「アームチェンジ」で3種類のアームに切り替えられ、上下に範囲が広い牽制向けのホットリング、スピードは劣るが威力が高いメガボルト、スマッシュ入力時にボタン長押しでレーザーを発射するドラゴンと、状況に応じて性能の異なる攻撃へと自在に変化できる。

接近されても切り返し性能が高い蹴りワザで迎撃することができ、中でも上スマッシュ攻撃は威力・発生・攻撃範囲に優れ反射効果も付いているので頼りになる。

反面、アーム攻撃は先端のアーム以外には攻撃判定が無く、ガード回避をされたり、飛び越えられるととても大きなを晒してしまう。
強力に見える蹴りワザも多くが共通して後隙が大きいという欠点も持ち、あくまで接近された時のプランB用のワザであるため、インファイト主体の立ち回りに変えることは難しい。

そして、相手にターンを回された際に取れる対抗手段が乏しいという致命的な欠点を抱えており、自身が得意とする復帰阻止を相手に決められると一発で呆気なく落とされたり、激しいラッシュに割り込めるワザが無かったりと、一度攻め込まれると不利な状況から脱出するのはかなり厳しい。

特殊な操作性や常に相手との距離を取るという、これまでにない形でストイックな立ち回り方には慣れを要するが、扱いこなせば一方的に制圧でき得る。ただし、接近戦で有効な選択肢は限られているので、死角を突かれぬよう修練すべし。

長所と短所

  • 長所
    • アームを使った攻撃は圧倒的にリーチが長い。さらに距離を取ったまま連続攻撃やつかみを仕掛けられるので、遠距離からの攻め手が豊富にある。
    • 長リーチのつかみに加え、投げワザも高い性能を誇る。アーム攻撃に繋ぎ相手を大きく追い出して早期撃墜する連係も存在する。
      • 更に投げワザを決めた後は左腕が龍に変化し攻撃力が上昇するため、有利状況による要素がとても多い。
    • 必殺ワザボタンで出す右アームは下必殺ワザ「アームチェンジ」で3種類のアームに切り替えられ、それぞれ長リーチ、上下の範囲攻撃、高威力と、いずれも長所がハッキリとしている。
    • 切り返し性能が高い上スマッシュ攻撃を持つ。ガードキャンセル時の選択肢として非常に強力で、対空迎撃や台上の相手への攻撃としても有用。反射効果も付いており、カウンターにもなる。


  • 短所
    • アームを使った攻撃は総じてが大きい。攻撃判定は先端のアーム部分にしかないので、飛び越えられると反撃を受けやすい。
      移動などを絡めて相手に近寄らせないための工夫を要する。
    • 蹴りワザも多くが後隙が大きいので、逆に切り返されやすく、コンボがしにくい。
    • 地上・空中ともに機動力が低く、素早く相手と距離を離したりステージに戻ることがし辛い。
      下記の短所も相まって、積極的に攻め込むスピードタイプのファイター相手には、復帰阻止着地狩りで苦しい展開を強いられやすい。
    • 復帰力が非常に低く、復帰手段も乏しい。唯一の復帰ワザである空中上必殺ワザ「アームフック」はワイヤー復帰のため横方向の復帰距離が短く崖つかまりまで無防備になるので、復帰阻止を受けやすい。
    • 空中で発生の早い、暴れ性能が高いワザを持たず、相手のラッシュを止める術が限られる。
    • 横方向にスティックを入れながら出すワザの大半がアーム攻撃となっているため、実質的なワザのバリエーションが少ない。
    • 必然的にアーム攻撃に依存した立ち回り、すなわち、常に距離を取りながら攻撃を振るという他ファイターとは逆のセオリーで立ち回りを構築することが求められる。

運動技能

細身でスポーティな姿をしているがアームで武装しているためか、移動性能は全体的に平均未満。ただ、落下については下空中攻撃でスピードを速められる。ちなみに重量は平均値よりも高い。

ジャンプ回数 2
カベジャンプ ×
カベ張りつき ×
しゃがみ歩き ×
各種運動性能の詳細についてはカテゴリ:パラメータの各ページを参照のこと。
他にもアクションから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。	

ワザ

アピール

  • 上アピール
    両足で交互に回し蹴りする「旋風脚」をする。
  • 横アピール
    拉麺!ラーミェン」の掛け声と共に、両腕を前に突き出した後、太極拳の構えを取る。
  • 下アピール
    両腕を大きく回し、腰を落として上体を反らせる。
上アピール 横アピール 下アピール
ミェンミェン (SP) 上アピール.gif ミェンミェン (SP) 横アピール.gif ミェンミェン (SP) 下アピール.gif


待機モーション

  • 左腕を前に構える。
  • 跳ねながら両足を揃え、左腕を上にかざす。
ミェンミェン (SP) 待機モーション (1).gif ミェンミェン (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出

ミェンミェン (SP) 登場演出.gif

螺旋状に回転しながらステージに飛び入り、太極拳の構えを披露する。

勝利演出

※演出ごとに右腕に装備しているアームが異なる。

  • 勝利ファンファーレ:『ARMS』「ARMSグランプリ公式テーマ」の1フレーズ
    • ポーズ:十字ボタン←
      龍に変化した左腕を上げた後、両腕を回しながら、「我愛拉麺!ウォーアイラーミェン
      我愛拉麺ウォーアイラーミェン」は、中国語で「ラーメン大好き」の意味。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      足から回転しながら飛んだ後、旋風脚をしながら、「謝謝!シェシェ
      謝謝!シェシェ」は、中国語で「感謝」の意味で、ここでは「対戦してくれてありがとう」のニュアンスで使われている。
    • ポーズ:十字ボタン→
      ハイキックをし、両腕で構えを取る。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ミェンミェン (SP) 勝利演出・左.gif ミェンミェン (SP) 勝利演出・上.gif ミェンミェン (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手

スマブラSP 拍手 (DLC3).gif

右アームをドラゴンにして拍手。

カラーバリエーション

頭アイコン SP ミェンミェン 01.png 緑+橙
頭アイコン SP ミェンミェン 02.png 桃色+水色 原作のキャラクターセレクト画面で、左スティック押し込み+右で選択した時のカラー
頭アイコン SP ミェンミェン 03.png 赤+白 原作のキャラクターセレクト画面で、左スティック押し込み+下で選択した時のカラー
頭アイコン SP ミェンミェン 04.png 黒+黄 原作のキャラクターセレクト画面で、左スティック押し込み+左で選択した時のカラー
頭アイコン SP ミェンミェン 05.png 緑+青青 ニンジャラや、スプリングマン左スティック押し込み+下選択時のカラーに少し似た配色。
頭アイコン SP ミェンミェン 06.png 黄+緑 ドラゴン」のアームに合わせた配色。また、ツインテーラの左スティック押し込み+左選択時のカラーと同じ配色。
頭アイコン SP ミェンミェン 07.png 白+桃色 ツインテーラの左スティック押し込み+下選択時のカラーに似た配色。
頭アイコン SP ミェンミェン 08.png 黒+橙 フェニックス」のアーム、またはバイト&バークの左スティック押し込み+左選択時のカラーに似た配色。



戦術指南

アーム攻撃を上手く当てるには、相手との距離や軸を合わせることが大事。スマッシュ入力以外のアーム攻撃中は移動が可能なので、位置や間隔を調整しながら出すと良い。発射中のアームはミェンミェンに付随するように動くので、先出ししてからジャンプ急降下を入力すると縦範囲をカバーできる。特にジャンプは、ミェンミェンの死角となる斜め上を取られにくくできる。

必殺ワザボタンで出す右アームは下必殺ワザで切り替えられるが、基本は上下の攻撃範囲と発射スピード、2発目へのコンボ可能%帯の広さに優れ、外しても戻りで相手を止められるホットリングが主軸になる。
アーム攻撃は2連続のコンボがしやすいが、ガードされたり避けられた時のはかなり大きい。しかし、ワン・ツーパンチの要領で出せば、1発目を外した際に2発目でフォローが効くので、攻撃中の移動と併せて状況に対応した立ち回りで攻めていこう。

つかみは隙が大きいが、投げを決めると左アームのドラゴンが強化され、投げた後もアーム攻撃で連係できるので強気に振っていける。

最大の有利状況となる復帰阻止では、ホットリング(下シフト)による崖つかまり妨害や長射程のドラゴンレーザーが大いに役立つ。崖つかまりを妨害できずとも、反撃されるリスクが無い崖上がり狩りができるので、有利状況を継続させられるチャンスもある。

中距離ではニュートラル空中攻撃で相手のジャンプを牽制でき、メガボルトで出すと撃墜も視野に入れられる。他にもガードを固める相手にプレッシャーを掛け、他の行動を誘発させることも可能。

接近された時は、低姿勢でスライディングする下強攻撃や、ガードキャンセルからの切り返しや対空性能が高い上スマッシュ攻撃で切り抜けられるが、後隙が大きいのでタイミングを見極めるべし。発生が遅いものの序盤から#コンボに繋げられるメガボルトのニュートラル空中攻撃、着地隙の小さい上空中攻撃お手玉でアドバンテージを稼ぐのも選択肢に入る。

このように攻めでできることは多岐に渡るが、守りの面では取れる選択肢は限られる。横にふっとばされた時はアーム攻撃で追撃に来る相手を追い払えるので多少抵抗できるが、上に浮かされると不利な展開を強いられてしまう。下空中攻撃で着地のタイミングを早めたり、ニュートラル空中攻撃を置くといった手段はあるが、いずれも着地狩りを狙われやすいので注意。復帰阻止で空中ジャンプを潰されると復帰が絶望的になるので、早めに足場に戻ることを意識すべきだが、それ以上にニュートラルな立ち回りを突き詰める事こそが最大の防御策となる。


主な撃墜手段

テクニック

空中アーム攻撃のアームキャッチ硬直キャンセル

以下の2条件を満たすと、空中アーム攻撃の後、19Fのキャッチモーションを経ることなく、直接地上上必殺ワザを出すことができる。

  • 1. アームを空中で発射する(「伸び/発射」移行前に着地しない)。
    • アームが発射されるのは、アーム強攻撃では14F目、アームスマッシュでは16F目。
    • 入力から14F or 16Fが経過する前に着地した場合は、キャッチモーションが出て失敗する。
  • 2. アームが「発射/伸び」のプロセス中に上必殺ワザを入力する。
    • アームが「発射/伸び」に移行する前(「発射予備動作」中)に入力した場合は、キャッチモーションが出て失敗する。

ミェンミェン - スマブラSPECIAL 検証wiki

コンボ

[icon] この節の加筆が望まれています。
  • 【低-中%[1]】空N → (ジャンプ) → アーム攻撃
    • 低%ではメガボルト始動でもコンボになりやすい。
  • 【低-中%】空N(メガボルト以外) → DA
  • 始動ワザ:下強[2]
  • 【-60%】下強 → 上強
  • 【-70%】下強 → 上スマ
  • 【-100%】下強 → 空上
  • 【20-中%】空上(着地) → アーム攻撃 or 空N or 空上 or 上スマ
    • 上スマへのコンボ確定帯は50%まで。

オススメスキル

[icon] この節の加筆が望まれています。

1人用ゲームモード攻略

勝ちあがり乱闘

ウデ自慢たち 全員集合!
ROUND 1 頭アイコン SP Mii 格闘タイプ 01.png(×2)
通常戦 スプリングスタジアム (終点化) スプリングスタジアム
ROUND 2 頭アイコン SP リトル・マック 01.png
通常戦 特設リング スパーリングリング
ROUND 3 頭アイコン SP サムス 06.png頭アイコン SP ロックマン 03.png
通常戦 フリゲートオルフェオン DNA ラボ
ROUND 4 頭アイコン SP ドンキーコング 06.png(ジャイアント)
通常戦 コンゴジャングル マミーホスピタル
ROUND 5 頭アイコン SP ロボット 03.png(×5)頭アイコン SP ロボット 05.png※3体ずつ登場
軍団戦 スプリングスタジアム (戦場化) スクラップヤード
ROUND 6 頭アイコン SP ミェンミェン 01.png
通常戦 スプリングスタジアム ラーメンボウル
BONUS GAME
BOSS ガレオム (SP) アイコン.png
ボス戦 基地 ARMSグランプリ ファイナルバトル
  • 全ラウンド共通ルール: アイテム:スマッシュボールのみ出現
  • ROUND 6で出現するミェンミェンは、プレイヤーのミェンミェンがカラー1の場合は、カラー2頭アイコン SP ミェンミェン 02.pngで出現。
元ネタ・備考
  • ミェンミェン自身が相手となるROUND 6以外では『ARMS』のファイターを意識したものとなっており、次のキャラクターが当てはめられている。ROUND 2・3はホームステージも意識されている。
    • ROUND 1:スプリングマンリボンガール
    • ROUND 2:スプリングトロン
    • ROUND 3:ドクターコイル(サムス)とDNAマン(ロックマン)
    • ROUND 4:マスターマミー
    • ROUND 5:バイト&バーク
    • ボス戦:ヘッドロック
  • ROUND 5で最後のロボットだけ色が違うのは、『ARMS』の「100人組手」の、最後に強い相手(ヘッドロック)が登場することに因んでいる。


組み手

スピリッツバトル出現データ一覧

メインファイターとして
No. 名前 ランク
1,418 キッドコブラ ACE

公式スクリーンショット

脚注

  1. 始動時の相手の蓄積%。特記なき限り、マリオを前提とする。
  2. コンボ可能%帯は[始:先端以外]の物を記載。

外部リンク


ファイター (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-76
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス - ミェンミェン
ARMS
ファイター ミェンミェン:SP
ステージ スプリングスタジアム
アシストフィギュア スプリングマン
その他の出演 ニンジャラ - リボンガール
音楽 ARMSの音楽の一覧
スピリット ARMSのスピリットの一覧/対戦データ