大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

シーク (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
執筆の途中です この項目「シーク (SP)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのシークについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「シーク」をご覧ください。
シーク
公式絵 SP シーク.png
シンボル ゼルダの伝説.png
出典ゼルダの伝説シリーズ
他のスマブラへの参戦スマブラDXスマブラXスマブラfor
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー16

シーク(Shiek)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは16。

解放条件

  • アドベンチャー: 光の世界のスタート付近で解放できる。
  • 勝ちあがり乱闘: デデデルートクリア後に挑戦者として登場する。
  • プレイ時間の経過で挑戦者として登場する。この方法でのみファイターを解放する場合は、47番目の挑戦者として現れる。

ファイター性能

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』において、ゼルダが魔法で変身したシーカーの戦士。デザインは『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のリンクの装備がベース。ゼルダとは対照的に、機動力と手数に特化した機敏な攻撃型のファイターで、ヒットアンドアウェイの戦術がコンセプト。

移動速度も攻撃速度も速いため、差し込み能力が非常に高い。攻撃後および着地時の隙もかなり少ないため、大抵の相手は手数の多さで圧倒できる。強攻撃や投げからの空中攻撃など、追撃の鋭さが目立つが、「仕込針」を使った遠距離戦も器用にこなし、ローリスクな持久戦も展開できる。戦況に応じて攻めと待ちのスタイルを使い分けられるのも大きな強み。付かず離れずの一撃離脱のスタイルも有力。

立ち回りの強さに関してはトップクラスの能力を持っているが、一方でふっとばし力はワーストレベルに低く、撃墜は大の苦手。 乱戦ではこの欠点が祟って、思うように撃墜数を稼げないまま下位に甘んじてしまうことも少なくない。連続攻撃に使いやすいワザほど単発のダメージが低く、攻め続けることで高いダメージが狙えるものの、的確に攻撃を当てていかなければダメージを稼げない。

また、自慢の立ち回りに関してはスピードの速さもあいまって、真価を発揮させるには他キャラ以上に的確な判断と精密な操作が要求される。総ずると1on1向けの玄人向けファイターと言えよう。

長所と短所

  • 長所
    • 地上・空中を問わず機動力が高い。対地・対空問わず俊敏に対応していける。安定した間合い管理や咄嗟の差し込み、追い詰められた際の逃げもお手の物。
    • しゃがみ姿勢が低い。一部の攻撃はしゃがむだけで回避可能。また、しゃがみ歩きで低い姿勢のまま移動することができる。
    • ワザの発生が全体的に早い上、後隙が少ないものが多い。外したりガードされた際のリスクが比較的少ない。
      • #コンボの種類はかなり豊富で、相手に合わせて攻め方を柔軟に変えられる他、早期撃墜を狙えるコンボもある。
      • 復帰阻止においても、各種空中攻撃による追撃や、「跳魚」での奇襲、「仕込針」からのコンボなど、多種多様な手段で復帰阻止を狙える。
    • 弾速や隙の短さに優れ、コンボにも搭載可能な高性能な飛び道具通常必殺ワザ「仕込針」)を持つ。溜めを中断・保持する事も出来るので、より柔軟な立ち回りを可能にしてくれる。
    • 下必殺ワザ「跳魚」は、攻撃ワザとして強襲や追撃において強力なだけでなく、移動ワザとして復帰や着地位置を変える目的で使える点も優秀。
    • 上必殺ワザ「浮身」には長い無敵時間が付いており、復帰阻止され難い。
    • 復帰力が高め。復帰ルートもさまざまで、選択肢が豊富。「跳魚」と「浮身」で、かなりの距離を移動可能。


  • 短所
    • 総じてワザの威力が低く、撃墜可能になる蓄積%帯が他のファイターよりも高め。自身の体重の軽さも相まってほかほか補正との相性は最悪。
      • つまり、早期撃墜が狙いにくい重量級や波導補正により二重に補正がかかるルカリオなどには、逆転されるリスクが相対的に高くなる。シークはこの傾向がとりわけ顕著。
    • ダメージの蓄積・撃墜ともに、各種コンボへの依存度が高い。コンボは拘束時間こそ長いが、総ダメージはあまり高くならないものが多い。タイムアップまで耐えきられたり、サドンデスに持ち込まれてしまうことも多い。
      • 同じワザを何度も使用する関係でワンパターン相殺もかかりやすく、撃墜難に陥りやすい。
    • 通常ワザのリーチがやや短く、判定も弱い。
    • つかみのリーチが短く、各種投げのふっとばし力も低い。特に相手の蓄積ダメージが高くなると、投げ始動のコンボもつながらなくなるため、シールドを張った相手の撃墜が苦手。
    • 体重がかなり軽く、ふっとびやすい。相手の強力な一撃で戦況を大きくひっくり返されたり、あっさり逆転負けしてしまったりする恐れが常に付きまとう。
      • 乱闘・1on1問わず、不意な一撃を契機に被撃墜となってしまう、いわゆる「事故」にも細心の注意を払う必要がある。

運動技能

ジャンプ回数 2
カベジャンプ
カベ張りつき
しゃがみ歩き
各種運動性能の詳細についてはカテゴリ:パラメータの各ページを参照のこと。
他にもアクションから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。

スマブラforからの変更点

  • その他デザインが『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の忍びシリーズの衣装をベースにしたオリジナルの姿になった。
  • 強化ジャンプ踏切高速化: F ⇒ 3F (※全ファイター共通)
  • 弱攻撃
    • 強化百裂攻撃の発生が早くなった。
    • 弱体化全体的にダメージ減少。
  • ダッシュ攻撃
    • 強化ダメージ増加: 6.5% ⇒ 7.0%
  • 横強攻撃
    • 弱体化ダメージ減少: 4.0% ⇒ 3.0%
  • 上強攻撃
    • 弱体化ダメージ減少: 5.0%+6.0%、計11% ⇒ 3.0%+4.0% 、計7.0%
  • 下強攻撃
    • 弱体化ダメージ減少: 5.0% ⇒ 4.5%
  • 横スマッシュ攻撃
    • 強化1段目のふっとび方が変更され、2段目がほぼ確実にヒットするようになった。
    • 弱体化2段目の発生弱化: 19F-23F ⇒ 20F-21F
  • 下スマッシュ攻撃
    • 強化1段目のダメージ増加: 3.0% ⇒ 4.0%
  • ニュートラル空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: 10F ⇒ 5F
    • 弱体化ダメージ減少: 左足: 8.0%->5.0% / 右足: 7.0%->4.0% ⇒ 左足: 6.0%->4.0% / 右足: 5.0%->3.0%
  • 前空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: 10F ⇒ 5F
    • 弱体化ダメージ減少: 5.0%/4.3% ⇒ 4.5%/3.7% [先端/先端以外]
    • 弱体化下方向への攻撃範囲減少
  • 後空中攻撃
    • 強化ダメージ増加: 8.0%/7.0% -> 5.0% ⇒ 9.5%/7.5% -> 6.0% [始:先端/先端以外 -> 持続]
    • 強化着地硬直減少: 12F ⇒ 7F
  • 上空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: 21F ⇒ 13F
  • 下空中攻撃
    • 強化ダメージ増加: 空中攻撃: 8.0% ⇒ 10.0%
    • 強化着地硬直減少: 30F ⇒ 22F
  • ダッシュつかみ
    • 弱体化発生鈍化: 8F-9F ⇒ 9F-10F
  • つかみ攻撃
    • ワザ変更膝蹴りするワザに変更。
    • 強化連打速度上昇
    • 弱体化ダメージ減少: 3.1% ⇒ 1.0%
  • 上投げ
    • 強化ダメージ増加: 計5.0% ⇒ 計6.0%
  • 通常必殺ワザ
    • 強化溜めの高速化
    • 弱体化ダメージ減少: 1.9%->1.2% ⇒ 1.5%->0.8% [近->遠]
  • 下必殺ワザ
    • 強化ふっとばし増加
    • 弱体化ダメージ減少: 12.0% ⇒ 11.0%
  • 最後の切りふだ
    • ワザ変更「光の弓矢」から「宵闇乱舞」に変更された。

更新履歴

Ver.1.1.0

変更点確認されず。

Ver.1.2.0

変更点確認されず。

Ver.2.0.0
  • 上スマッシュ攻撃
    • 判定サイズが 6.0 から 6.1 に拡大した。
    • ArmRの判定位置が (2.8, 0.0, 0.0) から (2.9, 0.0, 0.0) に変更された。
  • 下スマッシュ攻撃
    • 連続ヒットしやすくなった。
  • 前空中攻撃
    • ガケつかまり開始フレームが 88F目 から 59F目 に変更された。
  • 上空中攻撃
    • 着地隙発生フレームが 4-46F から 4-43F に変更された。
  • 横必殺ワザ
    • 【地上, 起爆後】全体フレームが 39F から 37F に減少した。
      • 最短の場合、全体フレームが 77F から 75F に減少した。
    • 【空中, 起爆後】全体フレームが 49F から 47F に減少した。
      • 最短の場合、全体フレームが 86F から 84F に減少した。
  • その他
    • 非公開ジャストシールド解除時のモーションが何らかのかたちで変更された。
Ver.3.0.0
  • 百裂攻撃
    • 【〆】全体フレームが 41F から 35F に減少した。
  • 下強攻撃
    • 【根本2】
      • 判定サイズが 3.5 から 3.2 に減少した。
      • LegRの判定位置が (4.0, -0.3, 0.0) から (3.0, -0.6, 0.0) に変更された。
    • 【先端】
      • 判定サイズが 4.2 から 4.5 に増加した。
        • 先端判定にヒットしやすくなった。
  • 前空中攻撃
    • 7F目のShoulderLの判定位置が (0.0, 0.0, 0.0) から (0.0, -0.5, 1.0) に変更された。
    • 7F目のArmLの判定位置が (2.5, 0.0, 0.0) から (2.5, -1, 1.5) に変更された。
      • 7F目の判定が下方向に移動した。
  • 通常必殺ワザ
    • 針を溜めるモーションが 1.0倍 から 1.2倍 に高速化された。
      • 溜めなしの状態から6針溜めて動けるようになるまでの時間が 101F から 86F に減少した。
Ver.3.1.0

変更点確認されず。

Ver.4.0.0
  • 下空中攻撃
    • 倒れふっとびの後すぐにワザを出したとき、必ずワザの直後から落下を開始するように変更された。
Ver.5.0.0

変更点確認されず。

Ver.6.0.0

変更点確認されず。

Ver.7.0.0
  • 下スマッシュ攻撃
    • 攻撃判定が出現しているフレームが 11-12F, 18-19F から 8-9F, 15-16F に変更された。 [Hit 1, Hit 2]
    • 全体フレームが 51F から 48F に減少した。
    • 【対空】判定位置が (0.0, 8.0, 7.0) から (0.0, 5.2, 0.0) ~ (0.0, 8.0, 7.0) に変更された。
    • 【判定3】ベクトルが 140° から 165° に変更された。
      • 連続ヒットしやすくなった。
  • つかみ
    • 【その場つかみ】
      • 【対地】判定位置が (0.0, 7.0, 4.0) ~ (0.0, 7.0, 7.9) から (0.0, 7.0, 4.0) ~ (0.0, 7.0, 9.4) に変更された。
      • 【対空】判定位置が (0.0, 7.0, 2.45) ~ (0.0, 7.0, 9.45) から (0.0, 7.0, 2.45) ~ (0.0, 7.0, 10.95) に変更された。
        • つかみ判定が前方に拡大した。
  • 通常必殺ワザ
    • 【空中】着地隙が 16F から 12F に減少した。
  • 横必殺ワザ
    • 【起爆後】
      • 全体フレームが 37F/47F から 30F/40F に減少した。 [地上/空中]
      • 【爆発判定】
        • 攻撃判定が出現しているフレームが 50-51F から 50-53F に変更された。
        • 相殺しないように変更された。
  • 上必殺ワザ
    • 【爆発】KBGが 102 から 112 に増加した。
  • その他
    • シールドサイズが 11.2 から 13.2 に拡大した。
Ver.8.0.0
  • 横スマッシュ攻撃
    • 【Hit 1】
      • 【判定1】ベクトルが 26° から 35° に変更された。
      • 【判定1】FKBが 62 から 47 に減少した。
      • 【判定3】FKBが 45 から 30 に減少した。
        • 連続ヒットしやすくなった。
    • 【Hit 2】
      • 【判定1】判定サイズが 3.5 から 4.8 に拡大した。
      • 【判定1】KneeLの判定位置が (-1.3, 0.0, 0.0) から (-1.6, 1.0, 0.0) に変更された。
      • 【判定2】判定サイズが 4.0 から 4.6 に拡大した。
      • 【判定2】KneeLの判定位置が (5.2, 0.0, 0.0) から (5.6, -0.1, 0.0) に変更された。
        • 連続ヒットしやすくなった。


ワザ

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。
  • 撃墜%は、特に説明がない限り、トレーニングモードで"終点"中央のマリオ(無操作状態)を一撃で撃墜できた時の蓄積ダメージを記載する。実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。

アピール

  • 上アピール
    片手で逆立ちをして身軽さをアピール。
  • 横アピール
    左手首から鉄糸を取り出し構える。
  • 下アピール
    上げ受け(上段の突きを防ぐ空手の構え)を取る。
上アピール 横アピール 下アピール
シーク (SP) 上アピール.gif シーク (SP) 横アピール.gif シーク (SP) 下アピール.gif


待機モーション

両腕を少し持ち上げて降ろした後に、以下の待機モーションを行うことがある。

  • 片足を上げる。
  • 左手を前に構え、払う。
シーク (SP) 待機モーション (1).gif シーク (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出

シーク (SP) 登場演出.gif

つむじ風の中から登場。

勝利演出

  • 勝利ファンファーレ:『ゼルダの伝説』ステージクリアBGM
    • 十字ボタン←
      前方に回し蹴りをした後、足払いからの両足蹴り、その後ポーズ。
    • 十字ボタン↑
      仕込針を前方に2つ飛ばした後にポーズ。
    • 十字ボタン→
      前方に素早く二回蹴りを出し、気合を入れながら構える。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
シーク (SP) 勝利演出・左.gif シーク (SP) 勝利演出・上.gif シーク (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手

スマブラSP 拍手 (4).gif


カラーバリエーション

2P・4~7Pカラーは『ブレス オブ ザ ワイルド』における「忍びシリーズ」のカラーバリエーションを意識したもの。原作ではメインとなる部分の色合いが変わるのみで、紋章や金具など細部の色は変化しない。

頭アイコン SP シーク 01.png 『ブレス オブ ザ ワイルド』の忍びシリーズの防具。シークが原作で装備することはないが、『ブレス オブ ザ ワイルド』ではこのシリーズの防具一式と「シークのぼうし」を組み合わせると本作でのシークを再現できる。
頭アイコン SP シーク 02.png 赤色の染料を使用した時の配色
頭アイコン SP シーク 03.png 青紫 『時のオカリナ』での配色を意識している。
頭アイコン SP シーク 04.png 紫色の染料を使用した時の配色
頭アイコン SP シーク 05.png 緑色の染料を使用した時の配色
頭アイコン SP シーク 06.png 黒色の染料を使用した時の配色
頭アイコン SP シーク 07.png 黄色 薄黄色の染料を使用した時の配色
頭アイコン SP シーク 08.png 『風のタクト』のテトラを思わせる配色。





戦術指南

[icon] この節の加筆が望まれています。

「仕込針」(通常必殺ワザ)は、弾速・隙の少なさに優れた飛び道具で、溜めると威力・持続が大幅に増加し、強力になる。そのため、積極的に攻めることより、相手との間合いを保ちつつ「仕込針」を溜め、相手を動かすことを優先して立ち回るといい。
相手がダッシュやステップで接近してきたら、ある程度溜めた針を投げたり、ジャンプや内側緊急回避で相手の攻撃を避けつつラインの回復・反撃を狙ったりするほか、シールドを張ったところを掴んだり、前空中攻撃を出しながらめくったりするのが有効。相手が空中から差し込みを狙ってきたら、下り前空中攻撃からコンボを繋いで火力を伸ばすほか、ステップやしゃがみ歩きで空中攻撃を透かし、ダッシュ攻撃や強攻撃で差し返すのも有効。

相手をコンボで崖外まで運んだら、復帰阻止のチャンス。崖の2Fには下強攻撃を当てられ、ヒット確認をして更に追撃を狙うのが有効。横方向からの復帰には、後空中攻撃や、空中「仕込針」からの「跳魚」(下必殺ワザ)のほか、「跳魚」の生当てや「炸裂丸」(横必殺ワザ)を狙える。下方向からの復帰には、ニュートラル空中攻撃の持続当てや前空中攻撃・後空中攻撃での崖メテオを狙ったり、崖下に向けて外側から「仕込針」を投げて空中ジャンプを潰し、更に追撃を狙うのが強力。

中~高%の相手を低空に打ち上げたら、姿勢が優秀な下強攻撃や、空中「仕込針」を着地点に合わせるのが有効。下強攻撃先端当てや空中「仕込針」からのコンボで撃墜も狙っていける。

崖狩りでは、ニュートラル空中攻撃や前空中攻撃、後空中攻撃、崖掴まりにも当たる上強攻撃などを引っ掛けるように置いたり、無敵の切れた崖掴まりに下強攻撃先端当てからのコンボでリスクを付けたりするほか、少し引いて、転がり上がりや攻撃上がりを見てから狩るのが有効。高%帯では、溜めた小ジャンプ「仕込針」をジャンプ・その場・攻撃上がりに引っ掛けるように投げるのも強力。

相手に触られた後の不利展開を拒否する能力が高く、連係中は、発生が早いニュートラル空中攻撃や、攻撃前に少し浮く下空中攻撃での暴れが有効。大きく浮かされた場合は「跳魚」で左右に逃げたり、空中「仕込針」での空中ダッシュを用いて着地点をずらしたりするほか、下空中攻撃でタイミングを変えるのも強力。
復帰能力も高く、素早く移動できる「跳魚」、攻撃前に無敵になる「浮身」(上必殺ワザ)を適切に使えば、崖外に飛ばされても復帰できることが多いうえ、滞空時間を使って「仕込針」を溜めることもできる。ややリスキーだが、「炸裂丸」を投げながら崖に掴まれば、崖上がりも楽になる。

テクニック

[icon] この節の加筆が望まれています。

炸裂丸崖掴まり

炸裂丸(横必殺ワザ)は、ピンを抜いた直後から崖掴まりが可能になる。

相手がの近くで待ち構えている場合、崖の上に炸裂丸を投げつつ崖掴まりすることで、崖上がりをしやすくできる。相手を撃墜した直後の無敵時間をやり過ごすことも可能。

外側に向かって炸裂丸を投げながらの崖掴まりも有効。特に復帰阻止で、崖離し後空中攻撃とセットで使うのが強力。

崖飛び出し浮身

台から飛び出す直前に浮身(上必殺ワザ)をすると、最初のジャンプが真横への移動になる。また、最初のジャンプ時のSEが鳴らない。

真横への移動距離は、浮身使用時のシークの移動速度に比例する。走って台から飛び出す直前に上必殺ワザを入力すると最も大きく横移動できる。

ふっとび後即浮身

倒れふっとびの硬直が解けた直後、慣性を付けてから上必殺ワザをすると、最初のジャンプの跳躍距離が大幅に増す。

コンボ

シークは全ファイターの中でも特にコンボが豊富。ここでは、実用性が高い事を前提とし、基本的なもの、強力なもの、ほかのコンボを考える際のヒントになるもの、ユニークなものに絞る。

必ずしも確定コンボに拘る必要は無い。むしろコンボの途中、確定ではないが当てればそこから新たに強力なコンボを繋げられるワザ、或いは撃墜可能なワザを、相手の回避や暴れ、ジャンプを予測し、的確に当てる技術も時に重要。

空N始動のコンボは空後で始動することも可能。 掴みや空上落とし、横強、下強、空前などのワザで書き終えているものは、さらに別のコンボに派生させる事ができる。

基本コンボ

  • 始動ワザ:横強
    • 【0~20%[1]】横強 → 横強
    • 【10~100%】横強 → 空前
    • 【25~35%】横強 → (SJ)空N(出始め) → 横強 or 下強
    • 【25~50%】横強 → (SJ)空上 → 空上
    • 【35~40%】横強 → 空N → 横強 → 空上落とし
    • 【中%】横強 → (反転)空後
    • 【50~80%】横強 → 空上落とし
    • 【120~135%】横強 → (空J)空上
  • 始動ワザ:上強
    • 【低%】上強 → D掴み
    • 【中~高%】上強 → 下B or 空N or 空前 or 空後 or 空NB
      • 崖掴まり中の相手にも狙える。
  • 始動ワザ:下強
    • 【低~中%】下強 → 空前
    • 【中%】下強 → (反転)空後
    • 【75~85%】下強(先端) → 上スマ
      • 崖掴まり中の相手にはもう少し高い蓄積%でも入り、撃墜を狙いやすい。
    • 【90~100%】下強(先端) → 空上落とし
    • 【135~155%】下強(先端) → (空J)空上
    • 【70~85%、対崖掴まり】下強(先端) → 横スマ
      • 難易度は高いが、崖端での空上落としから繋ぐことも可能。
  • 始動ワザ:空N / 空後
    • 【低%】空N → 横強 or 掴み
    • 【50~60%】空N(出始め) → (ダウン) → 横強 → 空上落とし
      • 受け身可能。
    • 【70~80%】空N(出始め) → 下強(先端)
    • 【75~95%】空N(出始め) → 下B or 空NB
    • 【低%】空N(持続) → (SJ)空前 → 掴み or 横強 or 下強
    • 【低~中%】空N(持続) → 横強 or 掴み
    • 【75~85%】空N(持続) → (ダウン) → 弱(ダウン連) → 横強 or 横スマ or 空下(対地メテオ) or 下強(先端)
      • 受け身可能。
    • 【95~110%】空N(持続) → 下スマ
    • 【110~120%】空N(持続) → 滑り横強 → (空J)空後 or (空J)空上
    • 【100~130%】空N(持続) → 下B or 空NB
  • 始動ワザ:空前
    • 【0~10%】(SJ)空前 → 掴み or 横強 or 下強
    • 【0~10%】空前 → D掴み or (SJ)空前
    • 【0~35%】空前 → 滑り横強 → 上強
      • 最高%付近では、上強にディレイをかけると安定しやすい。
    • 【25~50%】空前 → (走行反転)上強
    • 【25~85%】空前 → 空NB
    • 【35~50%】空前 → 滑り横強 →空上落とし
    • 【50~80%】空前 → 下B or (反転)空後
    • 【10~20%、対低空】空前 → 空上(後ろにふっとばす) → (反転J) → (空J)空前 → 空N or 空上落とし
      • コンボの中継に。
    • 【10~30%、対空】(大J)空前 → 空N → 横強 or (SJ)空前 or (SJ)空上
      • ジャンプ読みやコンボの中継に。
  • 始動ワザ:空上
    • 【低~高%、対空】空上落とし → 弱 or 各種強攻撃 or 横スマ or 下スマ
      • 浮かせた相手に。横スマは高%でないと確定しない。
  • 始動ワザ:空下
    • 【80~95%】空下(対地メテオ) → 上スマ
    • 【95~110%】空下(対地メテオ) → 空上落とし
  • 始動ワザ:前投げ
    • 【0~30%】前投げ → 下B or (大J)空前
    • 【0~10%】前投げ → (SJ) → 空前 → (SJ)空上 → 空前 or (反転)空後 or 空上
    • 【中%】前投げ → 空前 or 空後
  • 始動ワザ:下投げ
    • 【0~10%】下投げ → 空上落とし
    • 【低%】下投げ → 空上 → 空前 or 空上
    • 【低~高%】下投げ → 空上
    • 【低%、外ベク変】下投げ → 空前
  • 始動ワザ:NB
    • 【20~80%】空NB → (着地) → 横強
    • 【中~高%】空NB → (空J) → 空N or 空前
    • 【40~90%】空NB → (着地) → 地上踏み台J → 空下
      • 針の硬直中に相手が着地し、その着地隙に踏み台Jを入れた場合に確定するコンボ。相手ファイターの落下速度が速ければ速いほど安定しやすい。
      • 最大溜めなら40~70%、溜め無しなら60~90%が確定帯の目安で、それを超えると着地するまでに針の硬直が解ける。
        • 実戦では針にOP相殺が掛かっていることが多く、確定帯が広くなりやすい。
    • 【70~90%】空NB → (着地) → 横スマ
    • 【90~110%】空NB → (着地) → 上スマ
    • 【高%】空NB → (着地) → 空N or 空前 or (反転)空後
    • 【115~135%】空NB(最大溜め) → 下B
    • 【140~160%】NB(最大溜め) → 空後 or 下B
  • 始動ワザ:踏み台J
    • 【低~高%】地上踏み台J → 空下
    • 【80~100%】地上踏み台J → 空下(メテオ) → 上スマ
    • 【90~110%】地上踏み台J → 空下(対地メテオ) → 空上落とし
      • いずれも、シールドキャンセルからの反撃などに利用できる。
      • 相手ファイターや向きによっては、踏み台Jの後、わずかに後方へ移動してから空下を出さないと、対地メテオで斜め後ろに飛ばしてしまうためその後の追撃が確定しない。

台利用コンボ

"戦場"や"ポケモンスタジアム2"などの台を利用したコンボ。

  • 始動ワザ:横強
    • 【30~40%】横強 → 空N → 横強 → (台でダウン or その場受け身) → (大J) → 空N(台に着地) → 空前
    • 【70~90%】横強 → (空J)空上(台に着地) → (空J)空上
      • "戦場"の中央の台を利用した撃墜コンボ。
    • 【75~85%】横強 → (台でダウン or その場受け身) → 空下(メテオ) or 空NB
    • 【95~110%】横強 → (大J) → 空上落とし(台に着地) → 下スマ or (台降り)空上落とし
  • 始動ワザ:下強
    • 【90~100%】下強(根本) → (台でダウン or その場受け身) → (SJ)空上落とし or 空下(メテオ)
    • 【110~125%】下強(先端) → (大J) → 空上落とし(台に着地) → 下スマ or (台降り)空上落とし
  • 始動ワザ:空上
    • 【低%、対空】(SJ)空上 → (大J) → 空上落とし(台に着地)
    • 【中~高%、対空 or 対台上】空上落とし → 空上 → (空J)空上
    • 【高%、対空 or 対台上】空上落とし → 上スマ
    • 【高%、対空】空上落とし(台に着地) → (台降り)空上落とし → 上スマ
      • いずれもコンボパーツに使える。
  • 始動ワザ:前投げ
    • 【90~100%、内ベク変】前投げ → (大J) → 空上落とし(台に着地) → 下スマ or (台降り)空上落とし
      • 投げる前につかみ打撃を数回入れると内ベク変を誘いやすい。
  • 始動ワザ:下投げ
    • 【15~30%】下投げ → (大J) → 空N(台に着地) → D掴み or 空前

対策

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル

[icon] この節の加筆が望まれています。

シークの弱点である決め手の少なさを補うため、「ハイパースマッシュ」「全必殺ワザ強化」や「巨塔持ち込み」「キルソード持ち込み」でふっとばし力の高いアイテムを持ち込むのも良い。または「移動速度強化」でさらに機動力を上げて相手を翻弄するのも良い。

1人用ゲームモード攻略

勝ちあがり乱闘

仮面乱闘会
ROUND 1 頭アイコン SP メタナイト 01.png
通常戦 夢の泉 森ステージ
ROUND 2 頭アイコン SP キャプテン・ファルコン 01.png
通常戦 ビッグブルー DEATH WIND
ROUND 3 頭アイコン SP サムス 01.png
通常戦 ノルフェア メトロイドプライム:オープニング / メニュー
ROUND 4 頭アイコン SP クッパJr. 03.png
通常戦 マリオUワールド 地下BGM(スーパーマリオランド)
ROUND 5 頭アイコン SP リトル・マック 08.png
通常戦 特設リング トンネルシーン(X-RETURNS)
ROUND 6 頭アイコン SP Mii 格闘タイプ 01.png(×2)頭アイコン SP Mii 射撃タイプ 01.png(×2)頭アイコン SP Mii 剣術タイプ 01.png(×2) ※3体ずつ登場
軍団戦 終点 メタ・クリスタル
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png or マスターハンド (SP) アイコン.png&クレイジーハンド (SP) アイコン.png (ホンキ度7.0以上で出現)
ボス戦 終点 マスターハンド or マスターハンド・クレイジーハンド
元ネタ・備考
  • 仮面などで素顔を隠したファイター達が登場する。
  • Miiファイターも仮面など、素顔を隠すぼうし装備をつけている。
  • 『ゼルダの伝説』シリーズのファイターでは、ボスが魔王ガノンではないルートのひとつ。


組み手

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧

メインファイターとして
No. 名前 ランク
0,104 ジーノ LEGEND
0,193 インパ ACE
0,261 ディーゴ NOVICE
0,660 サザ HOPE
0,677 ジョーカー HOPE
0,735 カット & アナ -
0,751 サイボーグ忍者 ACE
0,835 みしらぬネコ ACE
0,990 キャミィ ACE
1,016 ロキ ACE
1,069 ミイラ男 HOPE
1,085 シノブ NOVICE
1,313 新島真 NOVICE
1,413 ホークアイ & リース ACE
1,421 アーフェン & テリオン ACE
お供として
No. 名前 ランク
0,655 ラーチェル NOVICE
1,052 ラルフ・C・ベルモンド LEGEND
1,306 心の怪盗団 LEGEND
1,328 勇者の仲間たち LEGEND
1,378 カイル HOPE

公式スクリーンショット

脚注

  1. 始動時の相手の蓄積%。特記なき限り、マリオを前提とする。

外部リンク


ファイター (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-76
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス - ミェンミェン
ゼルダの伝説シリーズ
ファイター リンク:64/DX/X/for/SP - ゼルダ:DX/X/for/SP - シーク:DX/X/for/SP - ガノンドロフ:DX/X/for/SP - こどもリンク:DX/SP - トゥーンリンク:X/for/SP
ステージ ハイラル城 - グレートベイ - 神殿 - オルディン大橋 - 海賊船 - ゲルドの谷 - 汽車 - スカイロフト - 始まりの塔
ステージ出演 キングブルブリン
アイテム ウサギずきん - コッコ - デクの実 - ハートのうつわ - ビートル - ボムチュウ - まほうのツボ - 妖精のビン
アシストフィギュア ギラヒム - スタルキッド - チンクル - - ミドナ
ボスキャラ 魔王ガノン:SP
敵キャラ オクタロック - コッコ - スタルフォス - タートナック - バブル - ピーハット - ライクライク - リーデッド
その他の出演 コタケ&コウメ - ダークリンク - ムジュラの仮面 - イーガ団
音楽 ゼルダの伝説シリーズの音楽の一覧
スピリット ゼルダの伝説シリーズのスピリットの一覧/対戦データ