【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関するおしらせ】ファイターページなどの編集後に一部のセクションが正常に表示されない場合は、アドレスに「?action=purge」を付けてアクセスし、ページをパージすることで改善できます。詳しくは一部のセクションが表示されない場合の改善方法をご確認ください。

ネス (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
執筆の途中です この項目「ネス (SP)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのネスについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「ネス」をご覧ください。
ネス
公式絵 SP ネス.png
シンボル MOTHER.png
出典MOTHERシリーズ
他のスマブラへの参戦ネスネスネスネス
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー10

ネス(Ness)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは10。

解放条件[編集]

ファイター性能[編集]

超能力「PSI(サイ)」を使ったフワフワとしたトリッキーな挙動とワザ、見た目とは裏腹のパワフルさが大きな特徴。

バットやヨーヨーを使った個性的なスマッシュ攻撃や、超能力をまとわせて放つワザ(以下PK)は単発火力とふっとばし力に優れており、パワー系重量級にも匹敵する。少々の立ち回りの不利は逆転させてしまうパワーを持っている。また、PKワザは攻撃判定の強さに優れており、全体的なリーチの短さをごまかしてくれている。つかみの性能も優秀で、特に相手の蓄積ダメージが高いほどふっとばし力が飛躍的に上がる後投げはゲーム中トップクラスの投げワザであり、存在感が強い。

復帰以外の場面でもなにかと用途の多い「PKサンダー」、相手を長時間拘束出来る「PKファイヤー」、絶大な威力とふっとばし力を持つ「PKフラッシュ」と、必殺ワザはどれも独特。いずれのワザも隙が大きくて扱いにくく慣れは必要だが、使いこなせば他のファイターにできない独特な攻めができるだろう。攻めの択や撃墜手段の多さでは群を抜いており、攻めに回ればトコトン強いファイターとなっている。
加えて、サムスなどエネルギー系飛び道具を多用する相手には、吸収してダメージを回復できる「サイマグネット」で相手を牽制することもできる。

一方で、リーチの短いワザが多めでスマッシュ攻撃や必殺ワザは隙の大きいため、地上戦は苦手。掴みからの切り返しを除いて平凡以下で、地対地では後手に回りやすい。そしてなにより、最大の弱点は「PKサンダー」を使った独特な復帰方法。サンダー弾を自分に当てるという一連の操作が必要なため、失敗すると成す術なく落下してしまう。発動中は空中に留まるため、復帰妨害を受けやすいのも欠点。

まとめると、攻めに長ける分守りに難があるトリッキーなファイター。パワフルなワザで押し切れるかが勝負の鍵となる。一度ツボにはまれば、次々と相手を撃墜させることも不可能ではない。


  • 長所
    • 個性的な必殺ワザが数多くあり、主に攻めを目的とした多彩な手段を持つ。
      • ヒット時に相手を拘束でき連携も狙える飛び道具、通常必殺ワザ「PKファイヤー」を持つ。空中版は斜め下に攻撃できるため、対地攻撃の手段にも使える。
      • 弾道を自在に操れる飛び道具である上必殺技「PKサンダー」を持つ。このワザによる着地狩りや復帰阻止が非常に強力。
        • 自身にPKサンダーを当てることで「PKサンダー体当たり」に派生することもできる。体当たりには1F目から長い無敵が有り、強烈なふっとばし力を持つ。
      • 吸収ワザの下必殺ワザ「サイマグネット」を持つ。飛び道具対策としては勿論、非常に隙が少なく攻撃判定が出るため、着地ずらしや連携にも組み込める。
    • 単発火力が重量級クラス。撃墜手段が豊富で、重量級相手も苦にならない。
    • 見た目では体重が軽そうに見えるが、実際は標準的。当たり判定も大きくない。
    • 空中ワザが総じて強力。連係にも撃墜にも使え、判定も優秀で強みを多く含んでいる。
      独特な軌道を描く空中ジャンプと組み合わせれば強力な攻めが可能。
    • 投げの性能が全ファイター中トップクラス。後投げを筆頭に、いずれも強力なものが揃っている。
    • 飛び道具を利用した復帰阻止が非常に強力。それらは自身が足場に立ったまま狙えるため、ローリスクハイリターン。
      • 上スマッシュ攻撃や下スマッシュ攻撃のホールド部分の攻撃判定を利用して、崖つかみの瞬間の無防備なフレームを狩ることができる。
        通称「崖ヨーヨー」と呼ばれるこのテクニックは比較的手軽に狙える点も魅力で、一部のファイターの復帰を絶望的な状況に追い込むことが出来る。


  • 短所
    • 復帰性能がイマイチ。移動距離は平均程度にはあるが復帰ワザの癖が非常に強く、復帰阻止に非常に弱い。
      • 「PKサンダー」を復帰のために使うには独特な操作が必要で、操作ミスによる意図せぬ落下が起きやすい。
      • 「PKサンダー体当たり」に派生するまでの間はほぼ無防備。予備動作を見てからの追撃やカウンターワザを合わせられやすい。
      • 体当たり前のPKサンダー自体を相殺・吸収された場合も落下は確実となる。特にロゼッタ&チコむらびとしずえは弾を簡単に消してしまうワザを持つため、場外に追いやられた時の危険度がかなり高い。
    • 通常攻撃のリーチが全般的に短い。自身より長いリーチを持つファイターの攻撃には判定負けしやすい。
    • 落下速度が遅い上に空中ジャンプの初速が遅く、空中挙動の癖が強い。独特の浮遊感があるため、着地狩りを狙われやすい。
    • 機動力が乏しい。地上・空中ともに移動速度に優れない。
      • インファイトの火力の高さが強みである反面、通常攻撃のリーチの短さも相まって自分から攻めるのは苦手。中距離以上の間合いを保たれてしまうと攻守とも厳しい立ち回りを強いられる。

運動技能[編集]

空中ジャンプはフワリと緩やかに上昇するのが一番の特徴。それに加え、地上・空中ともに平均以下の移動速度でやや穏慢な印象がある。 小さい体なので体重は軽め……と思いきや、実際は平均より若干低い程度であり、吹っ飛びに対しては見た目以上の耐性を持つ。

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
2 × × ×

スマブラfor Ver.1.1.7 からの変更点[編集]

  • 強化ジャンプ踏切高速化: F ⇒ 3F (※全ファイター共通)
  • 上スマッシュ攻撃・下スマッシュ攻撃
    • 強化『スマブラfor』で削除されていた、スマッシュホールド中のヨーヨーの攻撃判定が復活した。
    • 弱体化スマッシュホールドによる威力補正の上限が1.2倍になった。
    • その他ヨーヨーに書かれている年式が「2014」から「2018」になった。
    • スマッシュホールドに関する『スマブラX』からの変更点は以下の通り。
      • 強化ホールドで威力を上げられるようになった。
      • 強化ホールド中の攻撃判定が多段ヒットするようになり、相殺で潰されにくくなった。
      • 強化地形に左右されずにホールドできるようになった。
  • ニュートラル空中攻撃
    • その他攻撃法自体は同じだがPSIを使って攻撃するようになった。
  • 上空中攻撃
    • ワザ変更手からPSIを出して頭上を攻撃する「PKワイパー」に変更された。
  • その他各種必殺ワザのエフェクトに原作のような幾何学模様が混ざるようになった。
  • つかみ
  • つかみ攻撃
    • ワザ変更「つかみヘッドバット」からPKで攻撃するワザに変更された。なお、公式攻略本での名称は「つかみヘッドバット」のまま。
  • 通常必殺ワザ「PKフラッシュ」
    • 強化光弾が地形に触れてもすぐには消えなくなった。また、すり抜け床をすり抜けるようになった。
    • 強化使用後にしりもち落下にならなくなった。
  • 横必殺ワザ「PKファイヤー」
    • その他モーションが変わり、片手で撃つようになった。
  • 下必殺ワザ「サイマグネット」
    • 強化展開中のバリアに攻撃判定が追加され、触れた相手にダメージを与えられるようになった。
  • 最後の切りふだ「PKスターストーム」
    • ワザ変更流星の落ちる角度が大きく扇状に拡散するようになった。
    • その他演出が追加され、ポーラとプーが応援で登場するようになった。また、原作において「PKスターストーム」を使用した時のエフェクトも追加された。

更新履歴[編集]

ワザ[編集]

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。
  • 撃墜%は、特に説明がない限り、トレーニングモードで"終点"中央のマリオ(無操作状態)を一撃で撃墜できた時の蓄積ダメージを記載する。実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。ただし、つかみ攻撃は誤植と思われる表記があったため、便宜上リュカのつかみ攻撃の名称「つかみPKショック」で記載している。

アピール[編集]

  • 上アピール
    手前を向き、「OK!」とおじぎをする。
  • 横アピール
    バットを前に構える。
  • 下アピール
    指先にPKを纏わせ振り回す。
上アピール 横アピール 下アピール
ネス (SP) 上アピール.gif ネス (SP) 横アピール.gif ネス (SP) 下アピール.gif


待機モーション[編集]

  • 指先を額に当てて瞑想した後、前に突き出す。
  • 上半身を左右に捻る。
ネス (SP) 待機モーション (1).gif ネス (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出[編集]

ネス (SP) 登場演出.gif

テレポートで出現する。成功しているが黒焦げに。

勝利演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:『MOTHER』「Eight Melodies」の1フレーズ
    • ポーズ:十字ボタン←
      周囲を見回したあと、カメラ目線で片手を頭の後ろに回す。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      2回のスキップのあとポージング、カメラ目線でうなずく。
    • ポーズ:十字ボタン→
      バットをスイングし、斜めに掲げる。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ネス (SP) 勝利演出・左.gif ネス (SP) 勝利演出・上.gif ネス (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手[編集]

口を開けっ放しにし、正面で腕を動かし拍手。

スマブラSP 拍手 (3).gif


カラーバリエーション[編集]

頭アイコン SP ネス 01.png
頭アイコン SP ネス 02.png 『MOTHER3』に登場するフエルを意識した配色。
頭アイコン SP ネス 03.png 黄色 通称「阪神ファン」[1]こと、プロ野球球団「阪神タイガース」を意識したトラ柄の配色。また、敵キャラのもっときょだいアリもこの配色。
頭アイコン SP ネス 04.png
頭アイコン SP ネス 05.png 原作のマジカントにいる幼いネスに似た配色。
頭アイコン SP ネス 06.png 赤紫 シャツにはどせいさんのゲーム中グラフィックがプリントされている。
頭アイコン SP ネス 07.png 青緑 敵キャラのゲップーを意識したデザインのシャツ。
頭アイコン SP ネス 08.png 原作『MOTHER2 ギーグの逆襲』のファイルセレクト画面の背景を意識した、チェッカー柄のシャツ。





戦術指南[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

テクニック[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

コンボ[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

ネス対策[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

言うまでもなく「PSI攻撃強化」。「武器攻撃強化」で各スマッシュ攻撃を強化し、早めの撃墜も狙える。また、空中ジャンプの高度が高いため、「空中ジャンプ追加」で復帰力が大幅に上がり、ヤマブキシティフォーサイドのビルの間に落ちてしまっても心強い。

1人用ゲームモード攻略[編集]

勝ちあがり乱闘[編集]

ホームシック! オネットに帰ろう
ROUND 1 頭アイコン SP ネス 05.png
通常戦 マジカント マジカント [for]
ROUND 2 頭アイコン SP リュカ 01.png
通常戦 ニューポークシティ ユートピアでしょ?!
ROUND 3 頭アイコン SP ロボット 04.png(×3)
通常戦 フォーサイド フォーサイド
ROUND 4 頭アイコン SP シーク 01.png
通常戦 ゲルドの谷 Bein' Friends
ROUND 5 頭アイコン SP トゥーンリンク 06.png(×2)
通常戦 ルイージマンション いわれなきリベンジ / ブッコワシ賛歌
ROUND 6 頭アイコン SP むらびと 01.png頭アイコン SP しずえ 01.png
通常戦 オネット オネットのテーマ / ウインターズのテーマ
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png or マスターハンド (SP) アイコン.png&クレイジーハンド (SP) アイコン.png (ホンキ度7.0以上で出現)
ボス戦 終点 マスターハンド or マスターハンド・クレイジーハンド
元ネタ・備考[編集]
  • 原作『MOTHER2』ではネスが唐突に「ホームシック」という状態異常にかかることがある。治療法がユニークで、実際に家に帰るか、電話でママと話すというもの。
  • 副題の通り、原作終盤のステージから原作序盤ステージへ戻っていき、オネットへたどり着くという流れになっている。
  • ROUND 1は『MOTHER2』終盤における心のマジカントと、そこに登場する幼少期のネスがモチーフ。
  • ROUND 3で登場するロボットはフォーサイドのモノトリービルで出現するみはりロボがモチーフ。
  • ROUND 4ではアイテムがどせいさんしか出現しない。ステージがゲルドの「谷」な事からも、どせいさんの村、"サターンバレー"(『MOTHER3』では"どせいだに")がモチーフか。
  • ROUND 5はMOTHER2のスリークと徘徊するゾンビがモチーフ。原作ではスリークで初めて仲間に加わったジェフがアシストフィギュアで出やすい。
  • ROUND 6ではアシストフィギュアからスターマンが出やすい。原作冒頭におけるスターマンと戦うイベントがモチーフか。


組み手[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧[編集]

メインファイターとして[編集]
No. 名前 ランク
0,307 バットくん & ミットさん NOVICE
0,565 ニンテン LEGEND
0,571 スターマン HOPE
0,579 あるくキノコ NOVICE
1,087 ニコ・ファイア NOVICE
1,116 ピッチャー & バッター NOVICE
お供として[編集]
No. 名前 ランク
0,566 アナ ACE
0,570 フライングマン ACE
0,572 ポーラ LEGEND
0,576 パパ LEGEND
1,156 女の子(はじまりの森) NOVICE

公式スクリーンショット[編集]

脚注[編集]

  1. スマブラ拳!! (64):色ちがいのひみつ

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

ファイター (SP)
歴代参戦ファイター
01~12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13~26 ピーチ - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルス - ルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイ - Mr.ゲーム&ウォッチ
27~44 メタナイト - ピット - ブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45~63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
新規参戦ファイター
64〜69 インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン
70〜75 パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - ??? - ???
MOTHERシリーズ
ファイター ネス:64/DX/X/for/SP - リュカ:X/for/SP
ステージ オネット - フォーサイド - ニューポークシティ - マジカント
アイテム どせいさん - フランクリンバッヂ - あるくキノコ
アシストフィギュア ジェフ - スターマン
ボスキャラ ポーキー:X
敵キャラ スターマン - デビルカー
その他の出演 ポーラ - プー - きゅうきょくキマイラ - キングのぞう - フライングマン - クマトラ - ボニー
音楽 MOTHERシリーズの音楽の一覧