大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

メタナイト (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
執筆の途中です この項目「メタナイト (SP)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのメタナイトについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「メタナイト」をご覧ください。
メタナイト
公式絵 SP メタナイト.png
シンボル 星のカービィ.png
出典カービィシリーズ
他のスマブラへの参戦スマブラXスマブラfor
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー27

メタナイト(Meta Knight)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは27。

解放条件

ファイター性能

スタイリッシュな剣術と5回まで可能な空中ジャンプを駆使して戦うコンボ系ファイター。

他の剣士系のファイターと比べればリーチで劣るものの、そのぶんワザの早さと後隙の小ささに優れる。回転率の高いワザを駆使した#コンボ連係も得意で、状況によってはコンボから撃墜まで運べてしまう事さえある。また走行速度に優れており、得意の接近戦に持ち込みやすいのも魅力。

多段ジャンプに加え、4種類の必殺ワザは全てが独自の軌道で移動するため、復帰の自由度が高いのも特徴。更にどのワザも判定や発生に優れ、復帰阻止への耐性も高い。

一方で、メタナイトはワザ一発あたりのダメージが低く設定されており、他のファイター達より多く攻撃を当てないと割に合わなくなっている。そのうえ体重は軽く、飛び道具もないため常にハイリスクな戦いを強いられる。また、ふっとばし力の高いワザはクセが強いものが多く、真っ当なやり方ではなかなか撃墜が狙えない。

単発ダメージや撃墜力の乏しさをカバーするためにも、強みであるコンボや復帰阻止の練習は必須。ルールを問わず勝つためにはかなりの修練が必要となる上級者向けのファイターと言える。

長所と短所

  • 長所
    • 走行速度が速く、ワザも早いため差し込み能力が非常に高い。先手を取って強襲したり、隙を突いたりすることが得意。
      • ワザや各種動作が早いため、隙がない。
    • 空中ジャンプが5回まで可能。高い位置への攻撃を可能としたり、着地タイミングをずらせるなど多くの利点がある。
      • 優れた走行速度と多段ジャンプにより、高い追撃性能を持つ。また、これを活かした復帰阻止性能がトップクラスに高い[1]
    • 復帰力が高い。多段ジャンプに加えて、全ての必殺ワザが復帰に利用可能。復帰阻止への耐性も強い。
    • 下必殺ワザ「ディメンジョンマント」は隙の少ない移動ワザとして使え、比較的安全に回避行動を取ることができる。
      • 多段ジャンプと合わせた拒否性能がトップクラスに高い。タイム制における%有利からの逃げ切り、不利状況からの仕切り直しなどが得意。


  • 短所
    • 一発当たりの火力が低めで、手数の多さで補う必要がある。追撃の精度が悪いと安いリターンしか得られない。
    • 体重が軽くふっとびやすい。単なる殴り合いでは火力差も含め、押し切られやすい。
    • ワザのリーチが短い。攻撃範囲をよく把握しておかないと、相手の目の前で攻撃を外してしまう事も少なくない。
    • 撃墜性能に難がある。主要な撃墜ワザは威力は十分だが発生が遅い、または隙が大きいなどのデメリットを抱えている。
      • 全ファイター中唯一、必殺ワザが全て使用後しりもち落下になる。特に地上、崖際で横必殺ワザを使うと自滅するリスクが高い。
      • メテオワザを持たない。復帰性能に優れた相手だと早期撃墜が狙いにくい。
    • 飛び道具を持たない。接近戦を強いられるのでリスクが大きい。
    • 喰らい判定が見た目の小ささの割に横にやや広い。シールド展開時の部分無敵もないのでガードから漏れやすいほか、崖つかみ時も喰らい判定が大きくなりやすい。
      • 落下の速さも合わせて軽量級の中ではコンボ耐性も低めである。拒否ができない状況での防御面はかなり脆い。

運動技能

地上での運動性能はほぼ上位[2]で非常に素早く動きまわることができるファイター。落下速度も平均以上。
ジャンプ周りの性能は決して良いとは言えないが、多段ジャンプ持ちとしてはかなり優れている方。特にジャンプの高度はダントツであり、その他の性能も良く軽快に飛べる。総合的には最も優秀な多段ジャンプ持ちと言えるだろう。
ただし、軽量級のため重量が非常に軽いほか、空中横移動速度も平均的という弱点がある。

ジャンプ回数 6
カベジャンプ ×
カベ張りつき ×
しゃがみ歩き ×
各種運動性能の詳細についてはカテゴリ:パラメータの各ページを参照のこと。
他にもアクションから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。

スマブラforからの変更点

前作の弱みであったリーチ、攻撃力といった部分はやや改善された。下スマッシュ攻撃や前・後空中攻撃のリーチ増加、上・下スマッシュ攻撃、横必殺ワザのダメージ増加などはわかりやすいだろう。さらに各種空中攻撃の着地隙減少はメタナイトにとっても追い風で、ダッシュ攻撃につなげるといった芸当も可能となった。

反面、前作の強みであったコンボ力は落ちてしまっており、上必殺ワザの弱体化は中々の痛手。吹っ飛びの初速が速くなったのもダッシュ攻撃や下投げからの上必殺ワザで撃墜…といったコンボのやりづらさに拍車をかけており、前作ほど簡単にコンボを使って撃墜できるファイターではなくなっている。

総評としては前作の弱みを強く、強みを弱くした調整がなされている。

  • 強化歩行最高速度増加: 1.18 ⇒ 1.239
  • 強化走行最高速度増加: 1.9 ⇒ 2.09
  • 強化ステップ速度増加: 1.9 ⇒ 2.211
  • 強化ブレーキ力増加: 0.055 ⇒ 0.097
  • 強化空中横移動最高速度増加: 0.99 ⇒ 1.04
  • 強化小ジャンプ高度増加: 13.915902 ⇒ 17.6
  • 強化空中ジャンプ高度増加: 28.925524 ⇒ 28.93
  • 強化ジャンプ踏切高速化: 4F ⇒ 3F (※全ファイター共通)
  • その他斬撃のエフェクトが一新、短かったものが長さが強調されたものになった。
  • その他眠った時など、一部の状況で目の光が消えるようになった。
  • 弱攻撃
    • 弱体化百裂攻撃のダメージ減少: 1.2% ⇒ 1.0%
    • 百裂攻撃の最低ヒット数が5から8になった。
    • 強化発生高速化: 7F ⇒ 4F
    • 強化後隙減少: FAF: 35F ⇒ 31F
    • 百裂攻撃のベクトル変更: 60° ⇒ 361°
  • ダッシュ攻撃
    • ワザ変更ワザ名が「コウモリ蹴り」から「突進蹴り」になり、攻撃発生前のモーションが変更された。
    • 強化ダメージ増加: 6%/5% ⇒ 7.0%/6.0% [先端以外/先端]
  • 上スマッシュ攻撃
    • 強化ダメージ増加: 計9% (3.0%+2.0%+4.0%) ⇒ 計12.0% (4.0%+3.0%+5.0%)
  • 下スマッシュ攻撃
    • 強化ダメージ増加: 7.0%/10.0% ⇒ 10.0%/13.0% [前/後]
    • 強化リーチが伸びた。
  • ニュートラル空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: 16F ⇒ 7F
  • 前空中攻撃
    • 強化リーチが伸びた。
    • 強化着地硬直減少: 16F ⇒ 10F
  • 後空中攻撃
    • 強化リーチが伸びた。
    • 強化着地硬直減少: 17F ⇒ 11F
  • 上空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: 18F ⇒ 9F
  • 下空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: 22F ⇒ 9F
  • つかみ攻撃
    • ダメージは減少(3% ⇒ 1%)したが、連射速度が速くなった。
  • 通常必殺ワザ
    • その他単発ヒットになった。
    • 強化竜巻の移動速度が全体的に上昇。
    • 強化引き寄せる風判定が発生するようになった。
    • 強化横方向に吹っ飛ばすようになった。
  • 横必殺ワザ
    • 強化ダメージ増加: 計11% (1%*8+3%) → 1.1%*11+3.0% 、計15.1% (1.1%*11+3.0%)
      • ヒット数が9から12になった。
    • 強化吹っ飛ばし能力が増加、撃墜が狙えるようになった。
    • 強化吹っ飛ばしベクトルが低くなった。
  • 上必殺ワザ
    • 弱体化吹っ飛ばし能力が低下した。
    • 弱体化後隙が増加した。
  • 下必殺ワザ
    • 弱体化後入力斬撃のダメージ低下:14%⇒13%
    • 強化地上前後入力無しの斬撃の性能が、空中前後入力無し斬撃と同じになった。
    • 強化空中斬撃時、崖を掴めるタイミングが早くなった。
    • その他消えている最中、崖から飛び出にくくなった。
  • 最後の切りふだ
    • ワザ変更「ギャラクシアダークネス」から「ダークネスイリュージョン」に変更された。

更新履歴

Ver.1.1.0
  • ダッシュ攻撃
    • 全体フレームが 31F から 32F に増加した。
Ver.1.2.0

変更点確認されず。

Ver.2.0.0

変更点確認されず。

Ver.3.0.0

変更点確認されず。

Ver.3.1.0

変更点確認されず。

Ver.4.0.0

変更点確認されず。

Ver.5.0.0

変更点確認されず。

Ver.6.0.0

変更点確認されず。

Ver.7.0.0
  • その他
    • シールドサイズが 10.4 から 11.6 に拡大した。
Ver.8.0.0
  • ニュートラル空中攻撃
    • 【始】
      • 判定サイズが 4.0/4.0/7.0 から 4.5/4.5/7.5 に拡大した。 [判定1/判定2/判定3]
      • 【判定3】判定位置が (0.0, 7.2, 0.0) から (0.0, 5.5, 0.0) に変更された。
        • 本体部の判定はサイズが拡大したが、判定位置は体の中心方向へ移動した。
    • 【持続】
      • 判定サイズが 3.8/3.8/3.8/5.0 から 4.0/4.0/4.0/6.0 に拡大した。 [判定1/判定2/判定3/判定4]
      • 【判定2】HaveRの判定位置が (0.0, 4.0, 0.0) から (0.0, 5.2, 0.0) に変更された。
      • 【判定3】HaveRの判定位置が (0.0, 7.2, 0.0) から (0.0, 7.7, 0.0) に変更された。
      • 【判定4】Boneの対象が Waist から Top に変更され、判定位置が調整された。
  • 前空中攻撃
    • 全体フレームが 45F から 39F に減少した。
    • 着地隙発生フレームが 2-43F から 2-38F に変更された。
    • 【Hit 1-2】
      • 【判定3】ベクトルが 60° から 70° に変更された。
      • 【判定3-4】BKBが 65 から 0 に減少し、新たに FKB = 65 が設定された。
        • 固定ふっとびになり、連続ヒットしやすくなった。
  • 後空中攻撃
    • 【Hit 1-2, 判定3-4】KBGが 90 から 100 に増加、BKBが 50 から 0 に減少し、新たに FKB = 55が設定された。
      • 固定ふっとびになり、連続ヒットしやすくなった。
  • 上投げ
    • 非公開投げ開始時におっとっと状態から離脱するフラグが追加され、ステージ内側にワープするようになった。
  • 通常必殺ワザ
    • 【最短】判定が出現しているフレームが 12-21F > 22-46F から 12-25F > 26-46F に変更された。 [始 > 持続]
  • 上必殺ワザ
    • 【Hit 1】
      • ベクトルが 86° から 84° に変更された。
      • FKBが 80 から 68 に減少した。
    • 【Hit 2】
      • 判定サイズが 5.5 から 7.7 に拡大した。
      • 対象のBoneが HandR から HaveR に変更され、判定位置が調整された。
        • 連続ヒットしやすくなった。


ワザ

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。
  • 撃墜%は、特に説明がない限り、トレーニングモードで"終点"中央のマリオ(無操作状態)を一撃で撃墜できた時の蓄積ダメージを記載する。実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。

アピール

  • 上アピール
    「フッ…」と微笑し、マントにくるまり高速回転をする。回転中は当たり判定が小さくなる。
  • 横アピール
    「勝負だ」と言い、剣を2回振った後に向いてる方向を指す。
  • 下アピール
    「来い」と言いながら、その場で翼を羽ばたかせる。
上アピール 横アピール 下アピール
メタナイト (SP) 上アピール.gif メタナイト (SP) 横アピール.gif メタナイト (SP) 下アピール.gif


待機モーション

  • 剣を構え辺りをうかがう。
  • 剣を構え辺りをうかがい、剣を振って構えなおす。
  • 剣を構え辺りをうかがい、マントで前方を払う。
メタナイト (SP) 待機モーション (1).gif メタナイト (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出

メタナイト (SP) 登場演出.gif

マントから突如姿を現す。

勝利演出

  • 勝利ファンファーレ:『星のカービィ』「カービィダンス」(ステージクリアBGM)のエレキギターアレンジ
    • ポーズ:十字ボタン←
      剣を2回振り、さらに勢いよく振り抜きながら「もっと強くなって来い」。その後はマントによる瞬間移動で去っていく。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      空中を舞った後に着地し、「まだまだだな」と翼をマントに変形させながら翻す。
    • ポーズ:十字ボタン→
      剣を2回振った後にクルクルと回し、前を向きながら「これも宿命だ」。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
メタナイト (SP) 勝利演出・左.gif メタナイト (SP) 勝利演出・上.gif メタナイト (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手

スマブラSP 拍手 (7).gif

剣を持たずに拍手を送る。

カラーバリエーション

頭アイコン SP メタナイト 01.png
頭アイコン SP メタナイト 02.png 『カービィのエアライド』の白カラーを意識した配色[3]
頭アイコン SP メタナイト 03.png 『カービィのエアライド』の赤カラーを意識した配色[3]
頭アイコン SP メタナイト 04.png 『カービィのエアライド』の黄色カラーを意識した配色[3]
頭アイコン SP メタナイト 05.png 紺色 メタナイトの初登場作品である『星のカービィ 夢の泉の物語』でのアートワークを意識した配色。元ネタとは違い、目が赤色になっている。
頭アイコン SP メタナイト 06.png ピンク+黄色 『カービィのエアライド』の緑カラーを意識した配色[3]。元ネタはカービィ
頭アイコン SP メタナイト 07.png ピンク+銀色 『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』などに登場する、ギャラクティックナイトを意識した配色。仮面のデザインや武器の色も再現されている。
頭アイコン SP メタナイト 08.png 『星のカービィ 鏡の大迷宮』などに登場する、ダークメタナイトを意識した配色。仮面のデザインや剣の色も再現されている。




オススメスキル

[icon] この節の加筆が望まれています。

メタナイトの特長である素早いコンボをさらに素早くするために「着地硬直減少」がオススメ。攻撃面では通常ワザと必殺ワザの大半(ダッシュ攻撃・つかみ攻撃・前投げ・上投げ・下投げ・通常必殺ワザを除く)をまとめて強化できる「武器(or剣)攻撃強化」が非常に効果的。

1人用ゲームモード攻略

勝ちあがり乱闘

表裏一体
ROUND 1 頭アイコン SP リンク 01.png頭アイコン SP リンク 08.png
バトルロイヤル オルディン大橋 (終点化) 裏の山と森
ROUND 2 頭アイコン SP ピット 01.png頭アイコン SP ブラックピット 01.png
通常戦 初期化爆弾の森 ブラックピットのテーマ
ROUND 3 頭アイコン SP キャプテン・ファルコン 01.png頭アイコン SP キャプテン・ファルコン 03.png
バトルロイヤル ポートタウン エアロダイブ FIRE FIELD
ROUND 4 頭アイコン SP リュカ 01.png頭アイコン SP リュカ 02.png
通常戦 ニューポークシティ MOTHER3 愛のテーマ
ROUND 5 頭アイコン SP サムス 01.png頭アイコン SP ダークサムス 01.png
バトルロイヤル フリゲートオルフェオン マルチプレイ(メトロイドプライム2 ダークエコーズ)
ROUND 6 頭アイコン SP メタナイト 07.png頭アイコン SP メタナイト 08.png
通常戦 夢の泉 この星をかけた魂の戦い
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png&クレイジーハンド (SP) アイコン.png
ボス戦 終点 マスターハンド・クレイジーハンド
元ネタ・備考
  • 『星のカービィ 夢の泉の物語』などでメタナイトが敵としても味方としても登場することになぞらえて、ほとんどのROUNDが対立するファイター同士の戦いに第三勢力として乱入するシチュエーション。それ故、1対2を全ROUNDでこなす難易度の高いルートである。
    • ただしROUND 2についてはピットとブラピが共闘したことがあるから、ROUND 4についてはリュカとクラウス(のカラーのリュカ)が敵同士になる前の設定だからなのか、バトルロイヤルではなくチームを組んでいる。
  • 相手ファイターは双子やコピーなど、姿がそっくりだが光と闇の対をなすイメージを持っている。
    • ROUND 4は『MOTHER3』のリュカとクラウスが元々仲の良い双子だったが、後に敵同士になるのが由来。
  • ROUND 6は宿敵のダークメタナイトとギャラクティックナイトとの決戦のイメージ。ギャラクティックナイトが光、ダークメタナイトが闇にそれぞれ対応している。なお、ROUND 2やROUND 4と違い、この2体は原作で仲間同士などという設定や両者との接点は無い。
  • BOSSはホンキ度に関係なく両方のハンドが登場。まさに「表裏一体」のタイトルにふさわしい選出といえる。


組み手

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧

メインファイターとして
No. 名前 ランク
0,101 ディメーン HOPE
0,306 ボロドー HOPE
0,309 死神さん NOVICE
0,343 ダークマター LEGEND
0,374 メタナイツ ACE
0,539 ギルガルド HOPE
0,987 バルログ ACE
1,019 仮面の賢者 HOPE
1,068 メディウサ HOPE
1,072 カーミラ NOVICE
1,332 ドラキー NOVICE
お供として
No. 名前 ランク
0,205 スタルキッド HOPE
0,310 つぼおばけ HOPE
0,358 スージー HOPE

公式スクリーンショット

脚注

  1. 相手ファイターの性能や蓄積ダメージが噛み合えば、一度相手に触ってからそのまま撃墜まで運べる連係すら狙えることがある。
  2. 走行加速のみ平均的。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 Furballcan — Meta Knight Palette Swap Breakdown

外部リンク


ファイター (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-76
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス - ミェンミェン
カービィシリーズ
ファイター カービィ:64/DX/X/for/SP - メタナイト:X/for/SP - デデデ:X/for/SP
ステージ プププランド (64) - グリーングリーンズ - 夢の泉 - 戦艦ハルバード - プププランド GB - 洞窟大作戦
アイテム 激辛カレーライス - スターロッド - ドラグーン - パラソル - ボンバー - マキシムトマト - ワープスター
アシストフィギュア ナックルジョー - ナイトメア - コックカワサキ
ボスキャラ マルク:SP
敵キャラ ゴルドー - シャッツォ - タック - パラソルワドルディ - ブロントバート - プラズマウィスプ - ボンカース - ワドルディ - ワドルドゥ
その他の出演 ウィスピーウッズ
音楽 カービィシリーズの音楽の一覧
スピリット カービィシリーズのスピリットの一覧/対戦データ