大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

アイスクライマー (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
執筆の途中です この項目「アイスクライマー (SP)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのアイスクライマーについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「アイスクライマー」をご覧ください。
アイスクライマー
公式絵 SP アイスクライマー.png
シンボル アイスクライマー.png
出典アイスクライマーシリーズ
他のスマブラへの参戦スマブラDXスマブラX
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー15

アイスクライマー(Ice Climbers)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは15。

解放条件

ファイター性能

氷山の頂上を目指して登る青い服の男の子ポポと、ピンクの服の女の子ナナの二人組で、『スマブラ』の元祖コンビファイター。他のコンビファイターたちと違うのは、ナナも一体のファイターであることで、プレイヤーが操作するポポの後を付き、一緒に行動・攻撃をする。カラーチェンジでポポだけではなく、ナナを動かす事も可能。2人それぞれの呼び名はプレイヤー間で異なるが、この項目ではメインで操作するキャラを「本体」、CPが操作するキャラは「オプション」とも表記する。

オプションは本体に追従して動き、ワンテンポ遅れて同じ動作をする。そのため通常ワザ(投げなど一部を除く)二人揃って当たれば攻撃力は高い。また、連続ヒットするため攻撃判定の持続も伸びるため当てやすいという長所もある。

しかしワンテンポ遅れて動くということは、シールドや回避のタイミングもズレるため、相手の攻撃に対しては、本体は回避できても、オプションは喰らってしまうということもままある。
ふっとばされるなどしてオプションが本体から離れると、相応に弱体化する。攻撃面の低下はもちろん、復帰力に関してもガタ落ちしてしまうため、なるべくオプションを連れた状態で戦えるように立ち回りたい。

オプションが先に撃墜されてしまうと、以後不利な戦いを強いられる。本体も撃墜されない限り、時間経過でオプションが復活することはない。こうなった場合、より慎重な立ち回りが求められる。
このファイターの強みは、とにかく“二人いる”ことに集約される。二人の状態をキープしてガンガン攻め込めれば強いが、攻撃を受け二人が引き離されたり、オプションが先に倒されてしまうとかなり不利。“相手の攻撃を受けない”ことが他のファイターよりも重要な要素となる。

長所と短所

  • 長所
    • 二人一組ということで、シンプルにダメージ蓄積能力が高い。スマッシュ攻撃は重量級に迫るほどの威力を持っている。
    • ワザの隙が小さく、#コンボがしやすい。ダメージ蓄積能力が高い理由の一つ。
      • さらにポポとナナが別々の行動をする「#切り離し」テクニックが存在する。実戦に組み込むには操作精度が高く難しいが、曲芸と呼ぶにふさわしい驚異的コンボを叩き出せるまでのポテンシャルも備えている。
    • ハンマーを使った攻撃はリーチこそ短いものの、武器判定であるため相手の攻撃に打ち勝ちやすい。
    • 飛び道具通常必殺ワザ「アイスショット」)持ち。性能は高くないが牽制には十分。
    • 縦・横ともに復帰できるワザを持つ。上必殺ワザ「ゴムジャンプ」は飛距離が高い。横必殺ワザ「トルネードハンマー」は左右移動の他にも急降下よりも素早い着地ができる性質がある。
    • ポポとナナそれぞれが個別にアイテムを持てる。アイテムを持っている時でももう片方は普段と同じように攻撃できる。


  • 短所
    • オプションが撃墜されてしまうと、ダメージ蓄積力が半減してしまう。
      • 復帰ワザの「ゴムジャンプ」はオプションを頼みの綱としており、オプション無しではほぼ飛べないという致命的な弱点を抱える。
    • 攻撃によってオプションとはぐれてしまうことがある。乱戦やステージギミックの多いステージではそういったことが多い。
      • 場合によっては、オプションだけ狙い打ちされて復帰不能となる状況になる可能性がある。復帰阻止には不利な状況になりがち。
    • 攻撃のリーチが短い。アイスクライマー以上のリーチを持つファイター相手だとなかなか攻撃が届きにくい。
    • 空中横移動速度が遅く、運動性能に若干欠ける。

運動技能

  • 氷のの上を滑らずに移動できる。

投擲アイテムを所持している間は立ちしゃがみモーションが変わる。詳細はアイテム取得#備考を参照のこと。

ジャンプ回数 2
カベジャンプ ×
カベ張りつき ×
しゃがみ歩き ×
各種運動性能の詳細についてはカテゴリ:パラメータの各ページを参照のこと。
他にもアクションから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。

オプション(パートナー)の仕様

ステータス

  • オプションは、以下の仕様があること以外は、本体と同じ性能を持つ。
    • 通常ワザのダメージが本体より0.75倍低い[1]
    • オプションの前空中攻撃には対空限定のメテオ判定を持っており、その判定のみダメージも本体と同等になっている。
    • 受けるダメージとふっとびが本体より1.02倍大きい。
    • 移動速度が本体よりも速い。
  • 画面上には表示されないが、本体とは別に蓄積ダメージが存在する。
  • オプションが撃墜されても、本体が無事ならそのまま戦える。しかし、本体が撃墜されるまで復活することはない。逆に、本体が撃墜されるとオプションは消滅する。
  • オプションは基本的に、場面が切り替わる演出付きの初撃型最後の切りふだを受けない。攻撃が全段当たるのは本体だけで、オプションは最初の一撃しか受けない。
    • オプションだけが攻撃を受けた場合、演出が発生しない。よって、相手の切りふだは不発となる。
      • ヨッシーの「あつまれヨッシー」とガオガエンの「ハイパーダーククラッシャー改」は最初の攻撃も受けない。
    • ベヨネッタの「大魔獣召喚」は、攻撃によるクライマックスゲージ増加の対象にならない。

オプションの行動・アクション

  • オプションは基本的に本体の動作に追従するように動き、距離が離れた場合は合流しようとするが、あまりに距離が離れていた場合は無理に戻ろうとはせず、本体が近くに来るまでは独自の判断で戦闘する。
  • 本体の操作に応じて、オプションも続けて同じアクションを取る。
    • 本体がつかみ・投げワザを出している時や、本体が相手のつかみワザでつかまれている時は、オプションを操作することができない。
    • アイテムを利用することもでき、本体と合わせて1つずつ、同時に2つまで持つことができる。
  • 横必殺ワザと上必殺ワザは、2人が行動可能でかつ近くにいる時は、専用の協力アクションをする。最後の切りふだは発動時のポーズが変わる。

スマブラXからの変更点

[icon] この節の加筆が望まれています。
  • その他左向きの時、『スマブラX』までは背を向いていたが、本作では左向きでも前を向くようになった。
  • その他ガケつかまり中のモーションが変わり、両手掴みから片手掴みになった。
  • 弱体化投げ連は廃止されているため、ダメージ蓄積・撃墜の最有力手段を失った。
  • オプション
    • 弱体化つかみと投げに関するオプションのアクションが制限されるようになり、オプションを操作して追撃や妨害をすることができなくなった。オプションの挙動の変更点は以下の通り。
      • つかみができなくなった。
      • つかみ中は、操作を受け付けないようになった。
      • 投げワザを出した時は、後ろでバンザイして喜ぶリアクションを取るようになった。
      • 本体が掴まれている間は、あたふたするリアクションを取るようになった。
    • 強化本体よりも移動速度が少し速くなり、本体と合流しやすくなった。
      • 弱体化しかし、これにより切り離しの始動が難しくなった。
    • 弱体化受けるダメージが本体の1.05倍に増加する仕様が追加された。
  • 強化歩行最高速度増加: 0.96 ⇒ 1.008/1.1088 [本体/オプション]
  • 強化走行最高速度増加: 1.388 ⇒ 1.53/1.683 [本体/オプション]
  • 強化ブレーキ力増加: 0.035 ⇒ 0.077
    • ファイター全般の変更でアイスクライマーも大きく増加したが、本作でもワースト2位となっている。なお、これまでワースト1だったルイージは順位が上がっている。
  • 強化空中横移動最高速度増加: 0.7708 ⇒ 0.83/0.8715 [本体/オプション]
  • 強化空中横移動加速度増加: 0.09 ⇒ 0.0945
  • 落下最高速度増加: 1.2 ⇒ 1.3
  • 落下加速度増加: 0.077 ⇒ 0.082
  • 強化ジャンプ踏切高速化: 4F ⇒ 3F (※全ファイター共通)
  • 弱攻撃
  • ダッシュ攻撃
  • 横強攻撃
  • 上強攻撃
  • 下強攻撃
  • 横スマッシュ攻撃
  • 上スマッシュ攻撃
  • 下スマッシュ攻撃
    • ワザ変更2人がそれぞれ前後にハンマーを振るワザに変更された。
      • 強化攻撃範囲が広くなった。
      • 弱体化1人の状態では前方しか攻撃できなくなった。
  • ニュートラル空中攻撃
  • 前空中攻撃
  • 後空中攻撃
  • 上空中攻撃
    • ワザ変更上にハンマーを振るワザに変更された。
  • 下空中攻撃
  • つかみ
  • つかみ攻撃
  • 前投げ
  • 後投げ
  • 上投げ
  • 下投げ
    • ワザ変更ジャンプして相手を叩き付けるワザに変更された。
  • 通常必殺ワザ「アイスショット」
    • 弱体化氷弾に相手の攻撃が当たって跳ね返されたとき、氷弾の所有権が攻撃を当てたプレイヤーに移るようになった。
  • 横必殺ワザ「トルネードハンマー」
    • 強化フィニッシュのモーションが追加され、上に大きく吹っ飛ばすようになった。
    • その他エフェクトが変わり、吹雪を巻き起こすようになった。なお、攻撃の属性は通常(打撃)のままで、氷結状態にする効果はない。
  • 上必殺ワザ「ゴムジャンプ」
  • 下必殺ワザ「ブリザード」
    • 地上版でも2人とも前方向に攻撃するようになった。
  • 最後の切りふだ「アイスバーグ」
    • 氷山の性質が変わり、ヒットした相手を凍らせずに直接吹っ飛ばすようになった。またノーリアクションで連続ヒットする冷気が発生しなくなった。
    • 強化氷山を左右に動かせるようになった。
    • 強化上空にコンドルが登場し、頂上付近を周回するコンドルに掴まって飛ぶことができるようになった。
    • 弱体化氷山が出る時間が短くなった。
    • その他出現する氷山が回転するようになった。また、氷山の一角でおっとっとしているホワイトベアも登場するようになった。
  • その他後ろに振り向く待機モーションの振り向き方が変わった。
  • 勝利演出
    • 『スマブラX』におけるXボタン指定時の勝利ポーズが少し変わり、ロールダンスになった。

更新履歴

Ver.1.1.0

変更点確認されず。

Ver.1.2.0
  • パッチノートに何かが変更されたと記述されているが、変更点確認できず。
Ver.2.0.0
  • 基本挙動
    • ポポとナナが離れたとき、追従しやすくなった。
  • 上必殺ワザ
    • パラメータ「cliff_offset_x」が 0.0 から -1.0 に変更された。
      • ガケにつかまりやすくなった。
Ver.3.0.0
  • 上強攻撃
    • 非公開【パートナー】ヒットストップ倍率が増加した。
  • チャージ切りふだ
    • 通常の最後の切りふだに対するふっとばし倍率が 0.95倍 から 0.98倍 に増加した。
  • その他
    • 非公開プレイヤーがつかんでいるあいだ、パートナーが復帰行動や合流をおこなうように変更された。
    • 非公開パートナーに関するパラメータが追加され、切り離しができる場面が変更された。
      • 新たに切り離しできるようになった場面もあれば、できなくなった場面もある。
Ver.3.1.0
  • 基本挙動
    • 空中ジャンプの使用回数が復活するタイミングが、ガケをつかんでからに変更された。
    • つかみの入力直後にジャンプボタンを先行入力して相手をつかんだとき、オプションがジャンプしないように変更された。
Ver.4.0.0

変更点確認されず。

Ver.5.0.0
  • 基本挙動
    • Ver.4.0.0で意図せず導入された、ナナがガケ奪いをできない現象が修正された。
  • 上強攻撃
    • 非公開Ver.3.0.0で導入された、相方のヒットストップ中はもう片方の動作も停止してしまう不具合が修正された。
    • 非公開ヒットストップ中、ヒットストップ全体でモーションが 1/4F だけ進行するというフラグがオフにされた。
      • 上記の変更点と関係しているかは不明。
Ver.6.0.0

変更点確認されず。

Ver.7.0.0
  • その他
    • シールドサイズが 9.5 から 10.6 に拡大した。
Ver.8.0.0
  • つかみ攻撃
    • 非公開判定サイズが 4.8 から 5.8 に拡大した。
    • 非公開判定位置が (0.0, 7.2, 6.4) から (0.0, 7.2, 7.4) に変更された。
      • 判定サイズが拡大されたとともに、攻撃判定が前方に拡大した。
  • 最後の切りふだ
    • スロー倍率が 1/2倍 から 1/10倍 に変更された。
    • コンドルにつかまるための判定サイズが 8.0 から 9.5 に増加した。
    • 【アイスバーグ】
      • 出現に要するフレームが 50F から 40F に減少した。
      • 【頂点】判定サイズが 10.0/10.0 から 13.0/11.0 に拡大した。 [始/持続]
      • 【頂点】判定位置が (0.0, 0.0, 0.0) ~ (0.0, 5.0, 0.0) から (0.0, 0.0, 0.0) ~ (0.0, 6.0, 0.0) に変更された。
Ver.9.0.0
  • 基本挙動
    • ナナの受けるダメージが、通常の 1.05倍 から 1.02倍 に減少した。
    • ナナの受けるふっとばし力が、通常の 1.05倍 から 1.02倍 に減少した。
    • ナナのAIが調整された。
  • ダッシュ攻撃
    • 【判定1】havel の判定位置が (0.0, 5.0, 0.0) から (0.0, 5.0, 0.0) ~ (0.0, 7.5, 0.0) に変更された。
    • 非公開【本体】ヒットストップ倍率が 1.0倍 から 1.2倍 に変更された。
  • 下スマッシュ攻撃
    • BKBが 45 から 50 に増加した。
  • 横必殺ワザ
    • ガケつかまり開始タイミングが 64F目/62F目 から 58F目/56F目 に変更された。 (2人/1人)
  • 上必殺ワザ
    • ナナが上必殺ワザの動作中でも、2人で上必殺ワザを出せるようになった。
    • ポポとナナが一緒にゴムジャンプできる範囲が 50.0 から 60.0 に拡大した。


ワザ

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。
  • 撃墜%は、特に説明がない限り、トレーニングモードで"終点"中央のマリオ(無操作状態)を一撃で撃墜できた時の蓄積ダメージを記載する。実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。

アピール

  • 上アピール
    正面を向いてバンザイジャンプ。
  • 横アピール
    「よっ!」とハンマーを前に振りかざして意気込む。
  • 下アピール
    くるりと回りながらスキップ3回。
上アピール 横アピール 下アピール
アイスクライマー (SP) 上アピール.gif アイスクライマー (SP) 横アピール.gif アイスクライマー (SP) 下アピール.gif


待機モーション

  • ハンマーを回して担ぎなおす。
  • 後ろに振り向く。
アイスクライマー (SP) 待機モーション (1).gif アイスクライマー (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出

アイスクライマー (SP) 登場演出.gif

コンドルに連れてもらって登場し、降りてきてハイタッチ。

勝利演出

  • 勝利ファンファーレ:『アイスクライマー』ボーナスステージクリアジングル
    • ポーズ:十字ボタン←
      2人揃ってバンザイジャンプ。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      目を合わせた2人がうなずき、息の合ったハイタッチを見せる。
    • ポーズ:十字ボタン→
      前に本体、後ろにオプションが並び、ロールダンスを披露する。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
アイスクライマー (SP) 勝利演出・左.gif アイスクライマー (SP) 勝利演出・上.gif アイスクライマー (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手

スマブラSP 拍手 (4).gif

メソメソと泣いている。原作でボーナスステージをクリアできなかった時と同じ仕草。

2人で登場するのは試合中断時のみで、他の誰かが勝利した場合は1人(本体)だけが映される。

カラーバリエーション

1~4Pカラーはポポ、5~8Pカラーはナナが操作キャラになり、イメージイラストでのキャラクターの位置(顔)が変わる。

頭アイコン SP アイスクライマー 01.png 青紫&ピンク ポポが青紫、ナナがピンク。
頭アイコン SP アイスクライマー 02.png 青&水色 ポポが青、ナナが水色。『スマブラX』の3Pカラーと同系統の配色だが、服の色が区別されている。
頭アイコン SP アイスクライマー 03.png 緑&黄色 ポポが緑、ナナが黄色。
頭アイコン SP アイスクライマー 04.png 紺色&薄青緑 ポポが紺色、ナナが薄い青緑。
頭アイコン SP アイスクライマー 05.png 赤&灰色 ナナが赤、ポポが青みがかった灰色。海外版『アイスクライマー』のパッケージのプレイヤーキャラのグラフィックは赤色である。
頭アイコン SP アイスクライマー 06.png 茶色&薄灰色 ナナが茶色、ポポが薄い灰色。『スマブラX』の4Pカラーと同系統の配色だが、ナナの服の色が変更されている。
頭アイコン SP アイスクライマー 07.png 薄い青 どちらも薄い青の服だが手袋の色が違い、ナナがピンク色でポポが青。
頭アイコン SP アイスクライマー 08.png オレンジ&薄紫 ナナがオレンジ、ポポが薄紫。





戦術指南

[icon] この節の加筆が望まれています。

テクニック

[icon] この節の加筆が望まれています。

切り離し

[icon] この節の加筆が望まれています。
主に: Ver.3.0.0でオプションの挙動変更による切り離し行動の可不可変更の可能性あり。

アイスクライマーのオプションは、操作入力(本体の行動)から数F遅れて行動する。この性質を利用して本体が硬直している間に入力することで、本体とは異なる行動を取らせて連携できる状態にする、というテクニック。英語圏での名称は「Desynching」。詳しい実践方法についてはYouTubeで「アイスクライマー 切り離し」や「ice climber desync」で検索すればそれを実践している動画を探すことができる。

切り離しについては、以下の外部リンクが詳しい。

参考:【スマブラSP】アイスクライマー徹底攻略!切り離し・コンボ・キーコンフィグ【動画解説あり】 | Smashlog
  • 投げ切り離し
    • 下投げモーション中に回避入力。敵がバウンドしているときまで入力すると良い。切り離しの主軸となる方法で、これを利用した疑似投げ連コンボがある。
  • ガード解除切り離し
    • ガード解除、相方がガード解除する間に弱1を入力。
      • 更新データのVer.2.0.0以降使用不可。
  • 着地隙切り離し
    • 着地寸前に空中攻撃。
  • ダッシュキャンセル切り離し
    • 走行ブレーキ中にBボタン入力→回避入力。
      • 更新データのVer.2.0.0以降使用不可。
  • B長押し切り離し
    • 必殺ワザ後にBボタン長押し+つかみ。
      • 成功すると、本体のつかみ後にオプションが必殺ワザを出す。素早い入力は不要で、最も実践しやすい。
  • 最速崖つかまり切り離し
    • 走行中につかみ→最速崖つかまり入力。振り向きつかみで出した時の方が成功しやすい。
  • D弱切り離し
    • (ニュートラル)ダッシュ→(本体)弱→(オプション)NB

コンボ

[icon] この節の加筆が望まれています。
  • 【低%[2]】上強 → 空上 → 空上
  • 【低%】下投げ → 空N
  • 【低~高%】その場回避 → 掴み → (Cステ前 or 上に倒す) (本体)投げ (オプション)各種スマッシュ攻撃
  • 【低~高%】振り向き掴み → (Cステ後ろに倒す) (本体)後投げ (オプション)各種スマッシュ攻撃
切り離しを利用したコンボ
  • 【低~高%】{下投げ → (オプション)前後回避 → (本体)空N or 横強 → (オプション) 横B → 掴み → 下投げ}×n → (崖縁にきたら) (本体)空N (オプション)空前
  • 【低~高%】下投げ → (オプション)前後回避 → (本体)弱 → 掴み → 下投げ
  • 【0%】下投げ → (オプション)前後回避 → (本体)NB → 掴み → 下投げ

対策

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル

[icon] この節の加筆が望まれています。

「武器攻撃強化」と「射撃攻撃強化」でつかみ攻撃・後投げ・下投げ・上必殺ワザ以外のあらゆる通常ワザ・必殺ワザを強化できる。

オプションを守るため、アイテム持ち込み系で相手を寄せ付けないようにすることもできる。特にオススメなのは「ビームソード持ち込み」や「スーパースコープ持ち込み」。ただしアイテムを持ち込めるのは本体のみ。複数装備してもオプションが持ち込めるわけではない。ちなみに射撃攻撃強化でスーパースコープは強化できるが、武器攻撃強化でビームソードは強化できない。

アイテム持ち込み以外にも「バックシールド装備」などアイテム装備系、「ジャイアント化」「メタル化」「カレー状態」など状態変化系の効果も本体にしか出ない。

1人用ゲームモード攻略

勝ちあがり乱闘

ベストパートナー
ROUND 1 頭アイコン SP リンク 01.png頭アイコン SP ゼルダ 01.png
通常戦 始まりの塔 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド:メインテーマ
ROUND 2 頭アイコン SP リュウ 01.png頭アイコン SP ケン 01.png
通常戦 朱雀城 Ryu Stsge
ROUND 3 頭アイコン SP むらびと 01.png頭アイコン SP しずえ 01.png
通常戦 すま村 おいでよ どうぶつの森:タイトル [X]
ROUND 4 頭アイコン SP ドンキーコング 01.png頭アイコン SP ディディーコング 01.png
通常戦 ジャングルガーデン JUNGLE LEVEL [DX]
ROUND 5 頭アイコン SP パルテナ 01.png頭アイコン SP ピット 01.png
通常戦 エンジェランド パルテナの鏡:タイトル
ROUND 6 頭アイコン SP マリオ 01.png頭アイコン SP ピーチ 01.png
通常戦 ピーチ城 New スーパーマリオブラザーズ:メインテーマ
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png&クレイジーハンド (SP) アイコン.png
ボス戦 終点 マスターハンド・クレイジーハンド
元ネタ・備考
  • アイスクライマーが2人組であることになぞらえて、相手ファイターも仲のいい2体がチームを組んで登場する。
  • 男女で1ペアだからなのか、(一部同性同士もいるが)異性同士のペアとなっている事が多い。
  • ボスも2人組ということで、ホンキ度に関係なく両方のハンドが登場。


組み手

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧

メインファイターとして
No. 名前 ランク
0,114 フリーザー NOVICE
0,373 Mr.フロスティ NOVICE
0,457 ラプラス HOPE
0,531 キュレム HOPE
0,860 カイゾー & リサ ACE
0,878 アイスマン HOPE
1,099 デュオン HOPE
1,137 ホイップ NOVICE
1,308 カロリーヌ & ジュスティーヌ ACE
お供として
No. 名前 ランク
0,607 コンドル HOPE

公式スクリーンショット

脚注

  1. なお、上強攻撃(最終段)、各種スマッシュ攻撃、前空中攻撃(オプションのメテオ判定)、後空中攻撃、上空中攻撃、下空中攻撃はリアクション影響値が1.2倍(上強攻撃は1.18倍)高めに設定されており、ダメージ低下によるふっとびへの影響を受けすぎないように調整されている(ふっとびの勢いは最後にヒットした攻撃で決まる)。ちなみに、単体の攻撃として本体と比較した場合は、若干ふっとびが弱い程度になっている。
  2. 始動時の相手の蓄積%。特記なき限り、マリオを前提とする。

外部リンク


ファイター (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-77
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス - ミェンミェン - スティーブ/アレックス
アイスクライマーシリーズ
ファイター アイスクライマー:DX/X/SP
ステージ アイシクルマウンテン - 頂上
アイテム 野菜
敵キャラ トッピー - ホワイトベア
スピリット アイスクライマーシリーズのスピリットの一覧/対戦データ