メインメニューを開く

大乱闘スマッシュブラザーズWiki

自由に利用可能なスマブラの百科事典。
現在、1,733程度の記事数があります。

シリーズ概要

スマブラSwitch仮ロゴ.svg

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズは、任天堂が発売した対戦型アクションゲームのシリーズ名である。「スマブラ」の略称で知られる。ディレクターは『星のカービィ』の生みの親でもある桜井政博が担当している。

マリオシリーズマリオや、ポケットモンスターシリーズピカチュウなどの著名なキャラクター達が、彼らの登場するゲームの世界観をモチーフにしたステージ上で戦う2D対戦アクションゲームであり、コンピュータによる自動作も含め、最大4人(『スマブラWii U』と『スマブラSP』のオフラインプレイでは一部のモードで最大8人)がゲームに参加できる。

対戦型格闘ゲーム的な性格を持つこのシリーズを一際特徴づけているのは、ゲームの勝利条件である。それぞれのプレイヤーは各キャラクターに割り当てられた体力を奪い合うのではなく、いわばおはじきやベーゴマのように、ゲームの舞台から場外へ落下した(させられた)者が敗れ、最後まで舞台に残っていた者が勝者となる。...

シリーズ一覧

ニュース

  • 『スマブラSP』新ファイター“ミェンミェン” 6月30日配信決定!任天堂
  • 『スマブラSP』“ARMS”からの新ファイターを桜井政博氏が紹介する特別番組が6月22日23時より放送決定ファミ通.com
  • 『スマブラSP』追加コンテンツ第6弾は『ARMS』から参戦!任天堂
  • 新型コロナウイルス感染症の流行による『スマブラSP』DLC開発への影響について
    • 桜井政博のゲームについて思うこと VOL.600(週刊ファミ通 2020年4月2日号増刊号掲載)より(中略あり)
      “ゲーム開発の現場では、混雑を避ける時差通勤が認められたり、可能な限りは在宅勤務推奨となっています。ただ本当に機密の大きい仕事などは持ち帰るわけにもいかないし、開発機材を持ち運ぶわけにもいかず、事実上仕事が進まなくなります。
      わたし自身も、とある新ファイターの企画をまとめ、版元さんにプレゼンを行う予定だったのですが、関係者が集うことができず、無期延期となってしまいました。
      そして、もしオフィスに感染者が見つかれば、おそらく建物ごと全面封鎖されることでしょう。そうなると、開発はまるごとストップします。仮に新ファイターの発表を行っても、予定通りに開発などが進まない可能性も高いですね。
      開発だけでこれですから、外部とのつながりが深い流通、販促、製造などを含めると、さらに社会活動が滞っていることでしょう。もちろんそのぶん費用がかかります。”

関連記事


記事への案内

ファイター